東京海上日動

更新日:2017年11月22日

東京海上日動は、2004年に東京海上火災保険と日動火災海上保険が合併してできた、日本を代表する大手損保です。保険事業は日本だけに留まらず、北南米やヨーロッパやアジアや中東の国々でも展開しています。

そんな東京海上日動では、総合自動車保険の「トータルアシスト自動車保険」と、ドライバー保険の「ちょいのり保険」という名称の自動車保険を扱っています。

メガ損保と称されるほど売上規模が大きく、自動車保険の契約者数も他社を圧倒するほど多いです。各種補償はもちろんのこと、大手だからこそできるサービス拠点数の多さなども特徴的で、高い人気を誇ります。

ちなみに、通販型のイーデザイン損保は同社のグループ企業となります。

会社名 東京海上日動火災保険株式会社
商品名 トータルアシスト自動車保険
分類 代理店型自動車保険

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

目次

東京海上日動の口コミと評判を「保険料・事故対応・ロードサービス」の3つにまとめてみました。

  1. 保険料:男性の口コミ
  2. 保険料:女性の口コミ
  3. 事故対応:男性の口コミ
  4. 事故対応:女性の口コミ
  5. ロードサービス:男性の口コミ
  6. ロードサービス:女性の口コミ

保険料:男性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代男性

●●保険料に関しては等級が上がってきているので、最近はそれほど高いと感じたことはありません。しかし、契約当初は免許を取りたての20歳でしたので、対象年齢も全年齢対象で、友人も運転することから家族限定もつけることができず、割引が適応できない状態でした。

結果的に車両保険を付加することができずに、毎日事故を起こさないように神経をすり減らしながら運転していたことを覚えています。事故を起こさなければ良いという話なのですが、相手ありきの事故なので何とも言い難いものはあります。

ただ、保険に加入する際の金額があまりにも高いです。金銭的に苦しい人ほど保険というものが必要なはずなのですが、現状は金額の高さにしり込みして、なかなか加入できずに結果的に一番安いところを選んで、実際に事故が起きた際に対応が悪く、保険金の支給が半年以上あとなんてこともあり得ます。

実際、JA共済は安いですがあまりにも対応が遅く、担当者とのやり取りが半年以上かかったことがありました。また、保険会社の間でも力の差があるようで、過失の割合が逆転したこともありました。

ちなみに東京海上日動に関しては、保険料は多少高いものの、対応がスピーディーで手続きもスムーズに行え、保険料に見合ったサービスを受けられるので安心を買っていると思えば、比較的満足な契約内容です。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:32,760円
  • 車種:日産 モコ
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:10,000km
  • 車両保険:あり

●●私は地域柄、車の運転が必須です。もちろん仕事でも車を使います。インターネットなどで安い保険なんかもあるようですが、保険はしっかりしたものを選びたいと思っております。

過去に入っていた保険で、自分が事故の時に安心だと思っていたものが「今回の事故では補償対象にはなりません」と言われたことがありました。こちらとしては、年間に高いお金を払っているにもかかわらず、「この場合は駄目なんです」なんて言われて困ってしまった事もありました。

ただ、今加入している東京海上日動の保険は、車の保険に知識がない自分でも、補償内容が充実していることが分かり、交通事故はもちろん、車のトラブルがあったら何かしら対応してくれます。今では故障から事故まで何かあったらフリーダイヤルに電話してすぐ対応していただいております。とても満足です。

●●中古車ディーラーで車を購入した際に加入しました。1年ではなく3年タイプのもので初期に一括で保険料を払うタイプでした。

当初は値段の高さを感じていましたが、母が駐車場で2回も他の車にぶつけてしまい、お世話になることになりました。その際、相手方との仲介をスムーズに行ってもらい事故後の煩わしさがあまりなかった印象があります。

加えて、加入者向けの医療相談サービスもあり、車での事故とは関係なくても利用できたので「せっかく保険料払っているのだから」と月1回ペースで利用していました。受診前の相談にとても重宝しました。

しかし、加入から3年経過するところで、自動車保険一括見積もりサイトで同程度の保険内容でより安いところがあったため、満期で解約しました。

30代男性

●●自動車保険はいまや沢山種類が有りすぎて悩みの種です。車選び以上に面倒くさいことも。これまでは自動車ディーラーで車を買うと、そのディーラーが保険の代理店を兼ねていたので、自動車保険も車の購入と共に同時に加入することが多かったのです。

しかし最近では、通販と言ってアクサダイレクトやソニー損保などといった代理店を挟まない代わりに少し安く加入できる保険が登場してきました。その値段の違いが1万円ぐらいなら私はいつも東京海上などのディーラーが代理店を兼ねている保険会社に入るようにしています。

なぜなら1万円ぐらいの差なら車を買った担当者と保険担当者が一緒になるメリットの方が大きいからです。もし何かあればその人に電話すればいいだけ。車の故障はこの電話、保険はこの電話…と迷わずにすみます。これ結構大きいメリットです。見積もりはどこも簡単に取れますので、比較して見ることをおすすめします。

●●私が新社会人になった年に、お金を貯めて車を購入したため、親の勤めの知り合いに依頼して自動車保険に加入しました。当時はまだ18歳で初心者だったため、最低限の補償で車両保険は無くても、保険料は1万を超えてしまいました。しかし、万が一、事故を起こした時の恐ろしさを考えると必要なものでした。

それから14年程経ちましたが、運良くというか事故はしていません。そのため割引の率も年々上がり、昨年新車を購入したと同時に、車両保険に入りましたが、それでも月々3,500円程度で済んでいます。

事故を起こして補償を受けたことがないので、事故処理や対応はわかりませんが、毎年の更新前に通知の書類が来ると、知り合いの方も連絡をくれて、検討しながら更新してもらっています。私の仕事の都合で、遅い時間に自宅まで来てもらったりもしていただいて、大変助かっています。

●●東京海上日動のドライバー保険「ちょいのり保険」を利用しました。1日単位で加入できる、人のクルマに乗るときの自動車保険です。料金は1日500円から。主人が友人たちと1台のクルマで旅行へ行く際に利用しました。

友人のクルマで行くということだけで、実は保険のことを前日まで忘れていた私。直前になって「ん?クルマの運転変わる可能性があるんじゃないの?」と気づき、慌てて調べて加入しました。

保険加入は面倒な手続きがあるのではと思っていましたが、スマホ(携帯電話からももちろんOKらしいです)ですぐに登録と申し込みができて、びっくりしました。本当に出発直前に手配したのですが、間に合ったのでホッとしました。

幸い、保険のお世話にならなくて済みましたが、補償内容の充実と1日500円という値段はとても魅力的でした。また人のクルマを借りるときには、もしもに備えて利用しようと思っています。

▲▲手続きの時にわかりやすく説明してもらうため、メーカー系列の自動車ディーラーを介して自動車保険に入っていました。しかし、そのディーラーが破綻しました。そして、保険の更新時期が来ました。損保会社から直接電話があり、更新手続きを行うため書類を送るので、記入して送り返してほしいとのことでした。

いつもディーラーの担当者とやり取りをおこなっていましたので、今回もそうしてほしいとお願いしたところ、破綻したのでできないとの回答でした。引き受け先があるのだから可能ではないのかと再度たずねましたが、回答は同じでした。ディーラーを介さずにやり取りを行う必要があるというのです。

後日、破綻したディーラーの担当者より、引き受け先のディーラーに再就職したとの連絡がありました。自動車保険の書類のやり取りを直接行うよう連絡があったことを話したところ、ディーラーを介してでもできるとの回答でした。

このやり取りの内容に保険会社への信頼がなくなり、ディーラーの担当者に保険会社を変更するようお願いいたしました。現在、そのとき変更を行った保険会社の自動車保険を継続しています。

40代男性

●●購入先のディーラーが代理店業務も行っていたので、ディーラーの担当者から勧めれて現在の保険に入りました。東京海上日動には、フォルクスワーゲンの付帯サービスもついていたので、その点も魅力でした。

大きな事故の経験はありませんが、一度だけ、自宅の駐車場内で自損事故を起こしてしまったことがありました。ひとまずディーラー担当者に連絡をしたのですが、すぐに駆けつけてくれたのでとても安心したのを覚えています。車のメンテナンスと保険の窓口を一本化しておいて良かったと思った瞬間でした。

保険料に関しては、等級もだいぶ上がってきたので、保険料がもっと安くなればいいなと感じています。3年契約をすれば保険料が安くなるため、3年間の契約をしていたのですが、まもなく満期を迎えるため、先日、保険会社から更新後のプランが送られてきました。

内容を確認したのですが、更新後1年目の保険料が前回支払った保険料よりも高いのが、正直ちょっと納得できません。ただ、何かあった時の対応が迅速なので、まずまず満足はしています。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:93,630円
  • 車種:フォルクスワーゲン ニュービートル
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:5,000km
  • 車両保険:あり

●●同じディーラーで自動車保険を扱っていた関係で、合併する前から東京海上さんを利用しています。メリットとしては、ディーラーの担当者がそのまま保険代理店の担当者を兼ねてくれる点が大きいです。長い付き合いの担当者なので心強い!

自損事故を起こした際にも、等級の変化を念頭に置きながら、どこをどう直すのが最善かを、整備士まで交えながら分かりやすく説明してもらいました。たぶんネット専門の保険業者よりも少しコストはかかっているのかもしれないが、係りつけの町医者のような担当者の存在は、とても心強い限りです。

●●私は高校を卒業してから免許を取ったのですが、取った時点では車が家に無く、1ヶ月くらい空いてしまったんです。それからやっと保険をかけて、自分の車を運転することができました。でも、保険をかけた時期と誕生日の関係で、年齢割引をほぼ受けられませんでした。

3ヶ月くらいしか違わないので、ほとんど1年分くらい払ってますよね。22歳と27歳の割引だったと思いますが、その度ごとに損した感じがしていました。あとから聞いた話では、月払いにすれば割引が適用になったとのことです。家族も知らなかったので、保険の外交の方がちゃんと説明してくれればよかったのにと思います。

その後、車を買い換えてから保険会社も変更しました。東京海上日動の自動車保険です。ディーラーさんを通しているので「この補償はいらない」とか「ここは必要です」という説明がわかりやすいです。

なんとか事故を起こさずにいるので、事故対応満足度というのはわかりません。自動車保険もいろいろあって、どこが一番いいのかわかりにくいと思います。無料で見積も取れるし、自分が納得できる保険会社さんを見つけるのが大事ですね。なにしろ、困ったときに助けてくれる頼りになる存在ですからね。

50代男性

●●以前からお付き合いがあるディーラーでもありますし、一番信頼のしている営業マンがおります。その方は三十代の時からの付き合いですが、どんな無理難題を言っても顔色一つ変えないで、こちらの話を聞いてくれましたし、満足のいく条件を作り出してくれました。

今は、店長さんになって三店目です。偉くなっても以前と変わらずいろんな相談を引き受けてくれますし、家族の自動車保険もこの方にお願いしています。自動車ローンと同じくしていますので面倒がないように払っています。他社で購入した家族の自動車も含めて三台分ここに入っています。

先日、職場に一番安い自動車保険(他社)がありますと言われ、クオカード500をもらったので見積り依頼しましたが、実際のところは、高かったです。そのディーラーは、トラブル時や保険の条件変更等、電話ですぐに対応してくれます。すごく信頼しています。

保険料:女性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代女性

●●普段から毎日車を欠かさず運転しているので、補償が非常に充実している東京海上日動の自動車保険を何年も更新し続けています。ディーラーで車を購入した時におすすめされた保険ですが、弁護士特約などといった非常に充実した補償制度が整っており、価格こそ安くないものの満足しております。

あまり自動車保険について詳しくないのでディーラーの勧めのままに契約した保険でしたが、以前過失割合10:0で追突事故の被害者になってしまった際も、東京海上日動の担当者が丁寧に怪我の状況を気遣ってくれて、こまめに電話してきてくれたり、相手保険会社との交渉術や対処術などを丁寧にアドバイスしてくれて心強かったです。

加入していた弁護士特約を活かし、弁護士の力を活用したおかげで慰謝料アップも叶えることが出来ました。東京海上日動は電話対応もとても良いですし、これからも更新していきたいと思ってます。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:80,000円
  • 車種:ダイハツ ムーブカスタム
  • 用途:日常
  • 免許証の色:青
  • 年間走行距離:20,000km
  • 車両保険:あり

●●現在、私は東京海上日動火災保険会社の自動車保険に加入しています。この保険会社に加入する前はJA共済でした。JA共済は特に不満がなかったのですが、結婚を機に夫の関連会社が取扱う保険に切り替えることにしました。

それは、夫の関連会社を通して自動車保険に加入する方が、引落口座などの各手続きが簡単だったからです。保険料も団体割引が適用されました。

●●私が20歳で車を買った時、初心者だし自動車の保険料高くなるんだろうなあと覚悟していたら、代理店の方が「お父様の車の保険を適用しましょう」とアドバイスして下さいました。

自動車保険の仕組みが全然わからない私にはチンプンカンプンでしたが、当時の父の自動車保険は20等級だったそうで、割引率がとても高いのだそうです。そしてその等級=割引率をそのまま私の車に適用できるということで、なんだかそんなうまい話があるのだろうかと半信半疑。

それでは父の車の保険はどうなるのかというと、一家で2台以上保有している場合は、普通の契約がスタートする6等級ではなく、もうひとつ割引率が上がる7等級で契約できるそうで、さらに私が父の車を運転しなくなるため、年齢条件を30歳以上にして割引を受けられるとのことでした。

でもこういう裏技(?)って、やっぱり代理店さんが教えてくれないと知らないまま高い保険料を払うことになっちゃいますよね。親切な担当さんでよかったです。

●●仕事で自分の所有車を使っていたので加入しました。加入先は車の購入先のトヨタです。もし事故をした際の窓口が一つになるということで、加入しました。

仕事に使っていると業務使用になるので高いです。月々12,000円ほどでした。さすがに一括では払えなかったです。基本的な対物対人は無制限にして、人身は5,000万、車両も一般にしてオールクリアにしたつもりです。

そして早速自損事故をし、修理に出しました。3等級下がってしまいましたが、その方が安く上がったので保険を使いました。対応は保険会社へ一度連絡をしただけで、その後は全部トヨタがやってくれました。

東京海上日動は少し割高な感じがしましたが、対応が丁寧らしいので納得しています。30歳になると安くなると思ってましたが、気づけば35歳以上に上がっていて、どんどん保険の内容もこれから変化していくので、他社も見ないとと思いつつ、やはり購入先が安心なので加入し続けます。

●●親の代からお世話になってる車屋さんの勧めで東京海上に加入しました。免許取り立ての頃から加入しているため、今までに数回補償を受けています。幸い人身ではなく対物の補償ですが、中には高額になったものもありました。いつも速やかに補償をしてもらい、とても良かったです。

保険料は今話題の通販型とは違い、「高いかな」と思うところもありますが、24時間対応はもちろん、こじれた際の直接面会もあるようなので安心です。

利用者も多いため、相手の方も東京海上だという事も何回かあり、その際はよりスムーズに話が進みました。きちんと途中の経過を電話連絡してくださり、こちらの言いたい事を聞いてくれて相手方さんに伝えてくれました。

担当者は私が当たった限りでは男性も女性も感じが良い方ばかりでした。相手方さんの担当なのにこちらの話もきちんと聞いてくれました。支払決定の電話の際は「無事終了しましたので大丈夫ですよ」と、やさしい声をかけてくれた方もいました。値段の安い保険も気にはなりますが、今のところ更新を続けていこうと思っています。

●●初めて車を購入したときに、任意保険を調べたところ、ネット通販型と店舗型があることがわかりました。ネットは気軽に入れそうだし掛け金も安くてよかったのですが、実際に事故を起こしたときのことを考えると、店舗型の保険屋さんで相談した方が安心と思い、近所の保険代理店へ行きました。

そこで「初めてなのでよくわからない」と伝えると、まったく面倒がらずに保険の種類、事故を起こしたときの補償、レッカー移動や代車の料金補償など、細かく教えていただきました。

幸い、これまで大きな事故を起こしたことはないのですが、自分の敷地内でぶつけてしまい、修理費用が必要になったことがあり、保険屋さんに相談に行きました。

すると、修理で補償される金額と自分で直したときの金額をはじき出し、保険を使って等級が下がり次年度に上がる保険料との差し引きまで計算していただきました。そのときは「自分で直したほうが無駄なお金がかからない」ということでそのようにしました。

それ以降、7年間更新を続けています。CMなどで謳っている金額に比べると決して安いとはいえないのですが、実際にお会いして契約したことで、安心感があります。今後も乗り換えはせずに、引き続き更新していくつもりです。

30代女性

●●正直、今の自動車保険が安いのか高いのかよく分かりません。私は1回も事故を起こしたことがなく、違反もないのでゴールド免許です。今の車の前は日産スカイラインに乗っていたのですが、その時に知り合いに紹介され、今の保険会社に入りました。

なかなか有名な保険会社だというのは分かります。しかし、私も主人も車のことについては多少知識がありますが、保険のことになるとさっぱりです。主婦なので友人と家計の話になったりしますが、私が今の保険料について話すと高いと言われます。

友人は通販型の保険に入っているそうです。かなり安いそうで誘われたのですが、自分の担当のスタッフというのはいないみたいで、それが少し不安です。ですが、今のままだと保険料もあまり下がらないので、一度他の保険会社も検討してみようと思います。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:85,200円
  • 車種:トヨタ アリスト
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:5,000km
  • 車両保険:あり

●●両親の等級を引き継ぐ形で自分名義の自動車保険に入りました。等級を引き継げたことから、年齢は若かったですが、最初からとても安く入ることができました。

ロードサービスについては1度も使用したことはないのですが、車両保険は使用を試みたことがあります。自損で壁にすってしまったのですが、その修理は免責とトントンくらいで、結局自腹を切りました。

それに関する相談には、保険会社の電話窓口で親切にのっていただいたことはとてもありがたく思っております。

しかし、車に乗っている以上、ちょっとした擦り傷や、自損で小さな凹みはあるかと思います。その場合、保険を使うと等級をさが下がってしまったりと、多くの方は小さなものであれば自腹を切っているのが現実だと思います。

この点について、小さな傷の場合でも何パーセントか負担して頂けるような保険内容が有ればと感じました。

40代女性

●●新車を購入したときディーラーから薦められ、見積りを出してもらったら、特約がたくさんついてるわりには安かったので決めました。それまで入っていた保険の等級と同じだったので、保険会社を変えても金額はあまり変わりませんでした。

契約から3年間は更に割安なのですが、4年目からは2万円程上がってしまします。年々下がるなら良いのですが、途中から上がるのは何となく損した気分になりました。色々と特約がついてますが、正直今まで使ったことがないので、一度見直したいと思っています。

保険は使わないにこしたことはないですが、いざという時に保険に入ってないと困るので多少高くても仕方ありません。この金額で安心が買えるなら安いと思います。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:31,570円
  • 車種:三菱 ekカスタム
  • 用途:日常
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:1,500km
  • 車両保険:なし

●●普通自動車と軽自動車2台分の自動車保険を4年ほど前から、東京海上日動に加入しています。東京海上日動の自動車保険に加入したきっかけは、夫の会社の団体扱いになるという理由からでした。団体扱いになると、保険料も通常より値引きになるし、保険料が給与天引きになるなど、手間がかかりません。

自動車保険の加入時は、もちろん、更新時の手続きも非常に簡単で、郵送ですべてできるので、助かります。昨年、車を買い換えた際も、一度電話で問い合わせをしたら、すぐに書類が送られてきて、返送すれば手続き完了という簡単なものでした。

幸い、自動車保険のお世話になるような事故もありませんので、保険金の請求などを行ったことはありませんが、ロードサービスも充実しているようなので、信頼がおけます。

●●両親が入っていた自動車保険の会社だったので、入りました。担当のおばさんが母の知り合いでよくしてくれています。事故があった時でも、すぐに駆けつけてくださり、私が思っている不安などを取り除いてくださったり、相手が色々不当なことを言ってきたりしたら、すぐに反論してくださったりとすごく頼りになります。

ここ数年は、私も結婚して旦那さんも車に乗るようになり、うちの旦那さんの車とバイクも一緒に入らさせていただいてます。きちんとこちらの要望も聞いていただけているので満足しています。

●●自動車を購入するときに車の販売会社から勧められたのが、東京海上日動の自動車保険です。3つの補償があって安心の保険です。

1つ目は「事故の相手に対する治療や車の修理にかかる補償」、2つ目は「自分と家族、同乗者への治療費の補償」、3つ目は「自分の車の修理代の補償」です。これで基本的な費用は全て網羅できると考えました。

しかし、万が一、事故に遭った場合、助けが必要になります。そこで3つの基本特約もつけることにしました。まず、相手が誰になるかわからないので、弁護士費用特約です。もらい事故に遭ってしまった場合、保険で弁護士が間に入ってくれます。

入院時の差額ベッド代や諸費用をカバーしてくれる、入院時選べるアシスト特約も大事です。あとは、おくるま搬送時選べる特約で、車がレッカー移動されたときのレンタカー代の補償になります。車屋さんが保険の説明も詳しくしてくれますので、車の購入時に保険も一緒に入ってしまったほうが便利かもしれません。

●●私は、以前から自動車保険は東京海上日動火災です。なぜなら事故時の対応力の強さを知っているからです。以前、働いていた職場で、掛け金が安いからと言って共済系の自動車保険が流行った時期がありました。同僚もそれまで損保会社系の自動車保険だったのを共済系の自動車保険に変えました。

