三井住友海上

更新日:2017年11月22日

三井住友海上はメガ損保の1つに数えられる大手保険会社です。

「GK クルマの保険」という名前の自動車保険を取り扱っていて、こちらは基本プランと標準プランと充実プランの3つの中から自分に合ったプランを選択することができます。

また、これらのプランとは別に、MYオプションという多彩なオプションサービスが用意されているという点も特徴的です。

契約者は単に補償を受けられるというだけではなく、同社オリジナルのレッカーQQサービスや故障トラブルガス欠QQサービスなどといった各種サービスも受けられます。

その他、オリコン等の調査による顧客満足度も高い傾向にあります。

会社名 三井住友海上火災保険株式会社
商品名 GK クルマの保険・家庭用
分類 代理店型自動車保険

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

目次

三井住友海上の口コミと評判を「保険料・事故対応・ロードサービス」の3つにまとめてみました。

  1. 保険料:男性の口コミ
  2. 保険料:女性の口コミ
  3. 事故対応:男性の口コミ
  4. 事故対応:女性の口コミ
  5. ロードサービス:男性の口コミ
  6. ロードサービス:女性の口コミ

保険料:男性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代男性

●●大学を卒業してすぐに地方での就職が決まったため、初めて自分の車を持ちました。18で免許を取得したものの、大学時代は全く運転をしなかったため、多少保険料は高くても、補償やサポートが手厚くしっかりしている方が良いと思い、三井住友海上さんの「GK クルマの保険」という自動車保険に入りました。

インターネット上の比較サイトやランキングサイトなどを見ても、事故対応やサポートの満足度はかなり高そうですので、今では安心して車を運転できてきます。

▲▲車の保険は毎月引き落としにしています。無事故であることはいいことです。しかし、毎月結構な額のお金が「口座振替しました」のはがき一枚で片付けられると、なんとももどかしい気持ちにもなります。納められられた保険料がどんなところで利用されているか、ストックはいくらあるかなど、気になることだらけです。

また、実際にその会社の人とは会ったこともないという人は多いと思います。私の場合は保険をディーラー任せにしている為、保険料が普通よりも高いという事が、最近になってわかりました。

ちょうど保険の更新のタイミングだったので、CMで宣伝をしているような自動車保険会社をネットで探しました。確かに直接契約ができる分安かったり、自分の必要だと思う補償内容を選べたりするので良いと感じました。

なんでもそうですが、保険会社はお客様にとってメリットになることはあまり言ってくれません。保険料は特にそうだと思います。「自ら最低限勉強はしないといけない」。車の保険は特にそう思います。

30代男性

●●ディーラーより勧められて加入しました。ネット保険も考えていましたが、実際に事故にあった場合になかなか動いてくれない等の話を聞いていたこともあり、ディーラーともつながっている保険会社を選択しています。

保険料に関してはディーラー経由ということもあり、高いです。ただ、走行距離の制限等もなく車両保険も入っており、何かあった時の安心ということを考えれば妥当な気がします。事故対応についてはこれまで事故の経験もなく、保険を使用するような修理もなかったため、わかりません。

ディーラーとつながっているため、何かあればディーラーの担当営業マンに言えるため、便利です。住所変更や免許証の色変更、免責額の変更を依頼しましたが、迅速に対応してもらっているため、妥当な保険料と思います。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:99,480円
  • 車種:トヨタ ウィッシュ
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:12,000km
  • 車両保険:あり

●●私はもう何年も三井住友海上の自動車保険に入っています。毎年、契約更改の時には代理店さんが家まで来てくれて、色々と説明をしてくれます。通販型が今の流行ですが、こうやって顔を合わせて説明をしてもらった方が納得感があります。

確かに通販型の自動車保険よりも保険料は割高ですが、こういうサービスはお金には変えられないと思います。事故を起こした時にすぐに駆け付けてくれたのも代理店さんでした。相手方は通販型だったのか必死にコールセンターに電話をしていましたが、やはり心細そうな顔をしていました。

私は少し保険料が高くても安心できる代理店さんにお任せしたいと思っています。一括見積もりなどで複数社の見積もりを比較することは悪くないと思いますが、表面上の数字だけにこだわり過ぎない方が良いと思います。

●●車を乗り始めて十数年になりますが、保険を利用し修理をした事が3度ほどあります。しかし、どれも修理をした後に気づいたことですが、保険を使って直した方が良かったものなのか、あるいは今まで高い保険料を払ってきているのに、この修理代は払い込み済みの保険料に対して見合っているのか…と思いました。

保険を利用すると、等級が3つ下がります。下がるのは仕方ないですが、個人対個人の事故の場合、過失割合にかかわらず等級が3つ下がりました。これはどうにも納得ができませんでした。

それ以来、保険はあくまでお守り程度、事故を起こすことはあってはならないですが、保険で一番重要な対人対物無制限にさえちゃんと入っていればいいかな…と思うようになりました。

●●「ずいぶん手厚い保険に入っていらっしゃるのですね」車の購入時に値下げの交換条件となっていた自動車保険証券の提示をすると、そのようなカーディーラー営業の言葉が返ってきました。免責0-0。言われて調べるまでその意味すらわかりませんでした。付き合いのある保険屋に任せっきりでした。

保険料が高いのはうすうす気付いていました。しかし、個人でやってるから保険料が高いのだろうと自分を納得させていました。更に、数年前事故をしたときに遠方の現場まで足を運んでくれたこともあって、すっかり任せっきりになっていたのです。

知らない人の方が少ないでしょうが、この免責0-0というのは、同年のうちに起きた1回目の事故も2回目の事故もすべて免責なしという条件です。同年のうちに2度保険を使う(事故を起こす)ことの確率は低いです。

ですから、0-5や0-10などと言った具合に、2回目に関しては5万円、10万円と、免責を設定し、保険料を安くするというのが一般的なようです。

毎年、更新時にプランを3つほど出してもらい、そのうちの安い物か真ん中のものを選ぶことが多かったのですが、そのプランの提案書をあらためて確認したところ、3つのプラン全て免責0-0で出してありました。

免責の額を自由に変えられるというのを、ディーラーでの説明で今回初めて知ったのですが、その説明もないまま厚い保険プランを立てられたことに不信感をいだき、途中で保険を切り替えることにしました。

今まで、そして今回、自動車保険の切り替えで私自信の態度を改めなければならない点が2点あると思います。

ひとつは、自分がわからないからといって人任せにしないということ。たとえ、最大公約数的な善良な保険プランだったとしても自分に合うかどうかは不明確です。他人と違うことを恐れず、自分に合ったプランを自ら決めるべきでした。

もう一つは、感情にまかせて動かないと言うことです。新車特約が少し長くなるという言葉の後ろに感情的な思いを隠し、今回の私は損な方向に動いてしまいました。途中解約ですと返還される保険料も少ないですし、等級も足踏みです。

日常生活において100%正しい選択を続けることなど不可能だと諦め、この経験を次に生かしたいと思います。

▲▲通販系の安い自動車保険が台頭してきていますが、こちらはまだまだ高いままです。代理店を入れているのでしょうがないかとは思っていましたが、それでも一括見積もりで他社と比較するとあまりの金額の違いに驚かされます。

40代男性

●●私は自動車保険を長年契約しており、現在の割引等級は18等級です。無事故で保険を使わずに保険契約を更新した場合、等級は1ランクアップし、更新の保険料は安くなります。一方で保険を使った場合、等級は3ランクダウンして逆に保険料は高くなります。

この等級の制度とは別に、事故有係数適用期間という制度があります。これは同じ等級でも前年に保険を使う事故を起こした場合は、保険料を高くするという仕組みです。正直言って、訳が分かりません。保険を使わなかった場合と使った場合に保険料の差をつけるのであれば、従来の制度である割引等級自体を改変すれば良いのです。

にもかかわらず、仕組みをややこしくするような事故数係数適用期間などを設けて、仕組みを分かりづらくするような保険会社の姿勢は全く理解が出来ません。自動車保険は、ただでさえ、分かりづらいものですから、保険料に関するような大切な部分はもっとシンプルにしてほしいものです。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:63,840円
  • 車種:ホンダ インサイト
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:7,000km
  • 車両保険:あり

●●勤めている会社の団体保険で加入しています。保険料も、年齢制限や特約でかなり安くなっており、金額のレベルにはとても納得しています。また、毎年の契約変更継続手続きはインターネットでも、すぐに行えますから、とても便利です。

数年前に事故に巻き込まれたのですが、その時の電話対応、その後の手続きもスムーズで、大変助かりました。それでも、継続時の保険料は上がることもありません。

インターネットでの申し込みではあるものの、車乗り買い換え時には、保険メニューの見直しや費用の節約方法などを丁寧にアドバイスしてくれたことも有り難かったと思っています。日頃、休日しか乗らないのですが、加入していて良かったと思うことばかりです。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:65,780円
  • 車種:トヨタ ウィッシュ
  • 用途:日常
  • 免許証の色:青
  • 年間走行距離:2,000km
  • 車両保険:あり

●●10年ほど前、インターネットで一括見積もりをして、それまで加入していた自動車保険との比較しました。

当時、三菱のパジェロに乗っており、加入していた保険で年9万円以上でしたが、年6万円程度の価格が提示されましたので、喜んで切り替えた経緯があります。当時でも5年以上無事故でしたので、等級はかなり良かったほうだと思います。

保険を切り替えて、その翌年だったと記憶していますが、大雪が降り(岐阜県在住)、スリップして事故を起こしました。完全な自損事故で壁にぶつかってしまったので、近くの交番に行き、事故の報告をした後、保険会社に連絡しました。

事故証明は済んでいましたので、担当者からは「お体は大丈夫でしたか?」と心配してもらい、「あとはお任せください」と、心強い言葉をもらい、すべてを引き受けてもらいました。

その後、修理に出したディーラーとも円滑に話を進めてもらい、何もストレスが残るような対応はありませんでしたので、現在も先方と契約しています。

●●私は現在46歳です。初めてバイクの免許を取ったのが16歳のときで、その後18歳になるとすぐに自動車の免許も取りました。バイクを初めて買った時から、そして自動車を初めて買った時から、ずっと親の知り合いの保険代理店を通して、三井住友海上火災保険株式会社というところの自動車保険に加入しています。

親の世代からずっとお世話になっているということもあり、安心して、更新や車の入れ替えにも対応してもらっています。お陰様で、16歳で初めて任意保険というものにお世話になってから、今までの30年間、大きな事故もなく、保険を使うこともなく、ドライバー人生を送ってきました。

恐らくは、今の保険会社よりも保険料の安いネット系の保険会社もあるとは思いますが、やはり信頼第一です。もちろんお世話になることがない(事故を起こさない)のが一番ですが、これからも契約し続けたいと思います。

50代男性

●●会社の団体保険で契約をしています。保険に加入してから3年前まで無事故のために、最高ランクの保険等級になっていました。3年前に衝突事故になってしまったのですが、保険手続きもスムーズに進み、とてもお世話になりました。

車の買い替えの時も、カーディーラーとの切替手続を代行で行ってくれて、とても楽で良かったと思っています。補償内容はできる限りの限度枠を広げているので、暗記していますし、その内容の割には、かなりリーズナブルな金額設定ではないかと思っています。

いざという時の保険で、普段はあまり金額のレベルに意識はしていなかったのですが、一度、事故対応を経験すると、他のネット保険ともよく比較するようになりました。それでも現行の保険に満足しています。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:62,000円
  • 車種:トヨタ ウィッシュ
  • 用途:日常
  • 免許証の色:青
  • 年間走行距離:12,000km
  • 車両保険:あり

保険料:女性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代女性

●●私はこちらの保険に入ってから事故を起こしたことはないのですが、車をよく乗り換えることがあるので、そのたびに保険屋さんに連絡を入れています。よく乗り換えるとは言っても、2年ぐらいは乗るので、次に電話するときはいつもどうすればいいのか忘れてしまって、毎回担当者に聞いています。

それでも、担当の方は毎回丁寧に教えてくれて、こちらが手間のかからないような段取りを教えてくれて、すぐに対応してくれるので大変助かっています。

前に入っていたところで、説明があまりちゃんとされず、事故があった時にトラブルがあったので、きちんとこちらが理解できるように対応してくれる保険屋さんはありがたいと思います。これからもこちらでお世話になろうと思います。

30代女性

●●車を買ったお店に勧められて加入しました。最初契約したときは、なにも自分で調べたりしなかったので、一度更新の時に他の保険会社の料金も調べてみたのですが、ここより安いというところは見つけられなかったので、そのまま継続して契約しています。

