車対バイク(原付)

更新日:2017年11月22日

自動車対バイクや原付の事故経験がある方々から体験談を頂きました。バイクや原付は軽い接触でもバランスを崩して倒れてしまうため、車対車の事故よりも大きな怪我に繋がりやすく、特に注意して運転することが重要となります。車対車の事故でも鉄則ですが、事故直後は何よりもまずは人命第一で動きましょう。

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

体験談

ソニー損保

●●ソニー損保の自動車保険に入っています。私が車で一方通行を走行中、止まれの標識を無視した原付バイクが右通路から突っ込んでくるという事故を経験しました。例え相手が標識を無視していたとしても、やはり車が悪くなってしまいます。

警察も7:3で相手の方が悪いということで調書を書いてくれたそうなのですが、相手の方は右足首の骨折をしており、仕事帰りの事故だったらしく、労災申請をしていました。初めての大きな事故だったため、何もわからず本当に焦りと不安が凄かったです。

その際、ソニー損保さんが親切丁寧かつ迅速にお金のこと等、すべての対応をして下さりました。そのおかげで自分のするべきことは、相手の方へのお見舞いと誠意を見せることでした。一ヶ月以上入院をされていましたが、無事に話を収めることが出来ました。

その他に息子が事故をした際も、ソニー損保さんにお世話になりました。少しややこしい事故で、その時は100%息子の責任だったのですが、丁寧で的確に対応して下さり、相手の修理費も全額負担して頂けました。

また、こちらは相手の方への謝罪等に全力を尽くすことができ、そのおかげで話を収めることができたのです。さすが業界で有名なソニー損保さんといった感じでした。大変感謝しております。

●●ソニー損保の自動車保険に入っています。テレビCMでおなじみの「ナンバーワン」という口コミで保険に入りました。バイクとの接触事故ではなかったのですが、こちらが車線変更したために、バイクがよけきれずに転倒。バイクが少し壊れて、バイクに乗っている人は軽症ですみました。

バイクの人を救急車で病院へ連れていき、乗っていたバイクは近くの駐輪場へとめて保険会社に電話をしました。事故の内容は聞かれましたが「あとはこちらで対応しますので、バイクの人と連絡を取り合うのをやめてください」と言われました。

それから4度ほど電話があり、バイクの人とは全く連絡を取り合うこともなく、お見舞いもなく接触がありませんでした。保険会社の人とも担当者の名前は伺いましたが、特に何か言われることもありませんでした。

事故後の電話内容としては、どれぐらいの割合でこちらが悪いのか、バイクの人がどれぐらいの補償をもとめているのか、次の保険のランクが下がってしまうこと、などです。これらを電話でやりとりして、事故の処理をしていただけました。

保険会社の人が相手の保険会社の人とやりとりをしてくれて、補償は保険会社が払ってくれたようです。電話のやりとりだけで、「このようにします」、「このようになりました」という報告だけで「本当に自分は何もしなくてもいいのか?」というくらい、全てのことをやっていただけました。

特に、事故の後は、パニックになっていて冷静に第3者が対応してくれるのは助かりました。

東京海上日動

●●東京海上日動の自動車保険に入っています。以前、バイクに乗っている時に前方を走っていた車にぶつかってしまう事故を起こしてしまった時にお世話になりました。

私の不注意で、お相手の車のパンパーの下にバイクが入りこむ形で接触してしまった事故だったので、お相手の車はバンパーの下部、私のバイクの側部に少し傷ついた状態。誰も大きな怪我をしなかったのが不幸中の幸いでした。

夜だったのですが、保険会社のコールセンターに電話をしたところ、お相手の運転手の方とその方の車だけでなく、私自身の身体とバイクの心配や接触事故を起こしてしまった私の気持ちの心配までしてくださったのは、とても助かりました。

保険を使ってお相手の車の傷を直すことにしたのですが、お相手側の保険会社さんとの対応は全て東京海上日動さんが対応してくださったので、私自身はお相手にお詫びのご挨拶に伺うだけですみました。

