30代

更新日:2017年11月22日

30代の方は「運転に慣れてきてほとんど保険を利用しないから、できるだけ安いところにしたい」や「家族ができたので、家計を圧迫する自動車保険料をどうにか安くしたい」といった保険料の安さを求めるケースが多いです。

ただ、逆に「これまで運転免許証は持っていたけれど、初めて自分のマイカーを購入することになったから、保険料には多少目をつぶってでも、サポートがしっかりとしているところにしたい」という方も少なくありません。

そこで、こちらでは保険料の安さが魅力的な通販型自動車保険3社と、代理店を含めた万全なサポートが魅力的な代理店型自動車保険2社をご紹介したいと思います。

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

比較と口コミ

それでは以下に30代の方におすすめの自動車保険をご紹介させて頂きます。損害保険会社名をクリックすると、更に多くの口コミをご覧頂けるようになっておりますので、そちらのページもぜひ参考にして頂ければと思います。

会社名 30代の方から頂いた口コミ
イーデザイン損保 私は現在のところ2年間にわたってイーデザイン損保の自動車保険に加入しています。「東京海上グループのイーデザイン損保♪」というテレビコマーシャルを見て、早速見積もりを取ってもらったことがきっかけです。

以前はとある大手損害保険会社の自動車保険に加入していたのですが、そこよりも3万円近く保険料が安くなってビックリしたことを覚えています。電話で相談した際もしっかりと分かりやすく解説してくれて、それが契約の後押しにもなりました。
ソニー損保 私はずっと東京海上日動で自動車保険に加入していましたが、去年ソニー損保に変えました。理由は保険料の安さでした。同じ条件でインターネット見積もりをしてみたところ、1万円以上ソニー損保のほうが安くなったんです。

事故の対応が少し心配という点はありましたが、安さには変えられませんので更新の時に乗り換えました。今のところ事故もないので事故対応は分かりませんが、補償の内容は東京海上と変わりませんので安心して車に乗っています。
アクサダイレクト 私は保険料ができるだけ安い保険会社を探し、アクサダイレクトに辿り着きました。通販型の保険会社はどこも安かったのですが、アクサダイレクトに決めた理由はずばりネームバリューです。

よくテレビCMでも見かけますし、外資の大企業ですから、いざ事故をした時も安心そうだなと思いました。

実際に事故を起こしてしまった時も、事故報告の電話をしてから保険金支払いの手続きまで、順調に進めることができました。保険料が安くて事故対応も迅速だったので、アクサダイレクトにして大正解だったと思います。
東京海上日動 車を購入した所が東京海上日動の代理店で、そのまま加入することになりました。一度、大きな事故を起こし廃車にしてしまった事があるのですが、その時の対応がとても素晴らしく、再度車を購入した際も東京海上日動に入りました。

事故のとき、私は妊娠していたのですが、担当の方がとても体を気遣ってくださり嬉しかったです。また、事故の経験のなかった私に、資料を色々用意して、どう動けばいいかを本当に丁寧に説明してくれました。

おかげで、仕事を休んだ分の補償や交通費など、お金の心配は何もしなくても良かったです。

相手方が少し面倒な人で時間がかかったのですが、都度報告の電話や手紙をくださり、その度私のお腹の赤ちゃんのことまで気にかけてくださり、本当に良い保険会社さんだなと思いました。
三井住友海上 車を持ち始めてから三井住友海上の自動車保険にずっと加入しています。加入以来、事故や保険を使っての賠償の経験もないので、最高ランクの20等級が適用されています。保険料は確か60%以上の割引になっていると思います。

乗っている車が古くなってきたので車の買い替えを検討中なのですが、新車でハイブリッドカーを買うと保険料が12%割引になるのを知りました。ハイブリッドカーに乗ってみたいこともありますし、検討の余地があると思いました。

また、ゴールド免許割引というものもあって、35歳以上補償だと10%割引になるようです。私もそのうち対象になりますので、その時が楽しみです。