一度フロントガラスにヒビがはいってしまったことがあり、その時に保険会社に電話して対応をしてもらいました。手出しはゼロで新しいフロントガラスに変えてもらいました。もし保険に入っていなかったら、年間の保険料の倍くらいの金額を払わなければいけないところだったので、保険に入っていてよかったと思いました。

実際に保険を利用したのはその時だけですが、この時の対応がよかったので、次回なにかあったときも安心して保険に頼れると思います。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:42,220円
  • 車種:スズキ ラパン
  • 用途:通勤・日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:30,000km
  • 車両保険:あり

●●最近では、ネットでもとても安価に自動車保険を掛けられるようになっています。しかし、私がお世話になっているのは母の代からお世話になっている三井住友海上さんです。

ネットでの安い保険があるのは分かっているのですが、顔が見える担当さんなのでいざと言う時にとても頼りになります。保険はいざと言う時にしか使いません。だからこそ、細やかでフットワークの軽い行動力は重要だと思っています。

お互い顔を知っているからこそ、私に不利にならないよう一生懸命相手の方へも尽くしてくれますし、私が被害者の時には精一杯味方になってくれました。そして、一人で事故をしてしまった時にはすぐに駆けつけてくれました。

車の運転は一歩間違うと命に関わる危険な行為です。だからこそ、信頼できる担当さんにお願いできて良かったと思っています。

▲▲車をトヨタで購入した際、そのまま営業マンの勧めでトヨタで扱っている自動車保険(三井住友海上と提携したもの)に加入しました。3年間は事故をしても何があってもランクが継続されるとのこと。それ以外は特に説明はありませんでした。

初心者だったため、ちょっとした凹みやこすり傷ができる度にトヨタへ出向き、車両保険を使い、直してもらっていました。そして3年後に自分のランクがかなり下がり、すごく高い値段になっていたのを覚えています。

どうやら、保険で修理するか自己負担で修理するかは、しっかり見て決めないといけないことをその後に知りました。保険へ加入しているからと、何でもかんでも保険で対応すると、次の掛け金は相当高くなるようです。

その営業マンは何も教えてくれなかったので、結果痛い目に会いましたが、今は良い経験です。車両保険を使われる場合は、きちんと調べてから使用されることをお勧め致します。

40代女性

●●新車購入時に正規ディーラーの担当者の人に勧められて入りました。それまでは中古車を乗り継いでいたので、保険内容のランクも可もなく不可もなくという無難なランクでした。

車両保険は付けていたものの、ほんのお守り程度のだったので、新たに入った保険料の見積り額を見た時は、実際「高いな~」という印象でした。ただ、新車ということで車両保険額をMAXに、そして諸々の補償内容をより充実させたので「まあ、こんなものかも…」という納得感もありました。

普通であれば、事故の際は直接保険会社に連絡を取るのですが、ディーラーが代理店なので、万一事故の際はディーラーの担当者が駆けつけてくれる上、車の修理もしてくれるので、その分は安心しています。

また、ディーラーのネットワークも広いので、遠出をしても全国各地のディーラーからまず駆けつけてくれるので、愛車で旅行やドライブも気軽にでき、さらに安心です。

幸い、まだ大きな事故に巻き込まれたことはありませんが、保険は安心を買うことなので気持ち的にとても満足しています。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:124,320円
  • 車種:フォルクスワーゲン ビートル
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:1700km
  • 車両保険:あり

●●自動車を所有していると年に一度、必ず更新がやってきます。私もつい先日、自動車保険を更新してきました。今年は自動車を買い換えたために、保険料が大幅に上がりましたが20等級を維持しているため、手厚い補償でありながら63%引きの保険料で、また1年間安心して自動車を運転できます。

最近は自動車保険の更新も、電話での更新が可能になりましたが私は必ず保険担当者と対面して更新するようにしています。更新は年に1度のことなので、面倒だから電話でという人もいると思いますが対面して話していると、自動車保険の意外な制度などを知ることができます。

自動車には保険料のランクがあり、所有するユーザーが多く事故率が低い車種は保険料が安いのだそうです。また、書類だけを見ても内容がよくわからない補償なども対面することで説明を受けることができます。自動車保険は決して安いものではないので、できるだけ対面して更新するのが良いと思います。

●●私は昨年から三井住友海上自動車保険に加入しています。自動車保険はいつも自動車販売店でお願いしていて、その都度、内容と保険料を見直して、私に一番最適な保険を提案してくれます。

今年は新しく自動車を買い替えたのですが、私は20等級となっていて63%の割引で保険に加入しています。また、乗っている車がユーザーが多く、それでいて事故率が少ないということで保険料が安くなっています。

自動車の保険は、内容が充実していて、保険料が安いものに越したことはありません。ですが、そこに乗っている車種が関連しているというのは、今年の更新時に保険の担当者から教えてもらいました。

自動車保険は改定があり、これからは事故で自動車を修理した場合は3等級も下がってしまいます。安全運転に努めるのが一番ですね。

●●三年契約の自動車保険に加入しています。長期契約だと月払いや年払いと比べて経済的に優しいのが魅力的だと思います。自動車購入時は年払いをしておりましたが、長期間契約があると初めて知りました。年齢や運転者限定などのプランを加えればより加入金額が少なくなります。

車をディーラにて購入したため、こちらの保険がオススメとのことで、ディーラーの担当の方が手続きをしてくれました。ですので、保険の担当者とはお会いしたことはありませんが、途中で保険のプラン内容を変更したい旨を電話にて連絡したところ、丁寧に応対してくださいました。

近々二台目の車を購入する予定ですが、こちらの保険には複数台保険加入割引があるそうです。4割引とのことで、またこちらにお願いする予定です。

50代女性

●●三井住友海上には免許証を取得した当時から加入しています。代理店さんもずっと同じです。1度だけお世話になったことがあるのですが、本当に安心してお任せできました。最近は通販やネットで保険料を安くされる方が多いようですが、私はやはり保険料より安心の対応だと思います。

保険料も通販やネットよりも数百円高い程度(割引等級が20等級というのもありますが)ですし、いざというときに安心できるのがいいのではないでしょうか。

お友達で事故の際に「示談にしてくれ」と相手の損保会社から言われたとか、よく聞きます。車の保険は相手があるものですから、きちんとした対応をしてくれる損保会社を選ぶべきだと思いました。ただ、どの損保会社さんも代理店さんによって満足度は変わってくるのでしょうが、私は大満足です。

●●やはり大手の損害保険会社が良いかと思い、三井住友海上を選択しました。保険料は他社に比べて高いような気がします。特約や事故が起こった際に関する質問をしましたが、ひとつひとつ丁寧に説明してもらいました。

ネットでダイレクトタイプの保険会社を調べて、そちらもコールセンターに問い合わせたことがありますが、対応して下さった方はあまり保険知識がなく、的外れな回答で、望んでいる対応はしてもらえませんでした。「お調べして折り返し連絡します」と言われましたが、回答があったのが翌日で、しかも他の担当者さんからでした。

保険の知識があり、保険料だけで選ぶのであればダイレクトタイプの保険会社でも良いと思いますが、実際に事故があった場合や相談したいことがある場合などはちょっと不安な気がします。

事故対応:男性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代男性

●●事故をしたときに、「保険を適応した場合と適応しない場合の金額の違い」と「適応しない場合、何年後に保険を戻すことができ、どちらが安いのか」を、すぐに計算して頂けました。

電話をしたときも、とても丁寧な対応で、わかりやすくお話をして頂けました。僕が初めての事故で混乱している時、ゆっくりと質問をして、事故の状況を的確に引き出して頂きました。

事故をしたときは、時間が少し経ってもとても不安で、混乱してしまい、僕が説明する事も、わけがわからない事もあったと思います。しかし、迅速で丁寧な対応をして頂く事が出来たので、とても安心しました。

その他、自動車の保険の紙を提出しなければならないときに、電話をしたらすぐに準備をして頂けました。ちなみに、保険は親が使っていたものをそのまま引き継ぐ形で契約しました。理由はそちらの方が安く契約できるからです。

●●私は2009年に一度、車と車の接触事故をしてしまったことがあります。その時に加入していた保険での事故対応が丁寧で大変素晴らしかったのでご紹介します。

私が事故を起こしたのは車に乗り始めて2年目の時です。その時は仕事で寝不足が続いており、集中力が欠如した状態で、雨の中を渋滞でトロトロと徐行をしていて、そして前の車と衝突をしてしまいました。

思い返せば急発進のような形で追突をしていました。速度はしれているものの、あまりのことに気は動転していました。すぐに車を脇に止め、警察と保険会社に連絡しました。

保険のコールセンターの方は手慣れた感じで、しかし穏やかな声のトーンで、まず私のこと、相手の方のことに気をかけてくれて、落ち着いて話ができるように誘導してくれました。一つ一つの言葉が丁寧でわかりやすく、それでいて無駄のない対応でした。これだけでも動転していた気を正気に戻すことができました。

その後、警察の事情聴取などが終わり、相手の方へも改めて謝罪に伺ったりしました。その時に相手の方が、「保険の方の対応もよかったので、深く反省しなくても大丈夫ですよ」と言ってくださいました。

実際はその後も、その方は病院に1年くらい通われていましたが、対応ひとつで関係性は変わっていたはずです。あくまで私の体験ですが、細やかな気遣いができる方がいらっしゃって安心できる保険です。

●●以前、買い物帰りに一方通行出口で自転車を漕いでた中年女性と接触事故を起こしました。見通しは普通程度で、速度はかなり遅かったです。クリープで動いてる状態でした。そんなところに女性が自転車で突っ込んできたんですが、10:0で僕の過失のようでした。

危険予知が甘かった僕が悪いんですが、自転車の運転マナーの悪さには釈然としないです。今回はそれはいいとして、直ぐに保険の担当の方へ連絡し、警察の方にも来ていただきました。警察の方も自転車のマナー違反には悩まされているようで、かなり理解を持って対応していただきました。

相手の方はお年を召した方で、後になって「あっちが痛む、こっちが痛む」と言い出して、何度となく接骨院に通われたそうです。もちろん一度謝罪をしに行きましたが全て保険対応です。総額200万円を越えてました。

加害者の分際でこういうもの言いもどうかしてるかもしれませんが、このような場合、たかられてる保険屋さんがいたたまれなくなります。

●●3年くらい前に首都高速道路で派手に事故をやらかしました。雨が降り始めて間も無くて、道路の繋ぎ目の鉄板の部分で後輪がスピンし、側壁へ衝突して、脇のスペースに停車出来た時はすっかり意気消沈でした。他の車を巻き込む事にはならなかったのですが、当然保険対応になりました。

担当の方に問い合わせて、事故の詳細と車の状態を伝えたら、すぐにレッカーの業者の方に来ていただけました。業者の方も慣れてるし、道路さえ空いてたら本当に対応が早いです。自走出来ないので自宅まで運んでもらうのですが、大きいトラックで積み下ろししなくちゃならないので、狭いスペースには降ろせません。

僕はマンションの広場に置いたんですが、場合によっては自分の駐車場に置けないので、これが一番厄介になるかもしれないです。結局、車は廃車です。元々中古だったので、全損の保険料は確か大した金額ではなかったです。

30代男性

●●事故をした時には、事故対応が気になります。三井住友海上の車の保険は、最初担当になった女性の対応があまりよくありませんでした。事故をした相手の意見を尊重するような人で、「相手が10対0と言っていますが…」と言われる始末でした。

事故を起こした時に、10対0の事故なんてありえません。ましてや、自分の保険屋さんに相手の味方をされたのでは、どうも調子が狂います。仕方がないので、担当者を替えてもらいました。

交代後の対応は自分の保険屋さんという感じで、味方をするようにしてくれているのが分かりました。事故の調査をしに現場に足を運んでくれたり、何回も電話してくれたりと本当に親身になってくれました。現在は満足して保険に加入しています。

●●20代の時に富士山へ行ったところ、駐車場で車のフレーム部分を擦って、対物事故を起こしてしまいました。

前日も仕事が終わってから車の運転をし、山小屋でもあまり寝れない状態で登山を終えたために疲れていたせいか、ちょうど車を出発させるときに新しい車が入ってきた為、あまり周囲に注意をせずにハンドルをきったところ、死角にコンクリートの物体があったことに気付かず、擦ってしまいました。

あまり見えない箇所だったのでそのまま乗っても構わなかったのですが、買ったばかりということもあり、修理に出すことになりました。電話で事故の顛末を話すと、とても親切にそれからの手順を教えてもらえました。

それからディーラーのところへ車を持って行き、修理の見積もりをだしてもらい、また保険屋さんにそれを報告しました。それから「もしかするとその場所を確認に行くかもしれませんので念のために」と、事故を起こした大まかな場所を聞かれました。