それからしばらくして、奥様が事故を起こされました。一方からの聞いただけの話なのでどこまでが本当かはわかりませんが、その話ではどう考えても奥様の過失はゼロに近いものでした。自動車同士の事故で、物損だけだったのですが、相手の保険会社は損保会社系。共済保険の担当者は、弱腰での交渉。

結局、相手方の過失割合が大きく減り、過失はゼロに近いと思われていた奥様の過失が殆どという結果になりました。保険会社の担当者にもよるとは思いますが、あまりにもふがいない結果。そのとき保険会社は大きいに限ると思いました。

50代女性

●●私は以前、自損事故を起こしてしまったことがあります。どのような事故かと申しますと、人様の家の門に勝手に激突してしまい、なんとそこの家の大切な由緒ある二本松をへし折ってしまったんです。私はあわてて東京海上日動火災さんへ電話しました。

この時のコールセンターの女性の方の対応が、素晴らしく良かったことを思い出します。あわてている私に対して、とても落ち着く言葉を掛けてくださいました。この事故があってから、私は東京海上日動火災さんの保険を継続して利用させて頂いています。

毎月の保険料は決して安いものとは思いませんが、事故をやって、この保険料金の意味がなんとなく分かってきたような気がしますし、実際に事故をやってみると見えるものがあるような感じがしました。事故はやらない方がいいに決まってはいますが…。

なお、私の基本情報は以下の通りです。

  • 保険料:16,000円
  • 車種:ホンダ アクティ
  • 用途:業務
  • 免許証の色:ゴールド
  • 年間走行距離:5,000km
  • 車両保険:あり

●●二十数年前、自動車を購入したディーラーにて加入しました。乗り換えや買い替えではなく、初めての自動車購入だった事と、ディーラーの担当営業者が非常に好印象だった為、そのディーラーで取り扱っている東京海上日動に入ることにしました。

大手の自動車保険会社ということもあり、別段困ったこともなかったのですが、数年後に自動車を買い替えた時には少々気まずい思いをしました。保険に加入した販売会社とは異なるメーカーの自動車に乗り換えてしまったからです。

基本的に、自動車のディーラーであっても、保険の代理店であることに変わりはありません。異なるメーカーの自動車に買い替えてしまったことを、色々と良くしてくれたディーラーの担当者に伝えるのは、心苦しいものがありました。

事故対応:男性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代男性

●●車を購入した時に入った東京海上日動の自動車保険を使って、事故対応をしてもらいました。車を電柱にぶつけてしまい、自分の車のドアを大きくへこませたうえ、サイドミラーも壊してしまったという自損事故を起こしてしまったのです。

修理の手配も非常に迅速でしたし、コールセンターの対応も非常にわかりやすく、かつ丁寧だったので、事故を起こして気が動転している私も冷静に行動することが出来ました。

壊れた車はすぐにディーラーへ持って行き、修理をすることが出来たので、2週間もたたないうちに、何事も無かったかのように綺麗な状態の愛車へと生まれ変わりました。東京海上日動はコールセンターの人の態度も丁寧で非常に親切でしたし、事故の処理や修理も待たされず、本当に迅速に全て行ってもらえたので助かりました。

●●衝突事故を体験したことがあります。こちらが青信号直進時に右折車が突っ込んできたという形の衝突事故でした。とりあえず相手の方と連絡先を交換し、その場で保険会社にも連絡しました。

まず事故の状況を説明し、「相手の人とは補償に関わる話は一切しないように」と忠告していただきました。後日、相手の保険会社との交渉や修理依頼をしたディーラーとの交渉を進めてもらい、自分では何もする必要がありませんでした。

ただ、最終的には相手がなかなか折れず、本来より少ない割合の賠償しかしてもらえなかったことが残念でした。それでも当時大学生で一人暮らしをしていた私にとって、強い味方であったことは確かだと思います。あの時、何よりもまず保険会社に連絡していて正解でした。

●●事故を起こしてしまった際に、相手方への連絡や、どういった流れで進んでいくのかなどを聞かなくても、とても丁寧に対応してくれました。保険加入は親に「東京海上日動は何かあった時の対応が物凄く良い」と聞いて、決めました。実際、他の保険よりも金額が高めだと思いますが、補償や対応は素晴らしく良いと感じました。

自動車関係の事故は万が一起こった場合、かなりお金がかかるので、保険には絶対入った方が良いと思います。私は自分の車の修理も保険から出すことができ、とても良かったと思います。

●●私は自営業で会社をやっていますので、保険会社にはよく色々なところでお世話になるのですが、営業にくる営業マンと、実際に何かあった時に対応してくれる人は大抵違う人ですので、困ることが多くあります。

実際に自分が車に乗っていて事故を起こしてしまった時も、すぐに保険会社の担当営業に電話をしたのですが、結局自分ではわからないということで、他の部署へ電話をかけるよう言われました。

こういうことがあるので、保険会社はあまり好きではないのですが、その先で実際に保険がおりるまで対応してくれた女性が非常に丁寧で、わかりやすく手助けをしてくれたので感謝しています。

事故から保険金の支払いまで3ヶ月ほどかかったので、時間的には遅いなと思いましたが、1円も自分の支払いがなかったので助かりました。

●●以前バイクに車をぶつけてしまったことがありました。その時に乗っていた車はレンタカー(代車)でした。保険をかけていた社用車が故障してしまい、レッカーで引き取られた後に、保険会社の方で用意をしてくれたレンタカーで事故を起こしてしまったので、構図が結構ややこしく、担当の方に説明するのも一苦労でした。

担当していただいた方は女性の方で、丁寧に説明してくれたので助かりました。

保険会社は営業にきて「一生面倒見ます!」というような保険のセールスマンと、実際の対応してくれる人が別なので、結構ややこしいのですが、その担当の女性の方は営業マンでもないのに何度も電話をかけてくれて、結局私は事故を起こした後に1円も払うことなくすみました。

●●私は免許を取得し、安全運転を心掛けていたのですが、繁華街の交差点の右折時に、直進して来た自転車と接触事故を起こしてしまいました。

一旦停車してからの右折で、速度がさほど出ていなかった為、自転車の方には大した怪我はありませんでしたが、念の為に救急車を呼び、保険会社にも連絡しました。

初めて起こしてしまった事故なので、気が動転していましたが、保険会社のオペレーターの方に親切に事後処理の流れを教えてもらい、落ち着くことができました。担当が決まり次第連絡するとのことで一度電話を切り、警察の現場検証等を済ませました。

現場検証を終えた後すぐに、担当の方から電話をもらい、後の処理は全てお任せ下さいと、誠意溢れる対応をして頂きました。

その後も経過報告や、相手の怪我の具合等、逐一報告の電話を頂き、事故処理の状況や慰謝料等はどうなっているのかという心配を全くせずに済みました。

初めての事故と保険会社の利用だったので他社との比較ができませんが、東京海上日動にして良かったと思いました。

●●普段から週末は車で遠出をするので、よく高速道路を利用していました。いつも通り高速道路を走行していると、大型ダンプカーが勢いよく追い抜いて行きました。

砂利を相当積んでいたのか、追い抜き時に落下した石が、私の車のフロントガラスに直撃してしまいした。フロントガラスに相当なヒビが入り運転が困難な状況だったので、すぐ近くにあったパーキングエリアに車を停め、すぐに保険会社に連絡しました。

現場に来た方に自走不可との判断を頂き、レッカーしてもらい、指定修理工場に運んでもらいました。一緒に工場まで行き、後は担当の方に任せました。レンタカーを代車として借り、このようなアクシデントがあったので、流石に遠出する気も無く、帰宅しました。

運転中で電話には出れませんでしたが、何度か保険会社から連絡を頂いており、情報伝達がしっかりしている会社だなと感じました。

また後日、担当の方から、レンタカー代を補償するとの旨を聞き、そこまで補償されていることを初めて知りました。今回は飛び石ということで保険等級も変わらず、レンタカー代も補償してもらえたので、保険会社への満足度がかなり上がりました。

●●単独事故による軽い鞭打ちで2週間程通院しました。主にリハビリで針治療だったのですが、生命保険に入っていないので何にも保険金は出ないと諦めていました。

すると東京海上日動の自動車保険から連絡があり、事故によるケガの通院には、1日4000円出るので申請して下さいと言われました。おかげで通院費用は全額まかなえたのでとても助かりました。連絡をいただけなかったら保険金がもらえる事も知らないでいたので、親切な対応に満足しています。

●●私が事故に遭ったのは二ヶ月前のことでした。信号待ちをしていたところ追突されたのですが、これまでにそういった経験のない私は、とにもかくにも保険会社と警察へ連絡を入れることしか頭にはありませんでした。

幸いにして、結果として私は自分の加入している保険から修理費用を出さずに済んだのですが、相手の加入していた東京海上日動による迅速な対応、今でも感謝しています。右往左往する私に、懇切丁寧に保険のことを説明していただき、ほっとしたことを思い出します。

不躾ながら警察の方が到着されるまでにずっとお話をさせていただいたのですが、こちらが不安にならないための配慮か、冷静に、ことの始まりから終わりまでをお聞きいただいたおかげで、その後の保険金の受取までをスムーズに執り行うことができました。

残念ながら私の車は廃車となってしまったのですが、東京海上日動のお働きにより、しばらくの間代車を貸していただけることになりました。そしてさらに、代車を予定より早く返却したことにより、早く返した分の差額をいただけたこと、本当に感謝しております。

今もまだ時折、自動車に乗る際にはついつい後ろの車が過剰に気になってしまうのですが、それでも東京海上日動が業界のスタンダードであるなら、もう少し私は安心するべきなのかもしれませんね。

●●私が初めて自動車で事故をしたときは、正直何をすれば良いのか分からなかったです。事故の原因は私がコンビニからバックで道路に出たときに、後ろから来た自動車に衝突してしまったことです。ちゃんと確認しなかった私の責任で、状況からしても100%私の責任です。

まず、警察に直ぐに連絡を入れて現場確認と届けです。それから東京海上に電話をかけました。何もかも不安でしたが、担当の方が後のことは引き受けてくれまして、自動車の破損も相手の保険会社と連絡をして自動車工場を用意していくれました。

それから日にちが過ぎて電話が掛かってきたので話をしたら、相手の方に今回のことをお詫びする連絡を入れて終わりました。事故をしたときは何をすればよいか本当に迷いますが、保険会社が全てを済ませてくれるので本当に助かりました。

●●1年ほど前の体験です。路地裏でバックをした際、後ろから来てる車に気づかないで接触事故を起こしてしまいました。双方怪我はなく、私の車は破損あり(車両保険未加入)、相手側には破損は見当たりませんでした。ですが、相手側はフロントバンパーを交換すると言われました。

現場検証が終わり、私の保険会社に電話をして、そこからは保険屋同士の話し合いになりました。相手側の修理代の見積もりが来て、私の保険屋から電話がありました。金額は代車代込みで18万ぐらいでした。

傷もないのにこの金額に納得できなくて、保険屋に色々聞いてみましたが、ぶつけたのは事実なので例え無傷でも修理するしないは相手の自由と言われ、納得しました。保険の等級の制度の変更があり、どの程度なら保険料が上がってでも保険を使った方が良いのか教えてくれて、保険を使う事にしました。

●●ガソリンスタンドで給油後、道路へ出ようと停止している時に、後ろのほうからゴンッと鈍い衝撃が伝わってきました。後ろへ視線をやると私の車体に食い込んだトラックの姿がありました。突然の事で気が動転しましたが、無理矢理気を静め、警察を呼びました。

その後、警察がやってきて事故の見聞が始まり、30分ほどで事は終わりました。一段落し、少しは落ち着いたのものの、ベコベコになった私の車を見て、かなりショックをうけました。幸い、相手方は任意保険に加入しており、すぐに保険会社へ連絡をしていただけました。

保険会社へ過失割合や補償について尋ねると、過失割合は停車中の事故で10対0で全面的に相手方が悪いとのことでした。肝心の補償については、すぐにレンタカーを手配し、ダメージをうけた箇所は完全に修復しますと告げられ、ほっとしました。オペレーターの方は親切丁寧に対応してくださり、不明な点など抱かずにすみました。

その後、2週間ほどでピカピカになって車は返ってきました。今回の件は幸い怪我人が出ずにすみましたが、更に酷い事故に遭っていたらと思うとぞっとします。

自分だけは事故も起こさないし、遭わないだろうと慢心していた部分があり、今ではとても愚かな考えだったと痛感します。これからも「なにかあるかもしれない」を心がけ、安全運転に努めていきたいと思います。

●●学生時代のことでした。自分の車で宅配便のアルバイトをしていました。乗っていたのは2ドアのセダンでした。ですから大きな荷物になるといくつも積むことができず、あまり稼げませんでした。

ノルマはありませんが、運んだ数に応じてバイト料は支払われますので、できるだけたくさん運ぶためには繰り返し集配所に戻る必要がありました。焦りもあったと思います。それである程度慣れた頃、集配所の屋根を支えていた独立柱にバンパーをぶつけてしまい、バンパーはくの字にへし曲がり、柱も大きく歪んでしまいました。

すぐ保険会社に連絡を入れました。すると、「とにかくバイト先の関係者との間で勝手に話を進めないでくれ」と言われました。また、「簡単に謝るな」とも言われました。明らかに自分のミスですからちょっと変だなとも思いましたが、言われたとおりに謝りもしなければ賠償の話もせず、そのまま車を運転して配達をしていました。

●●私は以前、区役所の立体駐車場で事故を起こしました。出入口がゲート式になっていて、アクセルとブレーキを踏み間違えてゲートに車で突っ込んでしまいました。時間帯がお昼時で、とても駐車場が混雑する時間帯だったので、大混乱を起こしたことを今でも覚えています。

アクセルを結構強く踏んでしまったので、思いっきりゲートに激突しました。ゲートは倒れ掛かり、車も右前の損壊がかなり激しかったです。右フロントのタイヤが歪んでしまい、走行不可能でした。

動揺してかなり焦っていて、ひとまずいつもお世話になっているディーラーの営業マンに連絡を入れました。するとすぐに営業マンが駆けつけてくれ、ディーラーで自動車保険にも加入していたので、保険会社にも連絡を入れてくれていました。

保険でレッカー移動も可能な特約に入っていたらしく、車はレッカー車で引き上げてくれました。この特約を使うと、修理の間のレンタカーも手配してくれるようで、そのままレンタカーを代車代わりにして、すぐに修理に取り掛かってもらいました。

保険に加入するときはあまり深く考えずに入った特約でしたが、実際に事故を起こすと入っていてよかったなと思いました。迅速な対応をしてくれた営業マンにもとても感謝しています。

●●原付を乗っている時、自転車の方と接触事故を起こしてしまいました。明らかに自転車が悪いのですが、やはりこちらの方が悪い事になりました。幸い、相手方に怪我はなく、自転車が壊れただけでした。私の方は頭を打ち擦り傷ができ、病院にかかり通院する事になりました。

東京海上日動のファミリーバイク特約に入っていたので連絡すると、いろいろ補償してくれました。相手方の新しい自転車の費用はもちろんの事、私のバイクの修理費、毎回の病院代、それにビックリしたのが病院への通院の費用も出た事です。バスと電車で通院したのですが、その費用が全て保険で下りました。

少額の特約料を支払うだけで、手厚い補償をして頂き、とても助かりました。書類の提出も、担当の方が丁寧に教えて下さり、初めての事故でしたが、手続きに困る事がなくてよかったです。

●●一度トンネルでスリップによる単独事故を起こしました。幸い命に別状はなかったのですが、ガードレールを曲げてしまい、トンネルの壁にも引きずった跡が残ってしまいました。東京海上の自動車保険に加入していましたので、破損個所の修理代は、全額払ってくれました。

車は廃車になったのですが、車両保険には入っていませんでしたので保険金はなしです。新車を買うはめになったので、入っておくべきだったと今更ながらに思います。レッカー代も実費でした。

●●東京海上日動を選んだ理由は、両親が昔からの付き合いで加入していて一番安心できるからです。代理店の方とは、家族ぐるみみたいな関係で、色々といつもお世話になっており、尚且つ契約者でもある私たち家族にあったベストな保険内容をおススメしてくれます。

保険料はテレビCMでやっているような通販型と比べると決して安くありません。私の年間保険料は、ゴールド免許で15等級で年間8万円前後です。ただ、家族で事故にあった時の対応がとても早く、選んで良かった保険だと思っています。

また、自分でも当て逃げをされた時に、車の修理に関して全てお任せしたところ、対応が結構いいお店を選んでくれて大変助かりました。

テレビCMでやってる『安い』は、ロードサービスや補償の内容が薄いので、そのことを考えたら値段が高くても東京海上日動を強くお勧めします。私は本当に東京海上日動の保険に入ってて良かったと思っています。

●●事故対応ですが、相手側の状況など頻繁に連絡を下さり報告してくれるので、不安が解消されます。対応もスムーズで、もたつきもない為、待たされるという事はありませんでした。専任担当者がつくので何度も電話する度に説明しなくてもいいですし、こちら側の要望も聞いてくれるので安心してお任せできます。

どこの保険も同じかもしれませんが、10対0になった場合は介入してくれなくなるので、過失がなくても9対1にした経験がある事が一番のネックでした。事故対応以外の対応も良いですし、スムーズなので、長い期間利用させていただいています。車の保険会社に求める事はやはり事故対応のスムーズさなので、その面では満足しています。

車の買い替えの際の手続きも電話1本で対応してくださり、後日書類を確認して下さいと言われただけで、煩わしい手続きもなかったので、とても良かったです。昔からある保険会社なので信頼性もあり、今後も契約を続ける予定です。もし車を増やす場合も、こちらの保険会社にと決めています。

以前、違う保険会社に加入していた際、事故対応で物凄く時間がかかり、同じ説明を何度も繰り返したりして、もたつきを感じさせられてからは、他の会社と比較してもやはりこちらの保険が一番私に合っているのかなと思っています。

●●2年ほど前にバイクで起こした事故の体験談です。事故の相手は自転車に乗った女性の方で、深夜の交差点での出来事でした。自身も初めての事故で軽いパニックになってしまい、相手側に怪我は無かったので、その時は警察の取調べのみで自宅に帰りました。

翌朝、保険に入っていた東京海上日動に連絡しました。私が、直接相手側に謝りに行こうと考えている旨を伝えると、示談が成立してからにしてくれと言われました。初期段階で当事者がやり取りを行うのは、かえって解決を長引かせるケースがあるそうです。そういったことも初めて知り、本当に勉強になりました。

その後は、保険屋が間に入って話を進めていき、1週間ぐらいで示談が成立し、数日後には示談書が自宅に届きました。今回の事故で相手側には怪我はありませんでしたが、私が足に全治2ヶ月ほどの怪我をしてしまい、示談の話と同時に通院費の話もしました。

とにかくパニックになっていた私に、安心感のある声で親切に電話対応して頂いて、少し安心したのを今でも覚えています。通院中も定期的に連絡を下さり、怪我の状況を聞いてその都度安心することが出来ました。怪我が完治する最後まで、とても親切かつ丁寧な対応でした。

●●2012年12月、会社からの帰宅時に前方不注意により前の車とぶつかってしまう事故を起こしてしまいました。相手方が少し腰痛がするとのことで人身事故扱いとなり、当方はすぐに保険会社へ連絡しました。

事故を起こしてとても不安だったのですが、東京海上日動の担当者さんはとても優しく丁寧に対応してくださり、安心感を与えてくれました。

事故の相手方はその時はピンピンしており、病院でも打ち身という診断でその日は無事に終わったかと思いました。しかし、後日相手方は「腰痛がひどくなってきた!どうしてくれる!」と、もの凄い勢いで電話してきました。

今回は当方が加害者であり、相手の方に非常に申し訳ない気持ちでいっぱいで話を聞いていると、「慰謝料を払え!腰痛でトレーニングジムを休むからその費用を払え!」と恫喝してきたため、すぐさま保険会社に連絡を取りました。

すると、保険会社の方からは「被害者は加害者に直接請求せずに保険会社を通して対応するのでご安心ください」と対応をして頂きました。

交通事故でたまに被害者の方が無茶苦茶な要求をしてくることがあるそうで、今回もそのケースに近いとのことでした。保険会社さんはそれ以降加害者の方と何度か話し合いを行い、穏便に事態を収めることができました。

今回のケースのように、事故の処理だけでなく事故後の対応まで丁寧に行ってくれたのを体験し、保険に入ることの大切さを身をもって体験することができました。

30代男性

●●自動車通勤をしており、居眠り運転で、水銀灯のポールに激突し、自車を大破させてしまった時のことです。勤務先に電話をし、事故処理と病院受診を終えた後、保険会社に電話を行い、事故の現場と事故の内容、病院受診を行った後の受診結果等について的確に伝えました。

その後、病院への診断書の取り寄せの他、警察への事故証明書の取り寄せ代行等を迅速に行ってくださいました。

車両保険を付けていなかった関係で、賠償金額の全額は下りませんでしたが、事故見舞金の支払いの他、医療機関受診時の費用をすべて保険会社が肩代りする形となり、健康保険の3割負担で支払った分は返還してくれることになりました。

年末に事故を起こしたこともあり、支払いまでに時間は掛かりましたが、日本最大手の損害保険会社だけあって、迅速でしっかりとした対応をしてくださり、非常に助かりました。

