あいおいニッセイ同和損保

更新日:2017年12月15日

あいおいニッセイ同和損保はMS&ADインシュアランスグループホールディングスの中核を担う損害保険会社です。

2010年にあいおい損保とニッセイ同和損保が合併して誕生した日本最大級の損害保険会社で、世界的に見ても10本の指に入るほどの規模となっています。

自動車保険は「タフ・クルマの保険」と名付けられていて、非常に多くの顧客を抱えています。

対物対人賠償責任の補償がしっかりしているのはもちろんのこと、ロードアシスタンスサービスも充実していて60km以内のレッカー牽引なら無料です。

大手ということもあってか、ロードサービスや事故対応などの手際が良いと評価されることも多く、人気の自動車保険の1つと言えます。

会社名 あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
商品名 タフ・クルマの保険
分類 代理店型自動車保険

【↓期間限定キャンペーン実施中↓】
おとなの自動車保険のキャンペーン

目次

あいおいニッセイ同和損保の口コミと評判を「保険料・事故対応・ロードサービス」の3つにまとめてみました。

  1. 保険料:男性の口コミ
  2. 保険料:女性の口コミ
  3. 事故対応:男性の口コミ
  4. 事故対応:女性の口コミ
  5. ロードサービス:男性の口コミ
  6. ロードサービス:女性の口コミ

保険料:男性の口コミ

20代男性

【利用者400万人突破!】私の自動車保険料が5万円も安くなった理由

●●銀行を代理店にして、あいおいニッセイ同和損保の自動車保険の「タフ」に加入しています。なぜその自動車保険にしたのかと言いますと、自動車保険についてあまり知識がなかったので、その道のプロの方にまかせようと、銀行の営業の方にお願いしたからです。

加入について各種書類の記入は、営業の方が手取り足取り教えてくれました。店に出向かずに自宅でできるので、そういったことが面倒な人はよいと思います。必要なのは継続の人は今まで加入していた保険証書と車検証と運転免許です。

保険料は50,000円ほどと少し張りましたが、金額や補償内容などに合わせて何パターンか作ってもらったので、そういう細かいことをいちいち考えなくていいのはよいと思いました。保険料は、やはり車両保険を入れると随分高くなると言われました。私は中古車なので、車両保険には加入しませんでした。

また、「タフ」の説明書きは表などを多く用いていて、非常に読みやすいと思いました。自動車保険のような重要な事柄にはお金を惜しまないという人は、このように金融機関や代理店を利用した方が簡単かもしれません。

●●インターネットの自動車保険(通販型自動車保険)を選ぶ人も増え、保険料も安く設定されています。私はなんでも安さを徹底しているのですが、自動車の保険だけは代理店を通して契約しています。

自動車保険を使用するときは、自動車を直してもらうことが大半なので、代理店にしておくと、一報さえいれておけば、保険会社との連絡を勝手にやってくれることがメリットです。また、私の契約している保険は3年更新なので、1年ごとの更新は不要。自分が変更したいときはいつでも変更できます。

ファミリーバイク特約もあり、少額で付加できる保険もいくつかあります。ほかの保険と比較したらほかの保険の方がもっとメリットがあるかもしれませんが、とりあえず今は現状維持です。

30代男性

▲▲数年前まで自動車保険をあいおいニッセイ同和損保にお願いしました。加入のきっかけとなったのは、友人があいおいニッセイ同和損保の代理店を始めたからです。そして、ちょうど車を新車に買い替えたということもあり、自動車保険もついでに見直しました。

友人からは「通販型よりも代理店の方がサービスがいいし、相談もしやすい」と言われ、私もどうせなら知っている人に…と思い、お願いしました。月々の保険料は6,500円くらいでした。乗っていた車は新車のムーブです。確かに、代理店の方が近くにいますので、何かあったときには安心感があります。

しかし、職場の同僚に私と同じ条件で車に乗っている人がおり、彼はSBI損保という通販型の保険に入っていました。彼の保険料がかなり安かったので、結局私も次の年に通販型に切り替えました。

40代男性

●●知人の紹介で加入しました。他社の保険料よりも高いような気がしますが、軽四ということもあって、どこの保険会社にしても大きな割引を受けられないと考えて、料金を支払っています。

今まで特に不満に思ったことはありませんし、必要な書類が欲しいと頼めば、すぐに対応をしてくれますので満足しています。

不安な面として、ロードサービスが他の保険会社よりも質が低いのかなという感覚はあります。他の保険会社のCMをよく目にするせいもあるのかもしれませんが、事故が起きた時に無料で利用できるロードサービスをもう少し充実させて欲しいです。

たとえば、事故後の宿泊費用を負担してくれるサービスが他の会社にはあるようですが、そのようなサービスがあればもっと満足できます。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:37,560円
  • 車種:スズキ ワゴンR
  • 用途:通勤
  • 免許証の色:青
  • 年間走行距離:7,000km
  • 車両保険:なし

50代男性

●●私はこの会社で長年自動車保険に加入していますが、一度も事故をしたことはありません。しかしながら、契約更改の時などに代理店さんがわざわざ家まで来てくれて懇切丁寧に説明してくれるので、いつも満足しています。

保険は契約内容がコロコロ変わったり保険料が急に高くなったりして不信感を持ちがちなのですが、代理店さんがちゃんと説明してくれるおかげで、よく内容が分かるので安心して加入ができます。この代理店さんなら事故をした時も頼りになるので、私はあいおいニッセイ同和で加入し続けようと思っています。

●●自動車保険は車両を購入したディーラー傘下の代理店と契約すると便利です。私は、自損事故を先日起こしてしまいました。その修理をディーラーに依頼しましたが、それと同時に自動車保険の請求手続きもお願いしました。

ネット販売の自動車保険もありますが、保険料こそ若干安いものの、手続きを自分でしなくてはいけませんので面倒です。その点、ディーラー傘下の代理店と契約していれば、連絡も一本、ディーラーに連絡すれば済みますし、簡単です。

「等級や割引率の関係から保険適用を行った方が良いかどうか」などといったアドバイスもディーラーから受けることができますし、トータルな観点からいたしますと、保険料が若干安いネット損保よりも、ディーラー傘下の代理店のほうがベターな選択なのではないかとと思います。

保険料:女性の口コミ

20代女性

【利用者400万人突破!】スマホで簡単に5万円もお得になりました♪

●●あいおいニッセイ同和損保の自動車保険「タフ・クルマの保険」に入っています。3年目で、車両保険もつけています。こちらの保険を選んだきっかけは、親族に保険の営業職員がいたことです。営業ノルマがなかなかきついらしく、成績にしたいと頼まれたので、あまり深く考えずに入りました。

入ってから気が付いたのですが、最近はネットの自動車保険なんかだと、年間2,3万円から入れるとか。うちは10万以上払っているので、かなりもったいないことをしているのかもしれないと思ったのですが、そのような通販の保険とじっくり比較してみたところ、例えば人身傷害の補償範囲ひとつとっても、通販型は狭くなっていました。

イザという時のことを考えるのであれば、この金額でもいいのかなと思っています。大手なので、つぶれるリスクも少ないですしね。一度だけ、車の中に猫が入り込んだときに出張サービスを頼みましたが、無料で、対応もしっかりしていました。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:109,440円
  • 車種:プジョー 207
  • 用途:通勤
  • 免許証の色:青
  • 年間走行距離:2000km
  • 車両保険:あり

▲▲はっきり言って、私は保険のことに無知すぎて、家族の入っていた保険があいおいだったので何も分からずに選びました。結婚して家を出てからもあいおいを継続しており、引っ越しの関係で担当者が変わった時にも、きちんと家に契約の確認と契約の更新で来てくれるので、とても親切だなという印象でした。

ただ、旦那の契約した保険(こちらもあいおいです)が問題でした。新車だったので万が一ということを含めて「車両保険に入っておいて」と伝え、契約しました。案の定、結構な所をこすってしまい車両保険を使おうと保険屋さんに電話しました。

調べてもらったところ、なんと車両保険でも限定補償なので自損は出ないと。まさか私はそんな契約しているとも思ってもいなく、なんなら「車両保険に入るなら自損をカバーできないなんて意味ない」くらいに思っていたので、とても残念でした。

旦那が結んだ契約なのでなんとも言えませんが、保険料を安くする為に入ったなら意味ないな…と思ってしまいました。別に勧めてくれた人が悪いとかではないのですが、ちゃんと細かいところも確認しないといけないなと思いました。

30代女性

●●今まで契約していた自動車保険の満期を迎えるため、継続を担当者にお願いしました。同じ会社でお願いしたのは、担当者の態度がとても良かったからです。この担当者は自動車会社のディーラーの方で、私の車もこの方から買ったものです。今回、自動車保険に関してよく分からない私に対して、様々な説明をしてくれました。

3年契約の保険が切れたのですが、保険を使っていないのに保険料が上がっていました。等級が良くなっているはずなのにと納得いかない私に対して、保険料の仕組みから値上がりせざるを得なかった理由までを分かりやすく説明してくださいました。

また、とにかく保険料を下げたいというワガママに関しても、車両保険を外したり年払いにしたりという提案をして下さいました。また次回も同じ方にお願いすると思います。

●●私はあいおいニッセイ同和損保の自動車保険を契約しています。私が自動車を買った時に、ディーラーの方からローンと一緒に契約すると安く保険に入れると勧められたからです。免許を取って初めての自動車購入でしたので、プロに任せておけば安心だと思ってお願いしました。

初心者ですので、対人保険・対物保険はもちろん、車両保険や事故時の弁護士特約など、フルセットと言われる保険をオススメされ、値段が高いなぁ…とは思いましたが、事故に遭って困るよりは良いだろうと考え直して契約しました。

実際、軽い自損事故を起こしてしまって車両保険を使うことになったので、保険をかけておいて良かったと思いました。その時に安心できる対応をしてもらえたので、これからもあいおいニッセイ同和損保にお願いしようと思っています。

●●30代の主婦です。軽自動車に乗っています。もともとは、車を購入した会社で保険に入ったのですが、一年の自動車保険料が10万ほどかかっていました。なんだか金額が高いなと思うようになり、主人の入っている自動車保険に見積もりをお願いすることにしました。

すると、自分であててぶつけたりした場合には補償がないというものに変更するだけで、4万円ほど差が出ることがわかりました。なので、最初の年は6万ちょいでした。2年目は48,000円、3年目は46,000円になります。

自動車保険を変更したりするのに、面倒なこともありますが、年間に支払う金額がこれだけ違うと、検討する価値はあるかなと思いました。とても親切な保険のおばさんで、いつも色々と手土産など感謝しています。

40代女性

●●親の代から様々な損害保険で付き合いのある保険屋さんにお願いしています。正直高いです。他のネット見積もりなどだともっと安くなるので、乗り換えようかと思った事もありますが、親のOKが出ないのでしょうがない…と言ったところです。

毎日の通勤で利用していて、実際何回か保険のお世話にもなっているので、すぐに連絡できる地元の保険屋さんというのは助かります。長年の付き合いなので、更新や変更の手続きがとても楽なのはメリットだと思います。いろいろ加味するとそれらのサービス混みでこの値段なので、まぁ納得と言ったところです。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:50,410円
  • 車種:日産 モコ 660 Q
  • 用途:通勤
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:8,500km
  • 車両保険:なし