あとは保険屋さんのほうですべて手続きをしてもらったように記憶しており、滞りなく事が済んでいきました。

●●車の事故を起こした時、意外にしっかりとした事故対応をしてもらって、満足しました。何回も電話応答して頂き、聞いている説明に対しても問題になるようなことは一つもありませんでした。

初めは女の方が担当者になったのですが、あまりにも気持ちを感じることができなくなって、担当者を変えてもらいました。その後はしっかりとした対応で、こちらの非がないように現場まで足を運んでくれて、聞いているこちらとしては、満足の行く結果ではなかったですが、対応としては満足でした。

初めから、それくらい保険に入っている側の味方になってくれるようにしてほしいと思いましたね。保険を選ぶ際には、保険屋さんの対応というのは気になるものです。対応が悪いところでは、契約したいと思わないですからね。

●●アミューズメント施設からの右折時に、一般道を走っている乗用車との衝突事故を起こしました。どちらもスピードは出てなく、こちらが停止していたところに右方向から直進する形で、私の車の右フロントと相手の左フロントがぶつかりました。

すぐに保険会社と警察に電話をしたところ、まずは保険会社の女性による電話対応でした。駐車場対一般道であれば、こちらが停止していたとしても過失の割合はほぼ9割こちら側が負担をしなくてはならないという旨の説明を受けました。

事故現場も見ずにこちら側が悪いと決められたことに腹立たしく思い、代わって上司による対応を求めました。するとその女性に代わって年配の男性社員の方が対応してくれることになりました。

すぐに事故現場へ駆けつけてくださり、また車の傷による鑑定士も手配していただきました。その後も何度も電話をいただき、こちらが納得するまで話を聞いくださいました。まだ完全に解決はしておりませんが、対応にはとても満足しています。

▲▲右折したところで直進車に衝突してしまったことがあります。こちらの過失が大きいのは分かりますが、経験があまりなさそうな女性の担当者になり、往生しました。その担当者は「相手が10対0と言っていますが…」といった感じで、相手の言葉を優先に話をしてくる感じでした。

はっきりと「相手が10対0と言っているなら、こちらも10対0と言って下さい」と言いました。オカマを掘るくらいでないと10対0はあり得ません。結局、何回かお話をしたところ、担当者を変えてもらうことにしました。

女性の担当者は泣きそうになっていましたが、「貴方の担当しているのは私の車で、相手の保険屋さんですか?」と何回も聞きました。交代してからの対応は良かったですが、本当に事故をしてみないと保険の良さは分からないなと思いましたね。

40代男性

●●5年ほど前に契約して、その間に2回、ロードサービス「おクルマQQ隊」を利用しました。2回とも、もらい事故での利用でした。

1回目は、雨の日の仕事帰り、渋滞で最後尾にいたところ、後ろから軽自動車に追突され、さらに押し出されて前の車に追突する玉突き事故でした。

事故発生直後は、こちらに過失は無かったので、追突してきた後ろの方の保険会社に全て任せようとしたのですが、なかなか連絡がつかないようでしたので、こちらのロードサービスに電話をかけ、動かなくなった私の車のレッカー手配まで迅速に対応していただきました。

また、翌朝通院したのですが、相手方の保険会社よりも早く電話による状況確認、誘導をしてくれました。こちらも取り乱していなかったこともあるのかもしれませんが、電話の受付の方は、非常に明るく、落ち着いた丁寧な説明、誘導をしてくれました。

2回目の利用時は、朝の通勤時に交差点で一時停止していたところを後ろから自転車に追突された事故でした。相手方は自転車でしたが、保険に加入していました。

しかし、この時もまた相手方が保険会社となかなか連絡がつかなかったので、警察が現場に到着するまでの間、こちらのロードサービスにするべきことを確認すべく電話しました。相手方の保険会社と連絡がついた頃には、こちらのやりとりは完了していました。この時の受付の方も、非常に明るく、丁寧な説明、誘導をしてくれました。

以上、たった2回のロードサービスの利用ではありますが、三井住友海上にたいし非常に良い印象を受けました。もちろん今後は事故に遭いたくはないですが、もし遭ったら、こちらに過失があろうとなかろうとすぐに利用するつもりです。

●●私がこの保険会社を利用しているのは、事故にあった時の対応がよく、安心して任せることができるからです。今まで何度か事故にあいましたが、事故の時は何をしたらいいのかわからずにオドオドしてしまうものです。

事故にあったらまず、代理店へ電話連絡を入れますが、どんなに小さな事故でも現場に必ず来てくれるので、そのあとの対応もスムーズになります。警察や相手とのやり取りも仲介してくれますし、その場の事故検証が終わったらスムーズに自動車の修理会社へ連絡してくれて代車の手配までしてくれます。

なので、今まで事故後に車が使えずに不便になったことがありませんし、修理会社で困ったこともありません。

自分が加害者の場合は相手方への訪問をサポートしてくれるので、迷惑をかけた相手にどのような対応をしたらよいか困らず、頼もしいです。示談交渉の段階に入るとこまめに連絡があるので、相手方がどのような反応になっているかわかりますし、円満解決する方向で話をつけてくれるので安心できます。

また、自分が被害者になった場合は連絡があった時に状態を聞いて、もし追加で警察や相手方の保険会社への手続きが必要となった場合は、どんな書類をどこへ出せばいいのか細かく教えてもらえます。この会社は損保会社の中でも長いキャリアがあるので、様々なケースでも細かくスムーズに対応してもらえ、安心が大きいです。

●●昨年妻の車を新車にしました。私と同じメーカーの車にすることになりました。妻は違う保険会社の自動車保険に入ってましたが、新車にする際、ディーラーさんから三井住友海上にしてみては如何ですかと提案されました。それに夫婦共に一緒にすれば割引等も安くなるメリットがあるとのことです。

ディーラーさんの勧めと共に、私は妻に過去の話をしました。数年前、アパートで暮らしていた際の事を…。

私と妻は買い物から帰ってきて駐車場に入ろうとした時です。まだ距離は遠かったですがミラーごしに車が見えました。ハザードを出して車を止めました。後方から迫る車をやり過ごしてから駐車場に入ろうと待っていました。

しかし、後方の車はよそ見をしていたのか、私の車の後ろのバンパーにぶつかりました。「あ~、やっちまった。」と出てきたのは30代風の男でした。正直素行はあまりよくありませんでした。

悪びれもせず「ハザード出してなかった」とか「俺ばかり悪くない」と言い出してきました。近所の人も目撃して、間違いなくよそ見をしていたと言ってきた人に、「喧嘩でも売ってるのか!」とだいぶ凄んできました。

面倒なので警察と保険会社に連絡してくれました。三井住友海上の方に繋がると、オペレーターの方が対応してくれました。「大丈夫ですか?お怪我はございませんでしたか?」という丁寧な言葉を聞いたら安心しました。詳細を詳しく話しました。

状況の確認を細かく的確に行い、しっかりと私の話を聞いてくれました。電話の最後の方で「今後も事故の件でご連絡を致します。お手数ですがよろしくお願いします。」と言ってくれた点は信頼できるなと感じました。

その後の調査等を詳しくしてくれて、結局相手も否を認めたため、こちらに10対0という結果で被害がありませんでした。この時は三井住友海上にして良かったと思いました。応対も素晴らしいと感動しました。

妻もこのことを思い出し、前の保険会社にも思い入れは別になかったため、私と同じところに決め、加入しました。交通事故は遭ってはならないし遭いたくはないです。しかし、安心信頼でき、事の状況をしっかりと聞き、分析調査をし、結果を出してくれる保険会社を利用したいものです。お守り代わりとして。

●●以前、私が自動車事故を起こした時、自動車保険会社に連絡してトラブル対処してもらいました。事故内容は自動車同士の衝突です。

幸いだったのは事故現場が狭い住宅地の十字路だったことです。道路は狭く、見通しも悪かった為私も相手もあまりスピードを出してなかったので、お互い怪我はありませんでした。とはいえ衝突部分はベッコリへこんでますし、まず警察に電話して来てもらいました。

警察に電話した直後に加入していた保険会社、三井住友海上火災保険に電話をしました。担当スタッフとパトカーが来たのがほぼ同時だったので、なかなか素早い対応力だと感じました。

警察の事情聴取はパトカー内に私、事故相手と一人ずつ呼ばれて状況説明をしましたが、その間に担当スタッフに状況について説明しておきました。先に事故相手がパトカーに呼ばれたので私と担当スタッフが話し、私がパトカーに呼ばれてる間に担当スタッフと事故相手が話し合いをしていました。

警察の事情聴取はこれで終わりです。私も事故相手も怪我をしておらず、物損事故なら当事者同士で…ということで警察はササっと退散してしまいました。私がパトカーか出る頃には担当スタッフと事故相手の話も済んでいました。私の車は少しヘコンだだけで普通に走れるのでそのまま仕事場に向かいました。

数時間後に担当スタッフから電話がかかってきて、修理と代車の段取り、相手側との交渉内容の相談を受けました。修理関連に関しては担当スタッフがすべて引き受けてくれたし、相手側との交渉も全部してもらいました。過失割合の報告と「これでもいいですか?」と確認がありました。

相手の車の方が損傷は激しかったですが、過失割合は6:4で相手の方が高いと認定されました。そのおかげで修理代金のほとんどは保険料でまかなえました。

修理の仕方も修理工場スタッフと色々相談して決めてくれたので、私が出したのは5万円ほどでしたし、事故相手と一切話をせずにすみました。軽い事故だったというのもあるんでしょうが、事故後の処理ってこんなに簡単なものかとビックリしました。

●●事故を起こしてしまった20年程前、免許証を取ったばかりということもあり、事故現場では頭が真っ白になってしまいました。そのため、相手がかなりの確率で悪かったのに、自分自身がパニックに陥り、警察も呼ばず、相手の言うがままに示談という形をすすめようとしてしまったのです。

今から思うと、事故を起こしてしまった時には、必ず警察を呼び、事情聴取をしておくべきですね。まぁ、それはそれとして、警察を呼ばなかったことや、相手の話術に乗ってしまい、かなり不利な条件に立たされてしまったのですが、ここからの保険会社の方の働きは、見事でした。

実際の状況を私から聞き取ると「それなら大丈夫です」と言い、相手側との折衝が始まりました。相手の急な進路変更という事実もあったのかもしれませんが、それだって何の証拠もないですし、もしかしたら、私のウソかもしれません。

しかし、私の話しを信じ、一生懸命に動いていただき、結果、過失割合が8:2というところまで詰めてくれたのです。それが仕事と言ってしまえばそれだけのことですが、今でもとても感謝しています。

●●つい先日、軽卒ながら自動車と自転車の間での事故を起こしてしまいました。車を運転していたのは私で、見通しが悪かったせいか自転車が左からきているのに全く気づかず、スピードが出ていなかったのですが、人を撥ねてしまうという最悪な事故でした。相手の女の子は脚を痛がっており、電話番号を渡して帰宅。

早速、保険会社に連絡。事故の経緯を説明した後、丁寧な対応(私がかなり動揺していたので助かりました)があり、保険会社に間に入ってもらうことを決めました。その1週間後、携帯に連絡が入り、相手の女の子の状況、過失割合、賠償しなくてはいけない項目などの説明があり、納得して電話をきりました。

そして1ヶ月後に女の子の通院も終わり、保険で支払った額をみてみると結構な額でした。正直保険なしだったら、かなり大変だったと思います。

●●ある中古車屋さんで車を買い替えたときのことです。車を買い替えるのと同時に、その中古車屋さんから「保険会社も変えてみてはどうか」と勧められました。

以前加入していた保険会社は長く加入していましたから、それなりに安心感がありました。ですから、最初はその中古車屋さんに売り上げのノルマがあるのだろうと、ほとんど相手にもしなかったのです。

勧められた会社は三井住友海上火災保険株式会社でした。ちょっと確認してみると、以前加入していた保険会社より、少し安くなっています。

無論私は保険に関しては素人ですから、特約の内容に多少の差があるのだろうかとそれくらいのことしか気にせず、新たに三井住友海上へ加入することにしました。それから無事故無違反の運転を続けていましたから、保険会社のお世話になることはありませんでした。

けれども、あるとき、狭いスーパーの駐車場に車を止めてドアを開けると、ドアが隣の車にぶつかり、車体を少し傷つけてしまったのです。

警察官を呼んで事故証明を作成してもらおうと思いましたが、お互いの車が停車しているので、いわゆる「交通事故」には当てはまらないといわれました。そのとき、ほっとすると同時に、物損の保険が下りるのかどうかが心配になりました。