●●事故を起こした際の保険求償についての体験談です。以前、県道のガードレールにぶつかる自損事故を起こしてしまいました。その際、保険会社の方でガードレール代請求への対応を全てやっていただき、とても助かりました。

道のガードレールを壊したら、誰を相手に費用のやり取りをしなければならないかなんて全然考えたことも無く、保険に入っていなければどうしようもなかったと思います。請求額は約30万円と高額でしたので、費用面の心配がなくなって本当に安心しました。

それに、事故を起こしたということだけでもとてもショックですので、そんな時でも「あとは保険屋さんに任せておけば大丈夫」と思うことができ、精神的にずいぶん楽になりました。

●●飲食店の駐車場で車同士の衝突事故の際、対応してもらいました。電話をかけると丁寧な口調で対応してくれ、まず自分の体のことを心配してくれました。その後、事故の状況や相手のことなど詳しく聞かれました。

相手の加入している保険会社と連絡をとって話し合いをしてくれたので、自分では一切することはなかったです。こまめに連絡をくれたので、不安になることもなく、安心して任せることができました。

車の修理については、修理工場へ直接支払いが行われたので、自分では現金を用意することもありませんでした。駐車場での事故で相手が同僚だったということもあり、警察への届け出をしなかったので事故証明などはありませんでしたが、それにも関わらず、迅速にスピーディに対応してもらい、大変満足しています。

●●初めての車の購入の時から、保険はずっと東京海上さんに加入しています。3年前に初めて自損事故を起こし、担当者に事故対応をお願いしました。スーパーの駐車場を出る時に、駐車をしている別の車にぶつけてしまったのですが、幸い軽い衝突で私も事故の相手側も無傷でした。

事故を起こしたのが夜10時過ぎで、ひとまず警察を呼んで対応してもらいました。事故の説明が終わった後に、保険会社に対応を依頼するということを伝え、帰宅しました。帰宅した時には12時くらいになっていましたが、担当の方に電話するとすぐに出てくれました。

夜中だったので相手の代車の手配など心配でしたが、対応するので大丈夫とのことでした。それから相手の車の修理など全て行ってくれたので助かりました。以前から加入していて担当者を知っていたのも良かったのだと思います。

●●土曜日の夕方6時ごろ、車をバックしていて、路駐していた無人の車にぶつけてしまいました。幸いにも、どこの家の車かは分かっていたので、すぐ謝りに行き、連絡先をうかがって、「事故受付はこちらへ」と記載があった「あんしん110番」というフリーダイヤルに連絡しました。

電話口に出た女性から「名前、証券番号、事故の発生場所と状況、相手の名前と連絡先、免許証の番号、怪我の有無」など聞かれました(かなりいろいろ話した気はするのですが、気が動転していてあまりよく覚えていません)。

また、車両保険がついていたので、「車の修理先は決まっていますか?もし決まっていなければこちらで紹介することもできます」と言われたのは覚えています。正式な担当からは週明け月曜日に連絡しますということで事故報告は終わりました。

すぐに相手方に連絡してくれたようで、うちからの電話が終わった後、その旨相手方に伝えに行ったら、相手の方が「今、保険会社さんから連絡きています。どうもありがとう」と言ってくれました。

私が一方的に起こした事故だったこと、相手に怪我がなかったこと、相手方に代車を手配してくれたことなどで、特にもめる要素もなかったのだと思います(相手も路駐でしたし…)。

保険会社の人とのやり取りはほとんどなく、「相手の方の車の修理が終わりました」「これで解決しました」など、数回だったかと思います。保険会社の人が間に立ってくれたおかげで、相手方と直接連絡取ることもほとんどなく終わり(最後に挨拶には行きました)、自動車保険のありがたみを感じました。

●●1年前、父と私と弟が使用している自家用車を買い替えるということで、それまで乗っていたホンダのフィットを買い替え、メルセデスベンツを購入しました。何事もなく利用していたのですが、父が弟を仕事場まで迎えに行く途中、タクシーに車の車体をぶつけられました。はっきりとわかる傷がついてしまいました。

そこで早速、車の保険として契約している東京海上日動の代理店の担当者に電話し、事故の処理、車の修理等の手配までお任せしました。結論としては「さすがプロ」の一言です。

私も事故の最後まで立ち会ったのですが、東京海上日動の代理店担当者の方は、事故が起こったと電話してからの対応が早く、まず自己の分析等の調査を手際よく指揮していました。

ぶつけたタクシーの運転手と自分たちの過失割合についての取り決め、それで過失割合が決まり、実際の双方の保険会社が支払う金額が決まり、警察への届け出という一連の流れ、全部保険の担当者が手配してくれました。

車の車両保険は高い補償金額で契約でしておりましたので、こちらがお支払した金額はゼロ。さらには修理工場まで教えていただき評価としては非の打ち所がございませんでした。

なお、注意する点としましては、一度事故を起こしてしますと等級が下がり、次回の保険契約の契約金が上がってしまうという事態が引き起こります。よって、なるべく事故は起こさないようにというのが、当たり前ですが鉄則ですね。

●●あるメーカーで新車を買った時、保険更新の機会に、同じ東京海上でしたが代理店を変更しました。それまでは代理店単独の個人営業の方でしたが、ディーラーさんと代理店さんが一緒だと何かと便利だと思いました。

事故の時、修理と保険請求などもあちらこちらに連絡しなくても済み、担当の方にお任せできたので楽でしたし、依頼から代車手配や納車までスムーズに行われましたのでとても助かりました。それ以後17年来のおつきあいです。

こちらの状況もわかって頂いているので、更新の時期にもちょっとやりとりするだけで安心してお任せできる事がとてもありがたいです。他で検討したこともありましたが、安さ以上の安心があるため、移るという選択には至らなかったです。

●●2年前ですが、自動車保険の車両保険を利用しました。高速道路を走行中、飛び石でフロントガラスに直径2cmほどのヒビが入りました。数ヵ月後に車検を控えていて、これでは車検が通らないということで、自動車保険を使いフロントガラス交換を行いました。

フロントガラス1枚で13万弱でしたが、免責金額の5万円で修理することができました。対応も迅速で、保険会社からディーラーに、修理の日程や支払いのことを前もって連絡していただけたので、トラブルなく修理完了しました。

当時は等級据え置きでしたが、今は1等級下がるとのこと。飛び石は過失なく誰にでも起こりうることです。免責金額5万円はかかったものの、車両保険に加入していて良かったと思いました。

●●就職先企業の法人契約で加入しております。先日、自動車事故を起こしてしまい、警察などへの連絡後、電話で事故の報告をしました。

事故を起こしたのは初めてだったので、今後の展開等、不安でいっぱいでしたが、電話対応の方も親切にご対応いただき、自己担当の方からの折り返しも素早くいただき、今後についても安心することができました。現在の状況や事故の相手先の現況等、一般的な聞き取りの後、今後の流れなどを詳細に説明していただきました。

また、被害者の方への謝罪の連絡の必要性などはご説明いただきましたが、その後は基本的に「弊社にて一任します」とのことで、少し不安でしたが結果的に私の一存で何かをやるべきこともなく、現状についても事細かに説明いただき、非常に安心することができました。

あまりいいことではないかもしれませんが、相手方への賠償などもあるので、素人の私が被害者の方と折衝する機会がほとんどなかった点は非常に安心できました。必要書類などの手配も迅速で、流れの全体を通して可能な限りスピーディーに対応いただけたと思います。

今回は法人契約での事案でしたが、この事故を機に個人の保険契約も東京海上日動に切り替えました。ロードサービスなどのサービスも充実しており、今後の万が一の時も安心して相談できると思います。

●●車に乗って直線道路を走行していると、前方の車が急停車しました。突然の出来事だったので、反応が遅れてしまい、前方の車に衝突してしまいました。初めて起こしてしまった事故だったので、衝突後、頭が真っ白になりました。

同時に、前方の車の搭乗者のケガが心配になり、相手の車に駆け寄りました。私が相手の車に向かっていると、相手の車から相手が出てきました。相手もケガがない様子だったので、一安心し、衝突したことを謝りました。

相手も怒ることなく、その場に警察が来て、事故の状態の聴取を受けました。その後、相手と連絡先を交換し、その場を後にしました。

家に帰ってから証券に記載されていた保険会社の連絡先に電話をしました。事故の状況を説明すると、こちらが100%悪い事故として対処して良いかの確認がありました。私もそのように認識していたので、承諾し、これ以降の相手とのやり取りを保険会社に任せることにしました。

その日の晩に相手さんと最初の挨拶をしたとの連絡がありました。連絡が早かったので、その早さに驚きました。事故の日以降も定期的に進捗状況の報告の連絡があり、現状がスムーズに把握することができました。その後も相手とトラブルになることなく、スムーズに示談をすることができました。

●●以前、私の方が過失割合100%の事故を起こしてしまった際に、自動車保険を使いました。事故を起こしたことがそれまで無かった私は、どうしたらいいのか大変困惑をしていたのを覚えています。しかし、保険会社のコールセンターに電話をしてからは、その困惑もすべて消え去りました。

まず、事故を起こした現場で、自分が初めに何をしたらいいのか、そして次に何をすればいいのか、など丁寧に電話で教えて貰えたのが大きな安心となりました。ただただその指示に従って行動すればよかったのですから。

事故の相手側とのやり取りについてもサポートしてもらえたのは本当に良かったです。事故のあと、一度謝罪に伺った以外は、私自身は一切事故の相手に会うことなく、すべて保険会社に対応して頂いて、きれいに片付けることができました。自動車保険に本当に入っていて本当によかったと思います。

●●1年前に自損事故を起こしました。電柱に側面をぶつけてしまい、タイヤのアライメントがおかしくなったのか、自走することも困難な状況になりました。その際に、保険会社に連絡はしました。

自損事故は対象範囲外にしていたため、保険の適用は受ける事が出来ない事は理解していましたが、代車を用意してもらうサービスには加入していたので、対応をとってもらうように手配しました。

しかし、代車を手配するレンタカーショップと保険会社間での連携がうまく出来ていないのか、レンタカー屋でも話が通じておらず、行った先で相当な時間を待たされる結果となりました。

最終的に車を購入したカーディーラーの好意により、代車を借り受けることができたので、当座の移動はしのぐことが出来たのですが、それができなかったら…と、怖い思いをし、この点の対応は残念と言わざるを得ませんでした。

●●吹雪の日の事故でした。前方の車両に衝突し、エンジンが動かなくなりました。ディーラー経由で保険に加入したので、ディーラーとのやり取りで、まずレッカー移動を要請し、1時間以内にはレッカー車が事故現場に到着し、自分もレッカー車に乗り、修理工場(ディーラー)に行きました。

代車の特約にも加入しており、代車はプリウスを借りることができてラッキーでした。衝突した相手は半年くらい整形外科に通わなくてはいけない状態でしたが、医療費は保険での支払いで大丈夫でした。

その都度、医療費が保険を通じて相手にいくら下りたのか、ハガキが送られてきて確認できたので安心でした。購入したディーラーが保険の代理店でもあったため、一連の流れが本当にスムーズで良かったです。

●●まず自動車事故を起こした時点で、保険会社に事故のいきさつを伝えました。それと対人事故のため、警察に連絡を取りました。そうすると警察から、最寄の警察署に来るように言われました。そのため、事故を起こした相手の人とともに、最寄の警察署へ向かいました。

警察署に着いてからは、事故を起こした状況を伝えます。事故を起こした場所、どのような事故なのかなどを質問されます。そして、車の写真を撮って、警察とのやり取りはこれで終了です。

その後、保険会社の担当の人が来て、警察署で質問されたようなことを伝えます。保険会社の人が言うには、事故を起こしたときはすぐに連絡を入れるようにとのこと。後日車を修理して、保険金は振り込みという形で入金されました。

●●以前、車で原付と事故を起こしてしまいました。幸い、相手にも自分にも怪我はなく大ごとにはなりませんでしたが、初めて起こした事故に私はかなり動揺していました。

ひとまず警察を呼ばないといけないと思い、警察に立会いをしてもらい、おまわりさんからお互い保険会社に連絡しておくようにと言われ、ようやく連絡を入れました。

オペレーターの方は事故の状況を細かく聞いてくれたのですが、私はあまり上手く説明できずに大丈夫か不安になりました。それでも、とても親切な対応で、分かる範囲で構いませんとおっしゃっていただき、気が楽になり、なんとか事故報告を終わることができました。

その後も、相手と相手の保険会社と懸命に交渉する上で、私の意見もしっかり聞いてくれ、私が過失割合などで納得がいかなかったときも、少しでも私が不利にならないよう交渉をしてくれました。

その後、また別で事故を起こしたときも、対応してくれた方は別の方でしたが、同じように親身になって対応してくださりました。保険会社の一人一人の方がとても親切で、こちらのことを真剣に考えてくれているなと、ひしひしと感じました。

今後、事故は起こさないよう気をつけはしますが、車を使う限りは引き続き東京海上さんにお世話になろうと思っています。

●●20代の頃なんですが、アルトワークスに乗っていました。東京海上の保険でして、保険料は12,3万円だっと思います。車両保険に入っていませんでした。また、ロードサービスは受けていなかったのですが、JAFに入っていました。

海岸沿いに走りに行っていたことがありました。そこでタイヤがスリップし、反対車線の壁にぶつかって少し停車していたのですが、前から普通車がきて、正面衝突を起こしました。

そのときに私は呆然としていたので、事故の対応が全くできなかったです。相手の人が警察に電話してくれたり、発煙筒をたいてくれました。警察の人に言われたのですが、反対車線に出ているということなので、100%こちらが悪くなりました。

相手は3人乗車していたのですが、運よくまったく怪我がなかったです。

後の処理はすべて東京海上さんがしてくれました。本当に助かりました。保険料は翌年から少し高くなりました。東京海上は保険料は高いと思いますが、後の処理はかなりいいと思います。値段だけで保険会社は選べないと思いました。

●●自動車保険は東京海上日動に入っています。雨の日に山間部で車同士の接触事故を起こしてしまったときの保険会社の対応がとても早く、驚きました。

事故起こした直後は、どのような対応をして良いのか分からなかったのですが、担当者の方から適切なアドバイスをしていただき、また、事故を起こした相手へも気遣うような対応はとても信頼できると感じました。

そして、事故を起こした車は自走ができない状態だったので、そのことを伝えると30分ほどでロードサービスの方が来てくれたので、そのときはとても安心感がありました。

遠出をしているときの事故だったため、事故を起こした日は泊まるホテルが見つからなかったのですが、そのホテルまで東京海上日動の担当者の方が手配してくれたことには感動しました。

40代男性

●●交通事故が起きた時、保険会社の担当の方は「お互いに動いているもの同士がぶつかった場合、過失の割合が10対0はあり得ない 」とおっしゃる方が多いですが、必ずしもそうとは限りません。

私の場合、バイク(CB400、慣らし運転中)と車でぶつかったのですが、最初は7対3(相手:自分)の割合から、最終的には10対0になりました。

全治3ヶ月の体で、保険会社の担当者と戦うのは辛かったですが、最終的には元警官という調停委員の方が来て、調整してくださいました。調停の方曰く、「バイクと車でマイナス1割」「左かレーンからのUターンでマイナス1割」「後方未確認でマイナス1割」という説明でした。

相手の理不尽な運転で怪我をされた方、是非戦ってください。ただし、自分が契約している保険会社は使わない方が良いようです。なぜなら、自分には過失が無いので、使う必要が無いとアピールするためだそうです。アドバイスはもらいましたが、基本的には全て自分で交渉しました。

●●初めて車を購入したのは24歳のときでした。会社の先輩から譲ってもらった中古のカローラワゴンでしたが、そのとき初めていわゆる強制保険とは別の任意保険の存在を知りました。当時は若かったこともあり、任意保険には加入しませんでした。若さゆえ、過大な運転技術への過信と、単純にお金がなかったからです。

それから1年後くらいに、会社の同期が退社して、保険代理店を立ち上げたので、同期のみんなに契約してほしいと連絡がありました。私は彼と特に仲が良かったので、すぐに加入しました。一方で、私と一緒に説明を受けた同期のMは万年金欠で「もう少し余裕ができたらね」と断りました。

そんなMが数ヶ月後に、私が助手席に同乗しているときに事故をおこしてしまいました。状況的には明らかに相手側の方に落ち度があるように私たちも思いましたし、相手側もそのように思ったようで、ひたすら謝ってきました。

私たちはそのとき「双方の車の修理代は、相手側がすべて支払うのだろうな」とおぼろげながら話していたと思います。しかし、その数日後、相手側の保険会社から連絡があり、そうでもないぞ…ということになったのですが、そうでもないぞ…どころか、思ったよりこちらの負担が大きいということで、Mは頭を抱えてしまいました。

そこで、友達のよしみということで、私から私が加入した保険代理店の彼に連絡して、ヘルプをお願いしました。結局、交渉ごとは全部彼にお願いして一件落着しました。どのような条件で着地したかは、昔のことで忘れてしまいました。

ただ、その後、すぐさまMが彼の代理店経由で任意保険に加入したところをみると、やはり餅は餅屋だったのだと思います。

●●毎年見直しを行って自動車保険の選択を行っていますが、最近は東京海上日動火災で落ち着くようになりました。それは、事故が発生した時の対応が全般に良かったことが最大の理由です。

事故を起こす以前は、年間保険料を安くすることに主眼を置いて保険の選択を行ってきたのですが、保険料の安さは、事故時の対応の違いに如実に現れてくるものだと最近感じるようになりました。

わざわざ紙の保険証券を送付してきたりと、不必要と感じるサービスもあるのですが、受付時の対応、電話相談におけるスタッフの対応、指定工場のコンプライアンスの水準等、何度か事故を起こして体験した中で、この会社のサービスの質は総じて高いと感じました。

●●自損事故を起こした際の体験です。事故当時は、映画のレイトショーを見た帰り、ちょうど夜中の12時に差しかかったところでした。「夜」「カーブの多い山道」「雨上がり」と悪い条件が重なり、ふとした不注意からカーブでスリップしてガードレールに激突してしまいました。

幸いなことに怪我はありませんでしたが、前輪はパンク、車体も中破程度で走行不可能。車のハザードランプをつけて、安全確保したらすぐに保険会社に電話しました。まずはこちらの安全やパニックに陥ってないか確認して、状況の確認をしてくれて、的確にどうしたらよいか指示してもらえて助かりました。

車が走行不可能だったのでレッカーと帰宅用のタクシーの手配をしてくれて、あとは安全に待つだけで良いようにしてくれたのがとてもありがたかったです。途中、山で電波が悪く通話が切れてしまったのですが、再度電話したらすぐ元の担当者につないで頂けたのも良かったです。

●●バイクに車をぶつけてしまった時に丁寧に対応してもらいました。相手方からの請求が5万円ほどあったのですが、保険の担当の方がきっちり調べてくださり、正確な料金を算出してくれて、結局もっと安い料金で修理ができるということがわかりました。結局、全額を保険で支払うことができ、助かりました。

担当の人も女性が担当してくれて、何度も電話をくださり、丁寧な説明があり、わかりやすかったです。自分がどれだけ保険に料金を払っているのか、正確な料金などはわかりませんが、いざという時に頼りになるので便利だなといつも感じています。

●●私は以前、区役所の駐車場で自損事故をしたことがあります。ゲート式の駐車場で、駐車券をとろうとしたときに、ブレーキとアクセルを踏み間違えてしまい、ゲートにそのまま車で突っ込んでしまいました。

かなり強くアクセルを踏んでしまったため、ゲートを倒してしまい、車も大破してしまいました。車の右前方がゲートに直撃し、とてもじゃないですが走行するのは難しそうでした。購入したディーラーに電話すると、担当の営業マンがすぐに駆けつけてくれました。

私はJAFにも加入しておらず、どうやって車を工場まで運ぶのか不安になっていたのですが、車を購入したときに加入していた自動車保険にロードサービスが自動で付帯されてあったようで、営業マンがすぐに保険会社に連絡をして、レッカー車がすぐに駆けつけ、無事に工場まで運んでくれました。

その後、自動車保険を使って、車とゲートの修理もしたのですが、レッカー移動などのロードサービスだけの使用なら保険の事故カウントにはならず、保険料も上がらずに使えるみたいでした。急なガス欠やバッテリー上がりなどでも駆けつけてくれるということを聞き、万が一の場合も安心だなと思いました。

この一件以降はお世話になってはいませんが、もし何かあっても、保険で対応してくれるので、本当に助かります。

●●1年前に対面事故を起こした時の事故対応です。私が車で、相手がバイク(原付)でした。信号がない交差点(車線もなく片面でしか通れない幅の道)で、私が左折し道路に入っていったところ(私は停止状態)、相手が対面からスピードを落とさずこちらに進入してきて、私の車の右側に接触しました。

私は危険を感じたので停止していたため、あきらかに相手側の方が悪いとの見解でいました。しかし、結果は5:5でした。私の担当は最近変わり、新人さんになりました。この結果に納得がいかずに再度交渉を依頼したのですが、相手側も覆せない説明内容なので厳しいです、との回答でした。

それでも腑に落ちず、前回までの担当者に相談という形で話を聞いてみました。すると、私が掛け合ってみますとのこと。3日後に連絡をいただき「2:8になりました」との朗報がきました。すべては担当者の腕次第なのかなぁと実感した次第です。新人さんも含めて、書類や説明などの対応は早いと思います。

●●私は以前から東京海上日動火災保険に入っています。この会社は、電話で質問しても、とても的確な答えと対応で好感がもてます。また、交通事故をした時も、相手の方との、やりとりがとても上手で、示談までスムーズに完了してくれます。