●●2006年に新車購入と同時にあいおいニッセイの「ながらくプラン」に加入しました。トヨタ車に買い替えたので、その際トヨタ販売店さんの方からこちらの保険を勧められ、それまで入っていた保険を解約しました。その後継続して加入し今に至っています。保険料は月額で6,500円前後払っています。

途中加入1,2年目の時、車庫で車をぶつけた際修理を依頼した関係で、その後2年間ほど保険料が少しあがりました。その際の修理に関しても全て販売店さんでお任せしました。迅速に対応していただいて満足しています。

保険の手続きや処理などは詳しくないし、よくわからないので料金が多少かかっても詳しい方に全部お任せするのが一番と考えています。なので販売店さんに全てお任せしています。

保険料の比較などはしたことがありませんが、現状の保険料には満足しています。また、新車購入と同時にTSカードに加入して保険料をカード払いしています。たまったポイントは車検などにあてられるので便利かなと思っています。

●●新車購入時にあいおいニッセイ同和損保で自動車保険に加入しました。しばらく事故などなく過ぎたのですが、何かのニュースで子供などが他者に損害を与えてしまうことについて見聞きし、損害保険に個人賠償責任保険というのが付帯できることを知りました。

子供がまだ2歳になったばかりで歩くようになって色んな所を触るので、もし何かあったらと思い、保険会社に付帯できるか相談した所、変更することができました。

2年ほど経った頃、会社に子供を同伴していたのですが、始業前に事務所に勝手に入ってしまい、パソコンのコードを引っ掛けて壊してしまいました。そこで保険会社に相談した所、個人賠償でカバーできるとの事で、会社のパソコンを弁償しました。数万円ほどでしたが、個人賠償責任保険を付帯していて助かりました。

●●たまたま日本生命で生命保険に入っていた関係で、セールスレディの方に勧められ入りました。

当初は一般的な任意保険でしたが、新車を買った際に車両保険を付帯し、その後、子供が2歳になった頃に個人賠償が付帯できることに気付き、自分のプランに付いていないことを確認しましたので変更しました。その後実際に子供が他人のパソコンを落として破損したことがあり、その際には個人賠償でカバーできました。

子供が小さく、また若干成長が遅いため出先や他人に何か迷惑をかけることがこれからもないとは言えませんし、さらに自転車に乗るようになったら最近では事故で大変な賠償問題になっているものも目にしますので、任意保険に入るなら絶対に個人賠償が付帯できる会社を選ぶべきかと思います。

●●一年間インターネットの自動車保険に入っていたのですが、友人が保険会社に勤めたので、信頼できる人にお願いしようと思い、あいおいさんに加入しました。保険料のことや補償内容などを気軽に聞けるのも助かります。

いつも自動車保険は一年契約にしていたのですが、今回は三年契約というものにしてみました。保険料は一年目より二年目、二年目より三年目と安くなります。もし途中で事故にあったとしても、この決まった保険料が上がってしまうことは三年契約の間はないというのは魅力でした。

また、ゴールドの免許なので割引もありました。もちろん年齢制限もありましたし、運転者限定割引もあります。ただ、やはり安心して入れるというのが大きいです。

●●しばらく自動車に乗っていなかったのですが、5年ぶりに車に乗ることになり、自動車保険に加入することになりました。まずは、保険料の相場を知るためにも、テレビコマーシャルなどでよく聞く通販型の自動車保険のホームページから見積りを取ってみました。

通販型の自動車保険の保険料はそれなりに安いと思いましたが、女性の私にとっては補償内容についてちょっと理解しにくい部分もあったため、近所のあいおいニッセイ同和損保の代理店にも相談してみました。

すると「加入するかしないかは自由に決めてくださいね」と前置きした上で、ひとつひとつの補償内容について説明してくれました。それぞれの補償をつけるメリット、つけないデメリットなど、女性の私にもわかるように詳しく説明してくださったので、安心して自分に必要な補償内容を選ぶことができました。

保険料は通販型に比べると少し高めでしたが、通販型にはないような補償もあり、単純に保険料だけで、どちらが良いと言えるものではないのだなと感じました。また、なんといっても困ったときに頼れる代理店がある方が心強いと思い、あいおいニッセイ同和の自動車保険に加入することに決めました。

その後も、親切に何かと声をかけてくれますし、私の場合はやはり顔を見てやりとりできる保険会社を選んでよかったと思っています。

▲▲車を購入したディーラーに勧められて加入しました。はじめて車を買って右も左もわからない状況だったので、勧められるままに自動車保険に加入しました。しかし、保険料が安くなるアドバイスはなかったです。

最初の数年はとても高い保険料を支払っていました。途中から1年契約ではなく3年契約が主流になって、勝手に3年契約にさせられました。また、保険料の支払いも年払いから月払いに変更したいと思っても、なかなかディーラーに連絡がつかず、できませんでした。

車の営業が主な仕事なので、そう頻繁に車を買い替えしないお客とか、ただ自動車保険だけのつながりのお客は二の次なのかと思いました。ネットやテレビで安い保険がいっぱいあるのに、義理で今のところで加入しています。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:35,160円
  • 車種:ダイハツ エッセ
  • 用途:通勤
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:5,000km
  • 車両保険:なし

▲▲今までに数度使っただけなので、それから考えると保険料は非常に高いと思います。しかも、毎年事故を起こしていないのにもかかわらず、毎年保険料が上がっていくことが一番の大きな不満です。事故を起こさない人への割引など、もっとあっても良いと思います。

数年前に、車に乗っている時に後ろから追突されたことがあり、すぐに保険会社に連絡をしたのですが、体を気遣ってくれてのには嬉しかったものの、実際何をすればいいのか、車をどこに運んだらいいのかなどの具体的提案がなかったので、とても不安になりました。

電話対応の方は親切丁寧な口調なのですが、レンタカーの手配などは一切してくれず、結局、修理工場の方が全部やってくれて助かりました。もっと色々な知識や事故時の不安、提案などしてくれても良いと思います。

事務的なイメージしかなく、あまり良いイメージではありませんでした。そのようなことを考えると、やはり保険料は高すぎると思います。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:32,750円
  • 車種:メルセデスベンツ A170
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:5,000km
  • 車両保険:なし

50代女性

●●あいおいニッセイ同和損害保険は知り合いの代理店を通して加入しました。保険料はソニー損保やアクサダイレクトなどといった通販型と比べて少し高い気もしましたが、女性にとって分かりにくい自動車保険の仕組みなどについて親切に教えてくださったので、加入して良かったと思っています。

最近のニュースで、自転車の事故で誰かに怪我を負わせてしまい高額な賠償金を請求されるケースが多いとの報道を見て、そのような場合に対応できる保険もあるのか質問したところ、自動車保険に特約として、個人賠償責任保険をつけることができると提案してくださいました。

追加の保険料も年間でわずか千円ほどだったので、個人賠償責任保険の特約もつけてもらいました。自動車保険の補償内容もわかりやすく説明してもらえますし、高いと思える部分も、その補償をつけるメリットと、はずすデメリットを説明した上で、どうするか選ばせてもらえたので、納得して加入できました。

自分一人で調べてもよくわからないので、疑問点を解決してもらえたり、相談にのってもらえるのは助かります。少し割高に思える保険料も、安心料だと思えば、私にとっては払う価値があると思っています。

●●自動車保険って、どこの会社も保険料や補償内容にそれほど大きな違いはないと思います。もちろん、インターネットのダイレクト損保と通常の代理店型損保では、代理店手数料が10%から25%程度含まれているので保険料に差額は発生します。保険料重視の方は、絶対にダイレクト損保を選んだ方がよいでしょう。

一方で、代理店型は、自動車保険だけでなくご自分、ご家庭全体の保険設計を考えてもらえる保険プロ代理店であれば、オススメできます。ただし、間違っても自動車販売店で加入してはいけません。代理店は保険会社の代理人ですが、一部で発想を転換した「保険契約者=購入者の代理人」と考えて頂ける代理店があります。

なかなか見つけられないかもしれませんし、最初は保険の押し売りに感じることもあるかもしれませんが保険料だけでなく、保険設計をしてもらえる保険代理店を探してみてはいかがでしょうか。保険のプロは知識豊富ですので、手数料を取っているだけのことはあると思います。

●●免許を取得して以来、ずっとこちらと契約しています。父が加入していたことから、必然的にこちらの保険会社で契約することになりました。古い話ですが、当時は合併前でしたので社名は「大東京火災」でした。

長年、その代理店を通して契約していました。付き合いが長い分、説明はおざなりになっていた気がしますが、そちらのオーナーも高齢となり、パソコンが使えないことや体力が無くなったということで引退されました。

系列の代理店が引き継ぎましたが、いきなり全く知らない代理店と契約を交わすのはちょっと気が引けていました。そんな時に、こちらも長年の付き合いである車のディーラーも「あいおいニッセイ同和損保」を扱っていることを知り、昨年からディーラー通しで契約しています。

説明もきちんとしていますし、クレジットカード払いも可能なのは便利です。車関係がひとまとめに出来て良かったと思っています。

▲▲うちは主人の会社が団体契約をしている関係で、自動車保険はずっとあいおいニッセイ同和損保に入っています。今まで運転手を「夫婦限定・35歳以上」にしていたので保険料は月々6,000円ほどだったんですが、子供が免許を取ったため、万が一を考えて保険に子供を追加しました。

子供の年齢はまだ20歳だったので、保険対象運転手が「家族限定・21歳未満」になりました。届いた新しい契約書を見てびっくり。なんと月々17,000円の保険料です。子供を保険に入れると高くなるとは聞いていたんですが、予想以上の金額アップにどうしようか悩んだほどです。

しかしながら、万が一事故を起こした場合、まして相手に重大な怪我を負わせた場合を考えると、やはり保険に入らないわけにはいきませんよね。保険の営業の人に聞くと、若い人は事故率も高く、無茶をすることが多いので、保険料も高く設定されているとのことでした。

うちの場合は通常ほとんど運転する機会がなく、運転の仕方を忘れないために時々ハンドルを握るくらいなので、それでも高すぎる気がします。年齢で一律に分けるのではなく、運転の頻度で分ける仕組みにしてほしいものです。

事故対応:男性の口コミ

20代男性

【利用者400万人超え!】事故対応も保険料も満足したいなら要チェック

●●対応のスピードはかなり早かったです。事故を起こしてしまったのが夜で、次の日の昼間に電話をしましたが、すぐに処理してくれ、相手の方への電話対応もとても早かったです。自身の車の状況や、体調なども、まずは気にかけてくれました。

他に事故を起こしたことがないのでよくわかりませんが、その後すぐに相手の方には修理用の代車を出したり、病院への診察などをすすめ、数日で終わりました。元々大きな事故ではなかったものの、万が一のことを考えて、相手側に病院のオファーなど、ぬかりなく対応してもらえたので、とても満足しています。

