凍結路面でのスリップ事故

更新日:2017年12月15日

冬に発生しやすい交通事故の代表に挙げられるのが「スリップ事故」です。雪や凍結路面ではそこまでスピードを出していなくても、スリップしやすいので普段以上に注意が必要です。チェーンやスタットレスタイヤを装着していても油断は大敵です。また、冬以外でも、雨天時にはスリップしやすくなります。

【↓期間限定キャンペーン実施中↓】
おとなの自動車保険のキャンペーン

体験談

東京海上日動

●●私は冬にスリップをして電柱に激突する単独事故を起こしました。スピードもかなり出ていたため、エアバックが開いてしまい、走行が不可能という状態です。すぐに保険会社に連絡をして、助けを呼びました。

私自身、エアバッグが開いてしまうほどの単独事故は初めてだったため、かなり動揺していましたが、そこはさすが保険のプロと言わんばかりの対応をしっかりとしてくれた事を記憶しています。

事故対応に関しては、連絡をしてから一時間も経たない内に現場に助けに来てくれて、レッカーで車を購入したディーラーまで運んでくれました。その時も車の状態よりも、まずは私の身体の心配を第一にしてくれて、東京海上さんの親切な対応にかなり安心して動揺も抑える事が出来ました。

あまり保険会社に対して事故対応のスピードや親切さを求めてはいなくて、とりあえず任意保険は入らなきゃいけないという適当な感覚で加入していたので、特別この保険会社で無ければいけないというこだわりはありませんでしたが、今回の単独事故の体験を通してこれからも車の保険は東京海上さんにお世話になりたいと実感しました。

また、他の保険会社と比べても、冷静に状況を把握して、その後のレンタカー又は代車の準備もスピーディに対応してくれたので、不便に思うこともひとつもありませんでした。

三井住友海上

●●5年前に路面が凍結した道路でスリップして止まれず、前の車に追突をする事故を起こしました。保険会社に事故対応の連絡をすると、のちほど代理店の方から電話が入り、小規模事故だったので電話のみの対応になりました。

とりあえず、お互いにさほど車の損傷はひどくなかったので、代理店の方の指示で、相手方だけ車を近くの駐車出来る場所に止める事にして、後程レッカー車で修理工場へ運んでもらう事となりました。

再度代理店の方と相談をして、私の車はより損傷が少なかったので、私の車で病院へ向かい、むちうちなどがないかを確認する為、整形外科を受診してもらいました。

その後は全て保険会社の方に対応していただき、修理が終わった事、体への影響が出ていない事などを逐一電話や書類が届いて確認が出来ました。

また、自身の車両保険には入っていなかったので、代理店の方の知り合いの修理工場を教えていただいて、車の修理を行いました。全ての対応に親身になってもらえたので、安心できましたが、一度も担当の方が私の所に顔を出す事はなく、その点は少し不安でしたし、残念でした。

保険会社として大きな問題はなく、気になる点もなかったので、問題は代理店の方の対応だったのかもしれません。自動車保険は、保険自体も大事ですが、実際に身近に対応してくれる代理店の方も重要だという事を、事故を起こした事により学びました。

そんぽ24

●●雪の多い地域に住んでます。ものすごい吹雪の日にスリップし、縁石に乗り上げ、全く動けない状態になってしまいました。

JAFを呼ぶことも考えましたが、入会していなかったので、自動車の保険についていたロードサービスに連絡をしようと思い、事故受付の方へ電話をしました。

電話をするとまず、私に怪我はないかの心配をしてくれ、素早く事故の状況把握とロードサービスの手配をしてもらいました。

やはり悪天候の日だったので、救助にある程度の時間はかかるということだったのですが、思いの外早くきてくれたことにびっくりしました。時間でいうと40分くらいだったかと思います。一時間半くらいはかかるのかなと思っていたので、こんなにも早く対応してくれたことに感心しました。

車の処置も適切にしてくれたおかげもあって、あまりダメージを受けることもなく、レッカーをしてもらうことができました。二人で来てくれたこともあり、あっという間に処理をしてもらい、助かりました。