最後に交通事故をしてしまった相手に挨拶に行くと、私が使っている東京海上日動火災保険の営業を紹介してくれって言われたくらいなんです。なので、もう20年間くらい東京海上日動火災保険を使わせてもらっています。

さて、保険料なんですが、最初入ったときは若かったせいもあり毎月多額に払っていました。最近はネットの損保も保険料が安くて有名ですが、東京海上日動火災保険も長く使っていると等級に応じて低額になります。

以前は毎月分割で払っていましたが、最近は一括で払えるくらいになりました。これからも東京海上日動火災保険を使っていきます。

●●追突されて保険金を受け取りました。事故は雪の解けかけた大きな国道で起きました。運転していた車は会社の車です。仕事先に向かう途中、解けかけた雪で滑りやすく、どの車も徐行して走っていました。

信号でゆっくり停止したところ、かなり車間距離を取っていたはずの後ろの軽自動車が速度を落としながらも近づいてきて、最終的にぶつかりました。バックミラーで確認してはいたのですが、まさかぶつかるとは思わなかったので、ぶつかった際、油断していて鞭打ちまではいきませんが首を痛めました。

車も双方ともダメージがあり、警察と保険会社に連絡。とりあえず首の方は大丈夫だったので、その日は仕事場に向かいました。翌日、念の為病院に行くことにして、保険会社にどのようにしたらよいかを問い合わせました。

かかりつけの整形外科に行くことにしていましたので、その旨を告げると、保険会社の方から、病院の方に連絡を入れてくれて、支払とかは一切なしで行けました。医者からは「特に異常はなさそうですが、違和感があったら来てください」と言われました。

しかし仕事も忙しく、休業補償も出る旨を保険の担当者からもアドバイスしていただいたのですが、必要な書類にかなりのボリュームがあり、1週間くらい様子をみて、完治したということで、以後の保険金を請求しない旨の書類を書き、その後1日分の慰謝料が振り込まれて、この事故は終結しました。

●●運転免許を取得したばかりのことですが、接触事故を起こして事故対応を受けたことがあります。事故の内容は細い一本道のカーブで、急に対向車が現れたためバックをしたところ、後ろの車にぶつかったというものです。事故の規模はとても小さく、目視で確認できる小さな傷がある程度でした。

しかし、私がぶつけたこともあり問題はないとは言えず、ぶつけてしまった方の意向に従うことにしました。相手の方の意向では「自動車を検査して傷を治したい」ということでした。そこで自動車保険に連絡をし、事故対応を受けました。事故対応自体は冷静に対処してくれたという印象があります。

後日、担当者が相手方の事故担当者と連絡を取り、過失割合の報告がありました。報告を受けた内容で異論はなかったので、それにて終了となっています。結局、私の自動車保険で相手の修理代を支払うことで示談成立となりました。

50代男性

●●今から15年ほど前なのですが、交通事故にあって長期入院したことがあります。そのときの事故は相手方が100%悪く、当方に過失はなかったのですが、相手方の保険会社がいろいろ言い始めてなかなか交渉が進展せず、正直かなり困りました。

そんなときに当時自分が加入していた東京海上(現:東京海上日動)の自動車保険から、搭乗者傷害ということでまとまったお金がおりて、とても助かったことを覚えています。営業担当の方が親切で、当方から請求したわけではないのに、いろいろと調べて、手続きの案内などもしてくれました。

現在も自動車保険は東京海上日動を利用しています。確かにネットで契約できる自動車保険と比較すると料金は高めに感じますが、高いだけの価値はあるのではないかと思っています。

●●交通事故にあった時の対応は、とても良かったです。一度車にぶつけられたことが、有りましたが、一回の電話だけで全て対応してくれました。あとは保険会社の方が相手側と話してくれて、私は何もすることなく事故が片付きました。

保険料の支払いも早く、大体2週間くらいで、振り込んでくれました。これだけ早い対応は、楽でいいです。ほかの人に聞いてみたところ、遅いところは何ヶ月もかかる保険もあるそうです。早い対応と、早い入金、とても助かりました。

自分で相手側と話すのはとても大変ですので、全てやってくれましたので、とても助かりました。他にも小さい事故は何度か起こしましたが、その時も素早い対応でやってくれました。保険料は、ネットで入る保険よりは高いようですが、対応の速さがいいので、いつも使っています。

60代以上男性

●●10数年ぶりに物損事故を起こしてしまいました。まず、任意保険会社は会社との共済関係もあり、数十年にわたって東京海上日動に加入しております。保険料も保険金支払いが生じておらず、半額程度の割安になっていました。

そんな中、実に10数年ぶりに事故を発生させてしまったのです。自宅からわりかし近くだったのですが、信号機の無い小さな交差点で相手の車の後部をぶつけてしまいました。ガツンとした瞬間、「しまった」と思い一瞬青ざめました。

止まっている相手の車に接触したのですから、悪いのは当然、当方です。状態を確認するとバンパー付近がはっきり凹んでおりました。初めは険悪ムードでしたが、相手方に丁重に謝ったところ、落ち着いたようでほっと一安心しました。

その後、お互いに車と免許証を確認し、更に連絡先の住所や氏名、電話番号を確かめました。幸い交番が近くにあったので連絡をとったところ、直ぐ事故証明を書いてくれました。後は、相手の車の修膳に関しては希望に沿うようにお話し、当然ながら保険会社にも連絡を入れました。

何日か過ぎたら、保険会社の方から連絡があり、「相手方に沿って修理は全て終了し、納得もしたようです」とのこと。金額的には物損だけでしたので大した金額ではなく、「その後の納める保険料も変化は無いでしょう」とのことでした。

●●いつもの道を運転しながら、ちょっと通り沿いに目を取られた瞬間、「ドスン」という鈍い音と、体が前に押し出されるような衝撃を受けて、前の車に追突してしまったことに気がつきました。

「ごめんなさい!わき見運転をしてしまいました。大丈夫ですか?」と、すぐに車から降りて相手に聞きました。相手は私と同年代の女性でした。びっくりしたが、体には特に異常はないとのことでした。女性の車の後部は、バンパーが割れて、左側の部分が落ちて地面についていました。

携帯電話に登録してある保険会社の事故受付ダイヤルに電話をして状況を話すと、「レッカー車を手配するのでそのまま待ってください」とのことでした。30分もしないうちにレッカー車が来て、手際よく女性の指定した自動車ディーラーまで車を運んでくれました。

驚いたのは、自動車ディーラーに着くと、すでに相手の女性用の代車が用意されていたことです。思わず相手の女性と目を合わせて笑ってしまいました。本当に助かりました。

●●私は現在運送業をしているのですが、以前自動車保険関係でお世話になったことがあります。一人相撲で事故を起こしてしまったのです。

当時は宅配の仕事をしていたのですが、あるお宅に初めて配達に行った時のことでした。そこのお宅の庭に入っていこうと思って車を乗り入れましたところ、門があったのですが、手前の道路に凄いくぼみがあるとは知らず、そのくぼみで車がバウンドしました。

横に流れるように松の木があったのですが、その松の木に車の天井部が激突しまして、松の木が折れたほか、折れた勢いでブロック塀まで破損させてしまいました。まったく予想もつきませんでした。

それで、あわてて家の中から老夫婦が出てこられたので、現状をお話ししたんです。その時に東京海上日動火災の方へ緊急連絡しました。この時の東京海上日動火災さんの対応の迅速さには驚かされました。

と言いますのも、このことがあって3時間以内くらいには、ことが全て済んでいたんです。相手さんへの説明や私の関係の手続きなど諸々です。まったくプロの仕事だと思わされました。

事故対応:女性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代女性

●●車を電柱にぶつけてしまい、大きく自分の車をへこませてしまった自損事故を起こしてしまった際に、東京海上日動の事故対応に助けられました。

焦って気が動転している私でしたが、すぐに保険会社へ連絡したところ、オペレーターさんの女性が的確なアドバイスや指示をしてくれたり、ディーラーとの連携もスムーズに取り付けてくれてほっとしました。

自分で自走できる状態だったのでディーラーまで車を持って行き、修理を依頼しました。全額保険を使って修理することが出来たので、自分で修理費などまとまったお金は一切払わずに済んで、スピーディーに車を直せて、嬉しかったです。

また、追突事故の被害者になった際にも、東京海上日動の事故対応は非常に丁寧なフォローがあり、通院のアドバイスや体調の気遣いなども担当者さんが非常に親切に教えてくれたので、本当に心強い保険だなと思っています。

●●まず、東京海上日動への加入経緯ですが、自動車の購入の際に販売店で何社かの見積もりを頂いて、その際に好条件だったため、東京海上日動へ加入しました。保険料、補償共に納得して加入でした。保険を利用したことは過去に2度あります。

1回目は自宅から1時間半程度の距離のショッピングセンターへ買い物に行った際に、駐車場でバッテリーがあがってしまい、出庫ができなかった時です。その際、初めての保険利用で慌てていた私に、電話のオペレーターの方がとても親切丁寧に対応して頂いたことを覚えています。

2回目に利用したのは、もらい事故をしてしまった時でした。狭い道をバイクが左側から私の車を越そうとして来た時に、ガリガリとミラーのところを擦られたという状況です。そのような事故も初めての経験でした。こちらは保険利用はしていませんが、保険会社が間に入って全ての処理をしてくださいました。

相手方の保険会社さんとの相談、打合せ、私の車の修理工場との連絡、事故を受けてからお金の支払いまで、全てを東京海上日動さんでやって頂けて助かりました。

私の担当の方は電話応対がとても丁寧で、こちらから電話をかけた際も必ず「電話料金がかかってしまうのでこちらから掛け直します」と、折り返しの電話をしてくださいます。そのような細やかな気配りも素晴らしいと思います。

●●夜間に車を走らせて、駅まで家族を迎えに行きました。駅前の駐車スペースに車を止めて家族を待っていると、後ろから凄い衝撃が!オカマを掘られました。相手の方もびっくりしていて「すみません、すみません」と謝罪の言葉を口にするのみ。

駅の交番にいた警察官を呼び、現場検証をしてもらっている間、保険屋さんに連絡をと考えたのですが、時刻は深夜。いくらなんでも…と躊躇しながらも電話をかけると2コールで繋がり、状況を話すと、色々指示をしてくれて、本当に助かりました。

車が動かない状況でしたので、レッカー車の手配から代車の手配も保険屋さんが行ってくれて、気が付けばすべての処理が終わっていたという感じでした。事故にあった時は心細くて、どうしていいかわからなかったけれど、電話越しに「大丈夫ですよ、大丈夫ですよ」と励ましてもらったおかげで、冷静に処理できました。

●●免許を取得して数か月後、運転に慣れて調子に乗っていたんでしょう。事故を起こしました。緩い勾配のあるT字路から左折しようとした私の車に、右から来た車がぶつかる対人事故。相手は60代の男性で、自分は悪くないから警察は呼ばないし、保険も使わないと言い、連絡先だけ渡され早々に立ち去ってしまいました。

残された私は、警察を呼び保険屋さんに連絡をしするなどして、事故処理を淡々と進めました。それから数日が過ぎた頃のことです。保険屋さんから「相手は悪くないの一点張りで10:0の主張を譲らない」と聞かされました。

相手の保険屋さんも「車が動いていた以上、10:0はあり得ない。8:2か7:3が妥当だ」と説得してくれたのですが、頑として譲らず、結局裁判で争う事に。

弁護士特約を付けていたので、保険屋経由で弁護士を紹介していただき、もちろん費用は月々払っていた保険から支払うので、弁護士費用は0円。万が一を考えて、弁護士特約を付けていて良かったと心底思う出来事でした。

通常の事故なら、保険屋さん同士の話し合いで終わりますが、相手がごね、裁判になるケースもあるので、多少保険料は高くなるけれど、弁護士特約はつけておいて損はありませんよ。

●●左折する際に電柱に接触させ、大きく車をへこませてしまったという事故をつい先日に起こしました。まだ買ってからあまり日が経っていない車なので、かなり落ち込み、焦って頭を抱えたのですが、東京海上日動のデスクへと電話したところ、オペレーターさんが非常に優しく対応してくださり、安心することが出来ました。

車は動く状態だったので自力でディーラーへと持って行き、保険会社が修理代を立て替える形ですぐに修理をお願いしました。東京海上日動は非常に大手の保険会社ですし、事故の際にも対応が非常に良くて、頼りがいがありました。

担当者の女性の人も親切な方で、事故直後だけではなく、その後の経過や事故後などもお電話を頂けましたし、非常にスピーディーに事故の修理を済ませてくれたので、本当に助かりました。

●●私は車を買い替えた時にディーラーさんにおすすめされたことから、東京海上日動の自動車保険に加入しました。保険料は結構かかっていますが、補償が充実していることや対応が良かったことが気に入っており、三年以上契約を続けています。

自動車を運転していて電柱に車をぶつける自損事故を起こした時にも、非常に迅速に対応して修理して下さったので良かったです。コールセンターでの担当者の対応も丁寧で良いですし、車の修理も待たされずにすぐに行なえたので良かったです。

追突事故の被害者となり、私がけがを負ってしまった事故の際にも、色々と丁寧にアドバイスをいただけたりと、何度も電話をいただけたのも有り難かったです。サポートが充実しており、とても良い会社だと感じました。

●●私がここの自動車保険を選んだのには二つ理由があります。一つ目は親が加入しており、勧めてもらったからです。二つ目は大きな保険会社ということで信頼ができるからです。

私は車の運転が下手で・・・何度もこちらの東京海上日動火災保険さんにお世話になっております。基本的には代理店さんとのやり取りが多いですが、やはりこちらの保険会社の代理店さんもしっかりと対応してくれます。

実際に事故をおこした際には代理店に電話します。するとすぐに代車の準備をしてくれたり保険の手続きを開始してくれます。事故に関連して4度ほどお世話になっていますがその際にトラブルになったことは一度もありません。

補償内容もしっかりしていますし、保険金の不払いも全くありません。これからも車を乗り続ける限りはこちらの保険会社をひいきにさせてもらいます。

●●信号待ちで後ろから衝突されたという事故に遭ったのですが、この時私にとっては初めての交通事故で、当然初めての自動車保険会社とのやり取りをしました。保険会社の担当者は男性で、とても対応良く低姿勢な雰囲気でした。

何度も電話のやり取りをしたのですが、必ず「お体は大丈夫ですか?」などと気を使っていただき、こちらの要望にも快く引き受けてくださり、そして迅速に対応してくれました。

この事故で軽く首を痛めたので、整形外科に何度か通いましたが、その都度「お大事にして下さい」と言っていただけました。どれくらいの期間通うのかという内容も聞かれましたが、分からないと答えると、それでも担当者は声色を変えませんでした。

何度も電話のやり取りをしないといけないのは仕方ないことですが、少々面倒と思うことも正直ありました。けれど、保険会社の対応次第ではそれほど億劫ではなくなります。

もし、対応が悪かったり愛想のない担当者だったら気持ちよく終わることは出来なかったと思いますし、保険会社というのはそういうものだと決めつけてしまっていたかもしれません。

●●元々は主人の両親が入っていて、担当の方が信用できるということで結婚を機に私も入りました。

実際、主人の家族が交通事故にあった際の対応が素晴らしかったです。事故直後にすぐ担当の方と連絡がとれ、適切にアドバイスを頂きました。そして、事故の相手側との示談交渉も、こちらが納得する条件まで粘り強く交渉して頂きました。

月々の保険料は以前入っていた保険より高めに感じますが、何より安心感があるので他は考えていません。一度、免許の色がブルーになってしまった際も、先方からプラン変更のアドバイスも頂き、月々の保険料はあまり変わらないようにできました。

毎年、丁寧にご挨拶も頂いたりしています。信頼できることが、こちらを続ける何よりの理由です。

●●通勤の帰り道で事故に遭いました。対向車が居眠りではみ出し運転をしてきてぶつかってしまいました。すぐに保険会社に連絡をすると、レッカー車の手配をしてくれました。警察が来たり、レッカー車が来たりするまでに30分くらいだったと思います。

少し雨が降っていて肌寒かったし、事故に遭ったショックで気分が落ち込んでいました。しかし、車をレッカー車に移動させている時に運転手さんが助手席に乗せてくれました。あったかい車内に、なんとあったかい缶コーヒーまで頂きました。涙が出そうになりました。レッカー車の運転手さんは本当にいい人でした。

その後は保険会社さんとの電話でのやりとりが何回かありましたが、スムーズに終わりました。相手方が100%悪かったので、請求は相手の保険でした。怪我も軽い打ち身程度だったので、何回か通院して終わりました。通院分の料金が支払われました。

対応などに不備や不満は全くなかったのですが、契約内容が不十分だったことに事故をして実感しました。それは代車がなかったことです。事故をして車がレッカー車で運ばれてしまったので、その場所から自力で帰らなければななくなりました。

駅の近くでもなかったので親に迎えに来てもらえましたが、本当に困りました。契約するときにちゃんと内容を把握しなくてはと、改めて思いました。あと、車体保険にも入ってなかったので、それも入っておけばよかったと思いました。

●●20代半ばの頃、運転中に対向車との事故にあいました。私が登り坂の狭い坂道をゆっくり登っていたら、猛スピードの対向車がノンストップでぶつかってきました。相手(ガラの悪い人)は私がぶつかって来たの一点張りで、相手の保険担当者も私の過失を追求してきました。

しかし、目撃者の証言、車の傷跡から見ても、完全に相手側の過失だというのは明らかでした。後日、現場で話し合いになった時、私の保険の代理店の担当者の方が同行してくれて、私の代わりに全て状況確認から何からやってくれました。

そのお陰で、相手は完全に過失を認め、10対0の過失割合で謝罪してきました。その時は保険代理店さんがヒーローに見えました。親身になって話を聞いてくれて、そして対応もしっかりとしてくれて、凄く助かりました。今も、保険関係は全てその担当者さんにお願いしています。

●●1年程前に、私の旦那が事故をもらいました。旦那が優先道路を制限速度で走っている時に、横から車が一時停止を無視して出てきました。旦那は少し手前で車が一時停止をせず飛び出してきそうだと判断した為、ブレーキを踏んでいたのですが、止まりきれずに横から当てられてしまったのです。

警察を呼び、加入している保険屋さんに連絡を入れました。警察はもちろんですが、保険屋さんも休日であったにも関わらず、直ぐに飛んできてくれました。事故をした相手と相手方の保険屋さんは、あの手この手で自分を正当化するのですが、警察の方で旦那と相手が8対2というように判断したそうです。

旦那はこれが普通だと思っていましたが、これに納得が行かなかったのはこちらの保険屋さんでした。正しい運転をしていて起きなくてもよかった事故をもらった旦那の気持ちを考え、相手方と何度も交渉してくれました。

そのおかげで9対1で折り合いをつけてくれたのです。ここまで客の為に誠意を見せてくれる保険屋さんは今までいなかったので、本当にびっくりしました。この先も保険を変えることは無いと思います。

●●初めて車を購入した時から入っている保険で、親からの暖簾分けで加入しました。車を買ってから2ヶ月で加害事故を起こしてしまいましたが、私の怪我をまず心配してくださり、すぐに相手の保険会社との対応を開始してくださいました。

初めての事故でどうなるか不安でしたが、逐一担当者が連絡を下さったので、修理や金銭面などの流れも明確で安心してお任せできました。

他に、2回目の事故が起きた際は、被害でそんなに大きな被害もなく物損だけだったので、自分で対応するのかなと思っていました。しかし、どんなに小さな事故でも、きちんと対応していただきました。必要書類もすぐに送ってくださり、対応が遅くて困るなど1度もありません。

知人で事故後、保険に入っているのに自分で交渉している姿を見て、私はきちんと対応してくださる保険でよかったと、しみじみ思っています。

●●私はこの前、電柱に車をぶつけてしまい、自分の車を大きく破損させてしまうという事故を起こしてしまいました。車が大きく凹んでしまい、ミラーも壊れてしまいました。そこで、まず事故を起こしてすぐに東京海上日動へ電話をして、事故対応をしてもらいました。

気が動転していたのですが、オペレーターさんが冷静に指示を出してくれたり、私のことを気遣ってくれたりして、冷静になることが出来ました。東京海上日動がお車の修理費を全てお支払してくれるので、お車は事故をおこした翌日にすぐ、私がいつもお世話になっているディーラーに預けました。

そこで修理してもらい、無事に綺麗な状態になって一週間ほどで戻ってきました。東京海上日動は対応も迅速で安心感がありましたし、いつものディーラーで完璧な状態に修理してくれて、全て修理費をまかなってくれたので助かりました。

●●こちらの一旦停止無視による事故を起こしてしまった時に、とてもお世話になりました。まず最初に電話した時に私はかなり動揺していたのですが、丁寧な対応でこちらの気持ちを落ち着かせてくれたのですごく安心できました。

事故連絡をしたのは夜中だったのですが、翌日にはすぐに担当者の方が連絡をくれて、スムーズに進めてくれたので信頼もできました。こちらがすべき事、してはいけない事など、わかりやすく説明してくれたので、とても助かりましたし、有り難く思っています。

事故はどちらにも怪我はなく、それほど大きいものではありませんでしたが、私の方に非があったので相手方との交渉がスムーズに進まず、かなり時間がかかってしまいました。そういった事でも担当の方がこまめに連絡をくれて、進行状況などを細かく教えてくれていたので、不安に感じる事もなく感謝しています。

事故を起こしてしまうと誰でも不安になってしまうものだと思いますが、電話オペレーターの方も担当の方もとても柔らかな口調で、終始こちらを気遣ってくれていたのが強く印象に残っています。

●●私は事故に遭った時に、東京海上日動の自動車保険のお世話になりました。車同士がぶつかってしまい、物損事故を起こしてしまって気が動転していたのですが、東京海上日動に電話したところ、すぐに迅速に的確なアドバイスを頂くことができて、非常に心を落ち着けることが出来ました。

東京海上日動は事故後の対応も非常に良くて、こまめに電話をして頂けたり、担当者さんと緻密に非常に良いコミュニケーションを取ることが出来て、事故のトラブルは全て保険会社へお任せできたので助かりました。

車も事故を起こしてからすぐにディーラーへ預けることが出来て、待たずに修理に出せたのが嬉しかったです。車の修理も待たされずに非常に迅速に行ってくれたので、車が毎日欠かせない私は助かりました。

●●今、安くてすぐに加入できる外資系の車保険会社がものすごく加入数を伸ばしていて魅力的ですが、外資系の保険会社はいざ保険金を使うとなったときに、手続きが面倒だったり何度も問い合わせしたり…と、大変な面もあるそうです。

私は地方に住んでいるため、18歳になってすぐに免許を取り、そして20になる前に憧れのマイカー(とは言ってもとても安い中古のものですが)を手に入れました。

車購入の際に保険のことも考えたのですが、いつでも気軽に相談したりできて、担当の保険屋さんの店舗が近くにあることを重視しました。父親の知り合いに車の保険やさんを個人的に行っている方がいましたので、父からの紹介ということで色々とサービスをして契約をしてもらうことができました!

