ロードサービス

更新日:2017年11月22日

自動車保険と言うと対人補償や対物補償が特に注目されますが、ロードサービスも忘れてはいけない重要な項目の一つです。各社のロードサービスの内容に大きな差はないものの、全ての内容が同じという訳ではありませんので、自動車保険の見直しを検討されている場合などは、事前に比較しておくことをおすすめします。

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

比較表

当サイトのランキング上位各社のロードサービスを比較した表です。非常に簡素な物となりますが、自動車保険選びの際の参考にして頂ければと思います。

会社名 無料レッカー トラブル対応 宿泊費上限 帰宅費上限 車両搬送費上限
ソニー損保 50km 1泊分 無制限 無制限
アクサダイレクト 35km 1泊分 無制限 無制限
SBI損保 50km 1.5万円/名 2万円/名 10万円
イーデザイン損保 30km なし なし 10万円
セゾン自動車火災 15万円分 1万円/名 2万円/名 15万円
東京海上日動 10万円分 1万円/名 5万円 10万円
チューリッヒ 100km 1泊分 無制限 無制限
三井ダイレクト 30km 1万円/名 2万円/名 10万円
三井住友海上 15km 1万円/名 2万円/名 15万円
損保ジャパン日本興亜 15万円分 1万円/名 2万円/名 15万円
あいおいニッセイ同和損保 15km 1.5万円/名 2万円/名 15万円
アメリカンホーム・ダイレクト 50km なし なし なし
JAF 15km なし なし なし
ENEOS
ロードサービス
10km なし なし なし

トラブル対応について

こちらの項目では「○」もしくは「△」で表記をしておりますが、○は主要トラブルについて時間制限なしで無料対応することが可能という意味で、△は一部または全てのトラブルについて30分以内の作業であれば無料対応できるという意味です。

ただ、多くのトラブルは現場到着から30分以内で対応できますので、ロードサービスで実費が発生することはあまりありません。最後に、以下に主要トラブルを箇条書きでご紹介します。

  • 落輪
  • ガス欠
  • オイル漏れ
  • キーの閉じ込み
  • バッテリー上がり
  • 灯火類のバルブ交換
  • パンク時のタイヤ交換

口コミと評判

ここからは自動車保険のロードサービスの口コミと評判をご紹介します。当サイトでは多数の自動車保険の口コミを掲載しておりますが、こちらではロードサービスに関する口コミだけを選んでいます。なお、掲載している自動車保険の順番ですが、先にご紹介したロードサービスの比較表と同じ順番になっております。

ソニー損保

●●数年ほど前のことですが、県外のスキー場に行った帰り道に、バッテリーの故障で車が動かなくなってしまいました。その時に初めて自動車保険のロードサービスというものを利用しました。何せ、こういう経験は初めてだったもので、家族の中で運転をしていた私が最もパニックに陥っていたように思われます。

すぐにレッカー車は来てくれましたが、来てくれるまではどうして良いのかわからず、電話で案内されるままにしておきました。頭が真っ白になりすぎて当時のことは何も覚えていませんが、ロードサービスのおかげで宿泊費などはすべて保険がおり、自腹を切るというようなことはありませんでした。

やはり、いざというときにロードサービスがあるというのは、かなり安心できるということがわかりました。(20代男性)

●●ゴールデンウィーク中にドライブを家族と一緒にしていました。ドライブの行き先は隣の県でしたので、特にガソリンを入れなくても良いと思い、給油せずに行くことにしました。

ですが、既にガソリンはもうほとんどなく、今にもガス欠になりそうな量で、さらに警告の表示も出てしまいました。あいにく近くにガソリンスタンドは無かったので、ついに止まってしまいました。

そこでどうしようかと迷ったのですが、自動車保険に加入しているので、その加入しているソニー損保に連絡しました。すると、直ぐにレッカー車が来て、作業員が駆けつけてくれました。

そこで自分が事情を説明すると、ガソリンを無料で入れてくれました。およそ15リットル程度入れてくれたので、ガソリンスタンドまでは行くことが可能になり、とても良かったです。(40代男性)

●●家の駐車場に車を停めて、鍵を車内に残したまま台所のガスを切ったか確かめに家に戻りました。戸締まりも確認して、さあ出掛けようと思ったのですが、取っ手を引いてもドアが開きません。鍵は掛けてないはずなのに不思議でしたが、とりあえずソニー損保へ事情を説明し、提携してる業者が来てくれるように手配しました。

一時間ほど家の中で待って、業者さんが到着して、すぐに鍵は開いたのですが、その時の説明によりますと、リモコンで鍵を開けると一定時間経つと鍵が掛かるというのです。そんなこと初めて聞いたぞ…と思いましたが、リモコンで開けて2,3分経つと鍵がかかりました。

それを聞いてからは絶対に車内に鍵を置いておかない事にしていますが、これは知らない方も多いのではないかと思います。(50代男性)

アクサダイレクト

●●私は恥ずかしながら車のタイヤ交換すら出来ません。興味の無いことはとことんやる気が無い性格のようで、車は移動するための物として割り切っているので、全くと言っていいほど弄れません。そんなわけで、以前タイヤで路上の凹みを豪快に踏んでしまってパンクしたときは焦りました。

深夜だったので交通量が少なく、ゆっくりと走れば自宅に帰れない距離ではなかったのですが、そんなことをするとタイヤの中身やホイールが傷ついて、余計に修理が必要になることは一応知っていました。

「タイヤ交換が出来ません」と言うのは恥ずかしかったのですが、アクサダイレクトに電話して、ロードサービスを呼びました。夜中だったので、少し時間が掛かりましたが、契約している修理工場の人らしき方が来て、小さい予備のタイヤに交換してくれました。スムーズに物事が進んで助かりました。(30代男性)

●●早朝に出かけなくてはならなくなり、朝6時頃に駅の近くの駐車場に車を止めて、電車で外出。夜に電車で帰ってきて、駐車場から家に帰ろうと思い、車に乗ったところ、エンジンが掛からなくてかなり焦りました。

キーを入れて回しても、うんともすんとも言わない車。こんなことは初めてだったのと、車の仕組み自体があまり詳しくなかった私は頭の中がパニックになりました。

そして、ちょっと落ち着いてよくよく考えてみると、朝ライトを付けたまま消すのを忘れてしまっていたのを思い出しました。いわゆるバッテリーが上がってしまってエンジンが掛からなくなってしまったのです。