何しろ板金の修理と相手へのレンタカー代など、保険で支払わねば大変な出費です。その場で恐る恐る事故受付センターへ連絡をしたところ、必要事項を簡単に尋ねられ、私は特に何もしなくてよいということでした。また、保険も適応していただけるとのことで安心しました。

車体を傷つけた方にはその場で謝罪し、そのまま家に帰ってから幾日か経ったとき、三井住友海上から1枚の封書が届いていました。相手側に支払った詳細な金額の明細とともに、事案は無事解決したとの報告をいただいたのです。

私がまったく何もしないうちに、いつの間にかすべての事案を解決していただいた三井住友海上さんは、まさしくプロの仕事をされていると感じました。

50代男性

●●私は、自動車保険を始めとする「保険」の会社についてはこだわりがありません。今の保険も、自動車購入時にディーラーで勧められて加入したもので、乱暴な言い方をすれば「補償内容が十分であれば保険会社はどこでも良い」と考えています。

もちろん、補償の内容については何でも良いわけでは無いですが、保険会社による違いは少ないと考えています。その中で、私が保険会社を選ぶ(あえてディーラーの勧めとは異なる会社を選ばない)基準は、ディーラー担当者の人柄とつきあいです。

既に車に乗り始めてから20年以上、何度か事故も経験しました。事故を起こした場合、本来であれば保険会社に連絡し、処理を進めていくものだと思います。しかし、常日頃付き合いの無い保険会社の人よりも、身近なディーラーの担当者のほうが相談しやすい為、私はそちらに連絡しています。

自動車事故の場合は車の修理も発生するので、一度の連絡で済みます。事故の処理で保険会社の人と電話で話すことはあっても、お会いすることは全く無かったと思います。それでも事故処理は進み、自分の車の修理、事故相手との交渉や補償などで滞ったことはありませんでした。

保険は「万が一への備え」であると共に「常時の安心」だと思います。私が自動車を運転する上での「安心」は、何かあったときに「ディーラーの方がいる」ということです。古い考えかもしれませんが、たとえ保険料が多少高くついたとしても、人と人の付き合いに勝るものはないと思います。

●●今年の3月、私の不注意で脇道から幹線道路に出ようとしたところ、幹線道路を走っている軽トラックの荷台部分の横にぶつかってしまい、車両対車両の事故を起こしました。幸い両方ともけがはなく、すぐに警察を呼び現場検証してもらい、あとは保険会社どうしで話し合ってもらうことになりました。

その後、保険会社に連絡し、状況を説明。まず保険会社の担当者からは「両車とも動いていたので100%こちらが悪くなることはありません」と説明がありました。今後の対応について詳しく説明がありました。

相手の方への電話、相手の保険会社との交渉等はすべて保険会社で対応しますとのことでした。車の修理は車両保険を使いたい旨を伝えたところ、自動車会社への対応も保険会社で行うので電話番号を教えてほしいと言われ、伝えました。

また、代車特約が付いているので代車費用も保険会社から支払われる旨の説明がありました。そして「今後、私のすることは何かありますか?」と質問したところ、車の修理に自動車会社に持っていくことと、『事故受付のご連絡』という書類が届くので、それを見て頂きたいとのこと(今後の等級、保険金額等)。

その後、自動車会社に行き、保険会社から連絡があることを伝え、修理出し、又代車特約があることを伝え、代車を借りて帰りました。

数日後、『事故受付のご連絡』が届き、内容を見ますと、<ご準備いただく資料>の欄は空白になっており、特に私自身は何もしなくて良さそうでした。当然、等級は下がり、保険料は3年間上がります。

3週間後、車の修理が終わり、受取に行きましたが、サインするだけで特に書類等は必要なしでした。事故を起こした直後は、書類の提出等覚悟していましたが、あっけないくらい何もしなくてよく、すべて保険会社にてやっていただけたようです。三井住友海上火災保険には、詳しい説明、対応の速さで感心するとともに、大変感謝しています。

▲▲家族が事故を起こした時に対応してもらいました。相手方の窓口が男性、こちらの窓口が女性でした。事故過失はあちらの過失大でしたが、相手の高圧的な態度でこちらの窓口の女性がえらく弱気で対応がいまひとつで、過失割合がどんどん悪くなり、結局私が保険屋と保険屋との間に入るかたちで話を進める羽目になりました。

事故後から最初の連絡があったのは翌日夕方。こちらの要望を申し立てても、「向こうがこう言っておられますから」とこちらの意見がなかなか通りませんでした。ある程度の過失割合の所までいったとこで、向こうの脅しみたいな感じで折れざるを得ませんでした。保険の窓口も強く発言できる人材を採用してほしいと感じました。

▲▲先日、信号待ちの際に後から追突され、相手が加入していた保険(三井住友海上)のお世話になりました。初めての事故で、右も左もわからない状況です。

最低限の補償は受けなければと思い、いくつか質問もしましたが、こちらの知識が足りないこともあって、結局のところ、どういう補償が用意されているのか、実に分かりにくかったです。

車内の破損したものに関する補償は、一体いつ幾らで購入し、どれくらい使用していたか、などの書類の提出を求められ、それを一から調べる所からしなくてはなりません(中古車を購入の際に付いていたものなので不明な事が多かったためです)。

そして、次々に送られてくる書類はその都度出しに行かなくてはいけません。仕方ない事だとは思いますが、こちらに非がない事故でもこんなに手間がかかるとは、正直ウンザリでした。もう少し簡潔にまとめることはできないんでしょうか。

▲▲私は車にぶつかって、自転車や服を自動車保険で弁償してもらう側でした。当然、加害者側の自動車保険でそれらを賄ってもらうはずが、だめになりました。

自動車の方も少し破損があったとかで(事故の現場検証では破損は見られなかったのですが)、急にそんなことを保険会社が言いだして、車の修理と自転車を相殺しないかと持ちかけられたのです。きちんと交通ルールを車が守っていたから、あなたも悪いとのことでした。

いやいや、一旦停止があったにもかかわらず、それを順守しなかったと現場検証で警察にも指摘をされ、調書にも残っているのに、急に守っていたと、だから相殺してほしいと。そんな馬鹿な話はないのではないかと思います。情報を曲げてしまう保険の代理店を疑います。

事故対応:女性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代女性

●●私は先日交通事故を起こしてしまい、加入していた三井住友海上の担当者の方に大変お世話になりました。事故を起こした当日の対応の仕方やその後の対応の仕方など、細かく相談に乗って下さり、8:2で私に非があったにも関わらず、事故の相手の方との保険料の支払いもスムーズに行われていました。

その説明も細やかにしてくださいました。私もその事故でけがをしていたので、病院への手続きの方法や、書類の記入などもスムーズに行えました。

私が加入していたプランが通院5日以上で10万円下りる保険だったので、非常に助かりました。万が一の事故の為の保険としては十分な対応で満足できる保険だと思い、これからもこの保険に加入し続けていきたいと思いました。

●●一昨年、私が運転している車に対向車がぶつかるという事故に遭いました。その場で保険会社に連絡をしたところ、すぐに現場に駆け付けてくれ、混乱している私に、加害者とのやりとりなどについてのアドバイスをしてくれました。

また、すぐに加害者が加入していた保険会社と交渉をしてくれて、時間は掛かりましたが、私の納得いく結果にしてくれました。私が加害者側の保険会社と補償内容を話し合う際などにもアドバイスをしてくれたので、初めてのことで不安だった私にとって、とても心強かったです。

結果が出てからも、負傷していた私の身体を気遣い、体調をうかがう連絡をしてくれました。個人的に、自身の結婚式を控えており、心労も度重なっていた時だったので、優しく丁寧に対応してもらえたことが嬉しかったです。

●●事故などは考慮していなかったものの、自動車購入に当たって保険会社の人に勧められて加入してみると、数日もたたないうちに事故を起こしてhしました。

対向一車線の山道で、トレーラーがカーブを曲がり切れず、後部の貨物がこっちの車線に入ってきて、フロントがほぼ全壊したのですが、運よく怪我はなかったものの、初めてのことでどうしていいかわからず、トレーラーの運転手さんに何故か怒鳴られながら泣く泣く警察と保険会社に電話しました。

すると、丁寧なアドバイスでその場を乗り切れて、レッカー移動の手配と、後日の事故証明や現場写真に基づく示談などもすべて会社が解決してくれて、どんな経緯で反省してくれたのかわかりませんが、事故相手さんの会社の方が謝罪に来てくれました。

私が一人ならば解決できず、全部私の責任になっていたと思うと、本当に保険に入っていてよかったと思います。事故と隣り合わせで運転と考えて、今では保険の大切さを学びました。

●●大阪府豊中市内、中央環状線を走行中、前方の車両が急ブレーキをし、横向きになったのを確認したのでブレーキを踏み、直前で衝突することなく停車できました。しかし、自車が後方から追突され、玉突きになってしまい、先頭車両に衝突してしまいました。最終的に3台絡みの事故になりました。

まず警察を呼び、それから保険会社に連絡を入れました。事故当日、夜間の電話連絡でしたが、オペレーターの方の対応は丁寧で、事故をしてしまい気が焦ってしまっている私に冷静になるように、柔らかい口調で対応してくださりました。オペレーターの方に状況を連絡しただけで、当日は保険会社との連絡は終わりました。

事故をしてしまった3台とも保険会社は違いましたが、保険会社間で協議をしていただいた結果、一番後方から追突した車が全車の車の修理代を持つということになりました。私の車は真ん中にありましたが、事故当日に私が説明させていただいた通りの内容が通り、私に過失はなく協定をしていただけました。

後日の連絡は、担当のオペレーターの方が違っていましたが、最初に対応していただいたオペレーターの方と同様、丁寧な対応をしていただきました。最後までスムーズに和解、協定していただき、事故者間での問題も起きませんでした。とても信頼のできる保険会社だと感じました。

●●6年ほど前に人身事故を起こしました。事故を起こした日が土曜日だったのですが、保険会社がお休みということで初期対応が遅れてしまい、相手方に迷惑をかけてしまうこととなりました。その点で少し残念でした。それ以外は、とても親身になってお話ししていただけました。

相手方に怪我をさせてしまったので、病院やら相手方のお宅やらに駆け回っていただくことになってしまいましたが、きちんと対応していただけました。

相手方の怪我への慰謝料の示談がなかなか成立できなくて、個人的にかなりの慰謝料を請求されましたが、保険会社の弁護士さんに入ってもらい、そこからはスムーズに話をまとめていただき、示談も成立しました。初期対応が遅くなった点以外は本当によい自動車保険会社でした。

●●まだ免許を取得したばかりのころ、事故を起こしました。十分に安全確認を行い、安全運転をしていたつもりでしたが、思わぬ事故に気が動転してしまいました。そんな私に保険会社の方は優しい言葉をかけてくださり、安心したことを覚えています。

事故現場では相手の方に無理な要求をされたり、困ったこともありましたが、保険会社の担当の方が丁寧に対応をしてくれたおかげで円満に早期解決することができました。

「全てわたくしにご一任ください。」とおっしゃっていただき、安心して任せることができました。保険料は少し割高には感じますが、言葉遣いや気遣いはやはり大手企業だなと改めて実感しました。

担当者や事故の内容等にもよるとは思いますが、その後、被害事故にあった際には相手方の保険会社の対応に納得いかない部分が多々あり、三井住友海上の質の高さを実感することとなりました。こまめに進捗状況を報告してくれたり、電話をかけたらすぐに折り返し連絡してきてくる点については満点だったと思います。

しかし、事故で保険を使用したことにより保険料がかなり上がってしまったこともあり、保険料については比較的安いダイレクト系の損害保険への切り替えも検討しています。

●●私は自動車をへこませるような事故を2度起こし、それで運転に自信をなくしました。一度目は、細い道で赤ん坊が跳び出してきたので、反射的に逆に反対方向にハンドルを切ると電柱に突っ込みました。現場を目撃した赤ん坊の母親は詫びて「修理代を払う」と言ってくれました。

ところが、戻ってきた旦那は「まだどっちが悪いか分からないので保留にしてくれ」と言いました。すぐ近くに交番はありましたが、誰も怪我をしたわけではないので警察は関係ないと思い、車を買った店に電話を入れました。

すると、「保険屋につなぐから、赤ん坊の親には何も話すな。自分では何も決めてはいけない」と言われました。結局、保険屋と赤ん坊の親とで話し合いが行なわれ、修理代金は保険から出ることになりました。

▲▲私は、付き合いで三井住友海上で保険に入っています。事故をした時は、やっぱり国内の大手損保がいいと聞いていましたので、安心していました。けれど実際に事故をしてみるとちょっと想像と違う事故対応でがっかりしました。