その方の携帯の番号も知っているので、いつでも気軽に相談することができます。また、新しいプランの紹介があれば、その都度自宅まで足を運んでくださるので、親近感が湧いて心強いです。

私がガードレールに追突した際、愛車のボディの傷のことですぐに修理工場の方と連絡取り合い、柔軟な手続きを行ってくださいました。お近くで、親身になってくれるような保険会社を選ぶべきと思いますよ!

▲▲兄が事故の被害者になったときに、加害者の保険会社が東京海上でした。ムチ打ちで通院していましたが、その間になんと5人も担当者が変わっていました。担当者が変わるたびにお知らせの通知が着ます。

そんなにたくさん変わっているせいでしょうか。対応が適当というかいい加減というか、普通だったら半年ほどでムチ打ちは治療費を打ち切るというのが普通ですが、一年経っても何も言ってきません。

通っている病院の院長も「そろそろ打ち切りって保険会社言ってこないの?」と心配されたようでしたが、治療費の売り切りの通知もなく、病院の医師も不思議に思うような、暢気な対応だったようです。

結局、一年半もほうっておいて、ようやく示談の話をし始めるという、事故が多いのか契約者数が多いからか、大手損保とは思えない対応でした。

▲▲夫の会社で東京海上日動の自動車保険に団体加入しています。

正直保険料が高いのかなと思い、一度ダイレクト系のソニー損保で見積もりをして比較してみましたが、団体割引で20~25%引き(年によって変動)があるので、ほとんど値段が変わりませんでした。そのため、ずっと継続して加入しています。団体割引がなかったら割高かもしれません。

車を2台所持し、私の名義でも加入していた時に、一度事故を起こして補償を受けました。最初に電話してつながった男性の方から女性に引き継がれ、さらに最寄りの支社の女性の担当に引き継がれました。

最終的にはその方がずっと担当してくださったのですが、ちょっと機械的で上から目線な感じで正直あまりいい印象はありませんでした。

私も初めての事故でよくわからなかったので、その方の進め方で承諾してしまったのですが、今思うと、もうちょっと私の主張を言ってもよかったのかなあとも思いました。とはいえ、事故後の対応は迅速で、全体的には満足です。

▲▲私は1ヶ月の間に、物損事故(加害者)と人身事故(被害者)と両方の事故に遭いました。物損事故の時は、自分が追突してしまい悪かったのですが、保険の担当者は1人対応で、親切で迅速に対応して頂き、焦ることや心配することがなく、すごく助かりました。

しかし、車両同士で人身事故の被害者になった時は、車両保険の担当者と医療保険の担当者の2名がいて、対応がなっておりませんでした。

車両保険の担当者はすごく親切で迅速に対応して頂けましたが、医療保険の担当者は「まだ治らないのか」や、治ってもいないのに「早く医者に書類を書いてもらって返送してくれないと保険料の支払いができなくなる」など、不適切な言葉を浴びせられショックでしたし、怒りが込み上げてきて残念な対応でした。

次回更新時には、他社の保険に乗り換えようかと思っているところです。

▲▲事故を起こした際にどうしたらよいのか分からず、とにかく焦っている状態で電話をしたのですが、早急に対応してくれたため、すぐに落ち着くことができ、とてもありがたかったです。手配が早く、レッカー車もすぐに来てくださいました。

その後、何度か電話でやりとりしました。事故の状態を詳しく聞かれ、何度も同じ内容の確認の電話がかかってくるので、一度で済ませてもらえれば助かるのに、と思いました。

修理を依頼したので、代車の手配をしてもらったのですが、代車が来るまでのタクシー代を負担してくれるということだったのに、なぜか許可されず、説明不足ではないかと不満に思いました。電話口ではガソリン代の負担もしてくれるという話でしたが、もらえることはありませんでした。

相手方の修理の補償などは手際よく手配してもらいました。ただ、本当に何度も何度も電話が来るのが嫌でした。仕方ないのでしょうが。何度か担当者が変わるので、事故の状態、車の状態の話を何度もした覚えがあります。担当者を1人に決めてほしいと感じました。

こちらから聞かないと教えてくれないような説明不足を感じたので、思いやりのある対応をして欲しかったです。他の保険も検討しているところです。

▲▲当時20歳で、彼氏が運転する車に乗り、事故に遭いました。事故当時は痛さのあまり意識を失うほどで、のちの検査で腰椎が骨折していることが判明しました。もちろんすぐに入院し、車がレンタカーだった事もあり、レンタカー会社が入っていた保険で対処することになりました。それが東京海上日動です。

それからすぐに連絡をいただきました。といっても、私は足が歩けなくなるかもしれないと医師に宣告されていたのもあり、それどころじゃなかったんです。それなのにお見舞いの言葉もなく、不謹慎なことばかりを言ってきました。

私に対応させるのはかわいそうだと思ってくれた父の取り計らいもあり、父が対応してくれたのですが、レンタカー屋さんが入っていたプランの額が全く出ず、すぐにお金を支払うのを止められました。それに対し父は激怒してくれ、担当者の方に電話をすぐかけてきてくれましたが、担当者は「弁護士を通してください」の一言。

それならばと、弁護士を雇い、訴えたのです。先方もすぐ弁護士たて、裁判になりましたが、もちろん私が勝訴しました。結局すべてはないものの示談金をいただき、良かったのですが、こういった経緯もあり、テレビCMでみるのも吐き気がするくらい大嫌いな会社になりました。

▲▲免許取り立ての時に事故を起こしてしまいました。その時は走っている車対車で、私は右折しようとしていたのですが、なぜか対向車線を直進してくる車に全く気付かず、相手の方の車体に突っ込んでしまいました。

保険会社の方は、よく話を聞いて状況を把握してくださり、対応は普通に良かったです。

ただ一つだけ、何度も強調して言われたのが、「走行中の車同士の事故の場合、どんなに自分に非があると思っても、10対0はあり得ない。だから、仮に相手方がそう言ってきたとしても、同意はしないでもらいたい」ということでした。

仕事上そう言わなければならないのでしょうが、事実上、相手の方に全く非はない状況なので、難しいと感じました。そして結局は、相手の方は保険を使いたくないということだったので、修理代はこちらで全部持つことにしました。

保険会社に落ち度はないと思っていますが、色々事例を知っておられると思うので、もう少し知恵を貸してもらえたらと思いました。

30代女性

●●ショッピングモールの駐車場で他の人の車をこすってしまったことがあります。相手の車の持ち主と連絡先を交換して、まずは東京海上日動に電話しました。サポートセンターにこちらの状況を説明。

サポートセンターの方から「相手の方と個人的に何かを約束しないように」と言って頂けたのが良かったです。多分、タチの悪い人が相手になってしまうと保険とは別に金品要求されるのだろうなと、怖く思いました。

その後、担当の営業さんから連絡が入り、ここから先は全て担当さんが間に入ってやりとりをして下さるとのこと。初めての事だったので、こちらで菓子折りなど用意する必要も無いと教えて頂き、安心しました。

●●2011年に私の車が廃車になるほどの事故に遭いました。初めての事故だったので、何をすればよいのか、どうしたらいいのかさえわからなかったです。

東京海上日動の保険に入ったきっかけは、姉が保険関係の仕事をしていたので、その関係で入りました。なので、正直、保険内容は姉に任せきりの状況でした。そんな状況だったので、まずは姉に電話をかけ、手配をしてもらいました。

すると、すぐに担当者から携帯に電話が入り、状況確認の電話がありました。その時もとても親身になって話を聞いてくださり、だんだんと自分が落ち着き始めていることがよくわかりました。第一声は「お体は大丈夫ですか?」だったとおもいます。

警察や見物客的な人達、車をぶつけてきた年配のおじいさんや後ろを走っていた人など、見知らぬ人達の中で色々と言い合いが続いていたのですが、私は何もわからず、、どうしたらいいのかもわからない状況でしたので、その一言がとてもうれしかったことを今でも覚えています。

その後、担当の方は警察の対応やどうしたらよいかを、親身になって流れを教えてくれました。廃車となった車を取りに来てくれるサービスに入っていたのですが、待つこともなくすぐに手配をしてくれました。

当時、自分の車を仕事で使っていたので、代車なども必要だったのですが、相談すると次の日には手配をしてくれて助かりました。また、相手方の保険担当とのやり取りの状況等も随時連絡を頂いてありがたかったです。

しかし、私は車両保険に入っていたのですが、自分の保険を使うのか相手方の保険を使うかを聞かれ、そのあたりの説明がよく理解できないので、何度か問い合わせをさせて頂きました。その際、説明をしてくれた方があまりうまくなく、聞きたいことを聞けずじまいで終わってしまいました。

結果、また姉を通して説明をしてもらい問題はなかったのですが。その点以外は十分な対応をして頂けました。

●●ディーラーで新車を購入した際に、一緒に手続きをしていただいた保険でした。自分で他の保険を探すのも面倒でしたし、どんな保険が良いかもわからず、ディーラーさんがいうのだから間違いないだろうと思い、決めました。

比較することなく決めてしまい、あとから家族や友人に聞いてみると、三割位安い値段で入れるものなど、比較的他の保険会社に比べると高いのかなと、その時は少し後悔してしまいました。

一年位乗り始めた時、私は事故を起こしてしまいました。雪が降り始めの時で、路面は凍り、もはやどこが滑るのか分からないようなところでスリップし、反対車線の車にぶつかりました。

すぐ、警察と保険会社へ電話をしました。ありがたいことに、お財布に入るくらいの紙製のカードに、自分の保険内容と事故時の電話番号が記載されたものを頂いていたので、あわてずにすぐ連絡ができました。

初めて事故を起こし、相手もいらっしゃることもあり、罪悪感と、不安や焦りなどでいてもたってもいられない状況でしたが、対応してくださった保険会社の方がとても優しく、落ち着いて話しをしてくださり、今後の対応や双方のレッカー車の手配など、迅速に進めてくださいました。

営業時間の過ぎていたディーラーへも電話をしてくれ、修理の対応なども、その日のうちに全て話をすることができました。

高いと感じていた金額でしたが、していただいた内容がとても充実していて、これからも継続していきたいと思えるような内容でした。今でも本当に感謝しています。

●●家族揃って東京海上の自動車保険に入っていました。両親の自動車保険に関係する代理店の人の対応がとても良かったので、私が自動車を購入したときも、同じ人にお願いして、保険に入りました。

私が一度、軽い追突事故を起こしてしまったときも、電話すると早急に対応してくださり、「怪我はありませんでしたか?」「大変でしたね、でも大丈夫ですよ、すぐに色々手配しますから」と、いたわってくれ、とても助かりました。

事故の時は、たとえ小さな事故であっても、怪我などよりも、心のショックというか、放心状態になってしまいますよね。そんなとき、慰めてくれ、親切なことばをかけてくれたので、少し落ち着くことができました。その後の事故の対応もとても早く、何も心配することなく、保険会社のほうにお任せすることができました。

次の保険の更新の時も、無理やり勧誘という感じではなく、こちらにお任せという感じが、謙虚でとてもいい感じだったので、迷わずこちらの保険を更新しました。

その後、わたしは家を出て、他の代理店にお願いしましたが、両親は引き続き同じ代理店でお世話になっています。保険料は決して安くはない会社ですが、オススメの保険会社です。

●●先日、左斜線から私を追い抜こうとしたトラックにこすられました。夜中だったのですが、すぐに東京海上日動さんに電話をし、対応して頂きました。

あまり強気にでるのが心苦しく、また相手方が少々コワモテ風の風貌だったので、正直とても怖くて、あまり自分のしてほしいことなどを言えなかったのですが、担当の方に間に入って連絡をして頂いたおかげで、スムーズに終えることができました。修理工場も紹介していただいたので、即直すことができ、ほっといたしました。

こちらが気をつけていても、相手がぶつかってくれば事故は起こるということをひしひしと実感いたしましたし、保険に入っていてよかったと思います。事故に遭ったときはびっくりし動揺しましたが、保険に入っていて正解でした。

●●実際に事故にあってしまいました。事故内容は追突でした。こちらは信号で停止していて、後ろから追突されたので、過失割合は10:0です。

この場合、相手方との示談交渉に保険会社は入らないのですが、常に状況を電話で相談し、相手との話し合いは自分で電話で行いました。必要以上の請求をするつもりはないですし、自賠責分からはちょっぴり慰謝料分が出ました。また、通院と修理には充分な補償を受けました。

このときに関しては補償というより、相談ができる窓口としての自分の契約していた保険会社を利用しました。夜中だったので連絡した際のオペレーターに必要事項の確認をしたほか、翌日自分の担当代理店からの連絡などをスムーズにするためにこちらで準備しておくべきことなどを聞きました。

慣れない状況、初めての事故の遭遇でしたが、どうしたらいいのかわからない状況にあって、相談できる窓口として利用できるのだと思いました。

●●車を購入してしばらく経った頃、雪の降る日に追突事故を起こしてしまいました。ツツツと滑って、当たってしまった程度で、相手様にもこちらにも怪我はなかったのですが、私は初めてのことにパニック。

ただ、東京海上日動さんからもらっていたカードサイズのご担当者さん直通の電話番号が書かれたものを常に財布に入れていたので、すぐに電話しました。すると、警察に言ってしなければいけないことや、相手様との保険適用時のやりとりなど、まず知りたいことを即座にお教えくださり、大変に安心しました。

結局保険を適用し、相手様の車の修理をしたのですが、その際も見積もり等を何度もチェックしてくださったり、相手様からの伝言を伝えていただいたり、非常に心強かったです。まさかの時のため、入っておいて本当によかったです。

●●車を買った際に、母親も加入している東京海上日動の自動車保険を勧められて入りました。家族も親戚もみんなにこの保険加入していて、全て同じ担当者の方に手続きをしてもらっています。

この保険に入ったもう一つの理由は、家族の事故の際の対応です。以前、家族が自転車運転中に車にはねられてしまいましたが、その時素早く対応して頂いて、とても助かったという事。一時意識不明でICUにも入った為に入院費用は高額でしたが、人身傷害保険がききました。

また、相手方は無保険でしたが、交渉を全てしてくださったので、家族としても安心して看病に専念できました。そのような経緯で、母に勧められた時には迷わずこの保険を選びました。最近はもっと安い保険がたくさんありますが、私は他の保険に変えるつもりはありません。

●●主人の付き合いもあり、10年以上かけてます。代理店からの加入なので、直接何かあれば相談できるので良いです。自分で保険使ったのは、自損事故でしたが、事故受付ではなく、代理店に直接電話しました。快く対応してもらい、修理工場も知り合いの工場に預けましたが、問題なく対応してもらえたと思います。

また、車を駐車して停めていたら、ぶつけられ、どう対処したら良いかわからなく、コールセンターに電話した事ありますが、とりあえず、警察に電話して下さいとのアドバイスいただきました。

子供が車にぶつかった時もあります。軽症でしたが…。その際の相手の方の保険会社も東京海上日動火災で、事故対応担当の方の対応は印象良かったです。こちらの保険内容についてもアドバイスいただけました。保険金の支払いも迅速でした。

●●運転中に後ろから追突され、双方が入っていた保険が東京海上日動でした。私は子供を後部座席に乗せていたため、保険会社の方が大変心配して下さり、病院にかかるよう勧めて下さいました。

まだ生後3ヶ月で大きな怪我もなかったため、子供は病院にかかりませんでしたが、私はむちうちの症状で何日間か通院しました。その間、様々なやりとりで何度も電話を頂き、説明や対応はとても丁寧で迅速だったと思います。

事故に遭った後、通院したり車の修理をしたりと忙しかったですが、その間、追突した方からは一度も電話も訪問もなく、子供の心配も一切なかったため、保険会社の方に少し話したところ、担当の方から平謝りされ、何だか申し訳なくなりました。

このやり取りの後、すぐに追突した方より謝りの電話がありましたので、保険会社の担当の方がおっしゃってくれたのかなと思いました。

先ほども述べましたが、どんなやり取りをするにも、保険会社の担当の方がとても腰の低い方で、何度も何度もこの度はすみませんでしたと謝られ、悪い気はしませんが、保険会社の方が悪いわけじゃなく、謝らないといけないのは追突した方だと思うので、違和感を感じました。

総合的な対応には全く不満はなく、保険金の支払いもスムーズだったので良かったです。

●●以前、自動車走行中に自転車が飛び出してきて、車と接触したことがありました。直線道路ではあったものの、減速走行中だったので何事もなかったのですが、自転車は右折する際に確認もせずに飛び出してきたのです。

私自身、自動車と自転車の事故ということだけで、自分は何も悪いことをしていないが、自動車が悪くなるんだろうと思っていました。念のため、保険に相談すると、自動車事故と、自転車事故の責任について丁寧に説明をしてくださり、道路の幅や状況などの問題からも解説していただきました。

結論は、保険を使用し、自動車の破損を修理しましたが、保険会社の方から先方に、今回は請求しないが自転車の場合も過失があることを伝えてもらいました。妊娠中だったこともあり、不安も大きかったのですが、担当者さんの説明で安心でき、スムーズに対応をすることができました。

●●私は去年、車対車で事故を起こしてしまいました。幸い怪我はなく物損で済みましたが、相手の方が任意保険に入っておらず、かなり焦りました。

私の車には2歳の娘が乗っていました。怪我は全くなかったのですが、事故現場で保険会社に電話して状況を伝えた時に、真っ先に娘の心配をして下さいました。

「物損扱いでも、通院の医療費はおりるので必ず病院に連れて行ってあげて下さいね」と大変心配して下さり、とても心強かったです。車両の移動もかなりスムーズにして下さいました。

その後の対応も、「保険に入っているから大丈夫です。相手さんとはしっかり交渉します」と言って下さり、対応も早くて凄いなと思いました。ただ、担当の方の滑舌が少し悪く、何を言っているのか分からない時もありました。しかし、それを入れても95点ぐらいの満足のいく対応でした。

●●国道で渋滞停止中に追突事故にあいました。勿論こちらが完全な被害者だったのですが、車は全損、顔に打撲を受け、仕事を3日休みました。怪我自体はそんなに酷いものではありませんでしたが、車が全損で10万と査定され、まだ乗れたのに…と、悲しくなりました。

しかし、ディーラーが「そんな金額では車を買い直せない」と、東京海上日動に交渉をしてくれて30万円払ってくれることになりました。

怪我も仕事が忙しかったため、病院にもそれほど通院できませんでしたが、顔の打撲は青あざになってひどいものだったので、「女性の顔に傷をつけて」と、またディーラーが文句を言ってくれて、慰謝料を15万円頂きました(傷は治りました)。それで新車の頭金にすることが出来ました。

●●駐車場にて接触事故を起こしてしまったとき、保険会社に対応をお願いしました。初めての事故の為、どうしていいかわからない私に、まず怪我の有無や、相手の状態、警察に届けを出したかなど、順番に丁寧に対応をしていただきました。

そのおかげてすぐに警察に介入してもらい、その場は収まり、その後、詳しい状況を電話で報告したところ、あとは保険会社が相手方と連絡を取ってくれました。事故の状況をその場を見ずに、電話一本で把握し、的確な判断をくれるのがありがたかったです。

事故を起こした直後は気が動転していて、自分では正確な判断が下せないような精神的ダメージを受けていますから、今回しっかりとした保険会社の保険に加入しておいて非常に良かったと思っています。

●●両親の勧めで、初めて自動車を購入した時からずっと東京海上日動の「トータルアシスト自動車保険」にお世話になっています。実際に貰い事故で事故に遭ったことがあるのですが、その時の対応もとてもスムーズでした(相手が任意保険無保険車だったので少し大変な部分はあったようですが)。

翌日も仕事でしたが、事故に遭った当日中に台車も手配して貰えたので、翌日の仕事にも支障はありませんでした。その後も手続きのことで連絡を度々いただけたり、家まで訪ねてきたりしてもらえました。