急いで車のダッシュボードにしまっておいた保険会社に連絡しました。「30分ほどで直しに参ります」との頼もしい言葉に、心がほっとしました。しばらくしてスタッフの方が来てくれて、バッテリーを充電して頂き、無事家に帰る事ができました。

あの時は本当に焦ってパニックになってしまったのですが、保険会社さんがすごく頼もしく見えました。(30代女性)

●●長いこと運転していなかったせいか、自宅で車がバッテリー上がりを起こしてしまい、ロードサービスをお願いしたのですが、電話の後の対応も迅速でとてもよかったです。(40代男性)

SBI損保

●●急にエンジンのかかりが悪くなり、知人の車屋さんに頼んで修理を受けた際に、加入していたSBI損保のロードサービスを利用しました。古い車で、エンジントラブルなのか電気系統のトラブルなのか、さっぱり分からない状態でした。

以前も道中でエンジンがかからない状態になり、JAFを呼んだのですが、会員で無かったため、自宅へ運ぶだけで多額の費用がかかりました。

今回は近くにあった車屋さんに入り、ここなら大丈夫かと思ったのですが、外車なのでよく分からないとの事で、購入したお店で見てもらった方が良いと言われました。仕方なく購入店に向かおうと思い、再びエンジンをかけようとしましたが、なんとここでエンジンがかかりません。

車屋さんも店にずっと置かれたら困るため、かなり私も焦っていました。そして、今回もまたJAFを呼ぼうとしたのですが、その時に加入しているSBI損保のロードサービスの事を思い出しました。私は保険証券も不要にしていたため、携帯でSBI損保を調べて電話しました。

正直あまり期待していませんでしたが、今の場所を聞かれ、行き先の車屋さんまでの距離を調べて頂きました。そして「距離は7km程度で費用もかかりませんので安心して下さい。すぐに向かいますので、30分ほど待って頂く様にお店の方にも説明して下さいますか?」とのこと。

丁寧で分かりやすい説明だったので、安心して待つ事が出来ました。その後二人のドライバーの方に無事に購入店まで連れて行ってもらい、とても助かりました。値段もサービスも対応も素晴らしい保険だなと改めて思いました。(20代女性)

●●自動車保険は価格重視でSBI損保に加入しました。数年前、自動車で自宅に帰宅途中の時のことです。ボンネットから煙が出てきて、これはまずいなと思い、ガソリンスタンドに立ち寄ったら、ラジエターからの水漏れが原因で、オーバーヒートになっていることを指摘されました。

自走しない方がいいというアドバイスをガソリンスタンドの店員からいただいたので、SBI損保のロードサービスに電話し、今いるガソリンスタンドの場所を伝えて車を自宅まで運んでいただきました。費用がかかるかと思ったのですが、保険で対応してくれるとのことで安心しました。

10分ほどでトラックに載せていただき、自宅まで運んでくれました。翌日は、自宅から近くのカーディーラーまで運んでいただき、修理することができました。ロードサービスを使ったのはこの時初めてだったのですが、すばやく的確な対応していただき、本当に良かったです。(30代男性)

イーデザイン損保

●●初めて自分の車を持ったのは、21歳になったばかりの頃でした。当時どうしても乗りたかった憧れの車があり、周りの大反対を押し切って購入。唯一賛成してくれていた祖父は、「保険だけはしっかりな」と念押ししていました。

しかし、若かった私に払える保険料はとても少なくて、一括見積もりサイトからの回答にため息をつくばかり。そんなときに見つけたのがイーデザイン損保でした。当時あまり知名度はありませんでしたが、年式が古いクーペに対人対物無制限の条件で年間10万円を割り込んでいた唯一の会社だったので、お願いすることにしました。

実際に加入してみて、一度故障でロードサービスを使ったこともあるのですが、特段対応に違和感を覚えることもなく、まっとうな保険会社であると感じました。

当然その翌年も契約を継続し、新しく車を持ちたいという友人にオススメしたこともあります。今ではすっかり有名になりましたが、昔から安く確かな保険を提供してくれる会社だと思っていました。(20代女性)

●●一昔前は名前すら聞いたことのない自動車保険会社でしたが、ここ数年の宣伝広告の効果もあってか、今や知名度はすごく高くなっています。実は私もその宣伝広告でイーデザイン損保を知りました。「東京海上グループのイーデザイン損保」というフレーズがなかなか頭から離れない、あの有名なテレビCMです。

そんなイーデザイン損保に加入した私ですが、鍵の閉じ込みで一度だけヘルプしてもらったことがあります。以前に加入していた他社の自動車保険でもロードサービスを使ったことはなかったので、まさに人生初のロードサービスでした。

もちろん作業員が来るまで多少は待ちましたが、作業そのものは非常にスムーズで、長い時間がかかることなく、無事に開けてもらうことができました。この一件でイーデザイン損保への信頼度もかなり上がりました。(30代男性)

セゾン自動車火災

●●自動車保険選びで大切なのは、自動車のトラブル時にもすぐ対応してもらえるかどうです。先日も外出先で急にエンジンがかからなくなったことがありました。駅の駐車場に車を30分ほど停めて戻ってきたところでした。

困り果てていたところ、加入しているセゾン自動車火災のロードサービスがあることを思い出し、早速コールセンターに電話しました。そして一時間ほど待っていると、工具を持って整備士が駆けつけてくれました。

どうやらバッテリーが古くなって、寿命を迎えたようでした。その場でバッテリーを交換してもらうと、うそのように、勢いよくエンジンがかかったのです。本当にほっとしました。(30代男性)

●●あれはとあるお正月の昼でした。正月早々、コンビニへ買い物へ行こうと自宅の駐車場に止めてあったクルマに乗り、エンジンを掛けたのですがかかりません。何度か試しているうちにセルモーターが全く回らなくなってしまいました。

よく見るとルームランプが付きっぱなし…。そうです、バッテリーがあがってしまったのです。困った私は自動車保険のロードサービスを思い出し、電話をして状況を説明すると、1月1日だったのにもかかわらず、およそ30分程で来てくれました。

その後はスムーズに処理してもらい、無事に車のエンジンもかかりました。安心してその後買い物へ行き、帰ってきた時に、私はあろうことかエンジンを切ってしまいました。切った瞬間に思い出し、再度エンジンを掛けてみましたが、かかりません。充電不足です。

再度、ロードサービスに電話をすると、先ほどと同じ業者さんがやってきて、嫌な顔もせずに再度処置してくれました。本来なら2度目は料金取るのですが、今回はおまけということで料金はかかりませんでした。

後で調べたら、バッテリーあがりの料金は普通10,000円程かかる事を知り(今回の場合は×2だから20,000円です)、自動車保険のロードサービスにありがたさを感じました。