お相手の方も、こちらの保険会社がご自身の保険会社に連絡をくれて、全てスムーズに処理してくださっていると、伺った際におっしゃっていただけたので、変にこじれることもなく、解決することができました。

事故は起こしても起こされても、いい気持ちになりません。私自身、いろいろな意味で凹み、落ち込んだ気持ちでいたところ、全ての対応だけでなくケアまでしてくださったのは、とてもありがたかったです。オススメしたい保険会社さんです。

●●東京海上日動の自動車保険に入っています。自分の車で友達と旅行に行っていた時のことです。

急に道が狭くなり、対向車線に大きな車が走っていたのでゆっくりとブレーキをかけて徐行をしていたのですが、急に後ろに「ドン!」という強い衝撃が走り、ビックリした私達が外に出てみると、バイクが転倒していて男性が倒れ込んでいました。

いきなりのことで事態が呑み込めなかったのですが、どうやら私の車に追突して転倒したようでした。私は「大丈夫ですか?」と声をかけたのですが、男性が「なんで急ブレーキをかけたんですか!」と、なぜかぶつかってきたのにキレていました。

とりあえず、警察と救急車を呼び現場検証などをしてもらいましたが、警察官の方が「ここは道が急に狭くなるので事故が非常に多いんです。大体が車間距離をあけていなかった後ろの車が悪いんですけど」と言って、ぶつかってきた男性にも「ブレーキ痕から見てもあなたが車間距離をあけていなかったのが原因です」とハッキリと言っていました。

しかし、男性は納得がいかなかったようで、救急車で運ばれる直前まで「アンタが急ブレーキをかけた!俺は悪くない!保険料払えないのなら出るとこ出るぞ!」と、大きな声で怒鳴っていました。

とりあえず嫌な気持ちになりながらも旅行は続行し、保険会社にも連絡し、後の処理は任せることに。事故相手に言われたことなども全て保険会社の人に話して、不安であることを伝えると「こちらの方で全て対処しますから安心してください」と、とても心強い言葉をいただき、気持ちが少し和らぎました。

その後、保険会社同士での話が進み、相手に全ての過失があるということで決着がつきました。あの時、保険会社の人が頼りなかったら、たぶん旅行も取りやめていたと思うし、モンモンとした気持ちで生活しなければいけなかったと思います。

●●東京海上日動の自動車保険に入っています。私がバイク事故をした時の体験談です。250ccのバイクで、飛び出してきた車を避けようとして転倒。足の骨を挫傷しました。

事故後、急いで保険会社に連絡すると、素早くレッカーを手配して下さり、すぐバイクは回収されて工場へ。レッカーはロードサービスに含まれていたので、追加の料金は発生せずにすみました。

その後、怪我の治療のために病院に通うことになりましたが、警察に通報し、事故として認定されているにも関わらず、相手ドライバーが自分に過失はないと非を認めず、相手ドライバーが契約している保険会社が「お金を出すことが出来ない」と連絡してきました。

困り果て、自分が契約している保険会社に話し合いの間に入っていただくよう依頼。のらりくらりとかわそうとする相手に根気強く対応してくださり、無事に治療費をいただく形で話し合いを終わらせる事が出来ました。

こちらの保険会社同士の話し合いも事故対応の一環ということで、追加料金等も特になく、契約した保険料のみで対応いただけました。なかなか話が進まない時もサポートの方がきちんと説明をくださり、初めての事故で不安になっている気持ちをきちんと受け止めて下さったおかげで、心配はありませんでした。

私の場合は最初に受け付けて下さった普段お話する担当者さん、そして電話でつないで下さった方、実際に相手との話し合いをしてくださった方と三名の方にお世話になりましたが、どなたも誠実でスピード感のある対応でした。

初めての事故の時に丁寧な対応をして下さる方に担当して貰えてよかったです。