40代

更新日:2017年11月22日

40代の方は運転に慣れているケースが多く、実際に統計でも他の年代と比べると事故率が低いことが発表されています。そのため、保険料も他の年代よりも低く抑えられることが多いです。特に代理店の担当者が必要でないということであれば、保険料が割安な通販型がおすすめです。もちろん補償やサービスはちゃんとしています。

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

比較と口コミ

それでは以下に40代の方におすすめの自動車保険をご紹介させて頂きます。損害保険会社名をクリックすると、更に多くの口コミをご覧頂けるようになっておりますので、そちらのページもぜひ参考にして頂ければと思います。

会社名 40代の方から頂いた口コミ
セゾン自動車火災 セゾン自動車火災の「おとなの自動車保険」が発売されたのは私が30代後半の時でした。40代50代の保険料が安くなることをうりとしていて、テレビCMや雑誌広告などで見かける度に良いなぁと思っていました。

インターネット上の口コミも好意的なものが多く、いつしか「40歳になったら絶対おとなの自動車保険にしよう」と思うようになっていて、40歳を迎えて当然のように自動車保険の切替を行いました。

幸い事故は起きていませんが、バッテリー上がりで一度助けてもらったことがあります。自宅でバッテリーが上がるなんて情けない話ですが、てきぱきと対応して頂けて、本当に良かったです。
SBI損保 以前までは親に勧められて大手の自動車保険会社で契約してきましたが、結婚して自分で生計を立てるにあたって、保険料の見直しをしました。インターネットでできる無料の見積もりで数社の自動車保険会社から自分にあった会社を検討した結果、SBI損保を選びました。

保険料と補償のバランスもよく、プランもネット上で選べ、とてもわかりやすかったです。保険料も大手自動車保険会社の約半分になり、とても助かっています。更新の時に問い合わせをしたことがありますが、とても丁寧に対応してくださいました。

この前、友達とこの話題になり、安くなったと話したら興味をもっていたのでおすすめしましたところ、さっそく保険料の見直しを検討しているそうです。これからもお世話になろうと思います。
ソニー損保 結婚して仕事を辞めてから収入が減った事をきっかけに自動車保険の見直しをしました。最初はあいおい損保でしたが、単独事故を起こしたのもあり、等級が下がってしまっていたので保険料が高く、安いところに切り替えることにしました。

CMでも安さをアピールしているソニー損保が気になり、ネットで見積もりしたら今よりも3千円安くなることがわかり、必要ではなさそうなのを外したら金額が変わることも知り、あいおい損保の更新手続きをせずにソニー損保に加入しました。

保険料にも経済的に助けられましたが、接触事故を起こした時も丁寧かつ迅速に対応してくれました。仕事もしていた為、電話連絡があまりできなかったのですが、メールで事故処理の経過も確認することができ、とてもわかりやすくて良かったです。

シニアとの接触で私の方が悪いという形にはなりましたが、保険に加入していて良かったです。
東京海上日動 以前は他の車の保険に入っていたのですが、対応が悪く友人の勧めで今の保険に入りました。何回か事故をしたことがあり、そのたびにお世話になりました。

まず、事故をおこしたら電話をしますが、私の場合は保険の事故コールセンターではなく、直接東京海上の代理店に電話するんです。

そしたら、その方がすぐきてくれるんです。だから、事故をおこしてからも、警察には連絡しますが、事故相手とは直接かかわることはしません。その方が、後々尾を引かないので…(直接連絡しあうとトラブルが起きやすいので)。

ロードサービスでもお世話になりましたが、電話してもとても親切丁寧です。バッテリーがあがってしまった時も、普通はお金かかるんじゃないかと思うことも無料でしてくれたのでありがたかったです。
損保ジャパン日本興亜 その日はパートの仕事があったので、とても疲れていました。車で買い物へ行って帰ってきて、いつものように車をバックで車庫に入れようとした時、私が後方確認を怠ったせいで、後ろにいた車にぶつけてしまったのです。100%私が悪いので、警察に来ていただいて、事故証明を取った後、早速、保険会社に連絡を取りました。

我が家の車は、損保ジャパン日本興亜の『THE クルマの保険』という自動車保険に入っていました。保険料は高いですが、夫の仕事の関係で、それに入るしかなかったのです。ですが、やはり大手ですから、対応はとても安心できるものでした。

担当の女性の方が、被害者の方への連絡、当方と先方の車の修理会社への連絡の全てを行って下さり、私は、車をディーラーへ持っていって修理してもらうだけで良かったのです。そして、無事に示談で済ませる事ができました。高い保険料を払った甲斐がありました。