何があるかわかりませんから、皆さんも保険加入時にはロードサービスは適用にしたほうが絶対に良いですよ。(40代男性)

●●2年ほど前、三菱のパジェロに乗っていた時のことでした。自宅裏の月極駐車場に止めていたパジェロで出掛ける為にエンジンを掛けると、エンジンは掛かるのですが、いざギアを入れて前進や後退しようとすると、ストンッとエンジンが止まってしまうトラブルが発生しました。

メーター上はまだガソリンが入っている状態ですが、ガス欠かと思い、おとなの自動車保険のロードアシスタンスに連絡しました。おとなの自動車保険のロードアシスタンスでは、保険期間中に1回だけは無料で10Lの給油をしてもらえるサービスがあるのです。

急行してもらい、給油してもらったものの、やはり前進しようとすると、エンジンが止まってしまいました。作業に当たってくれた方からも、「エンジン関係の故障でしょう」とアドバイスを頂き、三菱のディーラーへ連絡。

すると、「自走出来ないなら、レッカーを頼んで運んでもらえないか?自動車保険のロードサービスにレッカーのサービスは付いていませんか?」 とのこと。

その場でロードアシスタンスの作業員の方に事情を話すと、ロードアシスタンスの本部なのでしょうか、早速連絡を取り合ってくれて、そのままレッカー移動してくれることになりました。

おとなの自動車保険のロードアシスタンスには、最大300kmまでのレッカー移動が無料で受けられるサービスが含まれているのです。

当のパジェロは点検の結果、エンジンに空気を送るポンプの様な部品と、それを制御するコンピューターが故障しているとのことで、修理費用も高額となる為、廃車手続きをすることになってしまいました。

しかし、10Lの給油に加え、レッカー移動までしてもらうという、おとなの自動車保険のロードアシスタンスの迅速な対応には本当に助かりました。(50代男性)

●●北海道旅行に行くために東北道を北上中、追い抜きざまに当たらんばかりに幅寄せをされ、回避したところ、軽ワゴン車だったため横転。相手の車は逃走、現場検証と事故処理も終わり紫波ICまで搬送されました。

そんな中、自宅まで搬送するのにどのように対処すべきか悩みましたが、セゾン自動車火災の事故・ロードアシスタンスデスクに電話したところ、怪我の状況、事故の状況、搬送先修理工場など、てきぱきと指示頂き、今までの不安が一気に解消して安心しました。

しかも、驚いたのは、契約当初はJAFにも入ってるしと高を括っていたのですが、実際蓋を開けてみるとJAFはレッカー15kmまで無料でした。ところがセゾン自動車火災の保険のロードアシスタンスは15万円分まで無料でした。

たまたま、事故ったことも今まで無かったのですが、万が一の場合のためにつけておいた方が良いという、知人の話で何となくつけたのが功を奏しました。

修理工場は自宅近くの宮城県にある工場なので、移動距離を考えると請求が怖かったのですが、JAFの無料サービス+セゾン自動車火災のロードアシスタンスで、辛うじて自己負担0でした。

また、なんと言っても24時間365日対応は有り難いです。しかも、最近ではGPS位置検索サービスがあるので、地理に不明な場所でも、駆けつけてサービスしてもらえるのは有り難い事です。(50代男性)

東京海上日動

●●以前、自動車に追突され、相手方であった東京海上日動火災保険のロードサービスを受けました。追突されたことによりトランクが閉まらなくなったので、自走はできましたが、レッカーのロードサービスを受けました。

夜間にお願いしたので、担当者がいないなどと最初はおっしゃっていましたが、最終的にはレッカーで普段お世話になっている自動車ディーラーに運んでくださいました。

そのときは、車をそのまま積むレッカー車ではなく、自動車の半分がレッカー車に乗り、後輪は道路に乗るタイプのもので来てくださいました。レッカー車の到着も早く、本当に助かりました。また、対応してくださったオペレターの方も慣れているようで、本当に対応がスムーズで助かりました。(20代女性)

●●昨年末に突如愛車の電気系統に異常が発生し、エンジンが全くかからない状態になりました。初めてのロードサービスの依頼だったため、恐る恐る電話しましたが、オペレーターの方に丁寧に対応頂き、「今、自分は何をするべきか」をはっきり整理することが出来たので、非常に安心しました。

結果的にレッカーを依頼することになったのですが、京都市内の駐車場のど真ん中で発生してしまったため、問題なく運び出せるか非常に不安でした。しかしながら、京都の地理をよく認識なさっているスタッフにお越し頂き、とてもスムーズにご対応頂いたことに感心致しました。

修理費用6,000円程度の軽微な故障ではありましたが、事故やトラブルの大小関係なく、丁寧に対応される姿勢はさすがです。今後も安心してロードサービスを依頼できます。(30代男性)

●●ゴルフ練習場に出掛け、プレー終了後に帰ろうとしたら、車から何かが漏れているのを見つけました。よく見たら、オイルの様なものでした。東京海上の代理店となっているディーラーにすぐに電話をし、やり取りをしてもらいました。すると、レッカーが来てくれると言うので、待ちました。1時間ほど待ちました。

車はレッカー移動し、自分はレッカーに載せてもらい、ディーラーまで連れて行ってもらいました。調べた所、やはりオイルが漏れているとのことで、車の修理をしてもらう事になりました。東京海上日動さんは、いつも素早い対応で助かっています。すぐに連絡が取れるのは、安心感もあり、信用できます。(40代男性)

チューリッヒ

●●私は通販型自動車保険で有名なチューリッヒの自動車保険に加入しており、緊急時のロードサービスが保険に付帯されています。保険に加入した当初はロードサービスの必要性をあまり感じていませんでした。しかし、保険加入から間もなく、保険会社のロードサービスを利用する機会がありました。

私は当時アメリカのSUV型の大きな自動車に乗っていたのですが、走行中に急にハンドルが重くなりました。そして、ついにはハンドルが殆ど回らなくなってしまい、道路の路肩に自動車を停車しました。突然のトラブルで少し気が動転していたのですが、保険会社のロードサービスを思い出しました。

自動車に保険会社のロードサービスに関する書類を備えていたため、すぐに保険会社に連絡しました。保険会社の対応は迅速で30~40分くらいで現場に来てくれました。そして、用意してくれていた自動車を積載できるトラックにて、修理工場まで無料で搬送していただきました。

この時は本当に気が動転していたので保険会社のロードサービスに本当に救われました。それ以来、保険会社は変わらずチューリッヒです。(30代男性)