不明な点を確認したり手続きがどこまで進んでいるか、過失割合はどうなりそうかなど、逐一報告を貰えたのでかなり安心感がありました。

保険のプランとしてはベースとなるものを保険会社側で3種類ほど作ってきてもらい、私の方でその3種類の中から選ぶといった感じです。

料金としては「年齢、免許証の色、等級、特約、車を運転する人の人数、レジャーか通勤使用か」などによって変わってきますが、私は17等級のレジャー使用で元々の料金のおよそ6割引き位になっているようです。

保険証券はインターネット上で見られるものではなく、紙のものでそこに事故に遭った際の連絡先なども一緒に入っていますので、とっさに番号が分からない時も安心感があります。料金としては通販型に比べると割高になるのかもしれませんが、それでも安心感があるので私は続けています。

●●夜遅くに帰宅中、車を電柱に大きくぶつけてしまう自損事故を起こしてしまった時に、東京海上日動に世話になりました。事故を起こしてしまって気が動揺していましたが、電話口で冷静にオペレーターさんが指示してくれたり、優しい受け答えで心を平静に保つことが出来ました。

ディーラーとの連携も非常にスムーズで、事故を起こした次の日にはすぐにディーラーへ車を持って行き、速やかに修理してもらえました。保険で全て修理費を工面することが出来、本当に助かりました。

サイドミラーが事故の衝撃で落下して外れたり、ドアが大破してしまった状態でかなりの修理費でしたが、保険で全てまかなえたので助かりました。夜中の事故だったのですが、車の故障の状況やボディの状態なども気にかけてくれたり、親切な対応で非常に迅速に修理の手配をしてもらえて有りがたかったです。

一度だけでなく、車を凹ませたり事故して修理してもらったことが実は何度もあるのですが、東京海上日動は毎回非常にスムーズに修理を受け入れてくれるので、ディーラーとの連携の良さや対応の早さが素晴らしいと実感してます。

●●私は親の代からの付き合いで、代理店さん経由で自動車保険に入っています。今は、代理店型ではなく保険料のお得な通販型が増えてきていますが、私はいざという時の安心のために東京海上日動を選びました。

やっぱり事故をした時の安心感が違うからです。通販型でもすぐに電話をかければ素早く対応してくれますが、現場に来てくれることはありません。

代理店さんは違います。事故をしたと連絡をしたらすぐに現場に飛んできてくれます。そして解決するまで何度も家に足を運んで話をしてくれるのです。車を買い替えた時や補償内容を買える時も、やってきてくれるので、何でも安心して任せちゃえます。ちょっと保険料は割高でも子の安心感には代えられません。

●●主人の仕事が休みで、お昼ごはんを食べに行った時のことです。とても狭い駐車場で車を出そうとしたときに確認不足で、主人が隣の車に接触してしまいました。すぐさま相手にお詫びをし、まだお食事をされていた相手の方の食事が終わるまでの間、損害保険会社に連絡を入れました。

「どうしよう」と日常ではない心境の時に、電話対応してくださった係りの方のお話の仕方を聞き、だんだん安心していった様子でした。

保険を使うかはその時点ではわからない状態でありながら、今後の対応の仕方を丁寧に教えてもらうことができました。最終的に保険を使うことなく、修理費用は支払ったのですが、支払いの段取りなど全て保険会社の方にお世話になりました。

人生でそう何度も起らないことですので、どうしていいかわからないし、動揺もしておりますので、保険会社の方の親切丁寧な対応にとても安心し、冷静さを取り戻すことができたように見えました。もちろん、横で主人の様子を見て、話を聞いていた私も安心することができました。

保険料はネット保険などに比べるとやはり高いです。ですが、代理店が近くにある保険の方が何かあった時に、より安心できる気もしました。車を運転し続ける以上、任意保険は必ず加入し続けるつもりです。

●●知り合いの勧めで加入しました。アパートの駐車場で子供が助手席のドアを開けた時に強風が吹き、となりの車にドアが当たり少し傷ができました。知り合いの保険加入だったこともあり、すぐに来ていただき、対応してくださいました。

その際、私は動揺していたので何もできませんでしたが、菓子折りを持って相手の方に渡されました。細やかな心使いがお相手の気持ちも落ち着かせてくれたと思います。その後、指示に従い警察を呼んで確認をしたあと、全てお任せしました。

となりの方がお知り合いの修理工場に依頼され、代車はなく、レンタカーで1週間乗られました。レンタカーはとなりの方が乗られていた車と同等の車でしたが、いったいいくらかかるのか…と、とても不安でした。ですが、修理からレンタカー代まで全て保険でまかなっていただき、本当に助かりました。

●●30代女性です。20代の就職したての頃に初めて事故をおこしました。関東の田舎在住なので、車は必須の地域です。通勤は一時間近くかけて通っていました。当時はまだ就職したての頃で、少し慣れてきた時期でした。

朝、少し遅くなってしまい、焦っていたので、信号待ちして青に変わったらすぐにブレーキを離してしまいました。まだ前の車は動き出していなかったので、本当にノロノロですが、ぶつかってしまいました。

相手の方はとても優しいおじさんで、連絡先を交換してくれて、あとは保険会社さんに電話すれば大丈夫だよと教えてくれました。初めて保険会社に電話しましたが、まず怪我がないか確認してくれました。それからはオペレーターの方に聞かれたとおり、状況の説明などをして、戸惑うことなく手続きできました。

▲▲自動車事故で一方的にぶつけられたことがあり、その際の相手方の保険会社(東京海上日動)についての体験談です。

まず、対応が遅かったです。連絡がついたのは翌日の夕方で、それもこちらからの連絡を受けてでした。こちら側は車は廃車で足もない状態だったのに、代車の手配なども後手後手で、謝罪一つなく不誠実に感じてしまいました。

先方からの提案なども一切なく、こちらがきっちり調べて質問したり連絡したら、やっと対応してもらえるという程度でした(当事者じゃないから仕方がないのかもしれませんが…)。

むち打ちで通院してたので、通院費や慰謝料についてはきちんとお支払いただきましたが、話を進めていく上で、担当者の方の話し方も感じが悪かったので、会社自体に良い印象が全くありません。自分が加入する際はこちらの保険会社は利用しないと思います。

▲▲母が物損事故を起こしました。母の保険会社は東京海上で、駐車場での事故でした。普通なら、お互いに過失割合が出てくる事故だと、客観的に思ったのですが、担当者は何を思ったのか「母が100%悪い事故だからそのように対応する」と勝手に決めて、勝手に示談をしてしまいました。

母は疑問に思って「自分だけが悪い事故なのか?」とずっと悩んでいたそうですが、自分が悪いといわれると反論できずに、担当者の言うがまま示談に応じたそうです。相談してくれれば、アドバイスできたのですが、全部終わった後に、実は事故を起こしたと報告をしてきたので後の祭りでした。

駐車場内の事故はもめるケースが多いので、早く事故を解決したがって、こちらが全額払うと早く解決するので、担当者が母を言いくるめたようでなりません。大手損保は事故が多いので担当者も忙しく、親身になってくれることが少ないような気がしました。

▲▲私が初めて車を買ったときに加入したのが東京海上日動でした。今から10年くらい前の話です。仕事帰りにタクシーに追突をしてしまい、気が動転してしまったのですが、たまたま近くを歩いていた会社の知り合いに色々助けていただきました。

保険会社に電話をし、近くの交番にも行ったのですが、保険会社の方は電話のみで駆けつけてはくれなかったんです。それでも電話で色々説明をしていただき、相手方が大したことはなかったので、病院で検査を受けた時の費用を私が払えば物損事故として示談してくれることになりました。

これで示談になるんだなとホッとしていたら数日後、保険会社から電話が来て「相手方が病院に行った時間が欠勤扱いになったため、その分の賃金も払ってください」と言われました。

すでに示談になると聞いていたし「もう払うものはないんですよね?」と確認までして「ないです」と返事までいただいていたので納得がいかず「どういう経過でこうなったのか直接来て説明をしていただきたい」と話しました。

すると「私は事務のものなので席を離れることはできません。どうしても説明を聞きたいのであれば直接(保険会社に)来てください」と言われたのです。

私も腹が立ってしまい、職場で色々とこの間の話をしたところ、上司も腹を立ててしまい、一緒に保険会社まで来てくれて、話し合いもしてくれました。しかし、保険会社の対応は変わらずで、結局は欠勤扱い分の賃金も払い、物損事故として処理してもらい終わりました。その後、この対応の悪さに保険会社を変えました。

保険会社は事故を起こしたら、現場に駆けつけてくれると思いこんでいたので、正直この時はショックを受けたのを今でも覚えています。確かに事故を起こした私が一番悪いのですが、お金を払い加入している以上はちゃんと対応してほしかったです。

事故後から新たに加入している保険会社の方は、この事故の経過を知った上で職場に来て上司にも「我々は事故を起こされた場合ちゃんと対応をいたします」と頭までさげてくれました。保険会社によってこんなにも違いがあるのだなと感じました。

▲▲初めて自分で購入した車で事故を起こした時の話です。何もかもが初体験だった私は、事故を起こしてすぐに父に相談しました。父の「保険会社に任せておけば大丈夫」という言葉を信じて、保険会社の担当者に全てを任せました。

大破していたため廃車になるであろうと思われた私の車は、なんと修理にまわされたのです。一番驚いたのは「フレーム修正は見た目でゆがんでいないので必要ない」と言われたことでした。機械で測定して必要と判断された内容を担当者は見た目で否定したのです。

車両保険満額の98%になる修理費が支払われたのはいいのですが、車はまっすぐ走ることすら微妙なほどの修理内容でした。このことを担当者に伝えても処理が終わっているとの一言。二度と加入したいとは思わない保険会社です。

▲▲免許をとってすぐ、単独事故を起こしました。狭いT字路の交差点で、左に曲がる際、左から右折しようとしていた車がいたので、当たらないよう、左に寄って曲がりました。ところが、初心者だったことと、夜間で左に障害物があることに気づかず、左側面をこすってしまいました。

車を見てみると、左側の前後のドアがへこんでいましたので、保険会社へ請求しました。担当者からは、飲酒運転や事故の状況が間違いないかを何度も確認されました。事故の現場の住所や、目的地(どこからどこに向かう途中の事故だったのかなど)、何度も聞かれました。疑われていたんでしょうね。

しかしこちらはまだ19歳で、そんな悪い知識も何もなく、不快な気持ちになったことだけを覚えています。今となれば仕方ないと思えるのですが。

40代女性

●●今の自動車保険は、金額的には結構高く、ネットの自動車保険に入れば、今よりかなり安くなるだろうことはわかっていますが、ネットの自動車保険が一般的になる前から、知り合い繋がりで入っているので、やめるにやめられないでいました。

でも、担当者が知り合いということもあり、事故に遭ったときはホントに心強かったです。わき道で一旦停止中の車が、自分の車が通りすぎようとする瞬間に飛び出してきて、当てられてしまった時のことです。

100%非があったにも関わらず、謝罪もろくにしない相手だったので、こちらとしては納得がいきませんでしたが、担当者のアドバイスにより、最終的に納得のできる結果に終わらせることができました。

これは担当者が知り合いだったからこそだと思います。ネットの自動車保険が主流になってはいますが、やはり人と人の繋が必要な時があると感じたので、これからも今の保険を継続したいと思っています。

●●車を初めて購入した時から、主人がもともと加入していた東京海上日動にお世話になっています。現在20等級を維持していることもあり、年間で4万円にいかない金額で、車両補償と対人対物無制限の補償をつけてもらっています。

代理店の方がいつも親切で、年齢があがって保険料が安くなる時には連絡をくれたり、アフターサービスがばっちりで気分よく毎年契約更新をさせてもらっています。

一昔前に私が9割悪い交通事故を起こしました。当時妊娠していたこともあり、自分の体のけがに気を取られ、相手方へのフォローが十分にできなかった私のかわりに、担当の方が何度も足を運んでくれました。

相手方への謝罪、怪我の具合の心配、あとの通院に至るまで、間に入って全て行ってくれたおかげで、相手の方の気持ちも幾分かやわらいだらしく、ひどく責め立てられることもなく無事に示談に至りました。今でも担当してくださった保険会社の方には感謝の気持ちでいっぱいです。

●●私が後ろ向きに後退してゆっくり走っていた時、曲がり角から急に車が出てきて、私の車の後部と相手の車の前方バンパー部分が接触しました。すぐに警察に連絡をとると同時に、保険会社にも連絡しました。

相手は10:0と言ってきかず、私は彼の前方不注意もあると言い、なかなか二人だけでは話がまとまりませんでした。偶然、私も相手も同じ東京海上日動の自動車保険に加入しており、保険会社の中での担当者同士のやりとりということになりました。

東京海上日動は対応が早く、こちらが不安になって電話した時も「問題ないので任せてください」と、安心できる対応をしてくれました。そして出た結果は9:1で、私が9割、相手が1割負担ということで話がまとまりました。

保険料は年間で9万5000円ほど払っていて、3年契約をしています。万一の事故の時のために入るのが保険であり、その対応力の対価として少々高い保険料になったとしても、私は仕方ないと思っています。

通販の保険は安いのですが、いざという時に本当に力になってくれるのか心配で、私は対応力のある、東京海上日動の自動車保険をこれからも続けて加入するつもりです。

●●スーパーの駐車場で、ポールに車をぶつけてしまい、自損事故となりました。ポールは無事だったのですが、車の左後ろ、角が凹み、テールランプも割れてしまいました。

どうして良いか分からなかったので、面識のある損害保険の代理店へ電話して、いつも担当して下さっている方へ相談したところ、まず「怪我はないか」と心配してくださり、この後どう対応すれば良いか、丁寧に教えてくださいました。

店側の設備に破損がなければ、24時間体制の事故対応電話窓口があるから、まずはそちらに一報し、事故報告をするよう言われました。連絡してみると、名前や生年月日で保険内容を確認してくださり、速やかに事故受付が終了。

車は自走できたため、損害保険代理店が紹介してくれた板金工事へ持ち込み、その場で代車を借りて帰宅しました。3日ほどで車は綺麗に治り、板金工への支払いも、損害保険代理店の方が間に入って対応して下さったので、特に面倒な事もなく保険金対応で終了しました。

●●赤信号で信号待ちをしていた停車中、後ろから車が追突してきてしまって、過失割合0で、追突事故の被害者になってしまいました。車の後部が大きく凹んでしまったり、乗っていた家族全員が頚椎捻挫でむちうちになってしまいました。

初めての交通事故で勝手がわからず、どう対処すればよいか頭が真っ白でしたが、電話口でオペレーターさんが優しく冷静な対応をしてくれ、相手先と連絡先を交換したり、警察へ迅速に連絡すべきなどといったことをまず教えてもらい、スムーズに事故に対応出来ました。

弁護士特約に加入していたので、むちうちの治療で症状固定を言い渡された後も、弁護士を頼ることが出来ました。相手保険会社から提示された金額よりも慰謝料アップを叶えることが出来て、本当にありがたかったです。

私に過失がない事故でしたが、担当者の対応も非常に丁寧で、事故後も体調への気遣いのお電話がこまめに行われたり、相手保険会社への対応策のアドバイスを親身になって行って頂けました。

非常に良い対応でしたし、今まで経験したことがない交通事故の被害者となってしまった私に、良い知恵やアドバイスを与えてくれたり、体調面など親切によく気遣ってくれたので大満足です。

●●もう20年以上の付き合いになりますが、東京海上日動の自動車保険に入ったのは知り合いからの紹介でした。年長で車に詳しい方でしたし、いつも良くして頂いている方でしたので、喜んで紹介をお受けしました。

初めて車を買ったばかりで、どの保険会社を選んだらいいのかさっぱり訳がわからず、それでも正直「どこへ入っても同じ?」くらいにしか思っていませんでした。その後、事故を起こす事があり、その時の代理店の対応にとても助けられたので、選んで良かったなあと思っています。

東京海上日動と直接話すこともありましたが、代理店の方との話で殆どの事柄が片づいたので、面倒が少なかった様に思います。これがネットの保険だったら電話だけの対応しかしてもらえなかったでしょうし、安心していられたかどうかわかりません。もちろん今も東京海上日動にお世話になっています。

●●私の友達が追突事故を起こしました。相手の方に追突した加害者となってしまったのです。友達が加入していた東京海上日動の担当者は、丁寧に対応してくれたそうです。事故現場にも来てくれて、色々指示もしてくれて本当に助かったそうです。

ですが、被害者である相手の保険会社の担当者は、相手の方は被害者なのに、まるで加害者へ接するように「なんで○○だったの?」というような態度だったそうです。今回は全部友達が悪くなる事故です。相手の方は何も悪くないんです。それなのに、かわいそう…。友達は自分が悪いし、相手の方に申し訳ないと話していました。

相手の方がどこの保険会社か分かりません。こんな保険担当者もいるんですね。なんだか信じられません、自分が悪くない事故なのに、自分の保険担当者からそんな酷い態度をとられるなんて…。この一件を聞いてから、やはり自動車保険はちゃんとしたところに入らないとなぁと思うようになりました。

●●細い住宅街の道で接触事故を起こしてしまった時のこと。相手は保険未加入で「できれば示談にしてください」とお願いされました。「身内に板金屋もいるから、安く修理できる。保険屋を通さなければ、保険料も上がらない。あなたにとってこんなにいい話はないだろう」と、首を縦に振るまで説得されました。

初めての事故だったので勝手がわからず、相手の要求を飲みそうになりましたが、考えさせて欲しいと、連絡先を交換して別れた後、保険屋にすぐ連絡を入れ、指示を仰ぎました。

相手の言い分は保険未加入者が使う常套手段という事、今から警察へ行って事故証明書をもらう事、相手との交渉は今後こちら(保険屋さん)で行うので個人で接触しない事。これらを一つ一つ丁寧に指示してくださりました。

更に、事故証明をもらいに行くとき、「不安なら一緒についていきますよ!」と、警察に同行してくれ、状況説明から書類の手続きまで全て行ってくれました。

相手は「約束が違うじゃないか」と、交換した電話番号に連絡をしてきましたが、それにも保険屋さんが間に入り、保険屋を間に入れないと処理できない事を説明し、以降すべての連絡は保険屋さん。私は報告を待つだけになりました。

事故処理が終わるまで、半月かかりました。2,3日に1回は状況報告の連絡や、確認の連絡を受けていたので、進行状況が分かってありがたかったです。流れ作業で処理していくのではなく、親身になって対応してくれた保険屋さん。契約更新や保険料の見直しなど、今でも相談にのってもらってます。

●●私の車が止まっているところに追突され、事故対応をしてもらいました。雪道で相手側のトラックが嵌ってしまい、脱出できず、バックで弾みをつけて脱出を試みていたところ、後ろで停車していた私の車のフロント部分にトラックのリアバンパー部分がぶつかりました。

まさかぶつかってくるものとは思わず、子供も乗っていたので焦りました。停車している状態だったので、おそらく相手の保険会社がすべて対応してくれるものだとは思いましたが、慣れない事故に不安もあったので東京海上日動さんに連絡をしました。

連絡すると15分程度で日曜日にも関わらず駆けつけてくれました。私から事故の状況を聞き、怪我はなかったか、子供が大丈夫か確認した後、相手側と話をしていると相手側の保険屋さんも到着して、保険屋さん同士の話しとなりました。

その後は自走できたので、ひとまず自宅へ戻り、落ち着いたところで、代車の用意から修理の依頼まですべて段取りをしてくれ、スムーズに処理をしてくれて、とても助かりました。

●●最初は何処へ電話すれば良いのか分からず、フリーコールへ電話連絡をしました。すると「後日、担当が決まり次第、担当者から連絡が行きますので、それまでお待ち下さい。」との事でした。

電話の内容から、しばらく電話を待つ印象で電話を切りましたが、次の日には担当者の方から電話連絡が来ました。100%の貰い事故にも関わらず、とても親身になって事故の話を聞いて下さり、また相談にものってくれました。

こちらに100%過失がない場合はこちら側の保険会社は間に入って相手の保険会社や相手側に話す事も出来ないそうです。

そのため、「今回の事故では関係がないので、自分で相手の保険会社や相手側と話して下さい」と言われて断られても仕方がなかったと思いますが、最後まできちんと相談にのってくれました。とても親切に対応して貰えました。

●●1999年に出会い頭の衝突事故を起こしました。当時、親の友人が保険営業を仕事としていて、その方が「営業ノルマが必要だから」との理由から、親の勧めで自動車保険の加入をしました。

事故の日は、日曜日でした。今でこそ24時間対応が当たり前となっていますが、当時の対応はかなり酷いものでした。土日祝は加入店も担当者も休みで連絡がつかず、「サービス窓口へ連絡⇒担当者⇒加入者」といった具合に、非常に連携状態が悪く、対応に時間がかかりました。

状況の説明、書類作成に際しての署名と捺印も、担当者都合で平日の日中しか処理ができないとの事で、仕事を休んで処理をしに加入店へ来訪しました。その流れを友人に相談したところ「対応が悪すぎる」との事で、同じ保険会社ですが違う支店を紹介してもらい、そちらへ変更をしました。

そこは、とても親切丁寧で此方のニーズに応じた対応をしてくださり、とても感謝しています。2008年には追突事故をされましたが、深夜と遠方にもかかわらず駆けつけてくれました。

署名捺印等の手続きも、此方の時間都合で処理していただき、ありがたかったです。同じ保険会社でも担当者によって対応がこんなにも違うものか…と、勉強になりました。『企業は人』一期一会の大切さを実感しました。現在、多くの保険会社がお客様のニーズに重点をおいているので嬉しく思います。