まず、私の担当の代理店さんは忙しいからと事故現場に来てくれず、自分で保険会社に報告したりしました。事故の相手は、代理店さんがすぐに飛んできてくれていて、ちょっとうらやましかったです。その後の対応も全部保険会社と直接やりとりすることになりました。

三井住友海上の担当の女性はちょっと冷たい感じで、私の話をろくすっぽ聞かずに、自分の意見を押し付けてきました。結局、私の主張は通らずに保険会社のいいなりの内容で示談することになりました。

私の場合は代理店さんがもっと間に入ってくれればこんな思いをしなかったかもしれませんが、担当の女性の冷たい感じがとっても嫌でした。こんなことなら保険料の低い通販型でもよかったな、と思っています。

▲▲3年ほど前でしたが、新車で購入して2年程度の車の全損事故を起こしてしまいました。免許取って2週間の40手前くらいのおばちゃんが、路駐してるトラックの奥から確認せずに右折しようとして、そのまま横からぶつけられたのです。

私は主要道路を直進していたので、相手が圧倒的に悪いのですが、自分の車が動いていて、横からである以上、多少の過失は背負わなくてはいけないみたいで、9対1で相手が悪いという内容でした。

過失割合はすぐ納得できたのですが、全損になった自分の車の評価額がひどい事に…。安い軽だったので新車でコミコミ110万くらいだったのですが、仕事でも使ってたので2年で4万キロくらい走っていました。

最初に保険会社から言われたのが「40万までしか払えません」とのこと。実質1割は私が悪いので36万という内容です。新車で買って2年の車を全損にされて、買値の4割弱っていうのはひどい話です。車両保険に入っていなかった私も悪いのですが、ほぼ避けようがない事故だったので納得がいかなかったです。

保険会社の人いわく、「相手の保険が対物保険は無制限だが、対物超過特約に入ってなかったので中古車相場分しか払えない」とのこと。

結局、自分で中古車相場のデータをもっと調べて60万弱くらいのとこまで持っていきましたが、新車で買って間もない車は中古車に交換されても困る話なので、そのへんをもっと対応してほしかったです。

30代女性

●●夫と結婚した2007年から、夫と同じ三井住友海上の自動車保険に加入しました。私の車はマツダのAZワゴンという軽自動車です。保険に加入してから2年後、細い路地の交差点で車同士の交通事故にあいました。細い道だったのでお互いにスピードはあまり出ていなかったのは幸いでした。

担当の保険屋さんが事故の相手の方と話し合いをしてくれたので、助かりました。相手の方は事故の次の日から病院に行かれ、通院費などは保険から支払いましたし、車両保険に加入していたので、私の車の修理費用もすべて保険から支払われました。

私は接骨院に6ヶ月ほど通院しましたが、その費用も保険ですべて支払いができました。また、通院が終わってから事故の見舞金などももらうことができました。事故にあう前は保険の費用が家計に負担と考えていましたが、事故では様々な費用がかかるので、保険に入っていて本当に良かったと感じました。

●●最初に三井住友海上の自動車保険に加入したのは夫の両親でした。夫の車に両親が保険をかけたのを、結婚してから引き継いでそのまま続けているという形になります。その保険に、今まで一度だけお世話になりました。

私が運転中に、急に飛び出してきた自転車と衝突したのです。すぐに事故受付センターに電話して、その後の対応をしてもらいました。事故の当日だけは私自身が当事者に謝りに行ったりしましたが、その後の交渉ごとは全て保険会社が一手に引き受けてやってくれました。

相手と接触するたびに、その経過報告もきちんとしてくれたので安心して任せられたし、問題もなく収めてくれたのでとても助かりました。自動車保険というのは本当にありがたいなと、実感しました。

●●以前、追突されたときに事故対応をしていただきました。おおむね満足しています。オペレーターより出先では分からないようなことを聞かれたときは少しイライラししてしまいました。

その事故は私の過失がゼロだったので三井住友海上が積極的に動いてくれることは無かったのですが、代理店の方が親身に相談にのってくださり助かりました。また、その後代理店の方が高齢で倒れてしまったと三井住友海上より連絡をいただき、助かりました。

ロードサービスもお願いできたのですが、自走でも大丈夫だと思い帰ったところ、リアトランクが壊れ開いたままになっていることが分かり、結局ロードサービスをお願いし、快く応じてくださいました。

●●昨年11月ごろ、歩道の進入禁止のために立ててあるポールに気づかず、そのまま歩道側から道路に出ようとしたら、左後ろのスライドドアあたりが「ガガガガガー、ボコボコボコボコ」と音がしたので降りてみてみると、見るも無残な結果になっていました。

肩を落とし、そのままディーラー店へ車を走らせ、修理をお願いしたところ、とてつもない金額を提示され、保険を使うか否かを聞かれました。

代車を借りて帰宅し、ドキドキしながら電話をかけると「お客様のお身体はだいじょうぶですか?」の一声に安心して涙が出てしまいました。

「事故=修理」だと思い、焦っていた気持ちがふと我に返り、「事故=人身傷害」もあることを気づかせていただきました。事故は本当に怖いものだと思いました。本当に感謝しております。

その後の、事故状況説明や今後の対応にも丁寧に返答いただき、おかげさまで保険に少し詳しくなった気持ちになりました。担当の方はその後、ディーラー店と連絡をとってくださり、スムーズに修理をしていただき、快適にカーライフを過ごしております。

実は以前、ディーラー店で同じ保険会社に加入していましたが、保険内容は同じだけれども主人の会社の団体加入の方が月々の支払いがお得だということがわかり、変更したばかりでした。

そのため、ディーラー店に対してだけでなく、保険会社に対しても少々電話をかける際も気まずい気持ちでした。保険を使うことで等級は下がりましたが、丁寧でわかりやすく、そして素早く対応していただき、今後もぜひお世話になりたいとおもいました。

●●自分が100%悪いのですが、交差点で赤信号に侵入してしまい、右折車と正面衝突事故を起こしました。事故を起こしたという事で相手の方への申し訳なさと、どう対応していいのか気が動転して混乱していました。

電話で対応窓口へ電話すると女性の声で「大丈夫ですか?おケガはないですか?」と聞いてくれたので気持ちが落ち着いてきました。窓口対応の方は担当者3名の方を紹介して下さいました。

それぞれ自分の車対応、相手の車修理対応、保険金支払、補償費用関係と分かれているようでした。一番やりとりがあったのは保険支払、補償費用など担当の方です。本当に親身に相談にのってくれたり、書類提出方法について教えてくれたりしました。

事故についてつらい気持ちだったのですが、担当の方のおかげでだいぶ気持ちもやわらいできました。

私の入っていた保険は事故があっても3年間保険金額は変わらないという保険でした。その分、他のネット契約の保険よりは契約金額は高いのですが、本当にこの保険に入っていて良かったと思いました。感謝しています。

●●祖父の運転する車に同乗していて、事故に合いました。同乗者は、祖父母と私。気が動転した二人に代わって、保険適応の手続きを進めることになった上、初めての大きな事故で私も不安でいっぱいでした。けれど、まずは契約者と同乗者の体が優先であることを親身になって説明してくれたので、落ち着くことができました。

こちらの会社では個人単位で担当者が付くようです。祖父母と私、3人とも担当者がバラバラでした。祖父と祖母の窓口を代わりに努めたので、各担当者の対応の違いがよく分かったと思います。

書類の送付などの対応が遅いとこちらも気をもんでしまうので、早くしてほしいと思う担当者もいましたが、一番懸念していた相手方との交渉は、担当者の方の技量で滞りなく進み、全体としては満足の対応でした。

●●先日、渋滞している反対車線側の一時停止の道から車が飛び出してきて、止まり切れずぶつかってしまいました。すぐ警察を呼び、相手が謝罪をしてくれ、相手は自分の保険会社の担当を呼びました。

「相手がうちの保険で直します」との事だったので、私の方は保険の連絡をまだしてなかったのですが、警察が来て帰る頃に相手の保険会社の人がすぐ来てくれて、色々対応してくれました。まず名刺をもらい、私の保険証を見せてくださいと頼まれたのでお見せすると、同じ三井住友海上ということがわかりました。

私の保険の内容から、どのような判断になっても車両保険も使えるので、支払いは心配しなくていいこと、同じ会社だけど私の側からも担当の人に一度連絡を入れる必要があることなどを教えていただきました。その後は私の方から一度保険会社の方に連絡を入れただけで、ほぼ何もしなくて良かったです。

支払いの内訳も、自己の責任分配も納得がいくように説明していただき、ちょうど保険の改正ということで、保険を使った時の来年の保険料の値上がりなど丁寧に説明がありました。値上がり分などを考えて、保険は使わずに自分で払うことにしましたが、特に不満はありませんでした。

▲▲自動車保険は事故に遭ってみないと、その会社の良さとかがわからないですよね。私も実際そうでした。毎月高い保険料を納めていても、実際に入っていてどうこう思うことはありませんでした。しかし、事故に遭って気づいたのですが、自動車保険はとてもわかりにくいなと思いました。

まず、自分を担当する人と事故の相手を担当する人がいるのですが、両方から電話がくるし、言っている内容が微妙に違ったりして、とても混乱しました。片方の人がこの場合はこれしか方法がないと言っているのに、もう片方の人が色々やりかたはあると言ったりすることがあったので、理解に苦しみました。

しかも、事故の保険金は保険会社が支払ってくれるものだと思っていたのですが、実際は事故の相手の自賠責保険から回収したお金がおりるだけなので、保険会社への保険料はその代行手続きのためにあるような気がしました。事故に遭ってから、自動車の任意保険に入る意味がよくわからなくなりました。

▲▲三井住友海上は10年以上お世話になり、何度か保険請求させていただきました。ほとんどが単独事故による物損でしたが、「代車はMT車で」などと難しい希望も快く引き受けて頂けたり、もらい事故の際は相談にのってくださったりと、対応に満足していたので気づいたら長期のお付き合いとなっていました。

後遺障害が生じる怪我をした際も、ご丁寧に親身になって頂き、審査の際は会社近くまでお越しくださり、車談義で緊張を解いてくれてからの質疑や、障害の等級も高認定と、とても感謝しております。

唯一の不満は、過失50/50の追突事故の際、担当の方の不手際で100/0になったことです。若い女性の方だったのですが、相手側は運送会社で事故なれしており、保険会社同士の話合いにもっていけず、保険料など変わりはないから…と根負けした形です。

金銭的にはマイナスはないのかもしれませんが、気持ちは釈然としませんでした。出来れば場慣れした方に変更するなど同じ結果になったとしても尽力頂いた形が欲しかったです。

▲▲代理店にて契約していました。追突されて被害者になり、警察へ届けたあとすぐ、代理店担当者にも電話しました。遠くに居たので現場検証が終わった後、現場にきてくれました。事故の状況、加害者の情報を報告しました。

相手のお相手の名前を聞くと「あの大きい○○会社の会長さんじゃないかな?どうしよう…」と言っていました(実際は無関係で、ただの普通のおじさんでした)。

最初は物損事故で処理していましたが、次の日の早朝から体調が悪化し、1週間後に歩けなくなり、重度の後遺障害が残ってしまいました。現在1年ちょっと経過しましたが、一応頑張ってくれて、現在もお相手の任意保険会社から負担してもらって、後遺障害の治療継続出来ているのはありがたいです。

ただ、加害者側の担当者が男性、こちらはお若い女性なので、こちらが被害者なのに押しが弱いと感じています。担当が分かった段階で事故後1ヶ月経ってすぐ、付加していた弁護士費用特約を使って弁護士を立てたのが大きいと思います。

まだ治療中なので人身傷害補償は終わっていませんが、この案件、弁護士を立ててなかったら、おそらく負け越していた案件だと思っています。家族はこの事故の対応をみて、別の車の保険は他社会社へ変えました。

▲▲我が家は小規模の団地住まいですが、小学生や小さな子供の世帯が多いので車の出入りには常に気を付けているつもりでした。

昨年の5月、家族で出かけるために主人の運転で車に乗り、団地を出ようとした瞬間、同じ団地のお子さんが自転車で飛び出してきて、我が家の車と衝突してしまいました。

その後の自己対応を三井住友海上さんにお願いしまいました。率直な感想ですが、担当の方とのやり取りが終始噛み合わず、説明も良く分からずでとてもやきもきしました。

こちらの窓口を主人一人に統一すれば良かったのですが、主人も日中は仕事でなかなかやり取りが出来なかったため、私が8割、主人が2割でのやり取りになりました。

とても丁寧に対応して下さった事は有り難く思っていますが、やはりこちらは加害者側であるため、全てが終わるまでは、ご近所で起こった事ゆえに常に不安が付いて回るような状態でした。