●●私は以前JAFに加入していましたが、テレビCMでチューリッヒの自動車保険にロードサービスが保険についていることを知って、チューリッヒの自動車保険に加入をしました。チューリッヒの自動車保険に加入すると同時にJAFを退会しました。

以前、冬の北海道でバッテリーがあがってしまったことがあります。当時はJAFを退会したばかりであったため、チューリッヒのロードサービスを利用することにしました。チューリッヒのロードサービスセンターに電話して状況を伝えました。しばらくしてチューリッヒのロードサービスが来てくれました。

冬の北海道でバッテリーがあがっていたため、とても寒く不安な思いをしていたのですが、チューリッヒのロードサービスが来てくれて心強かったです。今後もトラブルにあった際にはロードサービスを利用したいと思います。(40代男性)

●●私はチューリッヒに加入しているのですが、一度だけロードサービスにお世話になったことがあります。あれはもう数年前の話になります。田園都市線のあざみの駅の交差点を曲がりきった所で、渋滞のために一旦停止しました。

少し待つと前の車が動き始めたのでアクセルを踏んだのですが、「ガクッ」と動いたあとにエンジンが停止。慌てて何度もエンジンをかけようとしましたが、二度とエンジンはかからず。交差点の所なので後ろの車や歩行者に大迷惑の状態でした。

すぐに車から降りて車を押そうとしたら、周りの人が寄ってきて手伝ってくれました。この時は本当に感激でした。そして、すぐに加入しているチューリッヒのコールセンターへ連絡。場所と状況を伝えると、すぐに移動のためのロードサービスを手配するので待っていてくださいとのこと。

その後30分くらいで現場まで駆けつけてくれて、手際よく指定した整備工場に運んでくれました。ロードサービスを使ったのは初めての経験でしたが、保険に加入していて良かったと思った瞬間でした。(50代男性)

三井ダイレクト

●●私は車で出勤しているのですが、先日ちょっとしたトラブルに見舞われました。いつものように仕事を終えて車で帰ろうとすると、エンジンがかからない…と言うか、セルモーターさえ回りません。どうやら朝、暗いうちに出勤してスモールライトをつけたまま駐車してしまい、そのまま仕事をしていたようです。

同僚の車もあったので、バッテリーをつないでもらってエンジンをかけようと思ったのですが、バッテリーをつなぐケーブルを誰も持っていなくて、仕方なく私の加入している三井ダイレクト損保のロードサービスにお願いしました。

その日は結構強めの雨が降っていたのですが、お願いしてから30分ほどで担当の方が来てくれまして、持参のバッテリーと私の車のバッテリーをつないで、あっという間にエンジンがかかりました。作業時間は5分ほどでした。とても助かりました。

バッテリーに電気が貯まるまでのすこし間、出発しないでエンジンをかけっぱなしにした方が良いと教えられましたので、駐車場で20分ほどエンジンをかけておき、そのあと車を運転して帰りました。(30代男性)

●●先日、妻と愛車でドライブをしていてる時に突然、愛車が止まってしまいました。急にアクセルの踏んだ感じが軽くなって、エンジンが止まり、まったく反応なしに。かなり古いミニだったので、いつ故障しても不思議はない感じの車でしたが…。

どうしようもなくて、加入していた三井ダイレクト損保のロードサービスをお願いしました。1時間弱でレッカー車で来てくれて、係りの方はとても親切で、ボンネットを開けて懸命に修理してくれようとしたのですが、どうしても直らなかったので、私のいつも利用している修理工場までレッカーで運んでもらいました。

私たちはレッカーされる車に乗ったままで修理工場まで行きました。愛車が止まってしまったのが家の近所ではなかったので、この時はとても助かりましたね。

後日、修理工場で直してもらったところ、エンジンの中の小さな部品の故障で動かなくなったとのこと。それでは係りの方もさすがに直せなかったでしょうし、対応には満足しています。また何かあったらお願いしたいと思っています。(40代男性)

●●近くのスーパーまで買い物に出かけたときのことです。1階の駐車場がいっぱいで、仕方がなく2階の駐車場に車を入れました。あまり駐車が得意ではないので、空いている真ん中あたりの場所に車を入れようとしたところ、パンという音がして、車体が急に左に傾いたのが分かりました。

駐車場に割れた空き瓶のかけらが散らばっており、それを踏んでパンクをしてしまったのです。あわてて三井ダイレクトに電話をしたところ、20分程度でトラックが来てくれ、車に積んであったスペアのタイヤと交換をしてくれました。費用も一切かからず作業も手早く確実だったので、とても助かりました。

スペアタイヤをつけて近くのオートバックスまで走りましたが、あいにく店舗には合うタイヤがなかったので、すぐにタイヤを注文しました。3日ほどでタイヤを取り寄せてもらい、無事に交換をできてよかったです。(50代女性)

三井住友海上

●●自動車保険とは別に年会費を払ってまでJAFに加入することには抵抗があり、ロードサービスのついている三井住友海上の自動車保険を選びました。それでも正直、使うことはないだろうな…と思っていた矢先、出先でバッテリーが上がってしまい、ロードサービスを利用することになりました。

ちょうど行楽シーズンで長い待ち時間も覚悟しましたが、意外と早く来てくれて、すごく好印象でした。自分の責任とはいえ、こういうことに早く対応してくれると有り難いなと実感しました。保険会社によっては、対応によって色々と有償になる項目が違うようですが、三井住友海上は無料でやってくれました。

ロードサービスがついているというだけで、実はあまり各社のサービス内容を比較せずに決めたのですが、三井住友海上にしておいてよかったです。(30代女性)

●●私の車は分譲マンションの地下駐車場にとめているのですが、なかなか乗ることが少ないために最近バッテリーが弱り、新しいバッテリーでも数ヶ月ほどであがってしまいます。今年の冬にバッテリーがあがってしまった際には、加入している三井住友海上のロードサービスの担当者に来て頂き、始動して頂きました。

自動車保険は補償や保険料ばっかり注目して見過ごしがちですが、ロードサービスも確認した方が良いです。いつどこで車が動かなくなってしまうかもわかりませんからね。特に冬や夏などはバッテリーなどのトラブルが約8割を占めているほどです。それもロードサービスなら迅速にかつ丁寧に対応してくれます。(30代女性)

●●左前輪パンクでロードサービスを利用しました。パンクしたのは自宅の駐車場内ででした。朝、車に乗って出かけようと思ったらパンクしていて、どうにもならない感じでした。主人がいればスペアタイヤに交換してもらえるんですが、あいにく主人は仕事にでかけた後だったので、自分でやるしかありませんでした。