ただ、事故対応中は、電話が1日に何度もかかってきていたこともあり、仕事中は電話に出ることができなかったので、もう少し時間帯を考えてもらえたらよかったです。

●●私は車を購入したお店で保険も頼んでいます。事故等あったらすぐに連絡が出来て車の修理もしてもらえるからです。親からもその方が良いと言われていました。

昨年の八月、友人とドライブをしようと迎えに行く途中に凄い音がして、すぐに電柱に当たってしまったと思いました。その日は連絡をしないで後日、購入店に事故の連絡をしました。すぐに車を引き取りに来ました。そして、車の当たった場所は助手席側のドアで、下の方がかなり凹んでいると指摘されました。

「電柱ではなく看板等に当たったのではないでしょうか?」と問われたので、急いで現場に行きましたが、確かに看板の下の土台に当たった形跡がありました。車のキズを見ただけで何処に衝突したのかが分かるんだと、驚きました。

保険屋さんからは「現場に立ち会う」という説明がありましたが、私に連絡はありませんでした。全て購入店がやってくれたようでした。一週間後に車が戻り、保険屋さんに修理代を払ってもらいました。事故の前まで車両保険に加入していましたが、加入した状態で更新すると保険料が高額になると思い、更新後に車両は外しました。

30代男性

●●私が紹介したい保険会社は「あいおいニッセイ同和損保」です。この保険はバイクを購入するときに保険の知識がないため、バイク屋さんに勧められて加入したのですが、保険料が月々4500円程度と安く、最初は事故の対応など少し心配していました。

実際にバイクでツーリング中に事故に遭い、救急車で運ばれた事があり、事故の翌日電話をしてみると想像以上の対応の早さに驚きました。事故の内容をバイク仲間から話してもらったりと確認内容は多いですが、すべて電話でして頂き、とても助かりました。

病院の治療費や仲間のバイクの高額な修理費用も、2週間前後で銀行口座に入金して頂けたので、安心することが出来ました。幸い入院はせずに済みましたが、入院の場合も治療費が出るようなので、この保険にしてよかったと思っています。

●●かれこれ10年ほど前のことです。夜遅くまで遊んでいた私は、妻の待つ家に早く帰るため、急いで車を運転していました。考えごとに気を取られていて、信号が赤であるのに気付いた時には前の車に追突していました。

中には子連れの夫婦が乗られており、幸いけがはなかったのですが、むちうちになったかもしれないとのことでした。警察を呼び、さらに保険会社に連絡して、その場は一旦別れました。

次の日、顔なじみの保険会社の担当者さんが来られ、一緒に相手宅まで車で連れて行ってくれたのです。車で1時間もかかる遠いところでしたが、車中では事故の話ばかりでなく雑談などもして、不安症な私は気を紛らすことができました。

そして、相手宅では保険の適用について話していただき、治療代や修理費といった問題について親身に伝えてくださいました。

たしかに、自動車保険には事故時の補償についていろいろ説明されているのですが、インターネットの保険ではどこまで相手先との話をしてくれるのかが曖昧な気がします。よってこの体験を機に、ますますなじみの保険屋さんの信頼が厚くなりました。もちろん、今後はより一層安全運転を心掛けようと思いました。

●●実際、自動車保険を使う羽目になったことがあります。走り出してからしばらく直線道路を走っていて、信号がありスローダウンして停まろうとしたところ、停まりきらずに前方の車にコツンと当ててしまいました。

どのくらいあたったかというと、バンパーを少しあてたような、ほとんど影響のない程度でかなり軽度です。相手方の運転手さんが結構なこわもての方でしたが、とりあえず近くの空きスペースへ車を停めることになりました。

すぐに損保会社と警察に連絡をして、後のことは全て損保会社がやってくれました。ぶつけてしまったときは正直ヒヤッとしましたが、事故の処理がスムーズで保険に入っておいて良かったなと、心から思いました。

●●淡路島を縦断する阪神淡路鳴門自動車道を走行中、北淡インターで降りるために減速をしたところ、後方からのトラックに追突されました。追突の瞬間は「ドン」という大きな音とともに激しい揺れがあり、軽いパニック状態になりました。

先方の前方不注意の事故でした。すぐに警察へ連絡。また、勤務中の事故だったため、会社にも連絡しました。車は会社のプロボックスで、走行は可能でしたが後ろのガラスはすべて割れていました。

その次に連絡したのが保険会社でした。会社はあいおいニッセイ同和損保です。電話に出てた方はとても落ち着いていて、現在の状況、事故の状況、体調についてなどを丁寧に聞いてくれました。また、次のアポイントのある取引先への電話もしなければならないと、保険会社の方に言われて気付き、すぐ電話しました。

警察が来て、対応も終わり、再び車を走らせると、保険会社から電話がありました、「追突事故なので後から痛みが来るかもしれない、その時はすぐ教えて欲しい」という内容でした。

言われてみると、確かに腰が痛いような気がしたので、その旨を伝えると、すぐに淡路島内で事故後の診察が可能な整骨院を複数調べて教えてくれました。現在位置から最も近い整骨院をその中から選ぶと、保険会社の方からその整骨院へ予約の連絡をして下さいました。

淡路島での営業を終えて、帰る前にその整骨院に寄り、無事に診察を受けて会社まで戻ることができました。整骨院の予約までしてくれた保険会社の方に、すこし感動しました。

もちろん、その後の先方の保険会社とのやりとりも問題なく進めて下さり、何も問題はありませんでした。

●●去年、買ったばかりの新車に数か所キズがついているのを発見しました。2ドアのスポーツクーペで、運転席側のドアに1か所、フロントと後ろのボディに数か所、いたずらされたようなひどい傷がついていました。

かなり目立つ傷だったので、このまま放っておくこともできないと思い、すぐにあいおいニッセイ同和へ連絡を入れました。いたずらで保険金が出るプランに入っていたので、安心して調査員が調査に来るのを待っていました。

調査の結果、やはり悪質ないたずらだということで、全額保険で修理することができました。いたずらを発見してすぐに警察に被害届を出していたことも良かったと思います。「備えあれば憂いなし」と言いますが、万が一に備えて手厚い保険に入っていて良かったです。

▲▲ある日の仕事帰り、信号待ち中に後ろから追突されてしまいました。保険会社の電話番号がわからなかったので、車を買ったディーラー経由で保険会社に連絡をしてもらいました。事故に巻き込まれた他の車は早々にレッカー車が到着していましたが、あいおいニッセイはレッカー車が来るまでだいぶ待たされた印象でした。

車はディーラーまで持っていってくれましたが、私を家まで送ることはできないらしく、しかたなく家族を呼ぶしかありませんでした。追突した相手が自賠責に加入していなかったため多少面倒くさいことになりましたが、保険会社が相手と連絡を取り合いうまくやってくれました。

任意保険には入っていたらしく、私の車を修理する間は相手の保険会社の費用持ちで代車を出してもらうことになりました。廃車にしてもいいくらいの損傷だったので直って戻ってくるまでだいぶ時間がかかりました。

その間、相手の保険会社から私の保険会社に「代車費用がかさんできたのでそっちで代車を出してほしい」と言ってきたそうです。こっちは完全に被害者なのに、そんなこと言ってくることあるんですね。

被害者なのに等級は下がるし、病院に行った治療費も自賠責未加入のためなし。保険会社からも何もなし。いいことが全然なかったまま終わった事故体験でした。

▲▲冬道で凍結した路面において十字路の一時停止のところで追突されたのですが、相手は私がバックしてきたという事で保険会社に連絡しました。代理店は電話が通じず、保険会社のコールセンターに連絡しました。

相手と私の言い分がどうしても正反対であるという事で過失割合が五分五分になり、納得できず相談したところ「事故調査員に話してください」と言われましたので、そちらに説明しましたが、結果は変わらず。「それでは弁護士特約を使って弁護士に相談してください」という事で、今度は弁護士のところに行きました。

弁護士費用は保険会社から支払われました。結果は「双方の言い分が正反対で証明できないので、できるだけ自分が不利益をこうむらない形で示談したほうが良い」という事でした。

私の車の損害額のほうが大きかったので五分五分でも私のほうが修理費が高く、自分の保険は使わず、相手から差額が振り込まれました。差額で最低限の修理をして今は乗っています。なので自分は保険を使わなかったという事で等級はそのままです。

こうなった原因は事故証明を取った警官が私からしか調書を取らなかったので、相手の言い分を証明できなかったという事に原因があります。代理店からは半年間何の連絡もなく、更新の時期にお願いの電話だけで事故内容もいまいち理解していませんでした。役に立たないのでもちろん他の保険会社に切り替えました。

40代男性

●●私が人身事故を起こしてしまった時、保険会社の方にはかなり迅速に対応してもらいました。事故のあと、保険会社のコールセンターに連絡すると、すぐに担当者より折り返しの電話が入り、この後どのように対応していけばよいかをアドバイスもらいました。

相手はかすり傷程度で、そのまま自宅に帰宅されたので、まずはお詫びとご挨拶に行ったほうが良いとのこと。保険会社担当の言うとおり、菓子折りを持って挨拶に伺いました。その後はすべて保険会社が対応し、現状や、相手の様子などをこまめに報告してくれました。

結局、相手への保険金支払いまで私には何の負担もなく、また、相手からもクレームや要求などがなかったので、担当者が丁寧に対応してくれたのだと思います。

●●先日、うっかりミスで物損事故を起こしてしまいました。長い運転歴の中で初めての出来事に、動揺したのと同時に後悔と反省の念にかられました。事故の手続きなるものは何となく話では聞いていても、実際ともなると、まず何をすべきかパニックになるものなんですね。

損害を与えてしまった相手に謝罪をしつつ、警察に連絡を入れて、保険会社の代理店にもすぐ電話しました。有難くも代理店の方が飛んできて下さり、事故写真を撮影し、手続きに必要な事項を説明してくれ、一人でいる時よりも安心感がわきました。

その後、自宅にもどり保険会社から直接今回の事故内容の確認と、今後の対応の仕方について、分かりやすく丁寧に説明をして頂きました。事故の対応がしっかりした会社がいいと聞いていて、勧められるがままにあいおいニッセイ同和損保に加入していたのですが、今回の事故でここにしておいて良かったと思っております。

●●あいおいニッセイ同和損保の口コミというよりは代理店の口コミになりますが、先月事故を起こしてしまいました。交差点での出会いがしらの接触です。その時の代理店担当者さんの事故対応は素晴らしかったです。

まず事故をしたと報告をしたら1時間後には現場に来てくれたんです。普通の保険会社であれば現場に担当者が来てくれるなんてありえません。それから解決までも何度も家に来てくれて話を聞いてくれました。私が悪い事故だったんですが、担当者さんとお話をして、解決内容にも満足することができました。

●●2車線道路を走っていたとき、前方不注意で前の車にぶつけました。前の車は赤信号で停まっていて、こちらは停まりかけに近い速度で、ブレーキを踏むのが若干遅れたことによります。衝撃としてはわずかで、軽く後ろからコンッとあたった感じです。そして、前の車からサングラスをかけた大きな体つきの男が降りてきました。

やばいと思いつつも逃げられないし、ともかく「あたったな」と言ってきて、脇道に移動することになりました。「保険には入っているな」と確認してきたから、「入っています」と答え、「わし保険のことを知っているから」と言って、「いまから病院に行く」と話してきました。

なにしろそれまではあてたことがなかったため、とんでもない請求をするのではないかと不安を感じました。あてた相手方に免許証を見せて、相手方はメモを書いていました。互いの電話を交換することになりました。サングラスをかけていたし、やくざではないことを願いつつ、こちらは任意の自動車保険会社に電話をかけました。