●●去年の11月、夕方の商店街の駐車場で不注意にバックしてしまい、後ろにいた車にぶつけてしまいました。すぐに警察と保険会社に電話して、警察が来るまでの間に保険会社の方がけがの有無、車が走行できるか、などを聞いて下さり、警察の処理が終わったらまた連絡するということになりました。

幸い人身には被害はなかったのですが、はじめての事故だったので慌ててしまいました。ただ、保険会社の受付の方が状況を聞いて、担当者を決めて相手との交渉や連絡等すべて手配してくださるということだったので、少しは安心しました。

翌日には担当者からお電話をいただき、相手にもお見舞いと保険受付をした旨の連絡をしていただいたとのことだったので、後は担当の方と相手の方で交渉していただきました。

相手の方がお忙しいのか、なかなか修理工場に車を持っていけず、年を越してのこととなってしまったのですが、定期的に担当の方から進捗状況を連絡いただき、相手の方とも連絡をつけていただいていることなどを教えていただいたので、特に不安や問題もありませんでした。

担当をすぐに決めていただき、折り返しの連絡等もすぐにいただき、スムーズに解決していただけて、とてもよかったです。

●●迅速丁寧な対応が一番だと思い、友人たちからの口コミでここの保険会社に契約を決めました。事故をしての処理ですが、すぐに現場まで来てくれたことが一番安心できました。子供がけがをしたので救急車で運んでもらうことにしたのですが、車のレッカーの手配などしてくれたことが凄くよかったです。

あと、事故後の処理もばっちりで、毎回相手との話し合いの内容などを電話で伝えてくれて、そしてハガキにて書面の連絡もあり、そのきめ細やかな対応がとても気持ち良く感じられました。

また、けがの心配などをしてくれたのも凄くうれしかったです。通院の費用も病院の方にすぐに連絡して支払いは無いように手配してくれ、急にお金を用立てることも無いようにしてくれました。保険金の支払いもとてもスムーズにしてくれます。

事故をして気が動転しているので何をしていいかわからなくなっている私に、段取りよく処理を進めてくれるのはとても心強く感じました。

●●直線道路で右折するために停まっていた所、後ろからぶつけられました。かなりのダメージでした。担当の保険の方にすぐ電話を入れると、「まず警察に電話して、邪魔にならない所で待っててください、すぐに行きます」との事で、数分の内にきてくださいました。

相手方の連絡先を聞いてくれて、このあとどうしたら良いか、何をするべきかを詳しく教えてくれて、車は、私の行きつけのディーラーさんへ一緒に来てくれて、修理の依頼をしてくれました。代車も保険でカバーできるとの事で、修理日数は2週間と長かったにも関わらず、すべてお膳立てしてくれて助かりました。

今まで数回お世話になりましたが、いつも相手の方と交渉してくれて、面倒な手続きや話し合いなど、一切ありませんでした。不安もなくお任せできる保険会社です。

●●通勤時間帯に事故を起こしてしまいました。急いでいたため、合流する際に本線から来ていた車を見逃してしまい、ぶつかってしまいました。幸い、こちらも相手もあまりスピードが出ていなかったので、すぐに降りて挨拶をして、それぞれ電話をし始めました。最初に警察、そのあとに職場、次に保険会社だったと思います。

オペレーターの方は、まずケガについて確認してくれました。その後、警察への連絡は済んだか、事故の状況やレッカーの有無など聞かれました。

その場は警察の対応したり、職場にすぐ向かったりしたので、また後日、保険会社に連絡しましたが、何度か同じ説明を求められたのが億劫でした。その後の相手との交渉は上手にしていただき、感謝しています。

●●免許証は持っていたのですが、30代後半で必要に迫られて運転をすることになりました。今は40代前半です。その時は少しでも安い保険に入りました。

ある日、ある場所で後ろから追突されました。追突の場合はこちらに責任はないとはいえ、事故は事故です。震える気持ちで電話したのにあっけない対応で、何もしてくれない印象を受けました。相手方の東京海上日動のほうが親身になってくれて、どうしてこんなに違うのだろうと感じました。

家族にそのことを話したら、「やっぱり大手はそれだけ事故対応に慣れているし、事故を起こした人がどんな気持ちになっているか経験の場数が違うんじゃないの」と、言われました。

次の契約更新の前に東京海上日動に見積もりを依頼したら、やはり今よりは割高でした。でも、心細い時に助けになってくれる会社がいいと乗り換えました。

▲▲車を当てられて対応していただいたのですが、ん…?と感じることが多々あり、あまりいい印象を持ちませんでした。

100%相手が悪い物損事故なのに、相手が任意保険に加入しておらず、対個人の交渉になってしまったので、東京海上のほうからは「個人相手に責任割合を交渉するのは違法ですので、あまり強くは出れません」ということを何度も言われました。

確かに法で決まっているのでしょうが、最初から弱気な感じで、なんだか頼りなかったです。相手との交渉の中で必要だということで、事故の様子などを詳しく書く書類を作成してほしいと東京海上から言われました。

もうすぐ大型連休というタイミングだったので、大型連休にかかると遅くなるから連休前には届くようにしたいと提案すると(私としてはなるべく早くかたをつけたかったのですが、なかなか思うように進んでいなかったので)、郵送では遅くなるから、作成した書類をメールで送るという形になりました。

しかし、メールで送ると、なんと担当者はお休みされていて、結局そのまま連休に突入してしまいました。病気などやむを得ない事情なら仕方ありませんが、大型連休前ということもあり、連休とくっつけて休みをとったのではないかという疑念が頭を離れませんでした。

別にお休みを取られるのは自由ですが、事前に休むことをわかっていたのなら、その旨伝えてもらえればこちらも急いで書類を作成したり、メールしたりする手間もなかったのに…。私が解決を急いでいると知っているのだからなおさらです。

その他にも、相手との交渉の内容について、私がもっといい方法はないかといくら聞いてもなにやら色々と理由をつけながらかわし、最後はいつもこの方法しかないの一点張りで話が通じず…。

しかし弁護士さんに相談すると、なーんだそうすればいいのかと思うような簡単な解決法があったりして、何でこういう提案が東京海上から出なかったのだろうと残念に思うこともありました。

知り合いにこの話をしたら、その方も昔東京海上に加入されていて、事故対応が散々だったからすぐに解約したと言われていました。私も解約するか悩んでいます。

▲▲1年くらい前の話です。私が、実の父親の車にぶつけてしまい、事故の連絡をしました。電話をしたのは父でした。保険会社の電話対応は若い女性だったようです。事故の状況などを色々と詳しく聞かれました。

ぶつけたのが実の娘であること、どのような状況で起こったのか、お互いの車の破損個所を細かく話し、何度か状況の確認もしました。

そして20分ほど、散々事故の状況について話をした後、電話対応をしていた女性が「事故の相手が血縁関係にある場合、保険の対象にはなりません」と言ったそうです。

実際、家族間での事故は保険の対象にはならないという決まりがあり、それを知らずに連絡していたのですが、20分も事細かに何度も確認しながら話をしていたのに、全部話し終わった後に対象外だと告げるのはいかかなものでしょう。

先に言ってくれればよかったのに…と思います。父も呆れ返っていました。結局、実費で直しました。

▲▲先日、主人が息子2人を後部座席に乗せて運転中に追突事故にあいました。

と言っても、信号待ちで停車中のところ、こちらが発進する前に、後続車両の方が前方不注意でブレーキを外した瞬間に「ゴツン!」という感じだったので、こちらには全く非はなく、怪我の程度も子供らは頸椎捻挫3日間で済みました。主人は腰などにも痛みがいき、今現在まだ整骨院に通っていますが…。

相手側が入っている保険会社が東京海上日動さんだったので、早速、そちらとのやり取りが始まりました。直接やり取りのは運転者の主人が行っているのですが、担当者の対応にやや不満な様子です。

なぜかというと、保険担当者としては当然の対応なのかもしれないのですが、とにかく早く治療を済ませて欲しいらしく、そちらの方へそちらの方へと導くそうです。例えば、最初に整形外科にかかったのですが、初回では湿布を渡され、2回目にはリハビリみたいなことをやったらしいのですが、全然痛みが改善しませんでした。

そこで、事故対応がうまいという整骨院にかかり、ほぼ毎日のように治療に通うようになったのですが、たびたび連絡が来て「怪我の状況はいかがですか?」と聞かれたあとに、そろそろ治療終了の話を持ち出されるようです。

さらに、受診した整形外科の対応も酷いのですが、全治5日と診断しており、保険会社ではそれをいいことに、整骨院に「そんなに長くかかる程度の怪我なのか?」みたいなことを遠まわしに言うそうです。

ただ、整骨院の先生の話では、「保険会社は必ずそういうことを言ってくるけど、まったく気にせずに完治まで治療を続けてください」とのこと。実際それで良いみたいなのですが、時々連絡してきて治療終了に持ち込もうとする保険会社の対応に、主人はイラついています。

50代女性

●●数年前に、ネットで格安の自動車保険からこちらの東京海上日動の自動車保険に掛け替えました。掛け替えたきっかけは、車のディーラーの営業さんからの勧めでした。どうしても大手の保険会社は掛け金が高いというイメージを持っていたのですが、話を聞いていくと、そんなに変わらないことがわかりました。

しかも、加入してすぐに事故を起こしてしまったのですが、その時の保険会社さんの対応にはとてもありがたく思いました。人身事故だったので動揺していたのですが、保険会社さんの担当の方が親身に対応しくれたのでとても助かりました。

事故当日にすぐに相手の方と連絡をとってくれて、状況説明をしてもらえました。逐一、事故処理の状況を連絡してもらえたので、無事に相手とも示談交渉することができました。やっぱり大手は安心できるなと実感したでき事でした。

●●結構前のことになりますが、接触事故を起こした時に利用しました。他社のCMなどでみるほど、強烈な安心感は得られなかったけれど、冷静に迅速に対応されました。

事故を起こした際に、相手が無理な要求をつきつけてくることもあるそうなので、頼りになる存在だとも感じています。事故を起こすと精神的にもショックも受けますので、こういったサービスはありがたいです。

「お怪我はありませんか?」って聞いてくれて、ちょっと安心しました。私は、事故を起こした数日後に連絡したのでそう感じましたが、その場で連絡してたらまた違った印象を持ったと思います。

事故を起こしたと連絡した後は、書類や連絡を待つだけなので、やはり精神的には安心出来ました。色んな特約があるけれど、私はこの一件から弁護士特約にも加入しました。今回はこれ位で済みましたが、もっと大きな事故に遭った時に交渉してくれる人がいると心強いので入っています。

事故を起こしてから相手の車が治るまでは時間がかかるので、長い間、気を揉みますし、なんとなく肩の荷がおりませんが、正直相手の顔も見なくて声も聞かずに済むので、気が紛れます。日常的に運転するときは、手元に連絡先を入れておくようになりました。

●●保険料は高めだと思いましたが、ディーラーと直結した損保が安心だと思って、加入しました。小さな接触事故を三回起こしましたが、毎回応対が丁寧でした。

会社の営業時間が短く、週末の事故などは正式な担当者が決まるまで少し時間がかかりますが、事故の相手側との交渉はスムーズに行っているようで、トラブルになったことはありません。私が相手と連絡のやり取りをする際にも、細かく指示をしてくれたので安心でした。

また、昔、無職だった時期の事故に対しても、身体にダメージは特に無かったので、自分への保障は辞退したのですが、「未婚でも同居の高齢のご両親がいらっしゃるので、車の修理が終わるまでの2日間、主婦と同様の見舞金が出ますから請求して下さい」と、極力私にメリットがあるように提案してくれました。

とても良心的な会社だと思います。

●●2年程前、車同士の接触事故が起きてしまった時の事です。こちらが優先道路を走行中、相手の車がホームセンターの駐車場からいきなり飛び出して来ました。慌てて急ブレーキを掛けたものの間に合わず、接触してしまいました。

相手は「自分は安全確認をちゃんとしたのに、そっちが急に現れたのが事故の原因だ」などと不遜な主張をしていました。即座に警察と保険会社に電話を入れたのは、言うまでもありません。相手も自分の加入している保険会社に電話をしていました。

私の加入していた保険は東京海上日動火災でしたが、事故担当者は言葉使いも丁寧で、かつ迅速に対応してくれました。結局、相手側の保険会社と保険会社同士の話し合いになり、相手側8割、当方2割の過失割合になりました。納得は行きませんでしたが、双方が動いている限り10:0の裁定はないので、仕方ありません。

ただ、当方の車も相手側の保険を利用しての修理になったので、等級が下がる事もなく、その点は良かったと思っています。全般的に、保険会社の担当者は良くやってくれたと思います。

●●自動車同士で接触事故を起こした時の事です。片側3車線の幹線道路の中央車線を走行中、左の車線を走行していたトラックが車線を逸脱し、当方の車の側面に接触しました。すぐに双方が車を寄せて停車しましたが、相手は降りて来るなり「何でぶつかって来るんだ」と高飛車な言葉使いで、あたかも被害者のような態度でした。

まともな対話が出来るような相手ではなく、すぐに警察と保険会社の東京海上日動に電話しました。現場検証での相手の言い分は支離滅裂で、走っていた車線も事故現場も事実と異なる内容を主張していました。

保険会社の担当者は、早速事故対応手続きに移ってくれましたが、証人もなくドライブレコーダーも装備していなかった為、当方の言い分が正当であるという客観的な証拠がなく、対応には苦慮しているようでした。結局、和解策として双方が自分の車の修理は自分の保険で賄うという話に落ち着きました。

等級も下がってしまいましたし、納得は行きませんでしたが、この状況ではやむを得ません。担当者の対応自体は、言葉使いも丁寧で書類送付なども迅速でしたが、上記のような状況により、決着が着くまでに1か月程掛かりました。これは、恐らくどの保険会社でも同じような結果だったと思います。

●●狭い道で、前方から来た車とやり取りするためにバックした時、後方不注意で後ろの自動車にぶつかってしまいました。すぐに保険屋さん(代理店の方)に電話して、対応を指示していただきました。

ぶつかり方はひどくなかったのですが、後日相手の方が、事故状況を偽って証言(実際よりも長い距離をバックしてきてぶつかったと主張)されました。

また、むち打ちと足のけがで通院してまつば杖を借り、痛い方と反対のほうに杖を使っていたという私の友人(たまたま相手と同じ小学校の親)からの証言もあり、難しい相手で精神的に辛かったのですが、保険会社の方が間に入って、時間をかけてきちんと対応してくださいました。

事故自体というより、相手が難しい時、自動車保険で対応していただけるのは、大変ありがたいものだと感じた出来事でした。

●●数年前の事です。夜中に車を走らせていたのですが、信号のない交差点で車同士の衝突事故を起こしてしまいました。担当の営業の方はいらっしゃったのですが、さすがに夜中ですから、事故処理のダイヤルに電話をしました。

対応して下さった担当の方はとても親切で、口先だけではなく、本当に心から心配して下さっているようでした。幸い事故的にはお互い怪我もなく、警察を通してその場は収まりました。

保険会社の方から、相手方に対して聞いておいてほしい事を言われ、それを確認して報告すると、「以後の対応はとりあえず任せて欲しい」との事でしたから、ちょっと心配でしたが待っていると、事故の過失割合についての連絡が入り、納得できる話だったのでそれで収めてもらう事になり、示談書にサインをして終わりました。

事故処理は大変だと聞きますが、相手方も物分りの良い方だったのもあるかも知れませんが、ちゃんとした事故対応をして頂くと大変なことは無く、とてもスムーズに終わりました。

●●以前、県道のガードレールにぶつかって壊してしまう事故を起こしてしまいました。幸い自損事故でしたので、県から請求されたのはガードレール代だけ。こちらの支払い対応は全て東京海上におまかせしたのですが、問題は自分の車の修理費用です。私は車両保険には入っていませんでした。

車の破損は中破程度で、エンジン等は無事。しかし、修理の見積もりをしてびっくり。新品の部品を使えば100万円以上かかり、中古部品を使えば40~50万円程度で済むとの事。中古部品で修理するか、安い中古車を買うか…。

いずれにしてもかなりの出費になります。今さら遅いのですが、車両保険に入っておけば良かった…と思うでき事でした。

●●東京海上に加入した経緯は、その当時の取引先の方が保険の代理店を行っていて、その方の数字になるということで加入しました。加入してから約20年、その方とは現在も交流があります。

休日はあまり自動車を運転しないのですが、接触事故を起こしたことがありまして、その際には動揺している状況を察して、とても丁寧に対応して頂いたことを覚えております。事故は起こさないことに限りますが、万が一、起こしてしまっても安心してお任せすることができる保険会社だと思います。

現在はインターネットで契約ができる保険会社が増えて、保険料のみで判断する方が多いと思います。私が加入している保険は決して安くはないのですが、安心は保険料の金額で買えないと思いますので、今の自動車保険に満足しております。今後も継続していきたいと思っております。

●●友達が損害保険の代理店の仕事をしている関係で、自動車保険の事は友達に任せています。子供が県外の大学に合格し、バイクで通学をすることになったので、友人から「ファミリーバイク特約を付けた方がいい」と勧められました。保険料も要らないとのことだったので、特約を付ける事にしました。

大学4年の時に、息子から「バイクで転んで救急病院で診てもらった」と電話が入りました。命に関わる様な怪我ではなかったのですが、顔の傷が酷くて、今も残っているほどです。親元を離れて頼る人も居なくて心細かったと思いますが、東京海上日動の岡山支店の方が来てくれて、心強かったそうです。

親の私にも連絡をして下さり、事故の様子や後の処理など詳しく説明してくれました。治療費も保険から支払われるということでした。遠く離れて居るので心配しましたが、きめ細やかな対応で安心して任せることが出来て、感謝の気持ちで一杯です。

▲▲東京海上日動火災の自動車保険に加入する前は、全労済の自動車共済に加入していました。しかし、ヤナセで車を購入した際、担当セールスマンに「保険を是非うちでやらせて欲しい」とせがまれ、止む無くという形で保険会社を変更しました。

民間保険会社は全労済より高いというイメージがあったのですが、実際の保険料は1割以上安くなり、結果的オーライで満足という形になりました。

事故の際の対応は、迅速さや担当者の言葉使いやなどには、満足できました。ただ、事故の内容は、当方が優先道路を走っていた際に、相手の車がいきなり飛び出してぶつかって来た完全な貰い事故だったのですが「過失割合が10:0にはならない事を納得して欲しい」と言われた点は不満でした。

しかし、ゴネるのも大人げないと思い、受け入れました。結局、修理は相手側の保険を利用する事になったので、当方の出費はゼロで済みました。保険会社同士の交渉は、よくやってくれたのだと思います。

▲▲昨年の10月に自転車と接触事故を起こしました。職場からの帰宅中、横断歩道のない片側一車線の道路をフラフラと渡っていた自転車とぶつかったのですが、その時に対応してくれた保険会社が最悪でした。

仕事中に電話をかけてきたり、相手の人が大丈夫だと言っても、病院でしっかり診てもらうように何度もアドバイスされたようです。また、相手の方から、私に直接電話がかかったこともありました。

保険会社としては、マニュアル通りの対応をされたのかもしれませんが、これではどちらの契約している保険会社かわからなくなるような感じをうけました。自分の不注意で起こした事故とはいえ、必要以上につらく、精神的に大変なストレスを感じた出来事でした。

そして、その保険会社とは二度と契約したくないと思いました。

▲▲息子の部活の試合を観に行こうと思い、愛犬を連れて車で出かけた時のことです。試合が行われるのは自宅から高速道路を利用して2時間程かかる、かなり遠い場所でした。試合会場がよく分からず、林道のような所に迷い込んだ先にぽっかりと野球のグラウンドが現れました。

目指す場所ではなかったので、仕方なく引き返そうとしたのですが、道幅が極端に狭く、Uターンするのが難しそうだったので、やむを得ずグラウンドに少しだけ車体を入れて、Uターンをしようとした時、ボールが飛んできて車に当たりリアガラスが粉々に割れ、ほぼ完全になくなってしまいました。

慌てて保険の営業担当の方に電話をして状況を説明すると、すぐにロードアシストに連絡をしてレッカー車とレンタカーを用意してもらうと良いとアドバイスしてくれました。言われた通りロードサービスに電話をすると、女性の担当者が出ました。

今思えば総合受付のような方だったのだと思いますが、「どうなさいました?」と尋ねるので、事故に遭った状況とレッカー車とレンタカーを必要としている旨を告げると、「ロードサービスにお繋ぎします」と言い、電話は保留音になりました。

少しすると、別の女性が電話口に出て、また「どうなさいました?」と尋ねるのです。さっき説明したのと同じことをもう一度繰り返し説明しました。リアガラスが割れてしまったのでレッカー移動をしてほしいと言うと、窓の破損だけではレッカー車は出せませんという返答。

リアガラスが全くない状態で高速を走行して帰るのは無理だと説明すると、やっとレッカー車の要請に応じてくれました。次に、レンタカーが必要だと言うと、基本的には公共交通機関かタクシーを利用して下さいと、事務的に返されました。

事故現場は大きな幹線道路から外れた山林の中で、最寄駅がどこなのかもわからないような所、しかも犬連れなので電車には乗れないと告げると、やっとレンタカーの手配をしてもらえることになりました。