しかし、スペアタイヤがどこにあるのかもわからないし、ジャッキの使い方なんかも全然分からないため、入っていた三井住友海上に電話をして、サービスマンに来てもらいました。

30分ほどで来ていただき、スペアタイヤに交換してもらいました。その時に私の車に積んであるスペアタイヤを使ってもらい、タイヤが収納されている場所を教えてもらいました。交換は15分程度で終了しました。

やったことがないど素人の私が次に自分でもできるように「こうやるんですよ」と説明しながらやってくれて、本当に親切だと思いました。そのスペアタイヤのまま近くのガソリンスタンドへ行き、タイヤを購入できました。翌年の等級にも影響がなく良かったです。(30代女性)

●●冬の寒い時期の2月頃の事ですが、日中も寒かったですし、夜中は特に冷え込んでいて、とても寒い日が続いていました。そんなある日の事ですが、夜中に買い物をしようとコンビニに出かけたのですが、バッテリーが弱っており、弱々しい音と共に何とかエンジンが掛かり、あと2,3日で完全にバッテリがー上がるような状態でした。

不安を抱きながらコンビニに着き、買い物を済ませて車に戻ったのですが、ライトを消し忘れている事に気が付きました。ただでも弱っているバッテリーにライトを点けていたので、まずいと思いました。

ライトを消して恐る恐るセルを回したのですが、カチカチと音がするだけで、一向に掛かる気配がしなく、しまいにはカチカチと言う音もしなくなり、完全にバッテリーが上がってしまいました。しまったと思いましたし、どうしようと思いましたが、ロードサービスを思い出しコールセンターに電話をしました。

丁重に現状と位置を伝えると、しばらくお待ちくださいと言われ、寒い車内で待っていましたが、夜中にも関わらず40分程で来て頂けて、早い対応に感謝をしました。

その後、バッテリーでエンジンを掛けていただき助かりましたが、早い対応とサービスの良さに利用をして良かったと思いました。某有料ロードサービスと比べて遜色も無いですし、十分な対応に満足度がありました。(40代男性)

損保ジャパン日本興亜

●●私が自動車保険に加入していてロードサービスを利用したのは、冬にバッテリーがあがってしまった時です。その日は雪がかなり降っていて気温も低かったのですが、必要なものがあったので気が進まないながらも買い物に出かけました。

車を運転しているとなんとなくライトが少し暗くなったような気はしていましたが、特に気にすることもなく買い物を済ませました。そして、いざ帰ろうと思いエンジンを掛けようとすると、エンジンがかかりませんでした。

この寒さのせいでかかりにくくなっているのだろうと思い、何度も試しましたが、一向にエンジンはかかりませんでした。困り果てて、損保ジャパン日本興亜のロードサービスの窓口に初めて電話をしてみました。

契約情報の確認やどういった症状なのかを聞かれ、恐らくバッテリーがあがったのだろうと言われ、30分程度で業者の方が来てくれました。そしてジャンピング作業をしてもらい、無事にエンジンがかかりました。

来てくれた業者の方には「だいぶバッテリーが弱っているので、エンジンを切らずにそのまま走行して、交換をしに行った方が良い」と言われ、そのままカー用品店に行きバッテリーを交換しました。本当に自動車保険のロードサービスがあって良かったなと思いました。(30代男性)

●●家族で遠くに遊びに行ったときに、うっかり車の鍵をなくしてしまいました。最初はすぐに見つかるかなと思いつつも、どうやら全く見つかりそうもなくて、頭が真っ白になりました。

損保ジャパン日本興亜の自動車保険にロードサービスがついていて本当によかったです。ロードサービスで有名な「JAF」よりも対応が遅いと聞いていたのですが、気になる程でもありませんでした。小さな子供を抱えていましたが、全然大丈夫でしたよ。

応対も丁寧で、大手保険会社の安心感がありました。ただ、そのあたりは提携している会社に寄るかも知れませんが…。勿論無料で対応して頂きましたし、年間費で考えてもJAFよりお得で助かっています。

私の場合は鍵だったのですぐに来て頂いて終わったのですが、レッカー車を呼ぶときは専用ダイヤルに電話をする等、注意点がいくつかあるようです。ロードサービスを利用することなんてそう滅多にないと思いますが、予め注意点をしっかり知っておいた方がいいですという話を伺いました。(30代女性)

●●平泉方面へ世界遺産を見に行く途中、高速道路で車が立ち往生してしまいました。前のバンバーを開けて中を見ると煙が出ているではありませんか。これはまずいと思い、エンジンを切って、保険会社(損保ジャパン日本興亜)に電話をしました。

保険に入るときに、事故と故障が対象のものだと聞いていました。連絡するとすぐ電話がつながり、高速道路までレッカー車が来てくれました。近くの整備工場に手配をしてくれ、また、代車も出してくれました。代車は付帯に入っているとかでサービスで付けていただきました。もしもの時は、本当に役にたちますね。

故障の原因はラジエータの水が少なくなっていて、エンジンが焼きついてしまったことでした。それを修理するのに6万円くらいかかり痛い出費でしたが、レッカー移動やレンタカーの費用はかからなかったのですごく助かりました。(40代男性)

あいおいニッセイ同和損保

●●自分が乗っている車が自走困難になりました。まず、どうしたらいいのか頭の中で考えました。でも、意味の現状に頭が真っ白になり、親に電話をしました。そしたら「保険会社に連絡したらいい」と言われました。

そして、自身が加入しているあいおいニッセイ同和損保に電話しました。すぐにはつながりませんでした。でも、数分したらつながり、今の状況を伝えました。

オペレーターに「どんな故障ですか」と聞かれて、「急にエンジンがかからなくなり、動けません」と言いました。「それではレッカー車を呼びます。そして近場のディーラーまで運びます。それでよろしいですか」と言われました。

自分は「お願いします」と言いました。次に「レッカー車は少し時間がかかりますのでご了承下さい」と言われました。そんなやり取りをしました。自分からしたら初めてのことでしたが、とても親切で助かりました。(20代男性)

●●私は友人の勧めで、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険に加入しています。今のところ大きな事故はしたことはないのですが、先日初めて、あいおいニッセイ同和損保のサービスを利用しました。

仕事が休みの日に買い物に出かけようと、いつものように車に乗って、動き出した瞬間、少し違和感を感じました。車を降りてみると、タイヤがパンクしていました。自分ではタイヤ交換は出来ないので、今まではJAFにお願いをしていたのですが「到着までの時間が90分はみていてほしい」と言われました。