なので、保険の手続きがイマイチ分かりにくかった事や、書類を何度も書き直したりという作業は本当に苦痛でした。理解しきっていなかった私も悪かったのですが、もう少し円滑に解りやすく進めて欲しかったと思います。

▲▲事故受付センターの方々の対応は、特別良いわけではないというのが本音です。すごく事務的な方もいらっしゃいました。個人的意見としては誰が担当してくれても安心できるというよりは「対応のい人に当たって運がよかった」と思える程度。

他社の事故受付センターの対応はわかりませんが、三井住友海上の事故受付センターへは2度連絡したことがあります。自分の事故と、身内の事故の時に病院受診のため私が代理で電話をかけたことの2回です。

たった2回の連絡でしたが、代理連絡の際の担当者はとても冷たく、周りのちょっとした騒音で聞き取れなくて再度聞きなおすと、ちょっと怒り口調とも取れる言い方をされました。その代わりと言っていいのかわかりませんが、保険金お支払いセンターの対応はどの方もとても丁寧で安心できるものがありました。

事故当人でも身内でも、事故という非日常的な場面で気が動転してしまうこともあるときに、あの冷たい対応はいかがなものかとは正直思います。

おそらく事故受付センターは「概要だけ淡々と聞けば後は保険金お支払いセンターに引き継ぐから」という考えの方もいるため、このような対応が存在するのだと思いますが、できればなくしてほしいですね。最初の受付窓口の対応が悪ければ、その先も不安になってしまいます。

私の場合は知人の紹介で加入しているので、このようなクレームを直接伝えることが難しいのですが、やはり、精神的にも負担の大きい突然の事故。できることなら待遇のいい会社で再度検討したいものです。

40代女性

●●高速道路で前方に事故車が止まっていて避けきれず、事故になった時に、事故対応をして頂きました。こちらの過失はなかったのですが、相手から慰謝料や車の損害金などはもらえず、こちらの保険のみで対応になったと思います。

保険会社の担当の方に事故の内容と、本人と同乗者の怪我などの状況を報告して、むち打ち症状があったため、整形外科へ通院しました。通院の際は、保険会社の調査の方と直接お会いして、怪我の状況や病院の場所などを聞かれたりしました。後は、とくにいろいろ聞かれたりすることはありませんでした。

警察から取り寄せた事故証明と、病院の診断書を送付いたしました。保険対象期間の通院日数×一日の補償金額プラス慰謝料を払って頂けました。こまめに連絡がきて身体の具合など聞いてくださり、きちんと保険金が下りたので、保険に入っていて良かったと思います。

●●事故を起こしてしまったときは「一体、何が起きたんだろう?」という感じで、一瞬何が起きたかわかりませんでした。

保険会社の電話番号は、携帯のアドレスに登録してあったので、すぐに電話をかけ、事故の状況やこれから自分がすべきことなど、とてもわかりやすく説明をしてくださり、すぐに、担当の方が現場の方にかけつけてくれ、とても早い対応でした。

一時、パニック状態になっていた自分の事を察知してくれ、とても、心配していただき、こちらも安心して、現在の状況など落ち着いた状態で話す事ができました。

事故後は全て、保険会社の方で色々と迅速にそして的確に対応していただきました。何より対応の仕方も感じが良く、わかりやすい説明で、とても頼りになりました。

●●その日は朝から何件も買い物をハシゴしていました。家に帰って、駐車場に着き、車を降りた直後はへこんでいるのにも気がつかず、荷物を降ろして、また出かけた所で後ろ部分に凹みがある事に気がつきました。

自分に覚えがないため、当て逃げをされたのだと思い、保険会社に連絡しました。初めてのことで、不安と緊張感でいっぱいで電話をしたところ、防犯カメラがあれば確認して、警察に伝えれば相手がわかると教えていただきました。

残念ながら防犯カメラはない所だったので自己負担扱いになりましたが、保険を使うか使わないかも、金額から色々アドバイスをくれました。

主人が海外赴任中で、頼る人もいなく、手続きが不安でしたが、丁寧な対応で、私1人でも手続きがスムーズに行われました。感謝しております。

●●加入した自動車保険は自転車単独事故も補償対象となり、日常生活賠償特約というもので対応して頂きました。その際は大変お世話になりました。

ある日のことです。電動自転車に乗っていて、前かごに荷物も乗せていて、寒くて風の強い日でした。すこしよろけたとおもった瞬間、電動自転車は大変重いために支えきれず、そのまま横に倒れてしまいました。自身の体を強く強打しましたが、倒れた自転車の前カゴがよそ様のシャッターにぶつかって、凹ませてしまいました。

すぐに旦那に相談したところ、もしかしたら車の保険に日常生活に関しての保険もあったはずだと聞き、保険会社に電話して状況を報告して、その後に実際の場所を見ていただき、保険適応状況か調査の上、保険適応の許可がおり、相手側と修理の工務店さんとのやりとりも円滑に進めて頂き、素早い対応で有り難かったです。

その際、細く詳細連絡もしていただいて、安心しておまかせする事が出来ました。年末年始を挟んだやりとりになった為、修理まで少し日にちがかかりましたが、保険の担当者さんが説明などを丁寧にしてくださり、間に入って頂いたので良かったです。

ぶつけた私から直接話すより相手側さんも気分が害さないようで助かりました。この保険に入って本当に良かったと思いました。

●●一度派手に自損事故を起こしてしまったことがあります。自分の脇見運転が原因で電柱と民家の壁に衝突してしまったのです。スピードはそれほど出ていませんでしたので、自分や他の人に怪我はありませんでしたが、これほどの大きな事故を起こしたのは初めてのことで、少し気が動転していました。

まずは警察に電話をして、それから三井住友海上のコールセンターに連絡をしました。どうしよう…どうしよう…と不安だったのですが、担当の方が励ましてくれて、しっかりとサポートをして下さったので、徐々に不安な気持ちは収まりました。

車の修理費用や壁の賠償額はやはり高額でしたが、もともと補償がバッチリのプランで加入していたということもあり、ほぼ全額を保険でカバーできました。三井住友海上の自動車保険は正直なところ、あまり安くはないと思うのですが、万が一の時に力になってくれて非常に助かります。

●●前の車が止まっていたので普通に止まっていたら、後ろから追突され、そのまま前の車にぶつかりました。こちらは停止していたので、後ろの車が100%悪いということで始めから話は進んでいきました。

私が加入していた保険も三井住友海上、相手が入っていた保険も三井住友海上だったので、保障ややり取りで特に問題があったわけではありませんでした。

自分が被害者の場合、加害者の加入している保険が流行りのネット保険だったり、大手ではない会社だったりすると、出し渋りや手続きの遅れなどの問題が起こることが多いようです。なので、被害者のために、安さだけはない、きちんとした対応をしてくれる保険会社に加入することが大事なのだなと思います。

●●いつもの道を車で走行中、見通しの良い直線で奥の幹線道路の信号が青に変わって気持ちが急いだのかもしれません…。一つ手前の十字路で通学途中の高校生の自転車と接触。お互いに急ブレーキの急ハンドルでしたが、自転車の前輪を車の後部に引っ掛ける感じで転倒しました。

自転車に乗っていた女子高生は、跳ね返されたはずなのに、膝小僧を擦りむいているものの見た目には大丈夫そうで、取りあえず救急車の必要はなさそう…。相手方の親御さんに連絡をしてから、警察にも連絡。

警察の方も救急車の必要性を確認していましたが、相手方もその時は事故の驚きのせいかなんともなかったそうで、「大丈夫だ」と繰り返していました。それ以上のやり取りは民事不介入ということで、警察の人は引き払い、お互いの連絡先を聞き合って後日相談という形で別れました。

後日、自身の加入保険へ対応をお願いし、お互いの補償状況を話し合ってもらいました。当日はなんともなかった女子高生でしたが、やはり翌日にはムチ打ちの症状が現れて、約1ヶ月の通院になりました。

損害としては、自転車の前輪の取替えと私の自動車の後部接触部分の修理ですが、昨今の自転車への交通ルールが厳しくなってきたことで、話し合いが難航しました。最終的には裁判所へ…。これについては自動車保険の特約に入っていてよかったと本当に思いました。

自動車優先の十字路で、歩行者横断歩道があっても自転車側に一時停止の義務があるとのことで、5:5の決着となりました。今までなら、少なくとも8:2で謝罪が普通だったようですが、自転車の車両認識が厳しくなってきてきていることから変わってきたとのこと。これは自転車当事者とかなりギャップがありますね。

しかし、その場で救急車に乗っていれば人身事故として処理するので、100%勝てないそうです。どちらの立場でも気を付けていたいものですね。

●●三井住友海上での事故処理はまずまず迅速な対応をして頂きました。お相手との交渉の連絡も密に行っていたようで、その報告をその都度電話にて連絡頂き、不透明な点が出るということはありませんでした。

しかし、交渉内容については、相手側保険会社との折り合いをなるべく穏便に進めたいというのが垣間見えて、少し押しが弱いかなという印象があります。こちら側が言われたことをただ聞いているだけでは損をする可能性もあるような気がします。

自分1人では判断つきにくいこと、内容が分かりづらいことを、主人に代わりに聞いてもらったときがありましたが、押しの強いタイプの主人が対応すると、態度が一変してしまったのを見て、少し疑問が残りました。ただ、全体的に見るととても親身になって頂ける保険会社だと思います。

▲▲長距離の高速道路走行をした次の日、愛車のフロントガラスにヒビが入っているのを発見してしまいました。がっかりしましたが、ディーラーに見せると、これは交換するしかないとのことです。「一度保険会社にも聞いてみてください」と言われ、早速電話をしました。

電話をしてまず詳しく状況を説明すると、「保険の適用になるので折り返し担当者から電話をします」との話でした。そこで、仕事中、携帯を気にしながら電話を待っていましたが、なかなかかかってきません。

1時間後くらいにやっとかかってきたと思うと、また状況の確認と言って同じ話をしなければならず、その後、「ノンフリート等級制度が変わって、今回保険を使うと、来年から3年間等級が低いままになります」と言います。今までフロントガラスの交換は等級に影響しなかったはずです。

そんなこと全然知りませんでしたので、詳しく聞くと、昨年変わったばかりだと言います。それだったら、保険を使う方が損してしまうので、使うのをやめましたが、そんなこと、最初に確認してほしいと思いました。

▲▲新車購入時に入っていた自動車保険が三井住友海上でした。事故をするとも思っていなかったので、特に疑問も持たずディーラーを代理店にして加入しました。

ある日、直線道路を走行中で、反対車線は混雑していました。その渋滞の合間から車が飛び出してきて、私の車にぶつかってしまいました。幸い双方ともけがはなかったので、物損事故でのやりとりになりましたが、新車を購入するときにはもみ手でやってきたディーラーが、嫌そうに対応します。

それで「保険の事は三井住友海上の○○さんに電話をして聞いてくれ」との一点張りで、かなり不満と不安がありました。私が保険の事を聞きに店に行くと、誰も話を聞きに来てくれませんでした。一応代理店なのですが、保険の担当者というか勉強されている方がいなかったようです。

一応、8対2で示談が成立して、車もきれいに直りましたが、もやもやが残りました。それ以降、自分なりに自動車保険の事を勉強して、万が一の時に頼りになるプロ代理店さんから保険に入ることにしました。今の保険は損保ジャパン日本興亜のプロ代理店さんにお願いしています。

50代女性

●●スーパーに買い物に行き、駐車場にバッグで出ないとならない時に、バッグしようとして間違えてドライブにしていて、前の民家に突っ込んでしまいました。

気が動転するような事があり、ぼーっとしていたので、ギアを確認せずに頭の中ではバッグにしたつもりでした。サイドブレーキを離したら、じわじわと前に出て、止められずに進んでしまい、すぐ前にあった民家のブロック塀を壊したので、その修理に50万円かかりました。

大事な鉢も壊したので、ずいぶん怒っておられたようでしたが、保険の担当の方が対処して下さり、私がお詫びに行った時には、笑顔で許して下さり、無事に解決しました。自分の車もレッカー車で修理に出しましたが、レッカー車はサービスで無料でした。

●●私は自分の愛車を電柱にぶつけてしまって大きく破損させたことがあります。自宅から遠く離れた土地で、このような物損事故を起こしてパニックになりかけていた私は、保険会社に電話してみることにしました。すると、的確なアドバイスとアフターケアを施してもらえて、本当に助かりました。

数十万円に及ぶ修理の額と、車が使えない間の代車の費用をすべて保険会社がまかなってくれたので、加入していて命拾いしたと強く思いました。

●●10年以上前に乗用車を運転していた時、飛び出してきた自転車と接触事故を起こしてしまいました。相手は主婦でした。保険会社に連絡し、交渉をしてもらいましたが、担当者の電話対応があまり感じのいいものではなく、不安に思っていたところ、相手家族が怒ってしまい、交渉に応じていないという連絡が入りました。