しかし、ここで新たな問題が持ち上がりました。レンタカーに犬を乗せるにはケージが必要だと言われたのですが、この日はケージを持っていませんでした。

それでも、車にあった袋のような物に犬を入れて抱きかかえれば何とかなると交渉して、レンタカーを手配してくれるようお願いすると、今度は現場近くの提携のレンタカー会社で車を手配するのだが、用意できるまでに何時間かかるかわからないと言うのです。その上、そこまで車を受け取りに行くように言われました。

事故のショックで頭が呆然としている中、30分近くのこのやり取りで完全に私の中で何かが壊れてしまいました。結局、レッカー移動のみお願いし、レンタカーは諦めました。その後、同じ試合を観に来ていた知人と連絡を取ることができ、車に乗せてもらって無事家に帰ることができました。

後日、営業担当の方が今回は事故現場が分かりにくい場所だったり、ペット連れだったりと、いくつかの不運な状況が重なったとても稀なケースだったので、ご希望に沿った対応ができずに申し訳なかったと謝られましたが、事故なんて大抵いろんな不運が重なって起こるものではないでしょうか。稀なケースだと言われても何となく納得できません。

今回の経験で、レッカー車やレンタカーのサービスを無料で受けられるオプションを付けていても、実際に使おうと思うと色々な制約があることを知り、事前にサービス内容をよく知っておくことの大切さを痛感しました。

そして、ペットと出かける時は必ずケージを積んでおく等、常に不測の事態に対応できるよう、自ら準備しておくことが大切なのだと思いました。

▲▲今回の話は、私自身ではなく私の次女の交通事故の話です。

次女は2013年に軽自動車と接触する事故に遭いました。次女は、自転車二人乗りをしていて、後ろに乗っていました。接触した瞬間に次女は、自転車から振り落とされて、道路に身体から落ちて、左鎖骨を3ヶ所骨折しました。その時の保険会社の方の対応についてお話ししたいと思います。

次女は入院していたため、保険会社との交渉は、私が全面的にする事になりました。初めはとても親切な雰囲気で、こちらの要望はなんでも聞きますという態度でしたが。私は保険の補償については素人で、何をどのように補償してもらえるのか、保険会社の方が教えてくれなければ分からず、とてもやりにくかったです。

また、作成する請求書と請求内容にも戸惑いました。最終的には、知人より行政書士を紹介してもらい、適正な保険金をもらう事が出来ました。

何より感じたのは、早く補償を切りたいがために、こちらの精神的な苦痛を他所に、完治を急がせることばかりを性急されたことです。本来なら、加害者が以前の生活に何の不便もなく1日も早く戻れるための補償であり、保険金のはずなのに…と思いました。

60代以上女性

●●たいぶ前ですが、結構大きな事故に遭ったことがあります。両方の車は廃車、相手方も私も救急車で運ばれました。このような事故は初めてだったのですが、すぐに保険会社の担当の方が決まり、家に来てくれて、細かくこれからの事などを説明してくださいました。

相手方への対応の仕方や、通院にかかる費用や仕事を休んだ日の手当など、知らない事がたくさんあり、担当者の方のおかげで本当に助かりました。全然お金もかからず逆にお金をたくさん頂けて、自動車保険ってすごいな…と思いました。

また、事故車も現場からすぐにレッカーで移動してもらえて、何もかも迅速な対応で驚きました。この経験で、自動車保険の大切さと重要さを知れた気がします。

●●過去に3回事故を起こし、いずれもすぐさまディーラーさんに連絡をしました。必要な手続きを済ませ終わると、その後保険会社の担当者という方から連絡があり、とても親切にしていただきました。

自身が被害者の場合はひたすら受身で良いのですが、加害者になった場合は受身ではいられません。その場合、被害者の方にどのように接すればよいのか、どのタイミングでお詫びのご挨拶をすれば良いのかなどを、文章もしくは電話で丁寧に説明していただきました。

被害者の方への対応にはかなりの不安はありましたが、保険会社の方に気持ちよく相談に乗っていただける為、いつしか不安は解消されていきました。

保険料はその後当然上がりましたが、事故にかかった金額はとても自分自身では払いきれません。保険に加入してて本当に良かったと思いました。その後事故は起こしていませんし、もう絶対に起こしません。

ロードサービス:男性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代男性

●●近所に住む祖母の家に預かってもらった息子を迎えに行った時にそれは起こりました。エンジンを止め、スライドドアを操作しようとすると「ピー」と警告音が鳴るのです。何度やっても閉まりませんでした。

エンジンをかけようとしても、うんともすんとも。あぁ困ったと、代理店へ連絡し、保険に付帯しているロードサービスを呼んでもらいました。バッテリー上がりだったようで、ブースターを繋いでの始動には成功しました。

ただ、他の原因もあるかもしれないし、いつまた再発するかもわからないので、自走ではなく、レッカーにてディーラーにまで運んでもらえる様にしてくれました。

結局、総点検をしてもらいましたが、バッテリーだけの問題だったようで安心しました。とても迅速に対応してもらいました。

30代男性

●●高速道路を走行中、エンジントラブルでロードサービスを受けました。使うのは初めてでしたが、保険証券に付帯サービスの内容や連絡先が分かりやすく掲載されていたので、特に手間取ることもなく、手配することができました。

電話口の対応は良かったのですが、トラブル発生時の場所や車の故障状況、目的地や同乗者の人数、車の搬送先等、様々なことを事細かく聴取され、説明終了後、レッカーの手配をするとの事で一旦電話を終了。約5分後に折り返しがあり、30分~40分でレッカーが到着するとのことで一安心しました。

その時に驚いたのは、自分たちの送迎まで手配してくれたこと。通常は自身で手配する様で、自分もそのつもりでいたのですが、車の搬送先が自宅だったということと、トラブルが高速で起こったということが要因だったようで、レッカー車への同乗の許可を取ってくれていました。息子も一緒だったので非常に有難かったです。

レッカー業者さんは30分もかからず到着し、注意事項などの説明後すぐに積車開始。手際よく積み込み完了し、出発。近くのインターで高速を降りるときに自分の車の通行料清算も行ったのですが、その時に料金所の職員になぜかナンバーを控えられました。レッカー業者曰く、理由はわからないが毎回控えられるようです。

自宅へ到着し、駐車場に車を止め、レッカー業者のお兄さんは戻られました。今回のロードサービスではレッカー移動の上限金額が決まっていたのですが、今回故障した車で修理や廃車などの為の移動に使うのであれば、上限までの残りの金額を使えるとのことを後の電話で教えてくれました。

かなり良心的な印象。保険には入っておくべきだなと、改めて考えさせられる一件でした。

40代男性

●●先日、2泊3日で出掛けた旅行先での出来事です。愛車は走行12万キロを超えています。旅行もほぼ予定を終え、帰路につこうとしたとき、急にエンジンがかからなくなりました。

バッテリーも弱っていたので、バッテリー上がりだろうと思い、JAF会員であったのでJAFを呼びました。30分ほどでJAFが到着し、バッテリーを接続して無事エンジンがかかりました。

安心したのも束の間、点検の結果、発電不良とのことでした。

何とか家まで帰りたいので家まで運んで欲しいと申し出たところ、「JAFでは15キロを超える牽引は有料で、家までは約130キロ10万円コースです。JAFの他にお入りの保険にロードサービスは付いていませんか」と聞かれ、保険のことを思い出しました。

保険会社に電話すると、なんと10万円の牽引代が負担してくれるとのこと。そこから保険会社の手配してくれた積載車で、無事行きつけのディーラーまで車を運んでいただきました。

さらに帰宅するための交通費も負担してくれるサービスまで付帯しており、一切自己負担はありませんでした。保険の付帯のサービスは本当に素晴らしいと思いました。

●●東京海上の自動車保険はとても優れていると思います。特にロードサービスがとても良いです。

キーのとじ込みや燃料切れといった際、JAFに入っていない限り有料となるサポートが、東京海上に入っていると保険に加入している間に何度そのロードサービスを利用したとしても、保険料は上がらない仕組みになっています。車が急に動かなくなったり、パンクをしたり、雪道で動けなくなっても対象になるそうです。

電話で呼ぶと、だいたい混み合っていることが多いのですが、私が読んだときには、1時間もしないうちに現場に来てくれました。山奥で、カーナビに地図もでないようなところでのキーとじ込みだったので、途方にくれました。あんなに遠くで、しかも休日なのにもかかわらず、無料で対応していただけたのは本当に感謝でした。

50代男性

●●以前走行中にタイヤがバーストし、東京海上日動のロードサービスを利用した時のことを紹介したいと思います。私は仕事の用事で片道約300kmの距離を走るため、高速道路を使用していました。

予定走行距離の半分ぐらいを走った所だったと思いますが、急に車体が小刻みに揺れだし、それを感じて数秒には大きな音とともに白煙があがりハンドルがとられました。高速道路でのバーストですので大事故にもなりかねませんが、幸い誰もケガすることなく、車体もバーストのみで終わりました。

それから警察に連絡し、事故の手続きをふみ、それと同時に保険会社のロードサービスに電話すると、すばやく最寄りの自動車整備工場の方がきてくださり、車をレッカーし、工場にいれていただきました。この素早い対応には正直にびっくりし、ものすごく便利なサービスがついている事を再認識しました。

●●私は普段から毎日車で走りまわっているのですが、仕事が営業ですから、毎日知らない土地の慣れないところに行ったりもよくします。中には暗くなったり道がせまくなったりしているところもたくさんございます。

私の車の車種は日産セフィーロなのですが、ある日、まったく初めて行ったところで、左の前輪を夕方によく見なかったものですから、溝に脱輪したんですね。そこは離合するにも大変なところでして、周りは山でした。

夕方ともなりますと、山はかなり暗く感じてしまいます。私はすぐに加入している保険会社の日動火災に電話したんです。すると女性の方が丁寧に電話に出てきまして、私の現在地を詳しく聞いた後、何分後かにはロードサービスの車が到着するということで安心してお待ちくださいということでした。

まぁ電話ではそうは言ったものの、山の中ですから、そんなに安心できる状況ではありませんでしたが、数分してから、今度はロードサービスのドライバーの方から連絡があったのです。ちゃんと私の携帯の番号もわかっていたようです。

「あと数分で到着します」という連絡でした。私は思いました。速いと。不安になる間もないくらいのスピードには驚きました。街中から少しか離れているところでしたが、これほど安心できるとは思ってもいませんでした。まったく素晴らしいと思いました。

ロードサービス:女性の口コミ

安い自動車保険が分かる!自動車保険一括見積もりサービス

20代女性

●●以前、夜中にコンビニへ行き、用を済ませて帰ろうと思った時に突然エンジンがかからなくなり、自分ではどうする事もできず、ロードサービスを利用しました。

まず、電話をして状況を説明するんですが、あまりに突然の事だったのでうまく伝える事もできずにあたふたしていたところ、オペレーターの方がひとつひとつ確認内容を質問してくれたので助かりました。

レッカーで運んでもらう事になり、到着までに1時間程かかると聞いた時は正直もう少し早くなんとかならないのかなとも思いましたが、対応も説明も丁寧だったので、そこまで不快に思う事なく待つ事が出来ました。

到着してからの作業はテキパキとしていて、とてもスムーズでしたし、私がレッカー車の助手席に乗っている間もこちらの心境を気にかけてくれたり、とても親切心を感じました。

事故対応の時と同様、常にこちらの事を考え、細かな配慮が行き届いていると思います。トラブルがあった時でも、そういった対応が今後への安心感に繋がっているので、有り難く感じています。

●●何年か前に接触事故を起こしてしまい、廃車になったため、急いで中古車を買いました。中古車とはいえ、とても状態はよく、きれいな車でした。

ある日、会社へ出勤しようと走っていると、急に車が止まってしまいました。エンジンがふいに止まってしまい、うんともすんとも言わなくなってしまいました。交通量が結構多い道だったので、とても怖くて不安になってしまいました。

急いで加入している保険会社に電話をして、レッカーを頼みました。連絡をしてから10分ほどで来てくれました。すぐに車を道の端っこまで移動させ、車の点検をしてくれました。

すると、エンジンオイルがなくなっていて、エンジンが焼きついてしまっているとのことでした。私は車の知識が全然無くて、ガソリンを入れることくらいしかしていなかったので、エンジンオイルの交換や点検など全くしていなかったのです。

エンジンオイルがなくなってしまい、エンジンが潤滑な働きをできなくなったので、もう少しで火災になるところだったと言われてゾッとしました。エンジンが止まっただけで済んでよかったです。

結局、その車は廃車になってしまいましたが、ロードサービスには本当に助けられました。私のような、車の知識が無い女性にはとても嬉しいサービスだと思います。

●●高速で走っているときに燃料切れになり、東京海上のロードサービスを利用しました。私は助手席に乗っていて運転はしていなかったのですが、次のパーキングエリアまでぎりぎりガソリンが持つだろうという判断で走っていました。

トンネルに入るぎりぎりで、持たないことに気づき、緊急停車したという状況でした。運転している方が、車の購入店でお願いされて、東京海上のロードサービスに入っていて、それを利用できるのではないかということで、電話をかけました。

オペレーターの方はとても丁寧に対応してくださったのですが、東京の本社につながってしまい、私達がいることろは東京ではなかったので、そこから私達の近くの支社に連絡するとのことでした。

実際に対応してくださる方からの電話が来るのに、20分ほど待たされました。その間は東京本社からの連絡はないし、少し不安を感じました。ただ、支社の方から電話が来た後はスムーズで、たまたま私達の近くにレッカー車が来ていたこともあって、近くでガソリンを買って、持ってきてくれました。

レッカー車の方の対応も、私達をかなり気遣ってくださって、バツが悪い思いをしていたのですが、少し気が楽になりました。費用もガソリン代の実費だけで、出張費などがなかったのも安心できます。

連絡してからガソリン供給を完了するまで1時間くらいだったので、やり取りに少し時間がかかりましたが、結果的には迅速な対応でよかったです。

30代女性

●●車の故障で東京海上日動のロードサービスを利用したことがあります。高速1時間+下道1時間の距離にある実家に一人で向う途中での故障でした。高速を降りて、一般道を走っている時に急にエンジンが止まりました。

幸い、道の脇にある電気屋の駐車場に入り込むことができ、他の車や壁などにぶつけることはありませんでした。エンジンを掛け直してもかからず、車に詳しくない私は何が起こったかわかりませんでした。

東京海上日動のロードサービスのコールセンターに電話をしたのですが、とても対応がよかったです。まず、ケガの有無を確認していただきました。車が全く動かない旨を話すと、すぐにレッカーを手配してくださるとのことでした。

真夏で暑かったので、心配もしてくださいました。レッカーは20分ほどで到着しました。レッカー車に自分の車を乗せ、自分自身は助手席に乗せていただき、最寄りのディーラーまで運んでいただきました。

ディーラーの方に見てもらったところ、オルタネーターが故障しているため、自走できないということでした。レッカー代は無料で、さらに自宅に帰るまでの交通費も請求ができました。実際に支払ったのは、ディーラーへの修理代のみでした。

東京海上日動の保険は、サービスが充実していると思います。その後、何回か保険の更新のタイミングがありますが、こういったサービスの良さを考えると、ただ安いだけの保険では心配だと思い、引き続き契約しています。

●●旦那の実家に帰るため、真冬の夜間に高速道路を走行して居ました。0時過ぎに休憩のためサービスエリアに寄り、1時間程度サービスエリア内で過ごしたあと、車に戻ったのですが、エンジンがかからない状態になっていました。

何度か試みたものの、どうしてもかからないので、保険会社に連絡しました。連絡から1時間しないうちに対応に駆けつけてくれ、バッテリー上がりが原因だとわかりました。

バッテリーをチャージして様子を見ましたが、直ぐに減ってしまい安定しないということで、その場でバッテリーを交換するということになりました。真冬でしたので、屋外での作業でとても寒く、手がかじかんでしまい大変そうでしたが、なんとか交換することが出来ました。

その後は問題なくエンジンもかかり、走行も勿論問題無し、無事に実家まで帰ることが出来ました。初めてのトラブル、真冬の高速道路、夜中の出来事でとても動揺していましたが、対応はとても迅速で、バッテリー交換までしていただけて助かりました。

●●自宅から車で1時間位のところにある、親戚の家を訪ねた時のことです。夕食を頂いてからの帰路でした。運転中、カーブを曲がったら突然けたたましい音が響きました。

「ガードレールでもこすったかしら?」と思いながら車を止めて確認すると、そうではなく、再び発進するとまたキーっと甲高い音が聞こえ、どうやらブレーキが鳴っていると気づきました。

路肩に寄せてタイヤ付近を確認してもわからず、そのまま走って帰るには音がけたたましすぎて無理。辺りはすっかり暗くなり、地元ではないので修理工場もわからず、どうしようとおろおろする中で、ロードサービスのことを思い出しました。

しどろもどろで説明する私の話を聞いて頂いて、工場の手配や宿の手配など、きちんとして頂きました。住所もよくわからない場所でしたが、手配して頂いた工場の方がちゃんと着いた時にはほっとしました。

しかも、全てお金がかからなかったので何より。翌日、落ち着いた状態で帰宅できたので、入ってて良かったぁと思いました。

40代女性

●●主人が職場から車で帰宅する途中で車が止まってしまい、エンジンがかからなくなってしまいました。主人から私に連絡があり、その時に東京海上日動のロードサービスを初めて利用したのですが、ロードサービスの受付からレッカー車やレンタカーの手配など、迅速にして頂きました。

次の日にはレンタカー会社の担当の方から連絡があり、その日のうちにレンタカーを自宅に届けてもらい、その後の通勤に支障を来す事もありませんでした。

結局、故障した車は修理代が40万位かかると言われ、別の車に買い換える事になったのですが、納車まで二週間かからず、無料で借りられる範囲内で納車してもらえたので助かりました。

ロードサービスの受付からレンタカー手配&返却まで、担当者が一貫していたので話も明確で良かったです。使わないに越した事はありませんが、また何かあったら迷わずお世話になろうと思います。

▲▲エンジントラブルでボンネットから煙が出て来たので、ロードサービスを受けるために電話連絡しました。最初の電話対応は新人らしい方で、現地の住所を伝えてもよく分からなかったらしく、何度も同じことを聞かれ、話し方もあまり良いとは言えませんでした。

折り返し電話しますという事だったので電話を切りましたが、10分ほど待たされました。その後、電話をかけてきたのは慣れている感じの方で、電話対応はきちんとされていました。

タクシーが近くにいないとの事で40分ほどお待ちくださいと言われましたが、その後20分程たってまた電話がかかってきて、今度はタクシーがさらに遅れますという電話で、結局タクシーが来たのは1時間後でした。レッカー車が来たのは1時間半後でした。

山中での故障だったことを考えると、対応自体は早い方だったのではないかとは思いますが、もくもく煙が出てくる状況でカーブ上の橋の上だった事、子供連れで車道の端に立っていた事、他の車がぶつからないように合図していた事、故障をしたのが初めてだったこともあり、全てが不安で仕方なかったので、最初の人の対応に更に不安になりました。

最初の電話の対応があまりよくなかった事で、安心感を得られなかった事がとても残念でした。

50代女性

●●購入してまだ一年未満の新車で家族旅行で遠出したとき、高速道路上で突然エンジンがとまり、あやうく大事故になるところでした。路肩にとめて保険会社に電話したところ、30分ほどでレッカー車が到着しました。

レッカー車が来るまでの間は、携帯電話で保険会社の方と車をどこに運んで修理してもらうかという相談などを行っていました。結局、車は現地の近くの工場ではなく、購入した販売店に運んで修理してもらうことになりました。

車の販売店で保険の契約もしていたことで、保険のことと修理の件、両方の話しがスムーズに進みました。はじめは、もう旅行はあきらめて帰るしかないのかと思いましたが、保険の契約でレンタカーを借りられたため、そのまま一泊二日の旅行を続けることができました。

何もないときは、保険の契約料が高いように感じたこともありましたが、この件で、少々高くても充実した内容の保険に契約しておいたこと、車の販売店さんに保険もお願いしていたことが正解だったと思いました。

●●神奈川在中の私と友人は、桜を見に、車で埼玉の某所に遠出をしていました。存分にお花見を堪能した帰りの道中で私たちは災難に見舞われました。混雑もなく快調に運転していると、今まで受けた事のないような衝撃が車を襲ったのです。

そして、危険なので走行を中止してくださいと警告が出て、さらにボンネットからは煙まで出ていました。運転はするものの、整備などに関しては知識がゼロに等しい私でも、これはまずいと焦りました。

ですが、まっすぐと伸びた国道はなかなか車を止める場所がなく、そこで車を止めてしまえば他の車を巻き込んでしまうので、とにかく車を止めれそうな場所まで祈るような気持ちで車を走らせました。

なんとか車を止められた私はロードサービスの事などすっかり忘れていて、JAFだけしか思い浮かびませんでした。しかし、JAFを利用する事はないだろうと思って、なんと退会してしまっていたのです。埼玉から神奈川までとんでもない金額を請求されるだろう思いましたが、車を放っておくわけにはいかないのでJAFに電話をし、住所を告げました。

待つこと30分くらいでJAFの車が来たのですが、係の人がとても良い人で「保険のロードサービスはついていないの?」と、私に任意保険の事を思い出させてくれました。加えて、そこまで来てくれた分の費用は今回はいらないというのです。

結果、ロードサービスを待つこと約1時間。無事に知り合いの修理工場まで車をレッカーしてもらい、事なきを得ました。JAFには入っていませんでしたが、まずJAFの係の人に助けられ、そしてロードサービスに助けられ、その日は人の親切とロードサービスの大事さを思い知らされた一日となりました。