そんなに待てないので、あいおいニッセイ同和損保に電話をすると、近くに作業員がいるのですぐ向かえるし、とりあえずのスペアタイヤへの交換であれば無料でやってくれるとのこと。20分くらいで家に作業員の方が来てくれて、慣れた手つきでタイヤ交換をしてくれました。

ロードサービスはお金がかかると思っていたのですが、まさかの無料でビックリしました。なるべくお世話ならない方がいいのですが、他のサービスも手厚いので安心して車に乗る事ができます。(30代男性)

●●ロードサービスを利用したのは、2月中旬のことです。仕事が終わるのが遅くて、妻に最寄り駅まで迎えに来てもらうように電話をしました。妻は子どもを連れて10分程度で駅まで来てくれました。

駅前のロータリーで待っていたら、妻が気をきかせて、路肩に寄せるように私のそばにつけようとしてくれました。しかし、勢いよく走らせた車のタイヤは路肩に擦れて「バンッ」と大きな音を立てました。

私からは、タイヤが路肩に擦れてパンクしたことは安易に理解できました。案の定、左前のタイヤは空気がなくなり走れない状態となりました。幸い、現場には妻と私の2人がいたので、私は保険会社に電話し、妻は子どもの相手をしていました。

保険会社はパンクした場所からなるべく近い車屋(個人でやっている修理屋のような所)を紹介してくれて、き30分程度でレッカー車で来てくれました。その時は、まだ寒い時期で余計に辛かったように思います。(40代男性)

アメリカンホーム・ダイレクト

※2016年4月1日以降、アメリカンホーム・ダイレクトでは自動車保険の新規契約を終了しました。

●●とても助かったと思ったのが、ロードサービスでした。ロードサービスが凄いと思ったのが、高速道路でも来てくれるところでした。電話をしてから30分ほどで来てくれて、多くの車が行き来する高速道路で困っていた私を励ましてくれました。

とても笑顔の素敵なスタッフの人で、不安な気持ちでいた私にとって、とても励みになりました。具合の悪い車を、レッカー車でピットインまで運んでくれました。安全な位置に停めてくれて、そこで車の不具合を調べてくれました。

そのロードサービスでは、ガソリンも入れてくれました。ガソリンが少ししか入っていない事を調べてくれて、無料で入れてくれたのです。また、タイヤをチェックしてくれたり、エンジンルームをチェックしてくれました。(20代女性)

●●アメリカンホームダイレクトのロードサービスを利用しました。まさか自分が車で事故をおこすとは思っていませんでしたが、事故をおこしてみて、改めて自動車保険に加入しておいて良かったと思いました。

その事故をおこしてしまった後には、そこに呆然と立ち尽くしているだけでした。何をしたらいいのかも分からず、時間だけが流れてしまいました。車をぶつけてしまった相手から自動車保険の事について聞かれて、やっと電話をかけないと…と、気がつきました。

携帯で電話をしたら、すぐにオペレーターが出てくれて、私の今の状況を聞いてきました。私の状況を伝えると、それからどうすればいいかをアドバイスしてくれました。そのアドバイスが無ければ、何もできなかったと思います。

そして、ぶつけてしまった車の状態を聞かれてきました。更に、車を修理してくれる修理会社を調べてくれました。その修理会社は、事故を起こしてから1時間ほどで来てくれました。思っていたよりも早く来てくれたので、とても助かりました。(30代男性)

●●恥ずかしながらバッテリーがあがってしまった際に何をどうすればいいのか全然分からなかったので、すぐにロードサービスに電話をしました。30分以内にお伺いしますと言われて「そんなにすぐに来られるの?」と思いましたが、本当にすぐに来てくれて、ちゃちゃっと直してくれました。(30代女性)

●●アメリカンホームダイレクトのロードサービスを頼みました。電話1本で夜の10時でも山道でガス欠になっている自分の所に駆けつけてくれました。ガソリンも無料で、タンクの中に入れてくれました。

また、別の時にはタイヤのパンクを解消してくれました。道路でパンクをしてしまい、道端で立ち往生していました。そこに電話1本で駆けつけて来てくれたのです。

すぐにタイヤをスペアタイヤに交換してくれました。そのおかげでガソリンスタンドへと素早く行くことができ、新しいタイヤを買って交換できました。

道が分からないので、ガソリンスタンドまで車を誘導してくれたのも良かったです。まるで初めての道でしたので、本当に助かりました。(50代男性)

JAF

●●一年前に、福岡から佐賀へバルーンフェスタを見に行くときに起きた体験談です。佐賀に住んでいる友人が一度福岡へ帰ってきて、バルーンフェスタに行こうと誘ってくれたんです。

友達の軽自動車で佐賀に向かっている途中、ガソリンが切れてしまいました。山道に入りかけている途中でしたが、そこにセブンイレブンがあったことが不幸中の幸いでした。どうしたものかと考えている時に、私が「JAFに電話してみたら」と提案。電話をしてから15分くらいたって、JAFの人が来てくれました。

ガソリンを満タンに入れて、5,000円くらいだったかと記憶しています。本当に困っていたので、すごく助かりました。いつでも対応してくれるというのはありがたいことですね。(20代男性)

●●私は2年前にJAFのお世話になりました。免許を取って車を買ったのは5年前のことですが、その時は何かあった時の保険にとJAFに入ったのです。でも本当にロードサービスを呼ぶことになるとは思いませんでした。

私は2年前のある日の夜に道を間違えてしまい、Uターンするために空き地にいったん車を入れて、車をまわそうとしたのです。ところが、その時に駐車場の溝に後ろのタイヤを脱輪させてしまったのでした。

自分ではどうすることもできず、JAFを呼んだのですが、電話してから30分ほどでJAFが到着し、15分程度でテキパキと作業をしてくれました。その時にJAFの人が神様のように輝いて見えたのを今でも覚えています。やはりいざというときのために、ロードサービスは重要だと実感しました。(20代女性)

●●JAFの家族会員に入っています。通勤距離がある方や、運転が上手くない方は絶対にJAFは入っていた方が良いです。というのも、私は通勤距離が長く、かつ運転不向きな性格もあり、免許を取ってまだ3年目ですが、片手では数えられないほどレッカーをお願いしました。

普通は距離で値段が付くのですが、会員なら無料です。今までロードサービスのお世話になったのは、以下の通りです。

  • 事故にあったときのレッカー
  • タイヤがパンクした時のレッカー
  • バッテリーが上がった時
  • 鍵を閉じ込めてしまった時
  • ガス欠でエンジンが止まった時(その時はガソリンを持ってきてくれました。ガソリン代だけかかります)