不安的中です。担当者を変更し、お偉い方がお詫びに出向き、やっと交渉が始まりました。新しい担当者は、相手と接触した日は必ず連絡をくれ、相手の反応などをわかりやすく教えて下さり、「次はいつ、こういう話をする予定です」と逐一、報告してきてくださいました。相手に支払った金額などはハガキで届いていました。

示談までに3年くらいかかってしまいましたが、担当者が転勤で代わったりすることなく、最後まで丁寧に対応してくださいました。

●●離婚をして(というか一方的にされて)から、精神的に落ち着かずに事故を起こしてしまいました。優先道路走行車にぶつかってしまったのです。親にも報告して、同乗していた子供を連れて帰ってもらいました。

事故の通報は相手方がしたのですが、私は今までぶつけられたことはあっても、自分からはぶつかったことがなく、頭は真っ白で、震えがきそうでした。しかし、信頼している保険代理店さんに電話すると、知っている営業マンは留守中でしたが、事務所にいた方が迅速に連絡してくださり、すぐに対応してくれました。

保険屋さん同士の交渉になったんだと思います。向こうの人は、10:0を主張して来たり、チャイルドシートの買い替えなど、要求が多かったように思いました。体の異常は何もなかったようです。保険屋さんの熱心な交渉で、8:2ぐらいで収まったようでした。お任せできて良かったです。

●●当方は車で、左から直進してきたバイクと十字路でぶつかりました。先方が優先道路でしたので、3対7くらいでこちらの落ち度でした。

保険の担当者は長い付き合いで、いつも何かあったら24時間いつでもすぐに電話するよう言われていて、今回も素早く対応してくれました。動転している私にも的確に指示を出し、警察の対応もスムーズにできました。

その後はすべて事故担当責任者が対応にあたり、先方には直接連絡をしたり、お見舞いに行かないよう言われ、その指示に従いました。

鞭打ちの症状が出たということで、通院が数ヶ月に及んだようですが、最後は書類による報告と示談成立の書類が郵送され、精神的な苦痛がなく助かりました。車の修理に関しても、こちらの希望通り修理ができて満足でした。

▲▲2年前の7月に事故を起こしました。初めての事故だったので、すごく動揺してしまいました。しかし、コマーシャルで見たような、素早く分かりやすい対応じゃなかったのが残念でした。

もともと私ではなくて夫が入っていた保険だったので、何が良いのかは全然わかりません。場所も自分で説明しなければなりませんでしたし、動揺している身にはきつかったです。

また、保険にはずっと入っていましたが、自家用車が変わっていました。そのことを保険会社に言い忘れていたため、登録してある車と違うならレッカーサービスは自腹だと言われて、更にがっかりしました。

その後も、私が悪い事故だったのに、私の意向を無視して担当さんが頑張って向こうと戦ってくれたり、その途中で担当さんが転勤で代わってしまったり、嫌なことが多々ありました。それでもやっぱり夫の入っている保険なので今もそのままです。

▲▲15年以上前のことですが、こちらの保険会社と契約していたときに衝突事故を起こしてしまいました。すぐに電話をして、相手側と保険交渉になったのですが、「相手の方とおおよその比率(どちらの過失が多いのか)を話してください」と言われました。

車に詳しい友達に相談したところ、「その交渉をするのが保険会社の仕事で、女の子だからなめられたんじゃないの?」と言われました。過失の比率もハーフハーフと思っても、「私の過失は3割くらいだと思います」と少し自分に有利なように言ったほうが、保険会社は(その比率に近くなるよう)一生懸命にやるよと、アドバイスされました。

私も「なぜ素人の私が相手側(相手は保険会社の社員)と交渉しなくてはならないのか?プロに勝てるわけない」と思っていたので、再度電話をし、今度は強気な言葉で「私では無理なので、交渉お願いします!私の過失は3割くらいだと思います!(本当は半々と思ってましたが…)」というと、交渉を始めました。

結局、私の過失は4割で交渉は終わりました。面倒くさい交渉をお客にある程度させてしまおうという態度にとても不快感を覚えました。強気に出たお客には、きちんと仕事してという態度にも非常に憤りを感じ、その後、保険会社を変更しました。

変更してから事故を起こしていないので、今の保険会社の対応がいいのかどうかはわかりませんが、以前の保険会社の対応が今はよくなっていたとしても、保険料が安いなどメリットがあっても、二度と契約しないと思います。

ロードサービス:男性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代男性

●●車を走らせている時に、水温計の針がセンターからHの方向へと上昇していることに気づきました。オーバーヒートしそうだったので、とっさに路肩に停車してボンネットを開けましたが、よく分かりませんでした。それに、車を停める前から機械的な異音がしていることも気になっていました。

そこで、急遽JAFを呼ばないと…と思ったのですが、よく考えると自動車保険にロードサービスが付いていることを思い出しました。

現在では三井住友海上のホームページでもすぐ見えるような場所に記載されていますが、当時はスマホが普及する少し前だったので、番号を探し出すのに手間取ってしまいました。しかし、対応はとても丁寧かつ的確で、こちらの状況を飲み込んだら直ぐに対応してもらえました。

幸いにも家から距離がなかったので、そのままレッカー車に乗って帰りました。もちろんレッカーの作業員の人も状況が或る程度分かっていたので、電話からの対応は本当にスムーズでした。お蔭様で無事に家まで帰ることも出来ましたし、車の移動もしてもらえました。

唯一不満だった連絡先の記載も、現在では対応されている上に、私も番号を登録しているので100点満点で満足です。

●●実家の親戚が自動車の板金工場を経営しています。そこで、保険にも入れるということで入りました。実家の自動車保険は、すべてこちらにお願いしています。とにかく細かい連絡や、わずらわしい手続きをしなくていいのが魅力です。

親戚の家ですべてできるので、更新や新たに車を購入した時の手続きなど、すぐに連絡をもらえます。年齢や免許の色によって受けられる特典が変わる際は、必ずそちらを教えてくれます。

また、以前私が走行中にエンジントラブルにあった際も適切に対応してもらえました。市外で走行不能になってしまったのですが、レッカーなど手配もすぐにしてもらえました。保険料は毎年一括振込みを選択しています。小さな車ですので、特に高いと感じたことはありません。

●●みなさんは何かの理由でいきなり車のトラブルが起き、ロードサービスなどを受けた経験はありますか?私は家で急いでいるときにエンジンがかからなくなってしまって、なんとバッテリー上がりで本当に困りました。

実際にはバッテリの充電器はありますが、外して充電してもかなりの確率でエンジンがかかりませんよね。急速型のパワーのある特殊な充電器でないといけないので、JAFさんなどにしかないのではないでしょうか。

ですので、私は加入している保険のロードサービスに電話をして、業者に来てもらいました。30分もしないうちに来てくれて、迅速にエンジンをかけてくれました。後は的確な今後のトラブル予防法などを教えていただきました。良い対応で本当に素晴らしかったです。みなさんもぜひ困ったときは頼ってみてはいかがでしょうか?

30代男性

●●私は、車で出掛けた先でエンジンが掛からなくなってしまいました。幸いにも信号待ちや走行中では無かったので大事には至らなかったのですが、キーを回してもエンジンが全く掛かりませんでした。駐車場から出る事が出来ず、自動車保険で加入しているロードサービスへ連絡をしました。すぐに連絡をして事情を説明するとその後、20分程度で現地に駆け付けて頂けました。エンジンが掛からなくなった原因は、バッテリーの老劣化でしたので、その場でバッテリー交換を行なって頂きました。バッテリー交換後には、無事にエンジンが掛かるようになり用事に間に合いました。ロードサービスへ連絡後は、迅速な対応と丁寧なサービスで非常に助かりました。それまで突発的な故障も無くロードサービスを利用した事が無かったのですが、改めて加入していて良かったと感じました。自動車保険のロードサービスは、万が一の場合のお守りです。車に乗る場合には、加入しておく事をお勧め致します。

●●半年ほど前のこと。職場へ向かうためマイカーを運転していたのですが、突然「バキバキッ」という音が後方からしました。「何だ?」と思い、車を降りて見ると、右後部のサスペンションが折れていたのです。

これはヤバイと思い、契約している三井住友海上保険のロードサービスに電話。すると、オペレーターの方は私の現在地を詳しく聞き取り、すぐに修理業者を手配してくれました。

20分後、修理業者が到着。折れたサスペンションを取り外し応急処置をしてくれました。原因はサスペンションの錆びつき。そこに負荷がかかり折れたのです。再度くっつけるには板金修理業者に頼まなければならないとの事で、結局車は廃車。現在は新しい車に乗っています。

生まれてはじめての自動車トラブルで、正直かなりテンパりましたが、三井住友海上のロードサービスのおかげで本当に助かりました。落ち着いた応対と、迅速な対応。三井住友海上保険に加入していて良かったと思います。

40代男性

●●私がロードサービスにお世話になったのは、3年前のことです。家族の急ぎの用事でマイカーを走らせていた時のことでした。その時は夜で雨も降っており、視界が最悪の状態でした。

カーナビも位置ズレしてしまい、目的地に辿り着くには苦労をしたのですが、急に目的地を過ぎてしまい、思わずUターンしたのです。その時に、慌ててウインカーを出さずにターンしたことから、後続車が私の車の右側にぶつかってしまいました。この時は私が100%の過失でした。

すぐに警察を呼んで現場検証とはなったのですが、幸い相手も私達家族も怪我はありませんでした。

しかし、相手の車は走行不可能。この時にすぐにロードサービスにコールしたのです。連絡をしたのは、初めてのことでしたが、興奮して頭が真っ白に成りつつあった私に対して、とても安心できるような説明・対応して下さり助かりました。

引き上げるためのレッカー車も程なく駆けつけてくれ、相手の車を牽引してくれたのです。その後の示談交渉も保険会社にお任せで、とても良く助かりました。

●●観光地へ向かう旅先や仕事で車を使っている時に、その出先の道路上において、自動車保険会社やJAFのロードサービスを利用したことは何度かありますが、自宅の駐車場に車を止めている状態で、いつのまにか走行不能になり、ロードサービスを呼んだこともあります。

その車は山梨県に住んでいた時に購入した中古車で、走行距離10万㎞、年式も10以上前のかなり古い車でした。その後、引越すこととなり、その車に乗って福島県の猪苗代という所に行きました。引越したのは初夏でしたが、その車には何の問題もなく使用出来ていました。

そして徐々に秋になり冬になり、この地方では一番気温が下がる1月中旬になった頃、さあ買い物へ行こうと車に乗りエンジンを掛けようと思いましたが、掛かりません。前日まで全く問題なく動いていたのに、うんともすんともいいません。ライトやポジションライトの点けっぱなしという原因も見当たりませんでした。

仕方なく、加入していた三井住友海上保険に電話をして、ロードサービスを受けることにしました。加入している保険の付帯サービスに「故障トラブル・ガス欠QQサービス」というものがあり、それを利用しました。

故障の原因はバッテリーでした。寒冷地では気温の低下によりバッテリー性能が著しく低下するとのことで、中古で買ってそのままだったバッテリーの交換を薦められました。とりあえずバッテリーを繋いでエンジンを掛けてもらい、そのままカーショップに行って、新しいバッテリーに交換しました。

ロードサービスは「軽作業」ということでしたので、無料で済みました。とても助かりましたし、ありがたいなと思いました。

50代男性

●●長年車を運転していますが、様々な会社で色々なサービスがあり、各社の内容を見ながら自動車保険を決めていきました。補償内容もそうですが、一番の目的はロードサービスの内容であり、レッカーサービス等、普段起こりえそうな事がサービスに含まれていたので、保険に加入をしました。それと同時に他社の有料ロードサービスは退会しました。

ある日の事です。友人の家に出かけることになり、初て行く土地だったので道に迷ってしまったのですが、Uターンをしようと思い切り返した所、ガタンという音と共に、急に左の前が傾いてしまいました。直感で直ぐに脱輪だと分かり、外に出て調べて見ると左の前のタイヤが溝に落ちてしまいました。

初めての事でびっくりしましたし、まさかこんな事が起こるとは思っていなかったので途方に暮れました。脱出をしようとしましたが、タイヤが溝に引っかかり、タイヤが空回りするだけで脱出できる可能性はありませんでした。

そこでロードサービスが付いていた事を思い出し連絡をしたのですが、オペレーターの方に状況を説明して所在地を伝えると、1時間ぐらいは掛かるかも知れないので、しばらくお待ち下さいと言われました。それで車の中で待っていたのですが、30分も掛からずに来てくれて、あまりの早さに驚きました。

