車線変更

更新日:2017年12月15日

車線変更の交通事故体験談をご紹介します。サイドミラーの死角に入ってしまって気付かなかったケースや、不注意でサイドミラーをそもそも確認していなかったケースなど、車線変更時に事故が起きる原因は様々です。幹線道路ではスピードが出ていることも多いので、ちょっとした接触が大事故に繋がることも少なくありません。

【↓期間限定キャンペーン実施中↓】
おとなの自動車保険のキャンペーン

体験談

東京海上日動

●●東京海上日動のトータルアシスト自動車保険に入っています。

先日、通勤途中に事故を起こしてしまいました。少し狭い道路で右折レーンに入る際に、対向車線側とぶつからないように気を取られ、左車線のバスの後部に、サイドミラーをぶつけてしまったんです。自分のほうのミラーは割れてしまいましたが、バスのほうは後方ライト部分に少し黒い線が入った程度でした。

警察の処理が終わって、すぐに保険会社に電話しました。受付の方の対応が良く、それだけでほっとしたものです。それからは相手方との交渉は全て保険会社の担当者がやってくれました。

バスの修理費は37,000円で済みました。それに対して保険を使って直したほうが良いのか、自費で直したほうが安く済むのかの見積もりも出してくれました。

結局、事故の大きさに限らず、保険を使うと3等級下がるので、年間の支払いが上がるとのことで、今回は保険を使わずに直しました。ですが、素晴らしい対応をしていただけたので、保険に入っていて本当に良かったと思います。

あいおいニッセイ同和損保

●●あいおいニッセイ同和損保の自動車保険を使ったときの話です。夫の運転で買い物帰りに軽トラにぶつけられました。こちらは追い越し車線、走行車線を走っていた軽トラが前方のバスが停車するのを見て、右車線に割り込んできた形でした。

幸い、それほどの衝撃はありませんでしたので、後席に乗っていた私とまだ9ヶ月の娘には特段の怪我等はありませんでした。相手はJAの保険に入っていましたので、すぐにJAの方が現場に来て、「こちらが悪いのでできるだけのことをします」と言ってくれました。

念のため、小児科で検査をしてもらいましたが、赤ちゃんも無事で本当に安心しました。JAの方が病院に連絡しておいてくれましたので、支払いを求められることもなく、スムーズな受診でした。

後日、交通事故にあった場合はそのチャイルドシートは使えないと聞きましたので、メーカーに問い合わせて事故の概要等説明したところ、「軽微な事故でも、内部にどのような損傷があるか分からないので、継続使用はしないでください」とのことでした。

その旨をあいおいニッセイ同和損保に連絡して、JAの保険の方と損害賠償の調整をして欲しい旨連絡したところ、驚いたことに「使えないようには見えないのでそのまま使ってください」という事故担当者(女性)の驚きの回答でした。

その後、担当者の上司という方とも話しましたが、同様の返答で正直なところあきれました。後日、チャイルドシートの型式、購入金額を聞いてきましたので、社内で対応方針が変わったのかと思っていますが、それからも「チャイルドシートを補償します」というような連絡はありません。

チャイルドシートが義務化されて久しいと思いますが、未だに対応要領が定まっていないのかとガッカリしています。

【↓期間限定キャンペーン実施中↓】
おとなの自動車保険のキャンペーン