こんなに呼ぶ私も異常ですが、全て無料で出来て、解決させてくれました。何かと困ったときは絶対にJAFを呼んでいます。

たとえ夜中でも電話一本で駆けつけてくれるし、15キロまでは無料でレッカー移動もしてくれ、バッテリー上がり、鍵の締め出しなども無料で、呼ぶと全国の平均で40分前後で駆けつけてくれるそうです。

運転が下手で、通勤距離が長い私にとって、本当に心強い存在です。(20代女性)

●●私が大学時代の二十前のことです。ミッションの車を運転していたのですが、山道でエンジンをかけようとしたときにかからなくなりました。人生で初のトラブルで非常に焦りました。

幸いなことに携帯電話を持っていて、同乗していた友人も車に詳しい人間だったのでロードサービスに依頼することのアドバイスを的確にしてくれました。

もちろん、最低限の費用でレッカー車を準備してくれていったん、自宅まで愛車を移動してくれました。今考えるとディーラーに運んでもらってそのまま修理してもらえばよかったと思うこともあるのですが。笑

人生で後にも先にもロードサービスを利用したのは一回きりですが、もしもの時に備えて、こうしたサービスに費用を支払うのは必要だと感じました。(30代男性)

●●普段乗っていない車で移動していたときに、長い時間車に乗っていなかったためなのか、道の途中でバッテリーが切れ、エンジンがストップしてしまいました。

車はいったん他の方の車からバッテリーの電気を一時注入して動くようになりましたが、またすぐに動かなくなったので、JAFに電話をして、バッテリーを交換してもらうことにしました。

そんなときに電話してみたものの、JAFカードを持っていなかったので、番号などが分からず、ちょっと色々と困ってしまったのですが、電話でいろいろと確認をしながら自身の住所などを教えていったところ、そこから何とか自分のJAF会員の番号を割り出してくれました。

その後、番号が確認出来ましたので、近くのJAFの待機所から職員の方が来まして、素早くバッテリーを交換していただいて、すぐまた車に乗って帰ることができました。

トラブルがあった時に、自身のJAFカードがなくても何とか対応してくれた電話対応の方の対応がとてもよかったですし、その後の対応もかなり早いくらいですから、おおむねサービスには満足しています。(30代男性)

●●ひどく冷え込んだ朝に外出しようとエンジンをかけた際に、キュルキュルと音がするだけでエンジンがまったくかからずに困ってしまいました。よくよく見るとあまりの寒さでバッテリーが上がっていたようで、とても急いでいた私はすがる思いでJAFに連絡をしてみました。

事情を説明すると、自宅でバッテリーが上がった場合でも対応してくださるとのことで、20分ほどで来てもらえました。JAFから連絡のいった専門業者の方が来て、迅速に直してくださったおかげで、私の愛車はすぐに動くことができました。

事故以外でもサービスの対象になるんだと、とても驚きましたが、本当に助かりました。電話での対応もとても親切だったので、JAFに入っていて良かったと心から思いました。(30代女性)

●●泥沼にタイヤがはまってしまって、まったく動かなくなったときのことです。最初のうちは自力で家族と一緒になんとか動かそうと思って、近くにあった鉄板をタイヤのそばに置いて、脱出しようと試みました。

でも、泥沼からタイヤは少しも動くことはなかったので、すぐにロードサービスを呼びました。そのまま深みにはまっていったら、嫌だったからです。

ロードサービスの車がついて、はまって動かなくなっている車を牽引して、なんとか泥沼から脱出成功しました。作業時間は約10分ほどだったと思います。深夜でしたが、電話一本ですぐ来てくれて、助けてくれました。かなり安心しました。

作業中は、かなりの力で引っ張っていました。上手く抜けられるか不安でしたが、やっぱり専用車両は違います。すぐに泥沼から車を簡単に引き上げてくれたので、ほっとしました。(30代女性)

●●私はスクーターで通勤していますが、会社から帰る時に間違ってヘルメットを収納する所に鍵を入れたまま閉じてしまいました。車で言うキー閉じ込みです。人に見られると恥ずかしいので、少し離れた所まで移動してJAFに連絡すると、結構時間がかかりましたが助けに来てくれました。

しかし、バイクの構造は複雑らしく、うまく開かない場合はこじ開けるしかないようです。私はじろじろ見るのは失礼だと思い、少し離れている所から見守っていたのですが、悪戦苦闘のようです。

だいぶ暗くなってきて作業しづらそうでしたが、30分くらいかけて無事に開ける事ができました。自分の不注意を反省しつつ、JAFの人に何度もお礼を言いました。頼りになる安心できるロードサービスです。(40代男性)

●●羽田空港から熊本の実家に里帰りしたときの出来事でした。子どもを連れての初めての飛行機旅行で、荷物もたくさんだったので、羽田空港まで車で行き、車は2泊3日で空港に駐車しました。

ところが、その日は8月の夏休み中で、空港は大変混みあっていました。駐車場も国内線は満車で仕方なく国際線駐車場に車を走らせ、そこからバスで移動したり、出だしからちょっとトラブル続きでした。

無事に帰省を終え、羽田に帰ってきて、また空港内のバスを乗り継ぎ、あとは車に乗ってかえるだけというとき、車に張り紙が貼ってありました。「車内灯がつきっぱなしでした」と。慌ててエンジンをかけてみましたが、うんともすんとも言いません。

バッテリーが上がってしまったようです。そういえば出発時車を降りる際に忘れ物がないか、車内灯をつけたような気がします。

今まで一度も利用したことがなかったJAFに電話してみました。電話口ではまぁよくあることというような明るい対応をして下さり、ホッとしました。ただ「作業が混みあっていて到着に1時間以上かかってしまうかもしれないけれど、たまたま空港内に作業員がいるのでもう少し早く行けるかも」ということでした。

駐車場内をうろうろしたりジュースやお菓子を買ったりして子どもを誤魔化しながら、40分くらいすると、作業員さんが来てくれました。作業は10分くらいで完了し、そのまま走っても大丈夫ということで、すぐに帰ることができました。

会員になっていたので全て無料でした。それまではロードサービスは全然使わないのに高いなと思っていましたが、その後は絶対必要だと意識が変わりました。(40代女性)