初めての事故だったので気が動転してしまい、何をどうしたらいいのかわからない状態でしたが、事故受付の方も、レッカーにきてくれた方も、この後どうしたらいいかしっかりとアドバイスと対応をしてくれて、安心して任せることかできました。

●●私は単独で自損事故を起こしてしましました。急に降ったドカ雪のため、ブレーキが効かず、そのまま壁に激突。クルマが大きなRV車だったためケガはないが、クルマの方は自走は不可でした。

タイヤが大きく曲がり、エンジンはかかるものの、やはり自走は不可と判断した時点で、とりあえずロードサービスを呼ぶことに。

保険の証書を出したときに、保険会社のロードサービス特約の大きな挿絵が目に入り、早速24時間オペレーターに電話をかけると、すぐさま対応してくれました。

やはり、機械アナウンスより実際のオペレーターの方が安心出来て、すぐにレッカーのサービスを実施していただきました。雪の中20分程待っていたところ、レッカーが到着し、速やかに車輌を移動させてくれました。

車輌は指定のディーラーまで運んでいただき、私はオペレーターの指示でタクシーを手配していただき、無事に家に着きました、その後も代車から保険や治療費まで大きくお世話になり、事故になって初めて保険の大切さに気が付きました。

AIU保険

●●3年ほど前に会社の社用車で事故を起こしてしまいました。一般道のトンネル内の濡れた路面でタイヤがスリップして、数十メートル蛇行した後に、トンネル内の歩行者道路との間のガードレールに激突。幸いなことに対向車はおらず、単独事故で済みました。

しかし、かなりのスピードが出ていたため、衝突した車のフロント部は大きくへこみ、自走はできない状態でした。ガードレールも数メートルはボコボコの状態になってしまいました。

まずは警察に連絡してから、保険会社に連絡をしました。初めての事故で、しかも規模が大きかったので、かなり動揺していましたが、電話で対応の方法を教えてもらい、ロードサービスを呼びました。

保険会社が提携している最寄りの修理工場から近くの工場まで、レッカー車で一旦移動させてもらいました。そこから保険会社と提携している修理工場に移動させることにしたのですが、土曜日だったので対応できずに月曜日まで待ちました。

田舎で事故を起こしたので、提携工場が最寄りでも70キロ以上離れていて大変でした。結局、修理出来ないほどの損害だったので廃車にしました。車両保険に入っていたので、その額で新しい車を買いました。

また、壊してしまったガードレールの修理代も保険を使いましたし、私もむち打ちになってしまったので、治療代も保険を使いました。この一件以来、保険の大切さを感じました。

アメリカンホーム・ダイレクト

●●夜冬の凍結した時に横から車が突っ込む形で事故に合いました。事故相手の方がアメリカンホーム・ダイレクトの自動車保険に加入していましたので、事故後のやり取りをアメリカンホームダイレクトとさせて頂きました。

私は仕事をしているので、昼間は家におらず、携帯も仕事中は使う事が出来ませんでした。それに主婦ですので、夕方は子供の送り迎え、家の事などバタバタしている時間が多いのですが、その事にとても配慮して頂き、私の都合が良い時間や、夜遅くにでも対応してもらいました。

今まで、保険会社のイメージは就業時間の9時~17時しか電話対応してもらいえない、こっちが保険会社の都合に合わせないといけないように思っていたので、とても驚き、いつでも私自身の都合が良い時に合わせて頂き、助かりました。

正直、ネットの保険は顔を見てやり取りするわけではないので、顔を知らない相手とのやり取りに不信感と不安がとてもありましたが、電話越しでも親切なうえ、丁寧で何度もこちらに連絡して頂きました。

また、書類の不備などでご迷惑をかける事などありましたが、嫌な感じも全く出さず、スムーズかつ迅速に事故処理を終わらせる事が出来ました。今は違う保険会社と契約しているのですが、切り替えの時に検討しようかなと考えています。

【↓期間限定キャンペーン実施中↓】
おとなの自動車保険のキャンペーン