事の経緯を話し、この件を受け持つことになる担当者から後日連絡が入ることになりました。そして、実際に担当者から電話がありました。担当者は体育会系みたいな雰囲気のする男性でした。なにやら送ってほしい書類があるとのことです。

自分で事故の状況を事こまかく図面にして描きました。衝突したときを思い出しながら道路を描いて、自動車の絵を描いて、矢印を加えます。上手く描かなくても、分かるように描けていれば大丈夫とのこと。この書類を自動車保険会社に送付して、審査をして保険金が出されることになっているようです。

後日、自動車保険会社の体育会のような男の担当者から電話が2度3度入り、どういう手続きで進めているのかの説明がありました。相手方にも電話をするようにとのことでしたが、相手をあまり刺激するのは避けるべきと思って、私は電話をするのは遠慮しました。

そして、毎月のように封筒で届くのは、保険金の支払い済み明細書です。結構高くて、いつも数万円が連続していました。そういう状態が何ヶ月もしばらく続きます。事故の衝撃からいえば、まずむちうちといったことは考えられません。しかし、病院に繰り返し行っているためか、毎度のように数万円の支払い済みの連絡が来ました。

これはほぼヤラセの通院ですが、そのことを話すと反論されてしまうから、お任せにするのが当然でした。あてた相手方が通院している病院というのが、自動車保険会社の男の担当者も知っていて、前例からいえばワケありな病院とのことでした。

簡単にはいかないそうで、ほとほとこちらとしては何事もなければよいな…と願うしかなかったわけです。事故の程度から想定すれば、何の異常がないはずです。しかし病院での診断で偽りの病名を書いているのか、どのように診断を長引かせているのか分かりませんが、保険金が支払われるように手配してくれているということです。

もちろん私に証拠がある訳ではありませんので、これが詐欺まがいのことかどうかは判断できません。正直なところ、私もどのようにしているのか知っておきたいのですが、直接相手に聞くわけにもいきません。ともかく、保険金が支払われていく中で、自動車保険に入っておいて本当によかったなと思っています。

50代男性

●●家内が正面衝突されて、乗っていた車が走れなくなってしまったことがあります。自動車屋さんに見てもらったのですが、修理するより買った方が安いとのこと。

12年目の軽自動車でしたので、車両保険でお金をいただくのは諦めていました。一応、35万円の補償額で加入していましたので、保険会社の担当者に尋ねて見たところ、「なんとかしてみます」とのお返事でした。

あまり期待せずに待っていたところ、3日後に電話がありました。「15万円ならなんとかなるのですが…」とのこと。大変申し訳なさそうにおっしゃってくださいました。でも、すぐにOKしました。中古車屋さんに持っていったなら、引き取り料金を支払わないといけないくらいなのですから。

こんな考え方をしちゃいけないなと思いますし、家内にも申し訳ないですが、本心を言うと「事故ってくれてありがたかったかな…」と思います。

60代以上男性

●●保険に入ったきっかけは、前から使っていたガソリンスタンドが加盟していた保険会社であったからです。料金はあまり安いとは思いませんが、事故の時の対応は良くしていただきました。

その事故は、ほぼ私が悪いことが原因で起きた事故でしたが、被害者を始め、私の自己の怪我などの補償についても、事細かなアドバイスをしていただきました。事故からもうすぐ2年になりますが、係員の対応が良かったので、保険更新をさせていただきました。来年の更新もそこにしょうかと考えています。

●●家の近くの狭い道を車で徐行運転していた時です。ふいに路地から自転車が飛び出してきました。私は自転車を避けるためにハンドルを左に切ると、運悪くそこには電柱がありました。自転車の人にはぶつからなくてすみましたが、私の車の前輪とフェンダーが電柱にぶつかり、ホイルとタイヤが曲がってしまいました。

私の乗っている車はベンツなので、国産よりも部品代や修理費が高くつきました。すべて込みで150万円とのことでした。しかたなく、車両保険を使うことになりましたが、保険会社の方は非常に親切で、ディーラーと修理工場との調整などをしてくれ、私は何もすることなく車を受け取ることができました。

もちろん、保険からすべての費用がでましたので、一銭も払っていません。事故などを起こしたときは、起こした人はショックに陥っています。そんな時に親切に、誠意も持って対応に当たっていただき、とても助かりました。

事故対応:女性の口コミ

20代女性

【利用者400万人超え!】事故対応も保険料も満足したいなら要チェック

●●片側1車線の交差点で右折車の後ろで待っていたところ、後続車にノンブレーキで追突されました。原因は相手方の脇見運転。頸椎・腰椎捻挫で半年間通院しました。私は事故後に救急車で運ばれましたが、相手方の連絡先だけは聞いてありました。

翌日になっても加害者からも加害者側の保険会社から何も連絡がなかったので、こちらから連絡をすると、任意保険に入っていないと言われました。

「通院費も慰謝料も自賠責で出るので大丈夫です。車は全てこちらの負担で直します」とは言うものの、謝罪の言葉もない相手と話をするのは非常に苦痛で、自身の加入していた「あいおいニッセイ同和損保」に電話で相談しました。

その後は、相手方との対応を全て保険会社を通してしてもらい、ストレスなく治療に専念する事ができました。

●●交差点でUターンをしようとして、回りきれずに、一度バックをして切り返そうとしたのですが、その際に対向車線の車とぶつかってしまいました。私が対向車線にはみ出してバックをしたということから、全面的に私が悪いという結果になってしまったのです。

初めての事故でかなり落ち込んでいました。そして悲しくて泣いてしまいました。相手の方と警察に行った後、家に帰ってから保険会社に電話をしました。

あいおいニッセイ同和損保に入っていたので、電話をしたら、とても対応が優しくて、そのやさしさにまた泣けてきそうでした。とても素早い対応で、後のことはすべて任せて良いと言われました。二度と相手の方とも会わずに、車の修理も無事終わりました。優しくて、スピーディな対応にとても満足です。

●●私は免許をとって直ぐに車を購入しました。自動車保険について全くわからなかったので、父の知り合いの保険屋さんに入ってくれと頼まれて、そのまま『あいおい損保』に加入しました。保険料は23歳でしたので1万ちょっとかかり、それが普通なんだと思っており、仕事もしていたのでさほど気になりませんでした。

車に乗ってから初めての冬道、彼のところに遊びに行くのに夜勤終わりの深夜2時くらいに倶知安から札幌まで走りました。京極の大きく曲がる所で後ろのタイヤがすべり一回転くらいしてガードレールにぶつかりました。

車はナンバーがふっとび、フロントがかなりへこんでしまいました。車もまだ動きそうだったのでそのまま走りましたが中山峠前でいきなり電気系統がショートしてライトがつかなくなり、走れる状態ではなく停まりました。

携帯の電波がなく、誰にも相談することができずに凍えそうになっていたとき、パトロール車が通りかかり助けてもらいました。保険の人に連絡したのは翌日で、動かなくなった車は知り合いの車屋さんにレッカーしてもらいました。修理もそこでお願いして、エンジンもダメになっていて修理代は100万を超えていました。

保険屋さんの対応は優しく、状況説明をするのにどんな風に滑ってどこでぶつかったのかとか、ある程度詳しく説明をしなくてはいけなかったのですが、気が動転して詳しく覚えておらず迷惑をかけました。後日、病院には行ってませんが、見舞金が振り込まれていて、そして修理代もカバーできていて嬉しく思いました。

●●初めて車を買った時、ディーラーに勧められて入りました。結婚して運転をほとんどしなくなったので、解約しましたが、それまでの9年間お世話になりました。

他県で事故にあってしまった時も、運んでくれて修理してもらったり、対応は満足でした。傷とへこみができてしまったときも、車両保険に入っていたので無料でなおせたり、対応はディーラーを通すことが多かったですが、手配は早めでした。安心して保険に入っていられました。

当然ですが、インターネットの自動車保険に比べると値段は高くなってしまいます。その分、安心感や信頼できるように感じましたが、毎月でなく年払いにして、少しでも安くしようと努力をしていました。

事故受付窓口の番号などが書いてあるカードを切り取って、免許証と一緒に財布に入れていたので、何かあったときにもすぐにディーラーに連絡することができ、良かったです。

●●私は以前、車同士の事故を起こしてしまいました。私が右折する際に、直進してきた車にぶつかってしまい、私の車の右側と相手の車の右側が破損しました。ケガはお互いムチウチ程度だったのですが、お互い病院に行ったので人身事故となりました。

私が右折とのことで過失割合は8対2だったのですが、被害者は過失がないという主張をしており、私の病院代などは相手の自賠責で払うことになりました。

事故の際にすぐの保険会社に電話をしたところ、非常に落ち着いた対応をして下さいました。その後に物損の担当と人身の担当いうことで、それぞれ別の担当とやりとりをしました。初めはなぜ別なのかが良くわからず、混乱しましたが、担当が分かれていることを丁寧に説明して下さいました。

書類などもすぐに届けて下さり、手続きはスムーズでした。相手方の代車費用にも対応してくれ、事故証明の写真者撮影への協力もしてくれたので、対応は全般的によかったと思います。

電話でのやり取りも誠実に行って頂きました。私自身の請求できる金額もできるだけきちんと請求した方が良いと、病院に行った際のタクシー際の請求などもたずねてくれたので、とても良心的な対応だったと思います。

●●我が家は家族であいおい損保に加入しています。私自身家族を含めて、自らが起こしてしまった事故はありませんが、一昨年、私が運転していて、駅のパーキングに停車している時に、同じく車庫に入れようとしていた車が前方不注意により、私の車にぶつかってきました。

相手のドライバーさんはすぐにぶつけた事に気がついて、「修理やもしお怪我ある場合は全てこちらの保険でさせてもらいます」との事でした。たまたま相手の保険会社もあいおい損保でしたので、保険屋さん同士で話を進めてもらうことにしました。

翌日、相手方と自分の加入しているあいおい損保さんから続いて連絡がありました。

お2人ともに「今回は相手方の加入している、あいおい損保を100パーセント使うので、私が加入してるあいおい損保は今回の事は全く関わらない」との事で、「もし何か分らない事があれば連絡をください」と言われて、全てを相手方のあいおい損保さんが処理してくれました。

車の修理(修理屋さんとの話も修理代金も)や病院でかかったお金など、全てを支払ってもらいました。修理にも問題なく、体にも異常がない時点で示談の判子を押しましたが、示談成立後はすみやかに全てのかかった料金を指定の銀行に振り込んでいただきました。

その後も「変わりはないですか?」との連絡を頂きまして、すごく誠意を感じました。我が家は引き続き今年もあいおい損保の保険を継続しました。

●●3年ほど前に、自転車と車の接触事故を起こしました。こちらは車側で、自転車が信号を見落としていてぶつかってしまったのですが、すぐに警察と保険会社に連絡を入れました。するとすぐに担当の営業の人から連絡が来て、当時の状況等を詳しく説明し、これから手続きを進めていくという説明を受けました。

それから相手の方と連絡を取ってもらい、相手の方の言い分を聞いて、保険適用出来る部分があるものは全て保険を使うこと、無理な事は無理とはっきり相手の方に説明をして下さり、迅速に対応してもらいました。

