50代

更新日:2017年11月22日

50代の方は他の年代よりも保険料を割安に抑えるチャンスがあります。運転歴が長いベテランドライバーが多いことや、視力や反射神経などといった肉体的な衰えも少ないため、事故率が全体的に低いからです。

ただ、代理店の担当者とある程度はやりとりをして信頼関係を築いておきたいと考える方も多いですので、保険料が安い通販型自動車保険を2つ、信頼できる代理店の担当者が付く代理店型自動車保険を3つ、それぞれピックアップしてみました。

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

比較と口コミ

それでは以下に50代の方におすすめの自動車保険をご紹介させて頂きます。損害保険会社名をクリックすると、更に多くの口コミをご覧頂けるようになっておりますので、そちらのページもぜひ参考にして頂ければと思います。

会社名 50代の方から頂いた口コミ
セゾン自動車火災 もともとは別の代理店型の自動車保険に長い間加入し続けていましたが、インターネットの広告で「40代50代の保険料が安くなる」と大々的に打ち出していたセゾン自動車火災が気になりました。

「おとなの自動車保険」というネーミングにも惹かれ、生まれて初めてインターネットで見積もりをお願いしてみました。そして、出てきた見積額を見てびっくり!想像以上に保険料が安くなったのです。

一度だけ契約について分からないことを電話で聞いたことがありますが、その時の対応も良かったです。こんなに安くなるなら、もっと早くに変えておけば良かったかな…と多少後悔しています。
ソニー損保 もう5年以上ソニー損保にお世話になっています。最初は保険料が安いから事故対応やサポートもイマイチだろうと思っていたのですが、そんな私の思いを覆すでき事がありました。

そんな大した話ではないのですが、スリップによる自損事故を起こした際のことです。しばらく唖然としてしまったのですが、すぐに事故対応ダイヤルに電話をして、指示を仰ぎました。

その指示が的確で分かりやすく、更に普段の精神状態ではない私を安心させるために優しい言葉をかけてくれました。事故処理やその後の手続きもスムーズに進み、無事に事故を解決することができたのです。
損保ジャパン日本興亜 合併前からの付き合いとなりますので、もうかなり長いこと契約を続けています。損保ジャパン日本興亜の自動車保険が特別優れているという訳ではないのですが、代理店の担当者が素晴らしく、他に変える気が起きません。

個人的な付き合いも長く、そして私の兄弟の保険もその担当者が担当しているため、プライベートなことを含めて、何でも相談することができます。また、そろそろ運転を始める息子の保険もお願いするつもりです。
東京海上日動 今は外資系の保険会社がリーズナブルな保険を数多く取り揃えていますが、私は東京海上日動にずっとお世話になっています。私が長年お世話になっている方は、とてもユーモアあふれる方で、人柄がとてもよくて、家族でお世話になっています。

電話だけの応対の保険会社は、確かに安いかもしれないけれど、人と人とのつながりというのはあまり感じられません。しかし私の担当の方は、用がなくても顔を出してくださり、母や父の健康を気にかけてくれるので、とても嬉しいです。

最近父が自転車で接触事故をおこしてしまったのですが、その際にも相談に乗ってくださいました。商売という枠を越えたお付き合い、感謝をしているところです。これからもずっとお世話になりたいなと思っています。
あいおいニッセイ同和損保 私はつい先日50になったばかりの者ですが、何年間もあいおいさんでお願いしています。自動車保険だけではなく火災保険や地震保険にも加入しています。

もともと先に加入していたのは火災保険と地震保険の方だったのですが、代理店の方が感じの良い方で「自動車保険も切り替えてみませんか?」と勧められたのが加入のきっかけです。この人なら信頼できると思いましたので、自動車保険もお願いすることにしました。

まだ、自動車保険を利用して補償を受けたりといったことはありませんが、いつも代理店の方がよくしてくれるので、安心して加入し続けています。