●●JAFのロードサービスを利用した時の話です。運転免許取得後、知人から勧められるまま、すぐにJAFに加入しました。

ある日のこと、車の運転をしていると、かすかにこすれるような『キィー』という音がなりました。減速しても治まらず、路上駐車して音の原因を探っても分からず、音も少し大きくなってきているように感じられたので、わりとすぐJAFに連絡しました。電話をかけてから、15分くらいでしょうか。さほど待たずにJAFの車が来ました。

早速状況を説明し、『このあたりから聞こえるような気がする…』という簡単かつ曖昧な私の情報から、JAFのスタッフはすぐにその位置のタイヤを確認し、試運転をして確認するということもなく、原因を突き止めました。

タイヤとホイールの間に、小石を噛んでいたようです。このような状態は滅多におこることではないそうです。すぐに小石を除去、タイヤを取り付け完了したのは、電話をかけてから、わずか30分程度だったと思います。

もちろん年会費を支払っているので無料です。小さな事故ですが、スタッフさんのプロフェショナルな対応に感動しました。トラブルはないに越したことはないのですが、何か起きてもすぐに対応してくれるという安心感があり、私にとって頼れる存在です。(40代女性)

●●私が以前入っていた保険は、もともと知り合いの所から入ったものでした。今まで一度も使ったことが無かったのですが、一度だけ自損事故をした時に使いました。事故を起こしたのは夜だったのですが、幸い人にはぶつからずに、10万円分ほどのポールを倒しただけでした。

その時は車両保険をはずして間もなかったので、車を直すのに70万以上かかると言われ、仕方なく廃車にして中古の車を買うことにしました。まだ3年くらいしか乗っていなかったので勿体なかったです。

また、ロードサービスがついていない物でしたので、JAFに電話をして来てもらいました。その結果、数万円支払うことになり、保険料も上がってしまいました。

この経験があり今はJAFの会員になっていて、自動車保険も損保ジャパン日本興亜のちゃんとしたタイプのもので、ロードサービスはもちろんのこと、車両保険にも入っています。一度痛い目に遭いましたので、止めたり抜いたりはもうしません。(40代女性)

●●先々月の事です。私の親戚の叔父が他界しました。突然様態が悪化し、入院でそのままでした。少し病気を患っていましたが、散歩したりジムに行ったり健康でした。通夜と葬儀の為、父親と一緒に市外の叔父の家や葬儀場まで行き来しました。

ちょうど私の車は車検でしたので、父の車で行くことになりました。行きは私が運転、帰りは父というようにローテーションを組み、行きました。通夜が終わったら泊まらずにその日に戻り、次の日は再び葬式場に向かいました。

葬儀の日、父が運転しました。帰りは私ということで。車はスムーズで特に異常はありませんでした。叔父を送り、御伽を済ませて父と帰りました。途中でトイレ休憩をしたかったので近くの道の駅に車を止めて、トイレや休憩をしばらくしました。

車に戻り、キーを入れてエンジンをかけました。ですが、全く動きませんでした。バッテリー上がりかなと思いましたが、父の車は比較的に買ったばかりで、バッテリーも新品でした。ライト付けっ放しや半ドアもなかったので、原因が分かりませんでした。

道の駅の近くの止めている方に見てもらおうかと思いましたが、生憎この時は駐車してる人も少なく小雨が降ってました。しかも、夕方が近づき、暗くなってきました。

私も父も次の日は仕事は休みでしたが、町内の用事が朝からあったりして忙しいので、比較的早く戻りたかったです。私も会社の書類作成があり、スケジュールが少し狂って内心焦ってました。

どうしようか考えてました。すると、私は思い出しました。自分では使ったことがないですが、車のディーラーを通して加入していたJAFの存在を思い出しました。登録していた電話に初めてかけてみました。担当者の方が出て、丁寧に応対してくれました。

「あ、その付近でしたらひょっとしたら今出先で出ている隊員が近くを通るかもしれないので、また確認して掛けてみます」と一旦切ってくれました。3分後、私の携帯にコールが鳴り、「近くに隊員いました。5分くらいで到着するとの事ですので、待っててください」と。

5分もしないうちに、JAFのユニフォームを着たレッカー用のトラックで来てくれました。隊員の方は30代前半で「大丈夫でしたか?大変でしたね」と労ってくれて、早速車を見てくれました。

ケーブルを繋げたり試したりして10分くらいして、「これはバッテリーと電気系統ですね。でも何とかエンジン掛かりましたよ。ただしエンジンをきることなく、帰ってください」と言われ、会員証を提示し、サインして無料で終了し、笑顔でJAFの方は立ち去って行きました。

その後、何とか無事に家に着き、そのまま車屋に行ってみてもらいました。結局、バッテリーが悪いとわかり、交換して再び乗れました。案外時間かかったり大変なのかなと思いましたが、意外にスムーズに進み、手際もよく、JAFには本当に感心しました。ありがたかったです。いざという時のお守りだなと思いました。

父も故障を機にJAFに加入したいといったので、私の方から家族会員の申し込みということで加入しました。あまり頻繁にあっては嫌ですが、いざという時のロードサービスへの加入は大事だなと、今回の体験を機に思いました。(50代男性)

ENEOSロードサービス

▲▲エネオスのロードサービスを活用しようと思ったのですが、電話が繋がらなくて往生したことがあります。エネオスカードに加入していれば使えるはずですが、電話が通じないとサービスを受けることも出来ません。結局は、エネオスに電話をして近くのエネオスの店員さんが駆けつけてくれました。

バッテリーあがりで、ブースターを繋いで簡単に修理が完了になりました。バッテリーの交換はした方が良いですねと言われてました。無料だと思っていましたが、千円を取られましたね。領収書も請求書なしで、多分、駆けつけてくれた人のポケットマネーになったのだと思います。

急いでいたので、実際はロードサービスを活用出来たのかもしれないですが、仕方ない出費をしましたね。無料のロードサービスなので、そこまで無茶は言えませんが、電話に出ることはしてほしいですね。(30代男性)

▲▲JAFを辞めて、エネオスのロードサービスの方に乗り換えました。乗り換えてからすぐにエネオスのロードサービスを活用する出来事がありました。

電話をするとかなり対応が悪かったというか、こちらの意図している部分が分からなかったようで、電話でかなりの時間を使いましたね。JAFの方が対応が良いと思いました。なにかを交換したのか、料金は3,000円と言われましたが、1,000円しかないと言うと1,000円でいいと言われました。

ロードサービスに来てもらって結局は1,000円の料金が発生したのですが、それは何も言わずに払いました。領収書も出なかったので、個人的なお兄ちゃんのお小遣いになっているのかなと思って仕方なく渡しましたね。今考えても、とても良いサービスとは言い難いサービスでしたね。(30代男性)