相手の方と連絡を取られる際は、前もってこちらにも教えていただいていたし、結果報告の連絡もすぐに下さっていたので、安心してお任せする事が出来ました。相手の方への話し合いが終わるまで、頻繁に現在の状況の報告をして下さり、全て終わった時は本当に感謝しました。

初めて事故を起こして動揺していましたが、担当営業の方が親身になって相談に乗って下さったので本当に助かりました。嫌な出来事ではありましたが、あいおいニッセイ同和損保の営業さんには感謝しています。

●●交差点の停止中、後ろから追突事故を起こしてしまい、その場で保険会社に連絡を取りました。電話でのやりとりで相手方にかわり、今後のやりとりから補償内容までスムーズにオペレーターの方に案内していただきました。

その日は業務時間外の深夜だったため、日を改めて、担当の支店の方から電話がありました。相手方が軽いけがをされていたため、人身事故担当の方と、物損担当の方、それぞれついていただき、必要な書類から今後の具体的な手続きなどを電話で丁寧に教えていただきました。書類が届くのも早かったです。

相手方の治療費や、人身事故による事故の手続きなど、全て保険会社のほうで円滑に進めていただけました。途中、何度か確認と相談の電話をしましたが、親身になって対応していただきました。

完全に治療が完了するまで、電話、あるいは書面にて治療費などの詳細が届き、修理完了かつ示談成立後、改めて事後報告の電話を頂きました。終始丁寧で、トラブルもなく、迅速な対応でした。

▲▲3ヶ月ほど前に、高校生の男の子が乗る自転車と接触事故を起こしました。

見通しが悪く、私も一時停止をした後、ゆっくり出ようとしたらブレーキをかけずに突っ込まれ、男の子は転倒。すぐに保護者を呼んでもらい、私は警察に電話。その間に相手側の母親と、相手側の契約している保険会社の関係者も立ち会うことに。

その時点で相手側から「こういう場合はだいたい過失が大きいほうは車になるから…」と言われ、すごく不服な思いをしていたのですが、警察の立ち会いの後、私の方の保険担当者も来てくれました。

事故状況を説明し、実際事故現場も見た結果、「相手はブレーキをかけなかったと言っているし、歩道を運転していたということもあるから、どう考えても向こうに非がある」と言われ、少し安心していました。

でも、実際交渉が始まると話し合いの経過の説明がほとんどなく、「過失はおそらく9対1で負担が多くなるけれど、人身事故にはしないと言ってくれているから、今事を荒げてももったいない」とのこと。

事故対応としてはすごく迅速に、また親切に対応してくれたのですが、交渉内容が不透明で、いまだに納得出来ない部分はあります。

また、担当者さんとは長い付き合いなのですが、私が今回初めて事故を起こしたことで、なんとなく対応が冷たくなったような気がします。

▲▲車と車の事故の時、あいおいニッセイ同和損保の電話窓口は女の人が対応してくれました。

相手側が保険に入っていなくて、まったく非がない事をずっと主張していましたが、車と車の事故でまったく非がない事はないので、頑張って3対7くらいにもっていってくれました。その時も長い日にちがかかりましたが、相手から何も言われる事もなく終わりました。

別の事故になりますが、今度は車と自転車で自転車側が信号無視していて、こっちは青で走っていっただけなのに、自転車にこちらがぶつかった形になりました。今回の窓口は男の人でしたが初めは威勢がよく、こっちは悪くないと言っていました。

しかし、相手側が未成年で、しかも親が面倒くさい人で、家にも謝りに行った時も出てこないくせに電話をかけてきては文句を言うような人でした。保険会社を間にいれると話がついたのですが、保険会社の男の人は威勢がよかったのも初めだけで、結局自転車代の修理と病院代を支払っていたようです。

「どうして話が違うのですか?」と聞いても、誤魔化すばかりだったので本当に嫌な思いしかありませんでした。

30代女性

●●自動車購入時にディーラーに勧められるままに加入しました。一度、自損事故をやって、当時住んでいたアパートの駐車場のフェンスを壊してしまいました。

すぐにあいおい損保に電話したのですが、まずは私の怪我の有無を確認していただき(私に怪我はありませんでした)、そのあと、順を追って状況の確認をしていただけたので、少々パニックを起こしていたのですが、落ち着けたのを覚えています。

翌日すぐに現状の確認をしていただき、自動車の修理の手配や大家さんとの交渉なども全てやっていただきました。とにかく対応が早かったことと、逐一、交渉の内容などの報告をいただくことができ、全て安心してお任せできたので、自損事故でへこんではいたのですが、ちょっと気が楽になりました。

●●信号待ちで停車中に、後ろの車から追突された経験があります。こちらは完全に停止中で、まったく非がないとわかっていたので、案外冷静に対応できたと思います。相手の方が降りてきて、謝罪後に「後は保険会社を通じてやりとりしよう」との事でした。

次の日に相手の保険会社から連絡があり、車も病院代も相手側で負担してくれるとのこと。すっかり安心していた所に、自分の加入しているニッセイ同和損害保険会社から連絡がありました。

相手からの賠償を受けて、なおかつ、自分の車の保険からも保険金が出るというんです。しかも、この場合、等級が下がったりしないものだと教えていただき、本当に驚きました。

病院を5回通ったところで、送られてきていた用紙に記入して、返送しただけなのに、すぐにお金が振り込まれました。普通は、診断書などの書類をお金を出して取らないといけないものだと思っていたので、対応の速さにビックリしました。

担当の方も女性で、やわらかい話し方をしてくださるので、相手への不満などを聞いてもらうこともありました。保険会社はなるべく払いたくないものだと思い込んでいたので、わざわざ教えてくれて保険金を支払ってくれたことに驚きました。とても嬉しかったし、信頼にもつながりました。

●●地方に1人暮らしをしていた際に、通勤のため初めて車を買いました。カーディーラーから自動車保険への加入を進められましたが、実家の親が古くからおつきあいのある代理店さんにお願いすることにしました。

当時は大東京火災海上だったと思いますが、その後あいおい損保になり、さらに合併してあいおいニッセイ同和損保と名前が変わりました。私の愛車も3代目となりますが、一番最初に加入した保険をその都度継続しています。

ネット損保に比べると割高かもしれませんが、やはりいざという時に頼れる代理店の方がいるという安心感には代えられません。事故といえば、1度だけ、信号待ちの時に後ろから追突されたことがありますが、相手側の保険会社とのやりとりもすべてお任せし、トラブルもなく事後処理をしていただけました。

●●何度か事故を経験していますが、その都度対応は概ね丁寧だし、スピーディーだと思います。何年か前に、私が信号待ちで追突事故を起こした際、車はほとんど壊れていなかったのに、相手(被害者)夫婦が後遺症を1年半以上も訴え続けたことがありました。

その間、被害者から私に直接、症状の辛さを訴える電話がきたこともありましたが、その都度保険会社に連絡をして、間に立ってもらいました。また、私自身もムチウチになり、半年近く病院や整骨院に通いましたが、他社のように治療の打ち切りを迫られることもなく、きちんと治療を終えることができました。

保険金もスピーディーに支払ってくれましたし、その後、生保の医療保険の請求のために資料送付をお願いした時も、すぐに対応してくれました。

地域のサービスセンターが平日17:00まで、土日休業、本社のカスタマーセンターでは話が通じない…のは何とかして欲しいですけど、これはどこの会社も同じですものね。その点を除いて、概ね満足しています。

●●自分でバックをしている時に、交通事故を起こしてしまいました。つまり加害者です。相手は全く悪くない完全な自己責任です。とりあえず、あいおいニッセイ同和損保に電話をしました。とても、私のことを気遣ってくれる電話対応で、事故して困っている私にはその対応がとてもうれしくて涙が出そうでした。

結局10-0で私が悪い事故となりました。相手も私も車を直すことになりました。相手のキズは見た目には大したことないのですが、ちょっと直すだけで20万もかかったようです。

保険会社がすべて手続きをしてくれたので、相手の人とは、事故以来二度と会わないで、車の修理をしました。そして、手続きがすべて終わりました。とても良い対応をしてくれたので、保険会社には感謝しています。

●●7年ほど前に、主人が購入した愛車を破損してしまいました。一人で買い物に出掛けたときでした。新車のワゴン車を歩道の縁石に乗り上げてしまいました。無理やり脱出しようとしたら車体の下部に付いていた装飾品が外れ、ボディーにも傷がついてしまいました。

車両保険にも加入していましたので、すぐにセールスマンに連絡しをしました。現場にいるのが恥ずかしかったので、ある程度離れた場所から連絡をしました。担当のセールスマンにはとても優しく対応していただきました。新車を破損してしまった事でショックの私に対して、とても親切に対応してくれました。

掛け金は多少は高くなりますが、車両保険に加入しておいて良かったなぁと、このときつくづく思ました。

▲▲三年前から加入していました。去年、信号停車で止まっているところを、後ろから車をぶつけられました。相手は居眠り運転で、完全に10対0の事故です。警察に届けましたが、加害者の男性が嘘ばかり言って、負担割合で揉めることに。

その後、すぐに保険会社に連絡しました。まずコールセンターの女性が出て、細かな内容を伝えました。すると担当の者に替わりますと言われ、今度は年配の男性にまた最初から同じことを伝えなければいけませんでした。

それもイライラしたのですが、この年配の男性があろうことか加害者側に味方をしたんです。まるで女性では相手をしないというような不愉快な言い方で…。強く言えず引き下がってしまいました。

ショックを受けて夫に伝えると、夫が電話で話をしてくれることに。すると今度は人が変わったかのように態度を変えてきました。結局10対0になりましたが、そこまで決着がつくのに半年ほどかかりました。

自分で証拠を色々集めて、ディーラーさんにも手伝ってもらいました。見る人がみれば簡単に当てられたことが分かるらしいです。

お得に加入出来ると言われて、簡単に飛びついてしまったことに反省しています。私の場合は単にその担当者が良くなかったと思いたいですが、その件でトラウマになるくらい懲りましたので、今は違う保険会社にすぐ変更しました。

▲▲数年前ですが、主人の両親の勧めで「あいおい」さんの自動車保険に加入しました。近所に代理店もあるので、心強いイメージで加入しました。

ある日、家のそばで事故を起こしてしまったのですが、すぐに家まで来てくださり、頼りになるなと感心したのですが、その後、事故の進捗状況の連絡が全くなく、不信感を抱き、保険料も高く、対応も良く感じなかったので解約することにしました。

その後、新車を購入したのですが、2度あいおいの加入者からこちらの過失ゼロの事故を起されました。その対応は腹立たしいものでした。

2度目の事故は「事故が起こった事すら認められない」と弁護士まで立ててきている状況で非常に憤慨しています。保険料が高く対応も悪く、被害者をあざ笑う保険会社ですので、とても信用できません。

▲▲数年前まで、あいおい損保に加入していました。加入中2度事故に遭い、相手との交渉などでお世話になりました。

1度目の事故の時は、相手の方が交渉になかなか応じてくれず、事故処理がかなり長期間に及びました。幸い軽いかすり傷程度の事故でしたが、交渉が長引くのは精神的にも負担がありました。担当の方はそんな気持ちを察してくれ、いつも励まして頂いたことに、とても感謝しています。