早速状況を見て頂いたのですが、引き上げるよりは乗り上げて後ろにバックしましょうと言われました。一瞬、何の事か分からなかったのですが、疑問に思いつつ側で見てみる事にしました。

すると、脱輪した側に思いっきりタイヤを傾け、前の方に前進を始めました。やがて嵌っていたタイヤが溝の奥に乗り上げ水平になり、今度は溝に対して落ちないようにバックをしながら渡るようにタイヤを渡し、あっという間に脱出をしてしまいました。

この間、僅かに15秒ほどの離れ業でした。凄く嬉しかったですしロードサービスのありがたさが分かりました。保険に付属のロードサービスで十分な対応がありましたし、早いサービスに感謝しました。

●●ロードサービスを呼ぶことになってしまったことがあります。雪道でのスリップ事故で縁石にぶつかってしまった事故でした。長野県の松本から岐阜県の飛騨高山に向かう途中に、国道158号線の上高地の辺りで起こしてしまいました。

その時は雪の降っているシーズンで、道路は圧雪路の状態でした。乗っていた車はダイハツの四輪駆動車でしたが、装着していたタイヤはオールシーズンタイヤというもので、スタッドレスタイヤではありませんでした。自分に「四輪駆動車だから大丈夫」という過信があったので、ノンスタッドレス・ノーチェーンで走っていました。

そして、前の車の急ブレーキに慌ててこちらもブレーキを踏み、見事にスリップ。左側の縁石に左前輪をぶつけ、走行不能になりました。

加入していた自動車保険会社は三井住友海上でした。いつも送られてくる保険証券に「ドライバーズカード」という、切り離して財布に入れておく部分があり、ちゃんとそれを持っていたので、ロードサービスを受けるための「おクルマQQ隊」という所に電話をして、レッカーサービスを受けることが出来ました。

休日でしたが、もちろん24時間対応でしたので、助かりました。ちなみにレッカー距離15kmまでは無料でした。

ロードサービス:女性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代女性

●●友人をのせてドライブしていた時の事です。色々所用を済ませ、高速道路にちょうど乗った時にゲージをみると残り1目盛で、「給油してください」との表示がでました。用事を済ませる事に夢中で、うっかりガソリンのゲージを見忘れていました。

まだ大丈夫かなと思って運転していましたが、段々車が軽くなってくる感じがして怖くなり、慌ててひとまず出口に出る事にしました。すると、高速の出口を出て1分もしないうちにハンドルが扱えなくなくなり、ストップしました。

ちょうど後続車もなく、事務所のようなところの駐車場近くに停車できたのが不幸中の幸いでした。停車してから、保険会社に電話したところ、ロードサービス担当会社につないでくれて、20分ほど待ったところで担当の方が給油して下さいました。

給油はあっという間の作業でした。しかも、初めてのロードサービスでしたので、無料でできたのも驚きました。友人には迷惑をかけてしまいましたが、友人がいたおかげで心強かったです。

やっぱり給油ゲージは見落とさないようにしないといけませんが、ロードサービスのおかげで無事に帰宅する事ができました。ひとまず本当に命があってよかったです。

●●個人販売代理店で契約していました。ネットのダイレクト保険に比べて担当者が付くぶん、一見面倒な気もしますが、事故対応では安心感があります。

一度、他県へ車で出かけたとき、車の故障で動けなくなったのですが、対応の担当部門への連絡や保険で補償される金額、提携工場への連絡、代車の手配や出先から自宅までの交通費など、すべてお任せして対応していただきました。

また、毎年の更新時も、こちらの希望に合わせて、車両保険の金額や乗車目的に合わせた割引など、細かく条件を出していただき、ぎりぎりまで安く抑えることができていたと思います。信頼できる販売代理店を見つけるまで、見積もりを依頼して担当者の対応で決めることが大切だと思います。

●●車を購入した時に、父の知り合いの代理店で三井住友海上の自動車保険に加入しました。しばらく自動車保険を利用する機会はありませんでしたが、先日、初めて鍵の閉じ込めをやってしまい、ロードサービスを依頼することになりました。

ロードサービスに電話すると、すぐにオペレーターの方に繋がり、迅速に対応してもらえました。状況などを伝え、一旦電話を切り、業者さんを探してもらいます。この待ち時間も驚く程早く、10分もかからずに折り返しの連絡をもらえました。

そして、10分ほどで業者が到着するとのことで、その早さにも驚きでした。本当に時間通り到着して、すぐに車の鍵を開けてもらえました。料金はもちろん無料です。三井住友海上の保険に入っていて良かったなと感じた出来事でした。

▲▲今年の夏に旅行先でトラブルにあった際の体験談です。旅行先の海岸の砂浜の駐車場で車が砂地にはまってしまいました。自力では脱出できなかったので困って保険会社のロードサービスのコールセンターに電話をかけました。

まず、電話がまったくつながらず、大変混み合っていますのアナウンスで10分以上待ちました。お盆の時期だったので仕方ないかもしれないけど、とても歯がゆい思いをしました。やっと電話がつながって状況を伝えると、冷たく「お客様のトラブルはスタックですから全額有料です」と言われました。

理由を聞くとスタック(砂地にはまる・雪で滑って動けない)というトラブルは事故でも故障でもないとのことでした。結局、JAFにも加入していたのでJAFに無料で対応してもらいました。なんの為に高い保険料を払っているのか、そしてオペレーターの対応も不満に感じました。

30代女性

●●三井住友海上の保険に加入して早10年。自分とは縁がないと思っていた突然の車の故障でロードサービスのお世話になりました。それは、家族と出かけた行楽の帰り道で、自宅までは100km以上離れた場所でした。

突然の事にびっくりして慌てましたが、自動車保険のCMでロードサービスのことを言っていたのを思い出し、すぐにカスタマーセンターに電話。連絡から1時間ほどでロードサービスを受けることができ、大変助かりました。私の場合は、なんとか現場復旧ができたので、無事に家族で帰ることができました。

帰り道は、また故障したら…と不安に思いましたが、カスタマーセンターの方の親切な対応があったので、とても心強かったです。色々な保険会社がありますが、信頼できる会社とのつながりはやはり大切なのだと痛感いたしました。

●●パンクをした際に、保険に付帯したロードサービスを利用しました。天候も悪く(どしゃ降り)、夜も20時過ぎの時間帯でパンクをし、初めてロードサービスを利用しました。

保険会社のコールセンターに電話をし、状況と場所、連絡先などを伝えて、近場の業者を探してもらいました。時間的にもなかなか業者がみつかり辛い状況ではありましたが、業者を探している進捗状況など、コールセンターから途中経過として連絡があり、待ち時間は長かったものの丁寧に対応してもらえました。

そして、「1時間ほどで業者を向かわせます」と再度の連絡があり、業者到着後に、スペアタイヤへの交換作業をして頂きました。無料の付帯したサービスなので、さほど期待はしていませんでしたが、コールセンターの担当者さんが丁寧ですごく良い印象を受けました。

●●自宅の駐車場から車を出した所で、エンジンが止まりました。バッテリーでも上がったのかとも思ったのですが、エンジンをかけた時も普通でしたし、ガス欠を起こした時のように、スーっという感じでエンジンが止まったのです。

それから何度試してもエンジンがかかることはなく、慌ててしまいましたが、三井住友海上の保険にロードサービスがあったことを思いだし、レッカー車手配をしてくれるのかどうかもわかりませんでしたが、担当の人に直に電話をしました。

運よくすぐに電話に出てくれて、保険内容を覚えてくれていたようで、すぐに自宅付近にレッカー車と整備士さんを派遣してくれました。20分程で到着し、車の状態をその場でまずは見てくれました。それでエンジンがかかれば、レッカーをせずに済みますからね。

しかし、コアという部品が劣化していること、その場では交換部品もないので修理が出来ないことで、結局はレッカー移動をしました。いつもお世話になっている修理工場まで運んでくれました。

とても親切で、車に詳しくない私にもわかりやすいように説明してもらいました。担当の方も後に連絡をくれ、心配をしてくれていました。いつどんなことに車がなるかわからないので、このロードサービスのありがたさがわかった出来事でした。

40代女性

●●以前、中学の同窓会があり、久々に友達と会えるイベントだったので、子供を連れて車で会場まで行く事にしました。時間の関係で高速を使うことになりました。

本線合流しようとして、アクセルを踏み込んだのですが、加速出来ず。高速だった事もあり、パニック気味な車内に大人は私だけ。すぐに路肩に寄せ、保険会社に電話をし、対応していただきました。幸い、道路公団の方にも声をかけていただいたので、子供達も段々と落ち着いてきました。

保険会社さんを待つ間に主人と連絡取れたので来てもらい、主人の車に子どもを乗せ、主人は私の車に乗ってけん引して、無事にディーラーまで行く事が出来ました。ディーラーに着くまで、結構ドキドキでした。

●●仕事を始めたばかりで、子どもを保育園に預けるのにも慣れていなくて手一杯。忙し過ぎて何もかも訳がわからない状況だった頃の話です(数年前)。

車は中古のオンボロ軽自動車でした。朝の保育園の送迎の途中。エンジンの音が何やらおかしい。まぁボロだからね~と気にせず、保育園で子どもを降ろし、仕事場へ行こうと車を走らせていると、突然止まってしまい、エンジンがウンともスンとも言わなくなりました。

「え!何?故障?」と焦りましたが、何のことはない、ただのガス欠でした。オンボロ車はオイルメーターはついているけれど、ランプは点かないタイプ。忙しさですっかりガソリンの残量を見るのを忘れていたのでした。

周りにガソリンスタンドは全くなく、すぐに保険会社のロードサービスに電話しました。待つこと20分くらいでトラック到着。まだ朝早くの時間なので、提携先の修理屋さんも営業時間外だろうと思ってましたが、すぐ駆けつけてくれたようです。

ガソリンを入れてくれてすぐに作業完了。あっという間にエンジンもちゃんとかかりました。ちなみに作業してくれた方は、若いイケメンで優しい雰囲気でした。ガス欠なんて恥ずかしかったけれど、サラッと対応してくれたのでありがたかったです。

しかも、初回のガス欠対応は無料でよいとのこと。あまり大きくない道路でのことで、渋滞を引き起こすこともなく、仕事にも少し遅れる程度で済んだので、ラッキーでした。

しかし、ガソリンの残量には要注意しなければ!と思った失敗でした。次は有料になりますし…」笑。

●●仕事が終わり、いつも通り国道を走って帰宅途中のことでした。何もない平坦な道で「がたん」と大きな音がしました。何か大きなものを踏んだか、何かが落ちたかというような音でした。バックミラーを見ると大きなパーツが落ちていて、私の後ろの車は慌ててブレーキを踏んだような感じでした。

走行車線でヘタに停まるわけにもいかず、とにかく家までと思い、走り続けていたら、警告ランプが一気について、驚いてパニックになり、すぐにどこかの駐車場に停めなければと思い、大型スーパーの駐車場に入り、保険会社へ連絡をしました。

電話で対応してくださった方は私の無事を確認し、車の現状の確認と、とにかく落ち着くようにとゆっくり話をしてくださり、エンジンを切らずにサービスの方の到着を待ってくださいと言われました。

初めてのことで恐怖と不安でいっぱいでしたが、ロードサービスの方の姿が見えたときにはホッとして涙が出そうでした。後は駐車場内で応急の処理をしていただき、駐車場外に用意してあったレッカーで近くのお店まで運んでいただき、事なきを得ました。

電話で連絡した時には私も慌てて話をしていたように思いますが、係の方と話をしていくうちに徐々に落ち着いて現状の話を出来たように思います。対応もとてもスムーズでしたし、ありがたかったです。

50代女性

●●お祓いに行こうと、山奥の神社に行っているとき、ナビで行っていたのに、道に迷い、エンストもしだして慌てたことがありました。スマホの充電器も持ち合わせてなくて、スマホの充電はきれかかり、慌てていると、山奥なのに、どこからともなく、おじいさんが通りかかり、声をかけてくれました。

事情を説明すると、おじいさんは自分のスマホで損保会社に連絡してくれて、場所も「ここはこの道からでないとレッカー車が入ってこられない」と、丁寧に説明してくれました。

ナビにもない道に迷いこんでいたみたいですが、おじいさんの説明で、1時間くらいで無事レッカー車が到着。レッカー車の人も初めての場所に驚いてました。後に、損保会社の人から「あんなところで出会うことができるなんて、そのおじいさんは神様ですね」と言われました。

助けてもらった時にはスマホの充電も切れていて、いろいろと不安でしたが、おじいさんがまるで御伽話の王子様に思えました。