しかし、2度目の事故の時はそんな信頼感を失くすような対応でした。一時停止無視の自動車に追突される事故に遭い、自力走行が不可能な程の損害を受けました。その場で保険会社に連絡すると、警察の調書が終わるくらいの時間にレッカー車が到着しました。30分程度だったと思います。その点はとても迅速な対応で助かりました。

ただ、過失割合の話し合いでは、本当に不本意な対応ばかりでした。事故の状況から見ても過失割合は1:9が適当なものだったにも関わらず、「相手の方がもう少し負担して欲しいと言っているので」と2:8を要求されました。

こちらが加入している保険会社が相手の言い分を伝えてきて、なおかつその希望通りにしようとしている事自体、理解できませんでした。

仕事の関係で数回着信が取れなかったある日の留守電を聞いて、私はあきれて何も言えませんでした。「話し合いの結果、3:7になりました」と。怒りを通り越し失望した結果、そのまま事故対応は終了してもらい、すぐに保険会社を変えました。こんな対応もあるのかと驚いた出来事でした。

▲▲スーパーの駐車場内で、私がいた直進車線に、右側からファミリーカーが合流。その際に、私の運転席側のドアと相手の左前方が衝突しました。

警察曰く、公道であればほぼ100パーセント私が被害者だが、今回はスーパーの駐車場内ということで、そうとは言い切れないとのことでした。それから保険会社とのやりとりが始まりました。起こった出来事を全て話し、書類も提出しました。

しばらくして、電話があり、相手は、私の車が見えなかったと言っていると教えてくれましたが、100パーセント相手に責任を負わせるのは難しいということも教えてくれました。なんとも納得いかないまま、次の連絡を待ちました。

すると次の連絡では、相手が、私が携帯を触っていたというが、本当か?というものでした。私は驚き、「私の車も見えなかったのに、なぜ触ってもいない私の携帯まで見えるのか、有り得ない」と言いました。確認とは言え、なぜそんなこともわからないのかと呆れるほどでした。

マニュアル通りの対応なのだとは思いますが、これで一気に担当者が頼りなく、不安に感じました。しかも、やはり100パーセントは難しく、良くて6割、五分五分になるかもしれないと、信じられない回答も添えてくれました。

たまらず父にも話したら、父が会社で入ってくれた保険だったので、父も話しをしてくれたみたいです。それがあったからか分かりませんが、最終的に7割になりました。

こんな明らかな事故でさえ、手間がかかるのだと思いました。期間は1ヶ月ぐらいだったと思います。他の人曰く、他社の保険会社同士で譲り合いがあると聞いたので、それの被害に遭っていなければいいのですが…。

▲▲13年ほど前に、コンビニから車道に出る際に自転車に気づかず、人身事故を起こしてしまいました。スピードも出ていないし、アクセルすら踏む直前だったために、相手の方は転倒はしたものの、打撲全治7日間の加療という診断でした。

初めての事故であることから、酷く動揺してしまいました。保険会社に連絡をし、警察とのやり取りなど、数日にわたり、精神的にも辛かったです。7日と診断はされたものの、示談交渉が上手く進んでおらず、気づけば、私の携帯に毎日相手方からのしつような連絡がきてました。

警察に調書作成のために出向いた際も、対応に誠意がないと、相手方から苦情がきていると警察の方からもお話がありました。菓子折やら謝罪やら、私側でできることはしていましたが、保険会社の担当が示談交渉を放棄ともとれるほどに、相手に連絡をとらず、動かずな状態でした。

事故対応って保険会社はプロというイメージでしたが、非常に残念な対応で、再三こちらから担当に、再度示談交渉をしてもらえるようにお願いをしたものです。

結果、加療7日は大きくオーバーで、5月の事故だったのにもかかわらず、示談終了の知らせは10月に届きました。大きな保険会社だから信頼もしていましたが、担当にもよるのでしょうか。丁寧な口調ではあるものの、非常に残念でした。今は別の保険会社を利用しています。

40代女性

●●数年前のことになります。当時、あいおい損保に加入しておりました。ある日の昼過ぎの出来事になります。山口県防府市で車を走らせていた時のことでした。

片側通行で、工事があり、旗をふるおじさんが「止まれ」のサインを出すので、少し手前で止まりました。完全に止まったその時、後続の軽4に2度、ぶつけられました。普通なら、一度ぶつかったら止まるものですが、その方はバックしてもう一度ぶつけてきました。

当然ながら、止まっている車にぶつけた方が悪いのは、承知のことにて、路肩によせ、110通報にて、事故の届をだしました。同時に、自分も保険会社にいたことがあり、保険のことについては素人ではないので、手際よく、自分の入っている「あいおい」に連絡を入れました。

もちろん、相手の保険会社もうかがうと、「あいおい」だとのこと。それならと、自分の携帯から事故報告をするとともに、相手に変わってもらい、一緒に事故報告を損保会社にしました。同席していた息子も一緒に…。

示談にはせず、保険会社に一切をおまかせしました。むちうちで済んだことは、私の車が普通車だったからかもしれません。しかし、息子については、重度の知的障害にて、身体に何かあってはと、レントゲンを撮りました。すると、首の骨が反対に反っていることがわかりました。

また、このケガについては、あいおいをやめても、後遺症がでるならば、何年たっても治療費が出ると言われました。車両対人対物に入っていたので、すごく助かりました。通院もお世話になりました。

相手の方も保険に加入されていたので、本当に助かりました。そうでないならば、手厚い保障もなかったかもですし、車の修理もどうだったか、わかりません。当時、本当に保険に入っていて、助かりました。

●●公園の入り口で、低い石柱にぶつけて、助手席ドアが開かなくなるぐらいにへこみました。自損事故ですが、事故直後は自分でもパニックになっており、とにかく保険会社に電話するのが一杯一杯でした。そんな中でも、丁寧に、一つ一つ質問を投げかけてくれて、状況を正確に把握するようにしてくれました。

そして、今回保険を使うと損かどうかを、事細かに等級と今後の支払金額をしっかり計算してくれて、保険を使う方が得だということを示してくれました。車のディーラーとも密に連絡を取ってくれて、修理代金の交渉もやってくれました。

私はただ、車の修理が上がってくるのを待てば良い状態で、すべて保険会社の担当の方が片付けてくれました。助かりました。

●●ボランティアで介護ヘルパーをしていました。自分の通勤車で訪問するお仕事です。車の任意保険が切れたときに舞い込んだ仕事があったのですが、そこの施設長さんの紹介で、保険の嘱託職員の方に施設で会わせていただきました。これがあいおいニッセイ同和損保に入ったきっかけです。

ある日、不案内な土地の急な坂道で、深い側溝に脱輪してしまいました。身動きが取れず、困ってフリーダイヤルの事故受付に電話したところ、レッカー車と作業員2名を派遣してくださいました。もちろん無料でした。

次の査定の時には事故扱いにされず、更に値下げにも応じていただきました。フリーダイヤルのお客様担当の女性の受け答えも丁寧で親切です。パニックになっていたのですが、携帯の位置情報で探してきてくれたのも、とてもうれしかったです。

●●七年ほど前に、子供の習い事の駐車場で出庫の際、私が隣の車の角をこすってしまったことがありました。自動車保険に修理代を補填してもらう相談をすると、悪いのは勿論私なので、相手の車の修理するのはもちろんですが、自分の車の少々の傷も直すことにしたらどうかと言われました。

私は自分がこんなミスをしてしまったことにがっかりして、申し訳ないような気持ちで、自分の車は直さなくてもどうでもいいと思っていました。

しかし「次の年からの保険料の計算すると、自分の車を直すにしても直さないにしても、どうせ上がる料金に変わりはない」との説明に安心して、小さな傷でしたが直してもらうことにしました。

その時から、せっかく綺麗になったので傷をつけないように乗ろうと、一層気を付けるようになりました。ありがたかったです。

●●まだ合併前のニッセイ同和損保のときからお世話になっています。日本生命の人から勧められたのですが、当時入っていた保険料より月々2,000円くらい安くなっただけではなく、3年間はもし事故を起こしても保険料は変わらず、それどころか年々安くなるというシステムに魅力を感じました。

実際に事故を起こしてしまったときも、コールセンターの対応は丁寧で親切でした。次の日、地元の取次店の人が電話をくれて、自宅まで来てくれました。その人も親切で、不利だと思われた事故でも善処してくれて6対4になりました。その間、電話でのやり取りが2回ほどあっただけで、全てお任せでやってもらいました。

安い保険料だと対応はどうかな…と、最初は正直言って不安でしたが、入って正解だと思っています。

▲▲それまでサンデードライバーだったので「走行距離が少ない人におすすめ」というのが売りの外資系保険会社に加入していたのですが、車通勤になって年間走行距離が跳ね上がったことと、この会社に勤める知人に依頼されたのもあって加入しました。3年間、事故があっても等級が下がらない長期契約を結びました。

保険料は、走行距離の差もあるので一概に比較できないかもしれませんが、やはり外資系に比べると割高です。

しかも、私が最初に加入した時は「ニッセイ同和保険」だったのですが、長期契約の途中であいおい損保と合併して「あいおいニッセイ同和損保」になったと同時に保険料が高くなり、その上契約内容も補償範囲が狭められるなど、一方的な契約内容変更があり、会社の方針としては不満があります。

先日初めて事故対応をお願いしました。担当者の方の対応は丁寧なのですが、事故の相手方の保険会社との連絡がうまく取れていなかったりして、事故処理に非常に時間がかかりました。

この事故の際に当方の同乗者が軽傷を負ったので人身事故扱いにしていたのですが、相手方から「点数が足りなくて免停になるから、示談金を払うので取り下げてほしい」と言われました。

私はそういう事例は初めてでしたので、ニッセイ同和の担当者に「もし人身事故を取り下げて示談にしたとして、こちらが不利益を被る可能性があるかどうか」と問い合わせたところ「気持ちの問題なので損害を受けることはない」と言われ、相手方の要求を受け入れました。

しかし、その後になって「示談にしたので人身傷害補償金を支払えない」「診察代などについて保険会社は介入できなくなったので個人で対応してほしい」というようなことを言われました。

そのような事態にならないために事前に相談したのに、後から「~できない」ということばかりを言われて、余計に事故処理が長引いてしまいました。保険料も高いですし、長期契約があと1年残っていますが、次の更新時は他の保険会社の見積もりももらおうと思っています。

▲▲12年ほど前に、対面自動車との接触事故を起こしました。深夜でこちらは一人で相手は男性三人。相手側は男性二人で車で飲みに来ていて酔ってしまい、運転が出来ないので、一人の友人を呼び出して、かわりに運転してもらって帰るところだったようです。

当時自分は携帯電話を持っていなかったので、その事故直後、三人で強気にとても威圧的な態度(事故直後車から一人の男が出てきて、自分の肩を揺さぶって「どうするんだぁ!」なんてされたりしました)をとる相手方に頼んで、警察へ携帯で電話をしてもらい警察の到着を車の中で待ちました。

翌日、保険会社に電話して「あとはもうお任せで!」って肩の荷をおろした気でいたのですが、相手方は保険に入っておらず、三人とも「頸椎を痛めた」だの保険会社に言いたい放題で話がなかなか進みませんでした。

保険会社の中年の担当者も毎回同じようなことを繰り返し、ご機嫌でも取るように「お相手さんは職人さんみたいな方だから…」的なことを笑いをとるかのように言ってました。

たしかに相手側の保険会社と話し合うのでないので、交渉も普通とは違ったのかもしれませんが、異常に話が進むのが遅かったし、自分のために必死に頑張ってくれているようにも感じられなかったし、進行状況に変わりがないからと、相手がトンチンカンな人間達であることばかりを強調して笑いに持っていく姿勢も疑問。

たまにこちらから「どうなってますか?」と聞いても、あまり丁寧な対応ではありませんでした。事故の相手が普通とはちょっと違ったのは分かるけど、保険会社もイマイチだったなと思います。「こういう大変なときでこその信頼関係なのに…」とガッカリして、翌年から違う保険会社と契約しました。

もしかしたら、他の保険会社でも事故の相手がそういう方々では変わらなかったかもしれませんが、なにかあったときだからこそ、ホッとさせてほしかったし、勇気づけてほしかったし、もっと頼れる存在でいてほしかったです。

時間掛かるにしても、その間もっと安心させてくれるような対応があったのではないでしょうか。この一件であいおいは懲りたし嫌いになりましたね。でも、とにかく事故に遭わないようにするのが第一なんですがね…。

▲▲今年のGW直前に、出会いがしらで衝突事故を起こしてしまいました。お互い、軽い物損で済んだのですが、地元の保険会社の対応のずさんさに驚きました。連休前だったとはいえ、10日以上経過しても何も連絡なし。こちらから確認の電話を入れても「担当者不在のためわかりません」情報の共有やフフォローはなし。進捗の報告もなし。

数日後、担当者からようやくあった説明は「過去の判例では割合は○:○となります」保険の等級があがった場合の掛け金とかそういう説明はやたら詳しいのに、私の事故の過失割合は判例と警察の事故証明のみで判断。こちらの言い分は「お気持ちわかります」と言いながら、まったく誠意が無く。

おまけに、警察が事故証明の同乗者の生年月日を平成→昭和に間違っていたらしく、わたしが「ご年配の同乗者はいません」と説明すると、こっちは大まじめなのに「あーそうなんですね」ってケラケラ笑いながらその方の実名をだすんです。

守秘義務ってないんでしょうか?冗談いってフレンドリーになりたかったんでしょうか?こっちは初めての事故でとても動揺してるのに。いくら田舎の保険会社でも、あんまりだと思いました。

一方、窓口になっていたディーラーの担当者の方は、とても親身になっていただきました。こちらに不利な点、有利な点をきちんと納得いくまで丁寧に説明していただき、現場にも確認に行ってくださいました。

後日、すべての処理が終わり、アンケートの案内をいただいたのでクレームを書かせていただいたら、慌てて所長さんから謝罪したいと連絡がありました。でも、わたしが欲しかったのは謝罪ではないのでお断りしました。

▲▲信号待ちの際、後からぶつけられました。完全に0対10です。直ぐに保険会社の事故受付に電話を入れ、担当の方に対応して頂きました。自分の担当会社の対応は早く、病院の受診や警察への届け出もスムーズでした。しかし、加害者が無保険車で、しかも人から借りていた車、責任能力の無い人でした。

弁護士特約をつけていたので、何かあれば裁判でどうにかなると思っていたのですが、弁護士が動くまでも、加害者と何度も話し合いをしなくてはなりませんでした。相当の手間とストレスでした。

加害者が保険に入っていれば保険会社同士の話し合いになるのですが、入っていないと個人で話し合いをしなくてはなりません。会いたくもない相手と何度もですよ。加害者が責任逃れを続け、やっと弁護士の登場です。

しかし、保険会社が紹介して下さった弁護士は「取れない人からは取れない」と言ったスタンスで、動いてはくれません。そうこうしている内に相手は逃亡し、行方不明です。当てられ損の泣き寝入りです。

警察や事故相談窓口にも相談しましたが、どうにもならないそうです。自分の知識不足もあったのですが、悔しくてたまりません。高い保険料を払っていたのに、肝心な時にはこうなってしまうのかと辛いです。

無保険車両の特約は直ぐに付けました。自分はきちんと保険に入っているつもりでも、相手が無保険車で責任能力の無い人となれば、どうにもならない。修理代の見積もりは20万を超えるものでした。

自分の車両保険で修理すると、保険料が高額になってしまいます。そこまでは目立たない傷で、機能的には支障が無いようなので、修理せずに乗っています。1年ちょっとしか乗っていない新車だったのに…。

どうにか自分の体が無事だっただけでも…と、無理矢理にでも納得し、前向きに切り替えるしかありません。被害者になった時に満足な対応を受けられなかった保険ですが、他に知り合いもいないので契約は続けています。今年も値上がりして高かったです。

50代女性

●●夕暮れの時間でした。娘の習い事の迎えに気持ちがあせっていた私は、十字路交差点を右折する時、一時停止しましたが、バイクが来ていることにまったく気づきませんでした。

ハンドルを右に回し曲がろうとした瞬間に私の目の前にすーっとバイクが現れ、避けようとしたバイクは横倒しになり対向車線に転倒、運転していた男性の方は倒れたまま動きません。すぐ警察に連絡し、救急車を呼び騒然とした状況になりました。

警察官との状況確認をしている時に自分の保険を思い出し、車中の保険証を確認し、すぐに連絡。私が相手の方の入院先にいた時に駆けつけてきてくれました。それからの手続きや対応はとても親切で、不安なことや相手の方の要求にも丁寧に対応をして頂きました。

あの時、対向車線に車が走行していたらもっと大変な事態になっていたと思うと、今でも胸が苦しくなります。油断大敵。本当に身にしみた一言です。

もしこれで保険に加入していなかったらどうなることでしょう。毎月何気なく収めている保険料が私たちの生活を保障し支えてくれています。何事も備えあって家族は守られていることに改めて気付かされた出来事でした。それからは、同じ過ちを起こさないように時間に余裕を持つことを心がけています。

●●初めての事故でした。見通しのよい交差点で私は本道を走行していました。相手の車は止まれの標識の横で止まっていたので、何も考えず走っていくと急に目の前に車が出てきたのです。急ブレーキをかけても間に合わず車は衝突し、運転していた70代の男性はただ怒るばかりで、私は動揺しっぱなしでした。

とにかく警察に連絡し、兄に電話をすると「保険屋さんに連絡しておけよ」と言われました。事故の説明を警察官立会いで行い、しばらくして保険屋さんに連絡すると、「大変でしたね」の一言。これでそれまで緊張していた私をスーッと落ち着かせてくれました。

その後の保険屋さんの対応はとても親切で、自動車屋さんへのやりとり、相手方への対応の仕方など丁寧に教えて下さり、本当に助かりました。自動車を購入する際に勧められて入った保険ですが、本当に助けて頂いてうれしく思いました。

●●ある駐車場内で出庫しようとバックしたところ、不注意で他の車にぶつけてしまいました。事故処理センターに電話をすると「お怪我はありませんか?」と親切丁寧に対応してくださいました。

初めてのことでパニックになっていた私ですが、最初のその一言でだいぶ落ち着くことができたような気がします。どうしていいかわからなかったので、的確な指示をいただけて、とても助かりました。

手続きの書類も次の日には届きましたし、保険金の支払いも迅速に行っていただきました。あまりにも迅速に処理が済んだため、逆に相手側から「早くやってくれてありがとう」とお礼を言われてしまったほどです。なんのトラブルもなく事故処理が済み、保険会社さんには大変感謝しています。

●●アイスバーンを滑る私の車。ブレーキを踏んでも踏んでも車はスケート場を滑るように直進し、前を走っていた車両にぶつかってしまいました。わざとぶつけたわけではないのに、怒りにまかせて怒鳴り続ける相手側の運転手。私は、自分の言い分を言いたいのもこらえて、とりあえず保険会社に連絡をして助言を求めました。

電話口の向こうの女性は、冷静な口調で、すっかり気が動転している私にすべきことを指示してくれました。警察に連絡をして、事故の届出をして、事故の相手と連絡先を交換して、とりあえずその場は終わりました。

私の車は軽四、相手はオフロード車だったので、ぶつかった私の車の破損がひどい状態で、走行することは困難でした。警察も去り、相手も自分の車を運転して去ってしまった後の路肩で、私は心細さを感じながら、ロードサービスをお願いするために、再び保険会社に電話をしました。

先ほどの女性オペレーターが対応し、さきほどと同じ落ち着いた声で提携先の修理工場に車両の搬送と代車を手配してくれました。「プロだ」と、私は思いました。気が動転している私を相手に冷静にすべきことをきちんと処理する彼女。かといって、他人行儀的な応対ではないので、私が不愉快になることもありませんでした。

冷静かつ確実な処理のおかげで、私は事故を起こしたものの、それ以上に不快な思いをすることはありませんでした。自動車保険の保険料の高い安いに関わらず、保険の満足度ってその保険会社のスタッフの力量なんだなと、この時、私は痛感しました。

▲▲数年前ですが、信号待ちをしている時に、後続車がわき見運転で追突して来るという100対0の事故にあいました。こちらは、オークションで仕入れた車を陸送中で、任意保険のない車だったため、相手の保険会社が直接、事務所兼自宅へやって来ました。

最初に来た担当者は、若くてやり手の営業マンといった感じで、身上調査のような事から、プライベートなことまで聞いてきました。あまりの大柄な態度に夫が怒りを露わにすると、「まあまあ」と言った感じでなだめに入り、その日は簡単なインタビューと言った感じで帰っていきました。

その後、電話でのやり取りでも、一切非を認めないとても大柄な態度で、私も頭にきてしまい、「いったい何様のつもりですか。ぶつけられたのはこちらです。あなたとは話したくありません。上司を出してください」と言いました。

すると、電話口に出た人間が「大変申し訳ございません」と、今度はとても低姿勢。数日後、担当が代わったということで来た中年の男性。とても低姿勢でどうやら苦情係のようです。それにしても、あまりの対応の違いに唖然…。

結局は、100対0の事故で全額治療費は出してもらいましたが、とても嫌な思いをし、売り物の車は事故車となり、トータルではマイナスになりました。

▲▲少し前に、うちの主人が会社の駐車場に車を止めていたところ、車体の左後部座席のドアに傷がつけられていたということがありました。数センチほどの擦り傷のようでしたが、この傷は塗るくらいでは直らず、一枚のドアごと直さないといけないほどの傷でしたので、10万ほどの見積もりでした。

それを損害保険で直そうと連絡したのですが、「運転中に他の車とぶつかったのではないか」とか「駐車時に何かをぶつけたのではないか」と、いろいろと難癖をつけられました。

何度も電話や検証も行っていただきましたが、結局、この傷は駐車場に置いていた際の不慮の傷だということが認められず、写真や車で検証しても納得してもらえませんでした。保険を使って、等級が上がって、次回の保険料が跳ね上がることを思い、このときは自分で賄うことにしました。

でも、この対応に不満を感じたので、去年の更新をせずに他社に乗り替えました。担当者の対応、また、その上司の対応、会社自体の対応がかなり良くなかったので、この投稿にいたりました。

60代以上女性

●●迅速丁寧で信頼できました。事故の時は誰でも気が動転してると思います。おまけに私は携帯の充電がきれそうで、近くには公衆電話もないし、かなり焦ってました。更に事故相手は現金で示談にしたがってるみたいで、もうパニック寸前でした。とにかくつながった電話に一気にまくしたててしまいました。

しかし、対応してくださった女性は、電池残量が少ないことをすぐ了解してくれ、簡単明瞭に今やるべきことから説明してくださったので、とても助かりました。その後、自宅に帰ってからも、すぐ確認のフォローの電話がありました。

私が頼もうと思っていた自動車屋さんが「修理がいっぱい入っていて、1ヶ月くらい先になります」なんて返事でしたので、再度のフォローの電話の時に相談したら、修理に出す予定の自動車屋さんに説明してくださったようです。そのおかげで、そんなに待つことなくスムーズに修理できました。

▲▲混雑時の大通りにおける事故を体験しました。信号待ちをしていたところ、路上駐車していた車が無理矢理割り込んで入って来たことが原因です。信号が青に変わってから、そろそろと動き出した時だったので、幸い大事故ではなく互いの車の損傷だけで済みました。

すぐにいつも契約を交わしてるあいおい(当時はニッセイ同和損保にはなっていませんでした)に連絡をとりましたが、そこから、いつも契約を交わしている代理店の担当者から連絡が行くという二度手間で、更に、この担当者は当時でも珍しく携帯電話を持っていらっしゃらなかったので、少々イライラさせられました。

結局、現場にその担当者は来ず、連絡がとれた時には警察による現場検証も終わりかけており、事故状況等を話しただけで終りました。それから、翌日、担当者が自宅に来られ、事故箇所の写真を撮って本社に報告する形となりました。

その後のやりとりも電話が主で、書類に押印が必要な時だけ、直接担当者と会って話をしたという感じです。一応、相手が6、こちら側が4の責任ということで、保険はおりました。

現在、車を購入したカーディーラーが同じ保険会社の代理店でもあることから、代理店だけ乗り換えて同じ保険を利用しています。事故を起こしていないので、対応がどの様に変わっているかはわかりませんが、少なくとも何かあれば、すぐに携帯電話で連絡がとれ、現場にも駆けつけてくれるものと思います。

ロードサービス:男性の口コミ

20代男性

【利用者400万人以上!】ロードサービスも保険料も大満足の保険選びができました

●●高速道路を降りたところで車が動くなってしまったので、電話でロードサービスの対応をお願いしました。電話をしてから30分ほどでサービスの方が来てくれて、とても心強く感じました。

車の方を見てもらったのですが、バッテリーがもうだめになっているのと、ファンベルトがほとんどだめになっているとのことで、この場では直すことができないという結論になりました。さらに時間が夜も遅いということもあり、近くの車屋さんの前まで運んでもらって、翌日に車の修理をしてもらうという結論にいたりました。

ここで良かったのは、修理代金やレッカーの移動代金を請求されなかったことです。保険に加入しているということで、レッカーでの50キロ以内の移動にはお金を請求されることはないとのことでしたので、大変助かりました。サービスに来てくれた方の対応が良かったので、こちらも落ち着いた対応ができました。

車の修理は翌日に完了することができましたので、サービスを担当している方が車屋さんまで運んでくれたおかげで良かったです。

●●ある日旅行で函館に行ったのですが、車が故障し、全く動かなくなりました。私はもともと札幌在住で、函館から札幌までは車で3時間半、距離にしたら250キロから300キロになります。正直途方にくれました。

修理が終わったら函館いかなきゃいけないのか…、函館から札幌まで車を運んでもらったらいくらかかるんだろうか…と思い悩んでいました。そんな中、加入していたあいおいに電話しました。

そしたら、「無料で修理した車は札幌まで運べますよ」とのこと。正直、運ぶだけで3~5万円はかかると思っていたので、とてもびっくりしました。正に保険の力です。いざというときに頼りになります。

30代男性

●●新車を購入した際に、そこのディーラーに任せて自動車保険に加入しました。初めての車の購入で自賠責保険だけでは不安だったので、ディーラーのおすすめ通りに任意保険に加入しました。正直なところ、使うことなんて全然ないと思っていましたが、万が一の為に…程度で加入しました。

しかし、保険を利用する日は意外に早く訪れました。お盆に東北の実家に帰る準備をしていました。高速道路は渋滞が予想されたので、夜中の2時ぐらいに出発予定でした。ハザードランプを付けて荷物を積み込んで、出発の準備を進めていました。そして、いざ出発しようとエンジンをかけたらかからないのです。非常に焦りました。

家族を載せて出発しなければならないのに車が動かないのです。早速、保険会社に電話すると、非常に丁寧に対応してくれて、自分の不安を拭い去ってくれ、安心させてくれました。その後の対応も迅速で、1時間ぐらいは遅れましたが、無事に出発することができました。

●●長期休暇もあり、実家に帰っていましたが、翌日から仕事の為に自宅に戻る最中に起きたエンジンの不調。近日行う引っ越しを考え、この日は車を入れ替えて、家族の軽バンのマニュアル車に乗って帰宅していました。

しかし、途中の交差点で停止後、一速二速はギアがはいるものの、三速に入れるとアクセルを踏み込んでもエンジンが落ちる状態になってしまい、危険と判断して路肩に停止しました。

それからはエンジンはかかるものの、低速ギアしか使えず、幹線道路をそんな低速で走るとかえって事故を起こす為、ロードサービスを使用しました。

過去に自分の車ではロードサービスのお世話にはなっているので、家族の車でもロードサービスを使う事になるとは…と思いながら電話をかけましたが、車が違うので、保険会社が違う事に気が付きました。

慌てて自宅に電話し、保険会社を聞いてスマホから電話を調べ、ロードサービスを問い合わせると、こちらにもロードサービスはあり、積車に積んでの移動となる旨を得て、そのまま実家へとんぼ返りです。

距離は25キロ程度なので、積車移動無料範囲とはいえ、規約では公共交通機関での帰宅となります。車と私と別々の帰宅に驚く家族をよそに、何とか翌日の仕事までには自宅に戻れました。

普段使わない車で不調が起こった際は、やっぱりロードサービスがある保険会社はかなり心強いです。

40代男性

●●自宅から会社まで自家用車で通勤しています。先日、自家用車で帰宅途中によそ見運転をしてしてしまい、道路左脇にあったブロック塀の土台のコンクリートのブロックに乗り上げてしまいました。

車自体の外観には、大きな損傷は無かったのですが、助手席側の前輪の車軸が後方へ曲がり、ドライブシャフトが抜けかけていました。タイヤもバーストしていて自走が出来ない状態でした。

幸いにも私自身にもケガは無く、相手もいなかったので警察には電話をせずに、保険の担当の方に電話をしました。自分の車以外に破損した物は無かったので、車を修理工場まで運ぶのみの対応をしますという事で、レッカー車を呼んで頂きました。

保険の担当の方も直ぐに事故現場に来て頂いて、レッカー車が来るまで本社と連絡を取ってくれたり、修理工場へ段取りをしてくれたりしました。結局、車両保険に加入していなかったので、修理代は自腹になりましたが、レッカー車の代金と修理が完了するまでの代車代金は、ロードサービスの補償の範囲で対応して頂きました。

▲▲仕事の都合により、県を跨いで通勤していた数年前のことです。だいたい仕事場まで200キロ程ありましたので、基本的に高速道路を使っていました。通勤時間は2時間半程です。

寒が厳しい1月のとある日、高速道路で走行中にスリップして、側壁に衝突してしまいました。職場まであと40キロメートル程でした。軽自動車だったものですから、自走ができないほどに前部分が大破しました。

すぐに警察と保険担当者に連絡して、レッカー移動してもらうことにしましたが、保険のロードサービス内では、とても車を自宅まで持っていけませんでした。

数十キロまではレッカー費用が無料ですが、それ以上は1キロあたり結構な料金を追加しないと運んでくれません。事故った場所から自宅までの距離が160キロもあったことが最悪でした。

結局、最寄りのインターチェンジまで、ロードサービスでレッカー移動してもらい、後日、知り合いの自動車販売業者に取りに行ってもらいました。遠方での事故も考えた上で契約を検討していなかったのが、痛かったです。

50代男性

●●自動車保険は普段は何もないのに保険料だけかかるってイメージがあります。しかし、保険というものは、万が一の際に安心を得るためのものだから仕方ないと思います。だからこそ、自動車保険に加入しようと思うのです。それに、毎日のように運転をしていると、自動車保険のお世話になることがあります。

過去には、バッテリー上がりでの利用が一番多いです。それも、なぜか深夜に移動する際に、バッテリー上がりになることが多かったです。その時は、一瞬パニックになりますが、少しすると自動車保険のことを思い出して連絡します。

そんな時の電話先の人の対応は、安心感の差に大きく影響します。そういう点では、あいおい損保の担当者は、毎回丁寧に対応してくれ、不安を和らげてくれます。さらに、バッテリー上がりだと思うケースでも、他のケースを想定して手配をしてくれます。これからも、こちらの保険に加入したいと思います。

ロードサービス:女性の口コミ

20代女性

【利用者400万人以上!】ロードサービスも保険料も大満足の保険選びができました

●●以前、車のエンジンがかからなくなってしまって、最初に契約担当者に電話して、教えてくれた番号に電話しました。とても親切に対応してくれて、少しビックリしました。

電話って顔が見れないだけに、少し不安があったのですが、これなら事故を起こしても、安心して電話かけれるなと思いました。

すぐ近くの車屋さんが来てくれることになったのですが、来る時間もだいたい教えてくれて、時間通りに来て頂いて、バッテリーについて「交換した方がいい」とアドバイスもくれました。

処置してもらって、短時間でエンジンがかかり、すぐ行動できました。電話してから処理してもらう時間までスムーズで、とても信頼できる会社だなと感じました。ちょっと前に更新時期がきたのですが、迷わず更新しました。

30代女性

●●外出先でルームランプを付けっぱなしにして出かけてしまい、エンジンをかけようと思ったのですが、エンジンがかからなくなってしまったので、状況からバッテリーがあがってしまったと思い、保険会社に電話をすると、15分ほどで現場に来てくれました。

ショッピングセンターの駐車場の2階だったのですが、有料駐車場だったのでどのように見えるのか疑問に思いましたが、近くに車を止めて徒歩で来られました。

来られるとまず名刺を頂きました。その後、車のボンネットをあけて状況を確認し、やはりバッテリーがあがっているとの事だったので、ブースターケーブルでジャンピングスタートの処置をして頂きました。作業時間わずか15分程度でしたが、とても迅速かつ丁寧な対応でありがたかったです。

今まで実際に保険を使った事が無かったので、「車が動かない、家に帰れなかったらどうしよう」とか「処置が高額だったらどうしよう」と少しパニックになってしまったのですが、オペレーターの方もゆっくりと話をして下さったので安心できました。

無料対応の範囲でやって頂けたので、保険に入っていて良かったなと思いました。その帰りに早速バッテリーを交換しましたが、ルームランプの消し忘れなど、降りる際に必ず確認する様になりました。

40代女性

●●募集中です!

50代女性

●●募集中です!

【↓期間限定キャンペーン実施中↓】
おとなの自動車保険のキャンペーン